2009.10.15

どうぶつしょうぎ

未だにドラクエやり続けているHIGEです。終わらないというか、止められないというか…。とりあえず配信クエストは、配信された直後にクリアして、ノーマルクエストも残り一つとなったところで、レベルアップに励んでいる状態です。まだまだ続けられそうな予感がしています。

Dsc_5857そんな訳で、数日前に急に思い出して、ちょっと探していた「どうぶつしょうぎ」が本屋で売っていたので、早速ゲットしました。「再入荷しました」とポップが飾ってあったので、結構売り切れているみたいです。以前、忘れないように記事にしていたのに、すっかり忘れていました。対象年齢が3歳以上なので、私がやっても平気なのです。

Dsc_5859ルールは非常に簡単で、相手のライオンを捕まえてしまうか、自分のライオンを相手の陣地の最終ラインまで進めれば勝ちとなります。同じコマの配置が3回続いたら、引き分けになります。相手のコマを取ったら、自分のコマとして使用出来るのは、将棋と同じです。コマの動き方は、ひよこは前に1マス、キリンは上下左右に1マス、ぞうは斜めに1マス、ライオンは全方向に1マス動けます。ひよこは裏返ると、にわとりになって、将棋でいう金将の動きが出来ます。動かし方は覚えなくても、コマに赤い印が付いているので、大丈夫です。基本的に反則は無し。2ひよこも有り。

Dsc_5861パッケージを開けてみて、なかなか盤面も良いし、コマの出来も良い感じで驚きました。初期配置を見て、いきなりひよこが取れるので、どうなのかなぁと思っていましたが、意外と面白いかもしれません。盤面が狭いので、勝負はあっと言う間についてしまいますが、簡単な分、熱くなれそうです。しかしながら、自分のライオンを敵陣の奥深くまで入れるのは怖くて出来ないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.04

まだだ、まだ終わらんよ

ようやくドラクエ解きました。HIGEです。夜中に解いたので、すぐに寝てしまいました。とは言っても、エンディングを見ただけなのかもしれない…。結局101時間かかりました。解くだけでドラクエ7くらいの時間が掛かっているってことか。半分くらいは通信時間なのかもしれません。イマイチ時間の計算方法が良く判っていなかったりします。

前日のレベル上げが効いたのか、面倒なダンジョンをくぐり抜けて、最後のボスに挑んだら、結構あっさりと勝ってしまいました。ここからまた大変なのかと思いましたが、そのまま終了してしまいました。意外過ぎる。マダンテ打ってこなかったしなぁ。ちょっと拍子抜けをした感じがありますが、レベルを上げてない状態ではこてんぱんでしたから、はぐれメタル様々です。そしてクリアしてからレンジャーに転職して、またレベルを上げている最中です。

しかしながら、解いてからも結構やることあるのに驚きです。まだまだ行けないところが随分とたくさんあるような気がします。更に適当に町をまわってみると、そこら中にクエスト頼む人がいたりして、新しいクエストが受けられない状態なので、かなり放置しています。戦闘時に条件を課して行うクエストが異常に面倒なのです。

戦闘は基本オートにしてやっているので、プレイを開始し始めた時は、いったいどうやってこんな条件をクリアするんだろうと、真剣に悩みました。運が良ければ出来るかもしれないけど、それにしても厳しいぞと思ったりもしていたのです。その後、自分でコマンドを選択出来ることに気が付いて、少しずつクリアしていきました。じっくりやると出来るのですが、面倒なことには変わりない。まだまだ上級職へのクエストが残っていたり。

と言うか、このゲームは日本の生産活動に悪影響を及ぼしているのでは無いかと、いらぬ危惧をしてしまうのです。まぁ実際に私などはかなり何も出来ない状態が続いているから、いやホントに。ここ最近ほとんどマジック関連はさておき、パズルも、大道芸も書くことないくらいでしたから。でもまぁひとまずクリアしたので、これからはじっくりと腰を据えて続けていきたいところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.09.02

そろそろもう解く

遂にドラクエで、ラストのボスまで辿り着きましたが、あっさり全滅させられてしまったのです…。HIGEなんです。今日こそは解いてやると思って、気合い入れて最終ダンジョンをサクサク進んでいたけど、まだまだなようです。いい加減に解いてしまいたい状態になっているので、近日中に解きます。公式の攻略本が出るまでには解きたいところです。

そんな訳で、怒れる花の地図Lv45を持っていたので、10Fまで潜って、ひたすらはぐれメタル狩りで、レベルを上げているのです。これがまた楽しい。レベルがガシガシ上がっていくので、やめられない。そろそろやめようかと思って、動くと視界に入るは、はぐれメタルのシンボル。じゃあこれ倒したらやめようと思っても、また視界に…。と言った感じで無限ループに陥りそうだったのですが、全滅してしまったので、ここが止め時だと思いました。

とりあえずレベルが50近くまでいったので、そろそろ大丈夫なのかもしれない。しかしながら、ここいらで職業を変更してみたい誘惑に駆られているのです。これから変更したら、また時間がかかるから、少し躊躇していたのですが、狩りが出来るならば、それほど時間もかからないのではなかろうかと思っていたりして。とりあえず全員上級職にしてから、解くのも良いのかなと思ったりしていると、また解くまでに時間がかかるんだろうなぁ。悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.11

今日から守り人

子供の頃は、台風一家ってどんな家族なんだろうと思っていたHIGEです。もうそれは家の中が大嵐状態なんでしょうね。きっと。と言うか、このままだと上陸しそうなでとても嫌な感じです。被害がなければ良いのにと祈るばかりです。

Dsc_5414そんな訳で、約1ヶ月経ってから、ようやく「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」を購入してきました。ずーっと「もりびと
」だと思ってました。CM見て、「まもりびと」と聞いた時は軽くショックを受けました。海皇紀でも、「森守」と書いて「もりもり」と読ませてたりしてるから、「守り人」も普通に「もりびと」だと思ってました。そんな感じで、ようやく「まもりびと」と言う言葉に慣れてきて、違和感が薄れてきたので購入です。というのは全然関係無いだけで、買う機会を逃していただけなんですけどね。

まぁ開封して1時間ばかりやってみましたが、なかなかどうしてドラクエじゃないですか。とりあえず戦闘が楽しいのがドラクエなので、戦闘が出来るところまでは、サササッと進めてしまいました。もしかしたら宝箱の取りこぼしがあるかもしれないなぁと思いながらも、そこまでは気にしないでやってしまうので良いか。そろそろ周りの人たちが終わってきている頃なので、良い物がもらえると良いなぁと思ってたりします。そんなことが出来るのかどうかは判らないけど。

…書いていて思い出したけど、「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」をプレイしていないことを思い出した。今更感もあるし、据え置き型でやるほど時間も取れないから、今まで放置してきて、次回作が出るまでにやれば良いかと思っていたら、新しいのを買ってしまいましたよ…。まぁ連続している訳でも無さそうだから良いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.23

第8.5回ボードゲームスウィッチ(ポーカー編)

眠い眠過ぎる…HIGEです。どうにも先週辺りから異常なほど睡眠を取りたいような気がするのですが、休日も自然と早めに起きてしまうようになってきています。一回起きるともったいないので、まぁそのまま起きていることが多いし、昼寝は苦手だからしないのです。本当にショートスリーパーに憧れる。

そんな訳で、2009年6月21日(日)は千葉県某所で、第8.5回ボードゲームスウィッチ(ポーカー編)に参加してきました。集会所を借りて、この時は総勢11人で、いつものように本格的なポーカーチップを使用して、テキサスホールデムを5時間程度遊びました。プレイヤーは10人でしたけど。ここの集会所がなかなか広くて快適でした。

今回はちょっと戦法を変えてみた。普通にやってみた。今までは場を盛り上げるために、ガッツンガッツン賭けて一抜けしていたりしましたが、ちょっとだけ普通にやってみたらどうなのかなぁと思って試してみました。最後の最後の勝負で、残った二人がブタという、ある意味理想的なブラフが効いたかも。本当は全員降ろしたかったんだけど、一騎打ちになって、しかも負けちゃった。でもブタで頑張るのが、個人的には一番燃える。強い手で勝つより、相手が悔しがるからねぇ。

集会所で遊べる制限時間が来て、某家に移動して、新規参入者が一人来て、そのまま続きをと思ったけど、人数が多くて、ケルトタイル組と、ポーカー組に別れました。とりあえず私はケルトタイルの方で遊んでいました。これはルールはシンプルですが、なかなか戦略が熱いゲームです。とりあえず他人の邪魔をしておけ。夕方辺りから急に湿度と気温が上がってきて、ゲームだけじゃない熱気に包まれました。室外機がトラブっていたみたいです。

その後、大変美味しい食事をいただいたり、入れ替わったりしているうちに、とりあえず3人でポーカーをやってみました。が、これが回転が速過ぎて、チップもあんまり賭けられないのですが、意外と面白かった。誰かが厚く賭けると、降りまくるんですけどね。最後は8人くらいで、普通にポーカーを開始していたら、あっと言う間に時間が経って、帰らなければいけない時間になってしまいました。徹夜で遊びたいけど、そこは大人なので、おとなしく帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.16

逆転検事中

連日の雨。鬱陶しいですね。HIGEです。梅雨です。もうこんなに降るなら、日本全国梅雨祭りとかやってしまえば良いのにと思わないこともなかったりしません。多分否定の仕方はあっているだろう…。でも自分の移動時間さえ降っていなければ、とりあえずまだ良いのかもしれません。こういう時は自分本位です。

そんな訳で、いつ降るか判らない雨の降りそうな日は家の中でおとなしく「逆転検事」です。今までの逆転裁判シリーズとはうって変わって、今回は検事が主役のストーリーです。逆転裁判シリーズから数えると、今作が5作目に入る息の長い人気シリーズです。よくよく考えたら、ハードがゲームボーイアドバンスの頃に始まったので、結構長いですね。アドバンスの頃に1、2、3を購入して、DSになってからも全てを買い直しているくらい好き。

今回は、検事が主役なので、法廷ではなく、事件現場で様々な謎を解いていく感じになっています。実際に御剣検事を動かして気になるところを調べてといった感じで進んでいきますが、今までのシリーズを遊んでいる人ならばスンナリと世界観に入っていけるはず。違和感ゼロでした。事件現場で話が進んでいくとしても、基本はムジュンを追求して、真犯人を暴く感じです。懐かしいキャラクターが登場したりすると嬉しくなったりしてしまいます。オバちゃんも出てきるし。しかしながら、昔のシナリオをあんまり覚えていなかったりするので、もう一回やり直してみようかなと思ったりしていますが、時間的に無理っぽい…。

とりあえず一気に第4話まで終了させました。ラストの一歩手前です。これからがまた長いんだろうなぁと思ったり…。若干シナリオの時間が微妙に判りづらい部分があるかもしれない。今作は若干シナリオがおとなしめな感じがしていますが、まだラストまでプレイしていないからでしょう。基本的にここまでは、きっと伏線のはずだと思っています。これからラストのシナリオを地味に進めるか、一気に解いてしまうか悩むところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.02

第8回ボードゲームスウィッチ

色々と思案&思考&試行中のHIGEです。一度は決めてしまった演目も再考して、きちんと出来る演目に変更しようと思ったり。なかなか色々と考えるのも楽しいのですが、急に変えて良いのだろうかと悩んだりもしています。でも、慣れ親しんだものをやった方が良いに決まっとる。

そんな訳で、2009年5月31日(日)に秋葉原でボードゲームスウィッチが開催されたので行って来ました。最近はまるでボードゲームをやる機会がなかったので、楽しみでした。とりあえず遅れて行ったら、何やら意味不明のゲームをやっていたので、しばらく見ていました。どうやら「ケルトタイル」というらしい。タイルを捲って数字を降順もしくは昇順に並べていくゲーム。単純ですが、なかなか面白い。短時間で終わるのも良い感じです。2回くらいプレイしました。

その次は、本格的なポーカーチップを用いての「テキサスホールデム」です。私の場合、強気でガンガン押していくので、大勝ちするか大負けするかのどちらかにしかなりません。中途半端に残るくらいなら、大勝負した方が面白いので、つい一番最初に脱落してしまったりして…。

更にこれまた久しぶりの「ズーロレット」です。かなり久しぶりなので、進行を忘れていたのですが、すぐに思い出したので、結構スムースに出来ました。動物を押しつけたり、取り合ったり、嫌がらせしたりして盛り上がります。後半になると、かなり行き詰まることもあったり…。でも、このゲームはかなり好きです。面白い。拡張セットが気になります。

最後に、「ブラフ」をやりました。これも随分前に一回くらいやったことがあったのですが、すっかり忘れていました。結構読み合いが痺れるゲームです。リンク先の説明を読んだら、微妙にルールが違っていたままやっていたような気がしてきました…。まぁあのルールでも面白かったので、良いか。次回はきちんとルールを把握してからやってみたいと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.06

第7回ボードゲームスウィッチ

机の上に無数のパーツが散らかっているHIGEです。作りかけの実験用の道具が散乱しています。かなり細かいパーツがあったりするので、なくなっていないか不安ですが、多分大丈夫でしょう。近いうちに完成させて、本当にマジックに使用出来るかの検証を行わないといけませんが、出来なかった場合の事は一切考えていません。が、代替案はいくつかイメージ出来ているので大丈夫かなと。

2009年4月5日(日)は、秋葉原にて久しぶりにボードゲームスウィッチに参加してきました。かなり久しぶりです。と言うか年が明けてから初めてだったり。でもまぁ他の場所でボードゲーム自体はやっていたりするので、そんなに久しぶりの感覚もなかったりします。

今回やったのは、「アグリコラ」というゲームです。2008年のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)複合ゲーム特別賞等、数々の賞を獲得しているゲームらしい。説明書がかなり細かくて、最初は複雑そうな印象もありましたが、簡易化されたファミリールールだとそんなに難しくもなく、楽しめました。勝利条件をイマイチ理解していなかったので、負けてしまいましたが…。

続いて、「それはオレの魚だ!」をプレイ。随分前からやってみたいなぁと思っていましたが、ようやく出来ました。簡単に説明すると、六角形のタイルの上にペンギンを置いて、魚を獲得するゲームです。非常に単純で、プレイ時間も短いので、時間調整に丁度良いかも。デラックス版のペンギンのコマがかなり良い感じだなぁ。

その後、バイシクルのトランプを使って、「テキサスホールデム」というポーカーゲームを行いました。詳しい内容はリンク先のWikiPediaを読んで下さい。バイシクルのカードでマジック以外のことをするのは初めてだったりします。ポーカー自体は随分と久しぶりにやったような気がします。普通のポーカーよりもギャンブル性が高いのかもしれないけど、面白い。

最後は、10人参加で「お邪魔者」をやりました。10人でやるのは初。やっぱりお邪魔者の方が微妙に不利な感じですが、プレイする時はお邪魔者の方が楽しかったりするのです。10人でプレイすると、展開が早くて、かなり面白い。しかも一回カードを見間違えて、お邪魔者なのに、普通に金塊目指していたりするというミスを犯してしまいました…。カードは良く見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.18

21世紀の連射王は誰だ!!

何だか急激に寒くなったりして、体調の管理がうまくいかないかもしれないHIGEです。色々と心労は耐えませんけどね。今週末はイベントと仕事が重なったりして、どちらもうまくこなしていきたいと思っているのですが、果たしてどうなるかは、蟹の味噌汁ですよ。なんてことは、まるでない。

Dsc_1261シュウォッチ連射大会 「21世紀の連射王は誰だ!」のことが気になっています。いや、ちょっと本気で狙ってみようかしらと思っていたりするのです。今までに出した記録もそこそこなんではなかろうかと思ってしまいました。まだまだ応募は始まったばかりなので、これから全国の猛者どもがメキメキと出てくるのでしょう。でも、しばらく眠っていたシュウォッチがまた目覚めるきっかけになったので、それだけでも良しとする。

応募期間が2009年3月27日までか。それまでは少し頑張って、安定した記録を出せるように鍛えます。さすがに動画に撮るとなると、それはそれで微妙に緊張してしまうし、撮っている状態がベストとも限らないので、ちょっと高いところで安定させてみようと思います。とりあえず今の記録を超えるくらいには安定させたい。もうしばらくしたら、試しに動画を撮って、投稿してみようかなと。変な押し方で注目を集めるようなことはしないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.13

封鎖解除

今週末は天気が悪そうな感じで、ちょっと残念なHIGEです。久しぶりに愛機を携えて、撮影に出かけようかと企んでいたのですが、雨が降ったら中止だな。とりあえず雨さえ降らなければ決行しようと思っています。そして3月に発売される「Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」が非常に欲しくなってきています。短めの単焦点は前から欲しかったので、ポイントも貯まってきているし、買うしか。

ようやく「428」が終了しました。とりあえず所々で詰まりながらも、本編終了です。意外なところで詰まっていたりして、最後の方は爆発しまくりでしたけどね。でも難易度的にはほどよい感じでした。何度も同じ文章を読む羽目になったりもしますが、その分理解が深まったりすることもあるので、ちょうど良いかと。これのために本体買いなさいと言えるくらいにお奨めです。ネタばらしにならない程度に感想でも書いてみます。

前にも書いたけど、1つの根の張った大きな木があって、それの枝葉から複数の主人公達が大地を目指して進んでいく感じでしょうかね。あの人があれで、この人がこれでって言う感じで最後まですっかり騙されてしまいました。この騙され方が非常に気持ちの良い感じで、極上のシナリオを味わうことが出来ます。いや、本当に良く出来ているシナリオです。またこのシナリオに呼応するかのように、各主人公達も良い。主人公だけでなく、味のある脇役が、妙に活躍したりすると嬉しかったり。君塚、梶原、花ちゃんはちょっと素敵。

また、訳が判らないまま進むシナリオがあったり、妙にのんびりしているシナリオ、緊迫したシナリオ等で、前半は絡んでいない感じもしたのですが、それが後半になって急速に収束していくところは見事としか言いようがない。まぁ後半は意外と選択肢が重要で、なかなか進まなかったりしますけどね。そして前半にちらっと顔を出した伏線も、後半で拾いまくっていたりするので、「あれは、これだったのか!」と驚くことしきり。いや、本当に素晴らしい。

とは言っても、まだ隠しシナリオがあったり、珍妙なエピソードを見るために、カルトクイズにも答えないといけないのですけどね。また、カルトクイズが難しいと言うか変なことを聞いてくると言うか、もう一度プレイしないと自力では答えられないかもしれない感じです。で、隠しシナリオで号泣してしまったのは内緒です。と言うか、あれは泣くでしょ…。途中でもウルっと来るエピソードもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)