2013.02.24

指輪を作ってみた

売ってないなら作ってしまえが信条です。あくまで作れる可能性があるものなら限定です。Bandedの練習が楽しくて、自分に合った指輪を作りたいなぁと思っていたのです。銀粘土なら、以前作っていたので、道具も一式あるから、それを使おうとしたところ、いつもの通りみつからないのです。また買うのも馬鹿らしく、今度は違う製法を試してみようかなと。ワックスを使用して作るのもありかと思って調べていましたが、鋳造するのが個人で出来ないので、ちょっと残念。まぁ専用のマシンを買えば作れないこともないですが、どうやってもペイしないので、ちょっと断念。ワックスを削り出すことが出来ない気もした。んで調査を進めていたところ、銀をくっつけて作る方法があったので、試してみることにしました。

R0011439_001何でも形から入りたがるので、一通り道具を揃えてみました。ガスバーナー、木槌、糸鋸、耐火ボード、鉄心棒、フラックス、銀板材、銀ロウ、ミニ作業台、皿ちょこ、逆動作式ピンセット、ダイヤモンドやすり等を購入して、いざ作成。簡単に書くと、ミニ作業台の上で銀板材を糸鋸で切断し、耐火ボードの上で切った銀材をガスバーナーであぶって、逆動作式ピンセットで摘んでなまして、鉄心棒にくるっと巻いて、木槌で叩いて整形し、フラックスに浸けて、銀ロウでくっつけて、後はひたすらダイヤモンドやすり等で磨くだけです。おぉなんて簡単なんだ。皿ちょこ使ってないし、後でコンパウンドと銀磨きクロスも追加購入したけど。

Dsc_8621_001初回だったので、糸鋸で切る時にまっすぐ切れなかったり、銀ロウつけ過ぎて削るのが大変だったりしましたが、特に技術もいらずここまで出来たので、結構満足しています。道具も一回揃えてしまえば、しばらくは使い回せるので、納得がいくものが出来るくらいは作れそうです。ただ銀板材が高いなぁ。今回購入したのは、950銀の60ミリ×70ミリの厚さ1ミリですが、これだけで5791円もしています。本当は2ミリ厚のが欲しかったけど、これは1枚1万円を越えていたので、見送りました。更にいうとスターリングシルバーが欲しかったのに。兎にも角にもこれで待望のアレが作成出来る目処がつきました。それに加えて、色々と指輪サイズの面白そうなものも作れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.25

HG RX-78-2ガンダム Ver.G30th Premium Gold Ver.

Dsc_0164昨年11月頃に申し込んだ「HG RX-78-2ガンダム Ver.G30th Premium Gold Ver.」がようやく届いた。真っ黒い箱に黄金の文字が輝かしい。何故かよく判らないけどシリアルナンバーも入っています。またまた予約限定商品なので、既に購入することは出来ないのが惜しい。金色だから何だってんだと言う感じもしないでもないのですが、30周年の記念と言うことで購入してみました。30周年だからかどうか判らないが、3000円。1/144スケールにしてはかなり高い…。

Dsc_0167箱の中を開けてみると、黄金色に輝くパーツの数々が目に飛び込んできますが、カラフルなパーツを見続けてきた後だと、1色のみと言うのは結構異様な感じもしてしまいます。その辺も織り込み済みで購入したわけですが、まるで百式だよなぁ。そして出来上がった様子はどうなっているのだろうと思って説明書を見たところ、普通のカラーの写真しか載っていなくてがっかり。いくら普通に発売されているのと同じとは言ってもねぇ。折角なので、説明書も頑張って欲しかったです。

でも、まだ箱を開けて中身を見ただけで、作成はしていません。作成するのはもう少し先になるでしょう。勿体ないから作らないと言うのはナンセンスなので、近いうちに作成します。どんな感じに仕上がるのか自分でも少しだけ楽しみです。ちょうど他のプラモを作っている最中だったりするし、今後出る予定のキットも欲しいのがあったりするし…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.03

HG 1/144 リボーンズガンダム

Dsc_0147_01正月らしく、紅白で縁起の良さそうな「HG 1/144 リボーンズガンダム」です。買ってから、結構経ったような気がするけど、とりあえず完成しました。昨年から作っていたので、年を越してしまいましたが、実質3日程度で完成しました。今回は墨入れに初挑戦しながらやったので、時間がかかったのかもしれない。写真にすると、かなりあらが目立つので、少し凹む。きちんと色を塗りたい気持ち。

Dsc_0153_01こちらの写真が変形後のリボーンズキャノンです。この赤さがたまらなく良い感じです。リボーンズキャノンに変形させると、ぱかっと割れる脛のギミックがちょっと良い感じです。リボーンズガンダムから見るとふくらはぎなです。ここはシールを貼っているのですが、作っている時は、このギミックを知らないので、隠れるところに貼るのは無駄だなぁと思ってしまいました。

今回、作るの大変だった気がする。同じパーツが2セットあったり、表も裏も作らなくてはいけなかったりして、思っていた以上に時間が掛かってしまいました。そして近いうちにトランザムモードのリボーンズガンダムも出るのね…。一瞬、欲しいと思ったけど、既に3箱溜まっているティエレンをどうにかしてからだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.22

MG 1/100 MSM-04 アッガイ

「あぶないビスチェ」がどうしても手に入らないHIGEです。青い宝箱を開ける直前までは、出てくるんじゃないか?と思って開けているのですが、それが「ようがんのかけら」だったりすると、その落差に愕然としてしまうのです。でもまぁ地道に開け続けるしかないような気がするので、まだまだ潜ります。

Dsc_5843そんな訳で、もうとにかく欲しい度がメーター振り切ってしまったので、とりあえず購入して、連休中に作ってしまえば良いのではないかと思ったので、「MG 1/100 MSM-04 アッガイ」を買ってきて、早速作ってしまいました。どうせ買うのですから、それは作れる時間があるうちに買ってしまおうと思ったわけです。他にも手を付けていないのがたくさんあると言うのに、何故か処理がLRUです。初代のガンダムの水中系のモビルスーツのデザインはどれも秀逸で好きなのですが、とりあえずアッガイからかなと。

Dsc_5838いつものようにそのまま組みました。使ったのはニッパーとドライバーだけ。で、この再現度になってしまうのだから、いつもながら凄いことになっているなと思ってしまうのです。写真は水中用のパーツを使って、ミサイル発射の瞬間なんですが、微妙に判りづらいかもしれません。足の後ろに付いている水流のパーツもほとんど見えないし…。色塗りは非常にセンスが無いのが判っているので、どうも色を塗る行為まではいかないのです。何か台無しになってしまうような気がしてしまいます。そのうちやりたいとは思っているのですが、なかなか踏み出せません。

Dsc_5842で、アッガイと言えば体育座りなのです。待機中の状態ですが、妙にしっくりとはまっている。このポーズを再現したいが為に、制作者はおそらく相当苦労したのではないだろうかと推測。でも実は、足の部分の関節が非常に堅くて、そのままでは、このポーズをさせることは無理でした…。バラしてから、やり直してみようと思ったけど、断念してしまいました。何のために購入したのだろうかと疑問に思ってしまうような気がしないでもないのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.07

ブロウンエッグ 試作の二

そろそろドラクエネタは終わりにしようと思っているHIGEです。とりあえず面倒なクエストやらがたんまり残っているのですが、今後は人知れずにこっそりやっていこうかと思っています。まだ眠っているだけで起きないモンスターとかいたし…。でも公式ガイドブックを見たら、また何かやりたくなるのかもしれませんが、今後は頭に何かを書くくらいですかね。

そんな訳で、以前にも記事にしていたブロウンエッグを再度作ってみました。これは忘れていた訳ではなくて、MSサイズの玉子が入手出来なかったので、後回しになっていました。がしかし、近所に売っていたのを発見して、これは!?と思い購入して、ようやく作成したのです。買ってから、いざ作成しようと思うまでなかなか重い腰は上がらなかったのですが、玉子の個数が減ってきて、賞味期限も近づいてきたので、そろそろ作らないとまずいよなと思ったのです。

作成方法は前回と同様に、中に空気を送り込んで、圧力で玉子の中身を外に追い出す方法です。例によって食欲が失せる方法なのですが、チャーハンにしてきちんと食べました。作ってみたのは良いけれど、前に作成したMサイズの玉子と比較してみても、大きさの違いが判らないので、サイズに拘る必要はなかったのかもしれません…。微妙に、本当に微妙に心持ち短径が短いかなと言う程度なので、これならどっちでも良いかなと。

それで作ったからには、エッグバッグでもやろうかなという気になっています。未だに自分にあった演出方法がみつかっていないので、あんまり練習する気にならないのかもしれません。基本的な動きは必要だと思うので、その辺から入って、触っているうちに何かを思い付くかもしれない。けど、何も思い付かないかもしれない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.18

たたき箱

ドラクエ三昧。HIGEです。ようやく中盤くらいまで進んできたと思う今日この頃です。とりあえずさっさとクリアしてしまいたいので、今はもう夢中。ちょっとやっておくかと思うと数時間経っているので、恐ろしい。しかしながらやっぱり面白いのです。

Dsc_5795そんな訳で、いつ買ったか既に覚えていないくらいの時期に購入していて、ずーっと放置中だった「たたき箱」を作成してみました。購入したのはtoritoです。多分もうそろそろ購入してから一年が経つくらいなのではないでしょうか。自分で作れる方はもう少し安かった気がしますが、さすがに覚えていません…。購入した工作キットの方が装飾もなくシンプルになっています。

Dsc_5791で、パッケージを開けたら、こんな感じに木片が入っています。基本的に添付のボンドで貼り付けるだけなので、非常に簡単に作成出来ます。説明書も簡素だし。時間がかかるのは、ボンドを乾燥させる時間が少しかかるくらいで、それを除いたら正味5分もかかっていないかもしれません。中を作って、ボンド乾燥させて、外を作って、ボンド乾燥させたら完成です。実際にこういうのを作ってみると、内部構造が判って面白い。

Dsc_5793と言うか、これはこの名前で良いのでしょうかという疑問も残るところですが、まぁ良いのでしょう。とりあえず普通にしていては開かないので、何かをしないといけないのです。その何かと言うのが、この箱の名前になっているのです。確か、購入前に店頭のサンプルを弄っていて、開いたので、それなら作れる方を買ってみようと思って購入した気がします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.07.19

ダブルオーガンダム

毎日暑い日が続きます。HIGEです。そういえば「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が欲しいです。まだ購入していません。どうせ近いうちに購入するのですが、購入しても、今はあんまりプレイする時間がないし、そちらに時間を取られまくっても困るので、今はまだ買いません。旬を過ぎてしまうまでには購入する予定です。

Dsc_5370そんな訳で、先日「1/100 ダブルオーライザー」を購入して、ようやく半分くらいを完成させることが出来ました。今のところはまだ、ダブルオーガンダム状態です。オーライザーを完成させて、合体させて、ようやくダブルオーライザーの完成です。まだ未完成状態なのです。とりあえずここまで作ったのが嬉しくて、公開です。前にも書いたのですが、接着剤なし、着色なしでここまで出来てしまうのが、やっぱり凄いわ。シールは貼ってるけど。

Dsc_5378全体像はこんな感じです。とりあえず別売りの電池(CR1220)も2個購入して、ツインドライブを光らせると、また格好良い感じになります。と言うか、先日書いていた新しい趣味とは、まさにこれのことです。今月だけで、2箱も購入しているのは、何かがおかしいような気がします。パチパチとはめていくだけで出来てしまうのはお手軽なんですが、結局ここまで作るのに、5時間程度を要しているので、とてもお手軽なんて呼べないかも…。でも作るのは楽しいから、良いか。

Dsc_5367_01折角なので、ちょっぴりマジックぽい写真を撮ってみました。さすがに1/100スケールなので、ものも大きいし、可動部分もかなりたくさんあるので、思い付くままにポージングをさせて楽しんでいます。プラモデルの写真は、床に寝そべっての撮影となるので、若干首が痛くなります。でも良いアングルで撮影したいから、その辺は苦にならないのです。こういう写真を撮るのもなかなか楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.14

HG RX-78-2ガンダム Ver.G30th GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT

どうもHIGEです。最近は随分とマジックから遠ざかっているような気がします。何だかここ最近はずーっとガンダムにやられています。おかしいくらいに。また演じる機会があるので、それに向けて練習しておかないといけないのになぁ。準備期間を含めたら2ヶ月くらいしかないので、そろそろ始動していくことにします。ネタのセレクトからしないといけないのかもしれない…。

Dsc_5338と言うわけで、先日潮風公園に行かないと買えないグッズをたった一つだけ買ってきた。それが「HG RX-78-2ガンダム Ver.G30th GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT」というやたら長い商品名です。要はここでしか買えないガンプラです。1/1立像のプラモデルです。他にも欲しいグッズがあったりしたのですが、さすがにあの行列には並べない…。これから炎天下で並ぶことになると、それこそ死人が出そうなくらいの長さでした。陽射しを避ける場所もないところに、2時間待ちは出来ないなぁ。曇っていても陽に焼けました。

Dsc_5355で、早速作ってみた。今時のプラモデルは、接着剤もいらないし、塗装もいらないで出来てしまうに、かなりびっくりしています。塗ろうと思えば、塗りたいところはあるのですが、とりあえずそのまま作成してみました。思いっきり久しぶりにプラモデルを作成したのですが、2時間くらいで完成。さすがにこれくらいのパーツ数なら楽に組めます。同じ金型から作った「HG 1/144 RX-78-2 ガンダムVer.G30th」は、普通にお店に並んでいるようです。盾とか武器があった方が良いかも。こっちも欲しくなってきたかも。

Dsc_5348写真は、普通に組み上げただけなのですが、やたらめったら可動箇所が多くて、色々なポーズが楽しめます。と言うか、ここまで動かせるところがあるのには、ある意味感動すら覚えます。そういえば、昔は膝が動かなくて、膝を改造して動かせるようにしたこともあったような気がします。上手く出来なかった思い出しかないけど…。無改造で、ここまで可動するとは、相当進化しているのですね。これを設計して、分割している人が凄いよねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.30

ブロウンエッグ 試作の一

日曜日は夕方頃に帰宅したのですが、疲れ方が異常だったので、日付が替わる前に眠りについてしまったHIGEです。1時間くらいしたら暑くて目が覚めて、結局いつもと眠る時間が変わらないなぁと思ったり。早く眠ると、何故か、絶対に1回くらい目が覚めてしまうんだよなぁ。だから早く寝たくないんだよなと思ったり。だからだから日付が替わってからしか寝たくないのです。

Dsc_5111そんな訳で、雨の日曜日の池袋から家に帰り着いて、ご飯を食べる前に早速ブロウンエッグ作成開始です。写真撮ったけど、さっぱりだ…。普通の玉子を撮っただけのようにしか思えない…。一応、熱湯で消毒した画鋲で穴を開けて、その穴に、熱湯で消毒した注射器状の道具で空気を送り込んでせっせと玉子の中身を小さな穴から出すのですが、結構嫌な感じかもしれません。これを後で食べることになるのかと思うと凹みます。まぁTKGにして美味しくいただきましたけど。

何故か、本当に何故か、家の中に注射器状の道具があったので、とりあえず新しい道具を買うことなしに、作成することが出来ました。買わないとダメだよなぁと思っていたのですが、注射器状の道具は持っている記憶すらなかった道具です。何かに付属してきた道具だと思うのですが、さっぱり覚えていません。未だに何故こんなものを持っているのか不思議です。使い途があっただけでも良いか。と言うか、こんな物がみつかって非常に助かりました。

Dsc_5114家にはMサイズの玉子しかなかったので、まだ作ることになるのですが、1ミリあるかないかくらいの穴を開ければ中身を取り出せることが判ったので、今後の作成はスムースに進むことになるでしょう。スムースと進むは似ている。思っていたよりも簡単だったです。30分くらいで、中身抜いて、後は何日か乾燥させるだけ。Mサイズだと、付属してきた木製の玉子と同じだから、意味がなかったと気が付いたのは、中身を乾燥させていた時…。穴を埋めるかどうかは気分次第かなぁ。埋めた方が絶対に良いと思ったら埋める。

持ち運び用にエッグホルダーとか言う道具も欲しくなりました。そんなに持ち歩く訳でも無さそうなので、2個入りくらいがあるとちょうど良いかも。6個くらいは作るかもしれないし、消耗品だけど、そこまでやるかどうか不明だったりするので、安くて丈夫だったら問題ないかなと。100円ショップにもこの手の道具はありそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.08

綿棒の立方体

数週間前から、マッチ棒を一箱購入してきて、地道にマッチ箱の立方体(もしくはマッチ棒の虫かご)を作成してみようと思っていたのですが、何度挑戦してもどうしても出来なかったので、本当にこんなのが作れるのだろうかと疑問を抱いていました。マッチ棒の立方体とは、マッチ棒だけで組み上げる立方体のことです。この時に接着剤の類は一切使わずに、マッチ棒だけで立体の形を成す物です。パズルのような、それともちょっと違うような、よく判らない物です。

Rimg4731で、何度も何度も崩れては積み、崩れては積みをしていて、作れないなぁと諦めかけていたのですが、綿棒で作っているサイトを発見して、綿棒の方が少し簡単なようだったので、数日前に綿棒を購入してきて、暇な日曜日に組み上げたのが写真の立方体です。正確には立方体ではありませんけどね。本当に接着剤等は一切使っていないのですが、何故か結構頑丈です。軽く投げても壊れないくらい。何となくは理解出来るのですが、詳しい原理は判らない状態ですが、それでも出来てしまう。

そこで一つ完成したので、調子に乗って、今度はマッチ棒でチャレンジです。がやっぱり上手くいきません…。本当にマッチ棒は難しい。マッチ棒だと軽いし、火薬が指から離れなくて、軸ごと持ち上がったりしてしまうので、思う通りにはなかなか組めません。腕がもう2本ほど欲しくなるくらいにもどかしい感じがしてしまいます。が何とかなりそうな気もするので、また時間があればこちらもチャレンジしてみたいところです。

今は色付きの綿棒等も売っているので、それを使って綺麗な物を作ってみたい気持ちです。とりあえず黒い綿棒が売っているのは知っているので、それを購入してきて、黒い立方体を作ってみようかと思っています。白と黒も組み合わせて見た目も良い立方体も作ってみたい。しかしながら、こんなに綿棒ばっかりあっても、使いきれないような気がしてきました。完成しているのも崩せば使えるし、確実に数年分は買ってきそうな感じです。安いから良いけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)