2008.08.02

コインを漁ってきた-梅雨は明けたか?2008-

昨日書いた記事のせいじゃないけど、何となく久しぶりにコインを漁ってきました。特に目的もなく、仕事も早めに終わったし、待ち合わせの時間まで結構あるなぁと思いながら、ふと急に、思い出したようにコインを見に行ってみようと思って、約2年ぶりにおたからやまで行ってきました。2年以上前に行ったので、店自体があるかなぁと思っていたけど、まだ健在でした。しかしながら、コインは別の場所に移動していたので、隣のビルの2階へと。

売り場に着いたら、何かプラチックの箱に大量にコインが入っていて、なんとグラム売り。1グラム当たり20円です。いまやコインはこんな売り方をしているのですね。安いのか高いのか良く判らない感じもしますが、圧倒的に安いかな。しかしながら、異常とも思えるくらいにコインが入っている箱があるので、探すだけでも一苦労。そして、探していると、どんどん手が真っ黒になってしまうんです。ちゃんとお店で洗えますけどね。

Rimg3163というわけで、本当は買う気はあんまりなかったのに、お宝の山を発見したら、とりあえず見てみるでしょ。そして、閉店ギリギリまで粘ってみるでしょ。目的の穴あきコインはみつからなかったのですが、ワンダラーを4枚、比較的綺麗なイングリッシュペニーを2枚、クォーターを5枚、ハーフクラウンを1枚、オールドイングリッシュペニーを2種類3枚、そしてカナダのワンダラーを1枚購入です。全部で194グラム、3800円でした。少しおまけしてくれた。

ワンダラーは裏面がイーグルで普通のやつですが、持っていないので購入。クォーターも裏面がイーグルのはあんまり持っていないので購入。そして常用したいくらい真っ黒いオールドイングリッシュペニーは、もっとみつかれば、もう少し購入したいところでしたが、時間内にみつけることが出来なかった。そして同じく常用したいくらいに好きなハーフクラウンも1枚しか出てこなかった。また時間を作って、徹底的に探してみたいところです。

しかしながら、コインの相場が下がったのかどうか知りませんが、全体的に安くなっているようなそんな感じがしました。50銭銀貨は2000円くらいだし、一圓銀貨も3000円くらいになっていたので、こっちも購入しそうになりましたが、時間がなかったり、現金がなかったり。というか元々コインを買うつもりがなかったはずなのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

コセン

Dsc00869東急ハンズで売っていた「コセン」です。本当の古銭なのかは非常に謎ですが、前々から気になっていたので、給料も出た直後だったので、少し中途半端ですが、3枚まとめて購入してみました。1枚、1102円。ワンダラーサイズのコインの基本枚数の4枚を購入しなかったのは、何故か自分でも判りません。まぁまだまだ数はあるようだったので、そのうち購入すれば良いかと。

Dsc00871並べてみると良く判りますが、かなり大きいので、これだけでも大迫力です。直径はおよそ42mm。ワンダラーよりも一回り大きい感じ。縁が無ければワンダラーと同じくらいです。店頭で見た時は、ワンダラーと同じ大きさかなぁと思っていたのですが、ちょっと大きいので、使いづらいかも。お試しに1枚だけでも良かったかもと。まぁいつものように、特にこれといった使用方法も思い付いていないので、しばらくは眠っていてもらうか、自慢用。思っていたよりも薄いのもちょっと使用しづらいかもしれません。でもなんとなく裏面のデザインは占いっぽい雰囲気を醸し出しているのが素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.20

コインを漁ってきた-たまってきたので公開編-

Dsc00598地道に集めていると、いつの間にかどんどんとコインがたまってきました。いくらいっぱい持っていても、使うのは通常は4~5枚程度。なのに何故か購入してしまう不思議。まぁそれだけ買うに足る魅力があるということにしておきましょう。決して私がおかしいわけではありません。世界に魅力的なコインが発行されているので仕方ないのです。でも少しは使わないとな。

Dsc00599こちらはジョンソン製のチャイニーズコインです。1枚$15。とりあえずチャイニーズコインはマジックランド製で通してきたのですが、とある事情により、少し厚みのあるチャイニーズコインが必要になったので、購入。とりあえず購入したのですが、このきらめきはかなり良いかもしれません。これは普通に使いたいので、もう数枚購入しないと数が間に合いません。

Dsc00606メキシコの20センタボコインです。1枚$2。長い間warehouseで品切れが続いていましたが、ようやく入荷したようです。直近で使う予定もないのですが、在庫がある時に一気に買っておこうと思って10枚購入。しかし、日本のショップで買った方が安いことが判明して、少しショックを受けています。ま、いいけど。購入したてなので、かなり光っています。しかし最近はコインショップでもあんまり見かけないような。

Dsc00602これはいただきもののワンダラーサイズのチャイニーズコインです。こんなに素敵な物をいただけて感謝感激です。ワンダラーサイズでチャイニーズコインというのが素敵です。今のところこれを使った手順はないのですが、どうせ将来的に必要になると思うので、少し暖めておこうかと思っています。

Dsc00600さらに先日のマジックスウィッチで購入したハーフクラウンです。このコインでサン&ムーンが出来るのであれば素敵過ぎるなぁと。ちょうどこのコインを探している時だったし、また格安で入手できたので感謝しています。こういう掘り出し物があるから、見逃せないのです。早い者勝ちなので、購入するのもなかなか難しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.02

コインを漁ってきた-竜50銭を手に入れた編-

Dsc00465雨降りつつも、春を感じさせる陽気の日曜日にまたまたまたコインショップへと馳せ参じました。これは本人希望ではなく、友人の激しい強い訴えにより、仕方なしに行ってきただけなんです。さすがに近頃微量ながら買い過ぎな感じもしなくはないような気がしますが、売っている時に買わないと、もう巡り会えない物なので、仕方なし。で遂にあの泡坂妻夫先生も愛用していると噂の「竜50銭銀貨」を購入してきました。年号はバラバラなのですが、格安だったので、つい複数枚購入してきました。

しかし現在はフランクリンを愛用しているので、特に使う予定もないのですが、所有欲と言うやつです。こんなにコインの種類を持っていても仕方ないのは理解しているので、90%以上はコレクション目的です。10%くらいの割合で、使用してみようかなぁという気があったりなかったり。ま、カードと違って一度買えば一生使えるので少々の出費もそんなに苦にならない気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.30

コインを漁ってきた-桜満開編-

Dsc00451連日コイン収集の話で申し訳ないのですが、ある所から情報を入手して、職場の近くに古銭屋があるとのこと。それは早速行かねばと思い、仕事終了後行ってみた。そこでは、ワゴンセールっぽく売っていた銅貨を中心に購入しました。一枚の値段が最高でも600円と非常に安かったので、7枚ほど購入。カンガルーの絵が描かれている銅貨の数が少しずつではありますが、増えてきて、普通に使えそうな予感です。

Dsc00452今回購入できた中でもお気に入りは1901年のイングリッシュペニーです。この古めかしさがとても素敵。裏面は御馴染みのデザインですが、程よくソフト状態になっています。この状態で数枚揃えるのは骨が折れそうです。今日行ったところは一枚しか無かったし。色がほとんど真っ黒という状態ですので、スペルバウンドを行うとかなりはっきりと判るかもしれません。

Dsc00454こちらはオーストラリアンペニーですが、今までとはちょっとデザインが違うので購入。裏面の「ONE PENNY」という潔さが好き。1000円以下の同じデザインのコインが2枚しかなかったのが残念です。これはもう少し欲しいかも。肖像の王様もなかなか良い感じです。

Dsc00456またまたカンガルーのオーストラリアンペニーですが、裏面のデザインがなんと御馴染みのイングリッシュペニーと一緒だったので、これは普通に使えるなぁと思い即購入。こちらはお店の人に声をかけて、在庫を物色中に発見しました。こんなのもあるんだって感じです。これは表も裏もデザインが好き。この銅貨をメインに使用したいと思うくらいの逸品。レギュラー候補。

Dsc00455最後は香港の1ダラーです。裏面には壱円(円は旧字)と書かれているところがなんとなく良いかなぁと。これだけはハーフダラーよりも若干小さいです。値段は200円と格安でしたので、もう少し欲しかったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

コインを漁ってきた-2006新春編-

DSC00286昨日の新年会の前に色々と買い込みをしてきました。京王百貨店新宿店にて新春コイン切手即売会が行われていたので、早速購入してきました。かなりの数があって、まだまだ見落としがあるとは思うのですが、今回はこの辺で。写真の上がパプアニューギニアのコイン(800円)です。ワニが描かれていて、更に穴あきなので、何かに使えそうです。ハーフダラーよりも若干大きいですが問題なし。色が銀色でなければ良かったのですが、このコインはお気に入り。写真下の左側がイングリッシュペニー(1200円)です。肖像はジョージ五世らしいです。緑青が出ているのですが、古めかしい銅貨が欲しかったので良し。写真下の右がオーストラリア ペニー(300円)です。裏側のカンガルーがかなり良い感じだし、値段も安いので後数枚欲しいところ。見かけたら買っておこう。

DSC00292今回の掘り出し物は、この写真のコイン(2000円)。普通のサンドイッチコインなんですが、なんとケネディの肖像がカラーになっています。こんなのが存在するのですねぇ。あんまりマジックに使用していると、塗装が落ちそうです。ここぞと言う時に出したいなぁと。他の人に見せたところ生首と言われてしまいました。このコインは、ずーっとコインを漁るように見ていたら、店員さんがショーケースの中から箱を出してくれて、その中の一番下にありました。よほど好きだと思われたようです。他には大好きなフランクリンコインを5枚ほど購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.07

コインを漁ってきた-はじめて編-

9月4日のテンヨーマジックフェスティバルの前に大雨が降って、何にもやる気がしなかったのですが、今後行く暇があるかどうかを検討したところ、行く暇が無いとのファイナル答えをHIGEコンピューターが弾き出し、やっぱり行こうと思った次第であります。いや、行かねば。一路銀座コインへ。

テンフェスの前にお金を使うのは、少々気が引けたのですが、見ていたらなんだか色々と欲しくなってしまいました。そうなってしまったら、もう誰にも止められません。延々とコインを物色します。金貨とかは本当に高いので、買えません。金貨はやっぱり投資が目的なんだろうか。以下色々と買った物を並べてみます。

二銭銅貨(直径32ミリ)(500円)はハーフダラーよりもほんの少しだけ大きめの古銭です。イングリッシュペニーよりも濃い色ですので、スペルバウンドには映えるかもしれません。若干重めではありますが。

寛永通宝(直径約28ミリ)(200円)はハーフダラーよりもほんの少しだけ小さめの古銭です。かなり薄いので、少々扱いづらいかもしれません。安かったので、5枚ほど購入してしまいました。

文久永宝(直径約26ミリ)(200円)はほとんど500円玉と同じ大きさです。世界のコインマジックのおまけにもついていました。この時はあまり良い状態の物が無く(ほとんどが欠けていました)、とりあえず買ってみました。使う予定もないのに。

永楽通宝(直径約22ミリ)(300円)は10円玉よりも若干大きめです。とりあえずこんな色の古銭を探していたのです。テクニカルなコインマジック講座の「幽霊銭のミステリー」に使用できそうです。こういうのは雰囲気ですからね。

東京オリンピック記念硬貨(直径35ミリ)(3000円)を買いに行ったのが、当初の目的でした。未使用のコインなんていらないから、もう少し安くして欲しいのです。こっちはコレクションが目的ではなく、ただのマジック道具を選びに来ているのですから。とは言ってもこんなにコインを買ってるのは既にコレクション。結局数ある中から、一番輝きがあるコインを選択しました。まぁハーフダラーよりも大きく、ワンダラーよりも小さいので、色々と使えそうです。これで「500円玉のデュエット」ができます。

後はモルガンのソフトコインを1枚購入しました。1枚2500円と若干高かったのですが、ソフトコインだったのでとりあえず。モルガンは今後少しづつでも数を増やしていきたいなぁと。記述した価格は全て税込み価格です。でこちらでコインを大量に買い込んでさぁお金をいざ引きだそうとしたら、UFJ銀行が使えません…。これで無理矢理我慢せざるを得ませんでした。なんてこったい。今後はこのような事がないように気を付けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)