2010.02.08

アリ・ボンゴの予言の書

Dsc_0181先日久しぶりにマジックランドを訪れたので、前から気になっていた「アリ・ボンゴの予言の書」をようやく買ってきた。1050円。前回行った時に、これは良いと思ったのですが、何故か購入しませんでした。多分他に買う道具があったのでは無いかと推測。前回は「ルーレット・ESP」を買っていたのかと、自分の記事を読んで思い出した。前回は9月くらいに行っていたのか。結構間が空いてしまっていたんだなぁ。今回もまた、次に訪れた時に買いたい物があったりして。

現象は、観客にデックを半分ほど渡して、よく混ぜてもらいます。演者も残ったカードを混ぜます。お互いに、カードの好きなところから分けて、ひっくり返してから、相手の持っているカードの上に乗せて、またよく混ぜてしまいます。これで表裏が混ざったカードを、お互いがよく混ぜたことになります。その後、ひっくり返しては相手のカードに乗せるのを好きなだけ繰り返します。これが終了したら、演者の持っているカードを観客に渡して、表と裏に分けてもらうと、予言の書の通りとなっています。

これは原理を知っていても、かなり不思議に見えてしまうのです。実際にママさんの演技を見ても、どうしてもそうなるとは思えないのです。落ち着いて考えてみると、結構当たり前のことなんですけれども、やっぱり不思議なんだよなぁ。実際に演じる方も、そんなに負担が無いので、気軽に出来るような気がする。でも、この予言の書のデザインと折り方だけで1050円分の価値は充分あります。折り方は厚川昌男師なのがポイントだったり。紙なので、持ち歩いている最中に折れ曲がったりしないだろうかと言う不安がつきまとうのですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.11.16

小さくなるペン

Dsc_0108
テンヨーの2010年の新作である「小さくなるペン」です。今年は5種類発売されていますが、一番良さそうな感じがする商品だと思いました。他のは何となく惹かれるものが少ないような気がします。全体的に小粒な感じがしてしまうのは気のせいでしょうか。しかしながらこのパッケージ方法はどうにかならないものでしょうか。開封時にビリビリ破れてしまうのは困ったものです。

現象は、ハンカチをかけた相手の手の中でペンが縮んでいきます!ハンカチをどけると本当に小さなペンが現れるので、だれもが、驚いてしまうでしょう。と解説書に書いてあります。この文章の通り、ハンカチが必要になってきますが。なかなか面白い感じになっています。ギミックはとても面白いと思いますし、そこそこ使いやすいのではないかなと。ハンカチ越しではありますが、観客の手で小さくさせることも可能なのは良い。

とてもギミック的には素敵だと思うのですが、このペンはどう見ても競馬のマークシートを塗るペンにしか見えないのです。と言うか、何故かこのペンの形状でボールペンなのも違和感を覚えるところです。こういう形のボールペンってあったっけ?後、持ち運びに少々不便かもしれない。持ち運んだことがないので、判りませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.24

コイン・アセンブリー・カード・トリック

ようやく追加クエストだけは追いついたHIGEです。後は毎週金曜日に配信されるクエストを追っかければ大丈夫かなと。クエスト自体も後20個を切ったので、そろそろ終了しそうですが、まだ魔王系の地図には手を出していないから、まだまだ掛かるかもしれないのです。プレイ時間は、既に200時間突破。他にやることもあるって言うのに…。

Dsc_5846そんな訳で、何故か久しぶりに出てきた「コイン・アセンブリー・カード・トリック」です。これは3~4年前くらいに買ったような気がする。元々は1994年に発売していたので、実に15年以上も前の道具になりますね。とりあえず保存状態は良い感じなので、まだまだ使えそうな気がします。とは言っても、やらないかもしれませんが…。

Dsc_5848現象は、写真のように並べて、カードに描いてあるコインが1枚ずつ1カ所に移動してしまうというものです。実際にコインで行うコインアセンブリーを、大胆にもパケットトリックにしてしまった作品です。カードにしてしまって、どうなのかなと思ってしまうのですが、現象は成り立っているような気がします。途中で集まっている様子を見せられないのが残念なんですが。難易度自体はそんなに高くないと思います。パケット物にしては、意外と覚えやすい。

また、更に付属の財布の描かれたカードを使って、実際にコインを4枚出すことも出来ます。どちらかと言うと、こっちのオチの方が良いのかもしれませんが、コインを複数枚扱うことになるので、色々と気を使うことが増えてしまいそうです。多分、私はやらないような気がするから良いのですけれどもね。綺麗にして保存しておく所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.23

ルーレット・ESP

クエストリストを見ながら、ちまちまとクエストこなしたり、「あらぶる光の地図Lv86」にドキドキしながら潜ったりしているHIGEです。凶悪なボスクラスがウロウロしていたりするから、戦闘に時間が掛かってしまうし、気を抜いたら全滅してしまうので、なかなか大変です。このクラスのモンスターを楽に倒せる日は来るのでしょうか。

Dsc_5844そんな訳で、先日ランドで購入した「ルーレット・ESP」です。裏表を使用するフェルト製のルーレット版、専用サイコロ、指示針コマ、数字配置盤がセットになっています。マジックをやる際には、紙コップのように透けない容器が必要です。「ルーレット・ダイス」を購入してきたと、つい最近記事に書いたような気がするけど、正確には「ルーレット・ESP」でした。ほぼ同じような物ですが、裏面の絵がサイコロになっているか、ESPマークになっているかの違いです。ルーレット・ダイスの方は、ルーレット盤が黄色です。

Dsc_5845現象は、ルーレット盤の上で指示針を回し、針が止まった数に従って、選んだダイスの目があらかじめ伏せておいたカップの中のダイスの目とずばり一致!!しています。…と解説書をそのまんま引用。サイコロを観客に振ってもらって、針を回して、止まった数字だけ進んでいくと、裏面の絵とサイコロの絵が一致している感じですかね。2回くらいは繰り返して出来ると思いますが、何度も何度も出来ないのではないかなと。そう繰り返してやるものでもありませんが。

ちょっとがっかりだったのが、サイコロが紙製でした。ちゃんとしたのを作ろうとすると、コストが掛かってしまうのでしょうね。これは意外と難しいと言うか、覚えることがたくさんあるので、結構複雑かもしれません。私はまだきちんと出来ないような状態です…。何かこう、もう少し簡単に覚えられる方法はないのかなと思ってしまいます。慣れれば、観客に示す順番を入れ替えたりも出来るんだろうなぁ。そっちの方が不思議なような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.18

変身リング!

故あって、更新することを怠っていましたHIGEです。ずっとドラクエばっかりやっていた訳では決してないのです。まぁそれなりにはやってましたけど…。そんなにネタにするような事が無かっただけなんです。

Dsc_5815そんな訳で、気になっていたのでついつい買ってきてしまった「変身リング!」です。1680円。Amazonだと、発売日が2009年9月25日になっていますが、どういうことなのかは判りません。ヨドバシカメラで普通に売っていました。パッケージに「05」と書いてありますが、4種類しか置いていなかったような…。他のは多分買わないんだろうなと。

現象は、右手の指先にはめた指輪を左手で握り取ってしまうと、指輪が消えてしまいますが、いつの間にか右手の人差し指に戻ってしまいます。今度は左手で指輪を覆うと、銀色の指輪が、金色に変ってしまいます。こんな感じの現象なんですが、2個の指輪を使うのは難しくないかなぁと思ってしまいました。解説書の演技部分の写真は思いっきりネタバレしているし…。解説の写真みたいに、指が太くないので、指先での保持が難しい。

Dsc_5817とりあえず、こういった感じで、同じデザインで同じ大きさの指輪が安く入手出来るのがポイントです。安いだけあって、表面はツルツル滑るし、サイズも固定なんですが。サイズはかなり小さめで、中指にはめたら、取れなくなって焦りました。これぐらいの値段だったら、何かネタを作っても良いかなと思える感じです。思い付いた現象があって、どうにか実現出来ないかなと考えているのが一つあるので、上手いこと利用出来ないかと画策しているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.10

MALINI EGG BAG

毎日暑い日が続きますね。HIGEです。ジメッとしているのがかなりの不快感です。カラカラっとしている暑さなら、気にならないんですけどねぇ。もうここは亜熱帯ですよ。亜熱帯。

Dsc_5140そんな訳で、随分と色々と書いているのにも関わらず、記事にしていない道具があったことを思い出した。忘れていた訳ではなく、書いたつもりになっていたのです。多分書いてないと思う。warehouseで、$30でした。今思うと、若干高いのかもしれないけれども、まぁ手頃な値段かなと。現象は、袋に入れた玉子が消えたり現れたりします。…と手抜きの現象解説。これ以上は、書けません。

Dsc_5142購入したのは、MALINI EGG BAGです。エッグバッグ本体と、木製玉子入り。木製の玉子は、今をときめくMサイズ。こうやって記事にするくらいですから、色々なバッグの種類と比較しながら、これはここが良いとか、あれはあそこが悪いとか書ければ良いのですが、なんせエッグバッグという道具を購入したのは初めてだから、何かと比較することは出来ません。しかしながら、友人に見せてもらったエッグバッグは、これよりも布が薄めでした。それが利点になるのかどうかは判りませんが、何となく高級な感じがした。

でもまぁ、どっからどう見ても怪しい黒い布だからねぇと思いました。何でこんな黒い袋に玉子を入れるのかがよく判りません。よくよく考えてみると、玉子を袋に入れるってことはかなりおかしなことのような気がする。昔は袋に玉子を入れていたのです…とも聞かないし。あんまり深く考えると、エッグバッグ自体を使えなくなりそうなので、深く追求しないようにしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.28

Travelling Jewel

眠いけど 暑くて目覚める 休日の朝(字余り) 詠み人HIGEです。暑かったのと気力がなかったので、のんべんだらりと海堂尊著の「ブラックペアン1988」を読んで過ごしました。面白くてあっと言う間に読んでしまいました。何かもったいない気がしてしまうのですが、一気に読んでしまいます。今年は、年間100タイトル読む予定ですが、まだ半分の50冊に到達していないので、少しペースを上げないと。

Dsc_5109そんな訳で、約1ヶ月前にwarehouseから購入した道具の一つである「Travelling Jewel」です。特別欲しいと言うわけでもなく、単に値段が$9と安かったので、何となくカートに追加してみただけなのです。あまりの安さに、正直期待していなかったのですが、いやはや何とも、これが期待通りの出来でした。詳細は後述。

現象は、何も付いていない棒を見せ、おまじないをかけると、真ん中に宝石が現れます。真ん中の宝石が、棒の両端に飛び移ったり、増えたりします。最後に真ん中の宝石が分裂します。付属の手順を上記のように解釈。色が変わったりすることもありませんし、変化の数が多かったりする訳でもありません。極めて普通のパドルのマジックだと言えよう。

肝心の道具の出来なんですが、パッケージを開ける前から、何か微妙に面取りしているところが斜めになっていたりして、ちょっと残念な印象です。これなら多分自分で作った方が、綺麗に出来るような気がします。塗装したとしても、1000円以下で作れそうです。宝石部分は埋め込んであるけど、ラインストーン貼れば何とかなりそうな予感。久しぶりにパドルでも作ってみようかなと思ったりしてしまいます。最近パドル系のマジックは全然やっていないことに気が付いたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.17

Nana's Necklace

帰宅時間に大雨。HIGEです。電車を降りたら、信じられないくらい雨が激しかったのですが、早く家に帰りたいので、気にせず豪雨の中を傘をさして歩いていました。何故傘?21世紀になって、数年が経っているのに、未だに傘をさすってことに信じられないのです。もうこれ以上、傘は進化しないのでしょうかねぇ。ドーム型の傘はちょっと変だし、傘だけに嵩張りそうなので、あんまり興味がなかったり。

Dsc_5100そんな訳で、とりあえずずっと欲しいなぁと思っていて、いらないかなぁと思っても、やっぱり何だか欲しいような気がしてしまったので買ってみた「Nana's Necklace」です。ようやく買ったのかと言うか、結構今更感が漂っているのですが、良いネタには旬等存在しないのです。いつでも良いものは良いのです。とりあえず道具自体の出来が良いです。以前記事にしたことのある「おばあさんの首飾り」のギミックバージョンとでも言ったら良いのか。

現象は、大きめの木製のビーズ3個に、紐を2本通して、観客に握ってもらいます。更に観客の拳の上で軽く紐を結んでしまいますが、おまじないをかけると一瞬にして、観客の手の中のビーズから紐が外れてしまいます。観客に実際に手に握ってもらえるのが、やっぱり良い現象です。関係無いけど、これは誰か判らない「Nana」のネックレスなんでしょうかねぇ。何かこう、きちんとした名前が欲しいような気がします。

ギミックが無いのと較べてみると、どちらが良いのかは、正直甲乙つけ難いです。ギミックを使用している分、ある部分が楽に、そしてクリアになりますが、余計に気を遣う部分が出てきてしまうのです。あんまり気にしないでも良いのかもしれませんが、若干気を遣うのがちょっとだけ微妙。本当に何の仕掛けもない道具でも同じ現象が出来る分、「おばあさんの首飾り」の方が良いのかもしれないとか思ったりしてしまうのは好みの問題か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.10

INDIAN WATER VASE

新しいiPhone3GSが発表されて、期待度が高まっているHIGEです。去年のような異常な熱狂ぶりは勘弁して欲しいところです。今回購入するか、スルーするかは今後の対応次第です。何か早期に購入した人には特典みたいな優遇措置があれば購入したいところですが、毎月高い端末代を払っているので、しばらくはあんまり欲しくないかなと。来年、新しいのまで待つのが得策かもしれない。

Dsc_4581そんな訳で、先日購入した道具の一つである「
INDIAN WATER VASE」です。通称「インドの水」です。一度友人に見せてもらったことがあるのですが、あまりの馬鹿馬鹿しさ故に、ちょっと欲しくなっていたのです。これと同じ機構で、魔法瓶っぽいのがあったのですが、悩んでいるうちに売り切れてしまったので、しばらく放置していて、ようやく購入しました。$2.75でした。あれ?こんなに安かったんだっけ。もう一個くらい予備で購入しておいても良かったかも。

現象は、おまじないをかけて、ポットに入っている水をコップに注ぎきります。しばらくした後に、またおまじないをかけると、ポットから水が出てきます。これを何度も何度も繰り返します。何度も繰り返していると、徐々に不思議なことが判ってくるのです。ただそれだけなんですが、微妙に不思議だし、妙にくだらないので、結構好きな現象です。

惜しむらくは、安いので、隙間が大きいのかどうか判りませんが、水が意図しないところから溢れてきたりするので、少し困ります。また、小さくて持ち運びが便利な反面、出てくる水の量がかなり少なくて、ちょっとがっかりするかもしれません。変なところから漏れてしまうのは仕方ないとしても、もう少し水の量がいっぱい出てくると良いのになぁと思ってしまいます。コップには、出てるか出てないか判らないくらいの量しか溜まらないので、残念すぎるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.04

Rubik Remembered

何だかもう一日中頭痛がしているような感じで、今日一日は感じが悪かったかもしれないHIGEです。ずーっと頭が痛いような重いようなそんな感じでした。とは言え、これを書いている時点でも若干痛かったりするわけですが、こればっかりは自然治癒するまで、どうにもならないので、放置。大丈夫かいな。

そんな訳で、もうずっと気になっていたDVDを先日購入しました。Mark Elsdon師の「Rubik Remembered」です。東急ハンズで吊られて売っていた時は、危うく購入しそうになったりしましたが、自制。がしかし、今回適当に検索していると、このDVDが目に入ってしまったので、とりあえずカートに入れておきました。その後、カートにいっぱいになった道具をどんどん消していくのですが、これはどうしても残ってしまったのです。それくらい気になっていた。

現象は、ルービックキューブを観客に混ぜてもらいます。マジシャンは目隠しをします。目隠しをした状態で、バラバラに混ぜられたルービックキューブを揃えてしまいます。世間一般的には、BLDってやつですね。BLDの方は記憶術で、こちらのDVDに収録されているのは奇術です。使用するルービックキューブ自体はレギュラーです。DVDに、ルービックキューブは付いていないので、こちらは自分で揃える必要があります。

届いてから一番に、再生してみたのですが、うーんどうなんだろ…。とりあえずルービックキューブで6面が揃えられる人なら、やはり買う必要は無いかと思います。これなら、きちんと覚えてBLDやった方が良いかなぁと、思ったりもしたのですが、さすがにあれを覚えるのは、少々骨だし、まだ理解出来ないから、簡易BLDみたいな感じに使えるのかもしれないけど…。

ルービックキューブを揃えられない人は、このDVDを見ながら練習すると、もしかしたら揃えられるようになるかもしれません。私の場合は、このDVDを見ながらは揃えようとは思わなかったので、かなりのシーンをスキップしまくってしまいました…。でも、一応このDVDで揃えられるようにならないと、マジックにも使えないので、揃えられるようになるのでしょう。きっと。微妙にLBLの手順とも違うので、私は逆に覚えにくそうな感じだったりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧