« HG RX-78-2ガンダム Ver.G30th Premium Gold Ver. | トップページ | ビジー »

2010.02.08

アリ・ボンゴの予言の書

Dsc_0181先日久しぶりにマジックランドを訪れたので、前から気になっていた「アリ・ボンゴの予言の書」をようやく買ってきた。1050円。前回行った時に、これは良いと思ったのですが、何故か購入しませんでした。多分他に買う道具があったのでは無いかと推測。前回は「ルーレット・ESP」を買っていたのかと、自分の記事を読んで思い出した。前回は9月くらいに行っていたのか。結構間が空いてしまっていたんだなぁ。今回もまた、次に訪れた時に買いたい物があったりして。

現象は、観客にデックを半分ほど渡して、よく混ぜてもらいます。演者も残ったカードを混ぜます。お互いに、カードの好きなところから分けて、ひっくり返してから、相手の持っているカードの上に乗せて、またよく混ぜてしまいます。これで表裏が混ざったカードを、お互いがよく混ぜたことになります。その後、ひっくり返しては相手のカードに乗せるのを好きなだけ繰り返します。これが終了したら、演者の持っているカードを観客に渡して、表と裏に分けてもらうと、予言の書の通りとなっています。

これは原理を知っていても、かなり不思議に見えてしまうのです。実際にママさんの演技を見ても、どうしてもそうなるとは思えないのです。落ち着いて考えてみると、結構当たり前のことなんですけれども、やっぱり不思議なんだよなぁ。実際に演じる方も、そんなに負担が無いので、気軽に出来るような気がする。でも、この予言の書のデザインと折り方だけで1050円分の価値は充分あります。折り方は厚川昌男師なのがポイントだったり。紙なので、持ち歩いている最中に折れ曲がったりしないだろうかと言う不安がつきまとうのですが…。

|

« HG RX-78-2ガンダム Ver.G30th Premium Gold Ver. | トップページ | ビジー »

コメント

ご無沙汰です。

ちなみに折り方自体は古くからあるものなので、厚川氏のアイデアは「折り方」ではなく、その「使い方」でしょうね。

紙の内側も使用する点と、その情報が二段階に変化するという点。

「魔術館の一夜」に収録されている絵本が原点だと思いますけど、そこにボンゴさんの予言をはめ込んだのが厚川さんなのかトンさんなのかは確認しないと分かりませんね。

フォーサイトの「マネーゲーム」は、元々私がポール・カリーの作品と厚川さんの作品を組み合わせて、自分用に構成したものです。

投稿: U木 | 2010.02.08 13:22

U木さんどうもです。
この予言の書は、折り方の使い方が絶妙でした。かなり自然に開いていくのとデザインが良い感じです。フォーサイトの「マネーゲーム」も秀逸だと思います。
「魔術館の一夜」は持っているのですが、未読だったりします…。近いうちに読んでみます。

投稿: HIGE | 2010.02.09 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリ・ボンゴの予言の書:

« HG RX-78-2ガンダム Ver.G30th Premium Gold Ver. | トップページ | ビジー »