« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

2009総決算

今日で2009年ももうおしまいなので、軽く振り返ってみることにする。個人的には激動だった一年間でした。色々あって、それが2009年内に起こったことなのかもどうか忘れているような出来事もあったりしました。ここ最近はここをほったらかしにしているし…。

今年の後半辺りから、徐々にマジック離れが進んできたような感じです。興味がなくなった訳でもなく、演じることが少なくなった訳でもなく、単に道具を買わなくなってきただけかもしれないけど、今までのような情熱はなくなってきたような感じがします。少しだけ欲が薄れてきているのかもしれません。欲しい道具やら、本やら、DVDやらも少なからずあるのですが、買うまでには至らない状態です。他に欲しい物が増えたのも一因かもしれない。

今までに大量に購入してきた物があるので、まだしばらくは大丈夫なのかもしれない。やりたいなと思っていて、ずーっとほったらかしにしている手順なども相当あるので、しばらくはこの状態が続くのかもしれない。撮りたいなと思っている動画があるけど、未だに手順が決まらなかったりして…。これだけは何とかしようと思っていたりします。

とか何とか言いながらも、2009年の年末は、会社の忘年会でやったり、仕事場の忘年会でもマジックをやっていたりするのです。多々反省点もあるのですけど、反応が新鮮だったりするので、なかなか楽しいなと思い直したりすることもありました。気楽に出来る手順をもう少し増やしてみたいと思ったりもしています。忘れているような手順を掘り起こしてみたいかなと。

そんなこんなで、2010年もなんだかんだと更新を続けていく次第です。多分、マジックの記事率は減ってしまうかと思われるのです。こんなこと書かなくても、今でも充分に減っていますが…。以前、毎日書いていたのが、自分でも不思議なくらいです。では、最後までお付き合いいただいた皆様、よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.30

2009年に読んだ本

年間100タイトル読破しました。自分の中では年間最多読破数だと思う。とりあえず列挙。詳細は後日書くかもしれません。詳細と言っても、一冊ずつ解説とかはしないけど…。

眠りの森(東野圭吾)
死神の精度(伊坂幸太郎)
チルドレン(伊坂幸太郎)
オーデュボンの祈り(伊坂幸太郎)
アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)
キマイラの新しい城(殊能将之)
ナイチンゲールの沈黙(海堂尊)
魍魎の匣(京極夏彦)
星を継ぐもの(ジェイムズ・P・ホーガン)
グラスホッパー(伊坂幸太郎)
砂漠(伊坂幸太郎)
コズミック(清涼院流水)
ジョーカー(清涼院流水)
パズル(山田悠介)
螺鈿迷宮(海堂尊)
どちらかが彼女を殺した(東野圭吾)
リアル鬼ごっこ(山田悠介)
狂骨の夢(京極夏彦)
悪意(東野圭吾)
十角館の殺人(綾辻行人)
ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂尊)
パーフェクト・プラン(柳原慧)
放課後(東野圭吾)
シーズザデイ(鈴木光司)
神は沈黙せず(山本弘)
シャングリ・ラ(池上永一)
レキオス(池上永一)
模倣犯(宮部みゆき)
青の炎(貴志祐介)
モダンタイムス(伊坂幸太郎)
毒薬の輪舞(泡坂妻夫)
クライマーズ・ハイ(横山秀夫)
クリムゾンの迷宮(貴志祐介)
天使の囀り(貴志祐介)
ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)
硝子のハンマー(貴志祐介)
先天性極楽伝(阿佐田哲也)
ばいにんぶるーす(阿佐田哲也)
池袋ウエストゲートパーク(石田衣良)
少年計数機(石田衣良)
骨音(石田衣良)
電子の星(石田衣良)
反自殺クラブ(石田衣良)
赤・黒(石田衣良)
波のうえの魔術師(石田衣良)
ブラックペアン1988(海堂尊)
アキハバラ@DEEP(石田衣良)
ブルーもしくはブルー(山本文緒)
鉄鼠の檻(京極夏彦)
絡新婦の理(京極夏彦)
プラナリア(山本文緒)
@ベイビーメール(山田悠介)
レイクサイド(東野圭吾)
幻夜(東野圭吾)
天使の耳(東野圭吾)
喜劇悲奇劇(泡坂妻夫)
塗仏の宴(京極夏彦)
秘密(東野圭吾)
終末のフール(伊坂幸太郎)
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(桜庭一樹)
鴨川ホルモー(万城目学)
審判の日(山本弘)
向日葵の咲かない夏(道尾秀介)
水車館の殺人(綾辻行人)
時の果てのフェブラリー(山本弘)
夏への扉 新訳版(ロバート・A・ハインライン)
フィッシュストーリー(伊坂幸太郎)
シャドウ(道尾秀介)
蚊取湖殺人事件(泡坂妻夫)
天使の屍(貫井徳郎)
うつくしい子ども(石田衣良)
迷路館の殺人(綾辻行人)
イニシエーション・ラブ(乾くるみ)
まだ見ぬ冬の悲しみも(山本弘)
私が彼を殺した(東野圭吾)
空中ブランコ(奥田英朗)
嘘をもうひとつだけ(東野圭吾)
イン・ザ・プール(奥田英朗)
きっと君は泣く(山本文緒)
赤い指(東野圭吾)
灰色のピーターパン(石田衣良)
クビキリサイクル(西尾維新)
チェリーブラッサム(山本文緒)
町長選挙(奥田英朗)
クビシメロマンチスト(西尾維新)
斜光(泡坂妻夫)
宇宙の孤児(ロバート・A・ハインライン)
太陽の簒奪者(野尻抱介)
Gボーイズ冬戦争(石田衣良)
朱色の研究(有栖川有栖)
あるキング(伊坂幸太郎)
ホルモー六景(万城目学)
死者の輪舞(泡坂妻夫)
鹿男あをによし(万城目学)
クビツリハイスクール(西尾維新)
海のある奈良に死す(有栖川有栖)
下北サンデーズ(石田衣良)
リピート(乾くるみ)
告白(湊かなえ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.26

ジョジョの奇妙な花闘~杜の花~

Dsc_0134何となく毎年恒例となってきた感があるジョジョグッズですが、2009年は何と花札。「ジョジョの奇妙な花闘~杜の花~」です。予約限定商品なので、既に購入することは出来ないのですけど…。とりあえず今年も家にやって来ました。が、箱がでかい!かなりびっくりしました。

Dsc_0135で、箱を開けてみると、大部分が座布団で占められている状態です。写真の右側の白い部分が、メインである花札なのです…。かなり小さく見えるけど、サイズは基本的に手に馴染んだあの花札サイズです。と言うか、さすがにこの座布団は使用するかどうか困ります。この部分は開封しないでおこう。最近は保存用とか買うのを止めたのですが、これは2個あると保管場所がかなり厳しいかもしれない。

Dsc_0136まずは白い箱から取り出してみると、ハーヴェストがかなり良い感じに描かれた綺麗な箱が出てきました。シンプルな箱で、なかなかシブいねぇ。私は第4部が大好きなので、かなり贔屓目に見てしまいそうなパッケージです。この箱だけでもしばらく眺めて見ていたいと思わせるような感じです。

Dsc_0138この黒い箱を開けてみると、中からヌ・ミキタカゾ・ンシのサイコロが顔をのぞかせています。この一瞬はかなりテンションが上がる瞬間です。これこれ!このサイコロが一番欲しかったのよ。このサイコロだけでも単品で販売してくれたら、たっくさん買うのに。花札もかなりしっかりとしたパッケージに思える。が、この箱の中の仕切りはなんだかしょぼいのです。なんでこんなに緩いんだろう…。

Dsc_0140とりあえず付属の説明書を読んで、この花札独特の役が結構痺れるのです。この3枚は、普通なら猪鹿蝶なのですが、この花札だと杜王町なのです。かなりいかしています。他にもファンならグッとくる役があるので、無理にでもそれらを揃えたくなってしまいます。しかしながら、猫草の札が一番のお気に入りです。桐に猫草って、妙に嵌っていて素敵なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »