« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.25

Matrix中

PCの光学ドライブの調子が悪くて、DVD見られない状態が続いていたHIGEです。光学ドライブのドライバを削除して、再起動したら直ったので良かった。新しくドライブを買うところでした。今買うならBDドライブかなぁと思ったりして、ネットを眺めていたけど、まだまだ値段がこなれてきていないので却下。

そんな訳で、光学ドライブが復活したので、ちょっと見てみたかったAl Schneider師のMatrixなんかを練習してみたりした。と言うか、このDVDが見たいから、ダメもとでドライバを削除してみたのです。頼りない記憶を適当に辿ってみて、確かこんなだったよなぁと思いながら練習していたけど、何かが違うと思って見たくなったのです。それで実際の動きを見たら、全然違った…。よくあることです。

しかしながら、DVDの方法だと、カードを置くのを片手でやるので、かなり難しいけど、あらためてかなり不思議に見えた。そのうち出来るようになると良いなと思いながら、地味に練習していくしかないのです。今までも何度も練習しては挫折してきたけど、今回はきちんと習得したいと思っているのです。出来ないなら、楽に両手でやるのもありなんですけどね。両手なら出来ていないこともないと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.24

コイン・アセンブリー・カード・トリック

ようやく追加クエストだけは追いついたHIGEです。後は毎週金曜日に配信されるクエストを追っかければ大丈夫かなと。クエスト自体も後20個を切ったので、そろそろ終了しそうですが、まだ魔王系の地図には手を出していないから、まだまだ掛かるかもしれないのです。プレイ時間は、既に200時間突破。他にやることもあるって言うのに…。

Dsc_5846そんな訳で、何故か久しぶりに出てきた「コイン・アセンブリー・カード・トリック」です。これは3~4年前くらいに買ったような気がする。元々は1994年に発売していたので、実に15年以上も前の道具になりますね。とりあえず保存状態は良い感じなので、まだまだ使えそうな気がします。とは言っても、やらないかもしれませんが…。

Dsc_5848現象は、写真のように並べて、カードに描いてあるコインが1枚ずつ1カ所に移動してしまうというものです。実際にコインで行うコインアセンブリーを、大胆にもパケットトリックにしてしまった作品です。カードにしてしまって、どうなのかなと思ってしまうのですが、現象は成り立っているような気がします。途中で集まっている様子を見せられないのが残念なんですが。難易度自体はそんなに高くないと思います。パケット物にしては、意外と覚えやすい。

また、更に付属の財布の描かれたカードを使って、実際にコインを4枚出すことも出来ます。どちらかと言うと、こっちのオチの方が良いのかもしれませんが、コインを複数枚扱うことになるので、色々と気を使うことが増えてしまいそうです。多分、私はやらないような気がするから良いのですけれどもね。綺麗にして保存しておく所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.23

ルーレット・ESP

クエストリストを見ながら、ちまちまとクエストこなしたり、「あらぶる光の地図Lv86」にドキドキしながら潜ったりしているHIGEです。凶悪なボスクラスがウロウロしていたりするから、戦闘に時間が掛かってしまうし、気を抜いたら全滅してしまうので、なかなか大変です。このクラスのモンスターを楽に倒せる日は来るのでしょうか。

Dsc_5844そんな訳で、先日ランドで購入した「ルーレット・ESP」です。裏表を使用するフェルト製のルーレット版、専用サイコロ、指示針コマ、数字配置盤がセットになっています。マジックをやる際には、紙コップのように透けない容器が必要です。「ルーレット・ダイス」を購入してきたと、つい最近記事に書いたような気がするけど、正確には「ルーレット・ESP」でした。ほぼ同じような物ですが、裏面の絵がサイコロになっているか、ESPマークになっているかの違いです。ルーレット・ダイスの方は、ルーレット盤が黄色です。

Dsc_5845現象は、ルーレット盤の上で指示針を回し、針が止まった数に従って、選んだダイスの目があらかじめ伏せておいたカップの中のダイスの目とずばり一致!!しています。…と解説書をそのまんま引用。サイコロを観客に振ってもらって、針を回して、止まった数字だけ進んでいくと、裏面の絵とサイコロの絵が一致している感じですかね。2回くらいは繰り返して出来ると思いますが、何度も何度も出来ないのではないかなと。そう繰り返してやるものでもありませんが。

ちょっとがっかりだったのが、サイコロが紙製でした。ちゃんとしたのを作ろうとすると、コストが掛かってしまうのでしょうね。これは意外と難しいと言うか、覚えることがたくさんあるので、結構複雑かもしれません。私はまだきちんと出来ないような状態です…。何かこう、もう少し簡単に覚えられる方法はないのかなと思ってしまいます。慣れれば、観客に示す順番を入れ替えたりも出来るんだろうなぁ。そっちの方が不思議なような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.22

MG 1/100 MSM-04 アッガイ

「あぶないビスチェ」がどうしても手に入らないHIGEです。青い宝箱を開ける直前までは、出てくるんじゃないか?と思って開けているのですが、それが「ようがんのかけら」だったりすると、その落差に愕然としてしまうのです。でもまぁ地道に開け続けるしかないような気がするので、まだまだ潜ります。

Dsc_5843そんな訳で、もうとにかく欲しい度がメーター振り切ってしまったので、とりあえず購入して、連休中に作ってしまえば良いのではないかと思ったので、「MG 1/100 MSM-04 アッガイ」を買ってきて、早速作ってしまいました。どうせ買うのですから、それは作れる時間があるうちに買ってしまおうと思ったわけです。他にも手を付けていないのがたくさんあると言うのに、何故か処理がLRUです。初代のガンダムの水中系のモビルスーツのデザインはどれも秀逸で好きなのですが、とりあえずアッガイからかなと。

Dsc_5838いつものようにそのまま組みました。使ったのはニッパーとドライバーだけ。で、この再現度になってしまうのだから、いつもながら凄いことになっているなと思ってしまうのです。写真は水中用のパーツを使って、ミサイル発射の瞬間なんですが、微妙に判りづらいかもしれません。足の後ろに付いている水流のパーツもほとんど見えないし…。色塗りは非常にセンスが無いのが判っているので、どうも色を塗る行為まではいかないのです。何か台無しになってしまうような気がしてしまいます。そのうちやりたいとは思っているのですが、なかなか踏み出せません。

Dsc_5842で、アッガイと言えば体育座りなのです。待機中の状態ですが、妙にしっくりとはまっている。このポーズを再現したいが為に、制作者はおそらく相当苦労したのではないだろうかと推測。でも実は、足の部分の関節が非常に堅くて、そのままでは、このポーズをさせることは無理でした…。バラしてから、やり直してみようと思ったけど、断念してしまいました。何のために購入したのだろうかと疑問に思ってしまうような気がしないでもないのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.21

夏への扉[新訳版]

今までに読んだ本で面白かった本を一冊挙げろと言われれば、間違いなく「夏への扉」を挙げることでしょう。HIGEです。とにかく面白い。まだ読んでいない人が居たら、それはとてもうらやましく思えてしまうのです。今でもたまに読みたくなって、思い出したように読み返すこともあったりして。

そんな訳で、最近購入して、読み終えた「夏への扉[新訳版]」です。店頭で見た時は、装丁が変ったんだなぁとくらいにしか認識していなくて、興味も無かったのですが、実は訳者が福島正実氏から、「アルジャーノンに花束を」の小尾芙佐氏に変っていたのを知ってから、ようやく購入しました。「アルジャーノンに花束を」も名作です。新版も内容は変らないとは思いましたが、訳者が変ってどのようになっているのかが気になっていたのと、そろそろ「夏への扉」が読みたいなと思っていた時期が一致しました。

ぼくが飼っている猫のピートは、冬になると“夏への扉”を探しはじめる。家にたくさんあるドアのどれかが夏に通じていると信じているからだ。そしてぼくもまた、ピートと同じように“夏への扉”を探していた。最愛の恋人と親友に裏切られ、仕事を失い、生命から二番目に大切な発明さえも奪われてしまったぼくの心が、真冬の空のように凍てついてしまったからだ。失意の日々を送っているぼくにも、ピートが信じる“夏への扉”は見つかるのだろうか。(「BOOK」データベースより引用)

と引用文はなっているのですが、これのどこが面白いんだろうと言うような感じの文章ですね…。猫も出てきますが、実際はSF小説であって、かといってそんなにハードなSFでもないから、SFが苦手な人でも読めてしまう内容なんですけどね。猫が好きなら、一層面白くなるのは確かですが…。元の設定が1970年で、小説の舞台が2001年ですから、今では既に読む時点で過去になっていますが、小説の内容のほとんどが実現していないところがちょっと哀しいですね。本の中の2001年は風邪もない世界なのですが。

新訳版を読み始めた頃は、妙に読みにくい感じがしました…。何か無理矢理、旧版と差別化しようとしているかの如く、微妙に違和感があったのですが、徐々に慣れてきて、新訳版もありかなと思いました。内容は同じなので、どちらも面白いのです。でも個人的には旧版の堅い感じの文体の方が好きかもしれない。どのように違うのかを感じるために、旧版を読んでみようかなとも思ったりしていますが、さすがに連続しては読めないので、どうしようかなと思っているのですが、手元には旧版があったりして…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.20

山火事ランドタワー

タワーキューブは、結局解説を読んでしまったHIGEです。覚えるパターンも少ないし、手順もそれなりのリズムで覚えられるので、結構気持ち良く解けるようになりました。最近は自力で解かなくなってきているのかもしれません。思い付かないので仕方ない。

そんな訳で、土曜日は久々にランドに行って来ました。前回訪れたのはいつのことだか記憶にありません…。そんなに遠いわけでもないのに行かなくなると行かないよなぁ。とりあえず気になっていた「ルーレット・ダイス」を購入してきたのですが、レビューは後日する予定です。意外と大変なのかもしれない。

その後縁あって、本物の山火事を見た。と言うか、自らリクエストしてしまった。あれは完全に燃えていたな。うん。実際に目の前で見ると凄いので、一度きちんと読んで練習をしてみようかなと思わせるのですが、これはやらないで見ているだけの方が良いかなとも思ってしまうのです。更に更にミーハーなこともやってしまいましたが、貴重品が更に貴重品になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.19

タワーキューブ

水の地図が出なくて、もう何日も、モヤモヤゆうれいライフをクリア出来なくてモヤモヤしているHIGEです。何気なくやっている時は水ばっかり出ていたのですが、いざ必要となると出なくなるなんて酷いのです。でもまぁあんまりクエストをガシガシ解くと、やることもなくなってしまうので、ゆっくりやることにしようかなとも考えていたりするのです。

Dsc_5818そんな訳で、既に本屋辺りでは売っているという情報を掴んだので、早速「タワーキューブ」を買ってきました。今回からは作者の岡本勝彦さんの名前から、「岡本キューブ」ブランドとして販売されています。今後も物凄く楽しみにしています。本当に色々なカスタム系のキューブが入手出来るとしたら、これ以上の楽しみはない。

Dsc_5819今回のタワーキューブは、2×2×3の直方体になっています。配色は、今までのボイドキューブやフロッピーキューブと同じです。だんだんこの配色も慣れてきたのかもしれません。最近はこの配色も、落ち着いていて好みになってきたかも。回し心地は、かなりスムースに回ります。フロッピーキューブがちょっと怖い感じがしていたので、この剛性感は安心して回せます。

Dsc_5825手に取るまで、頭の中で色々と妄想しながらイメージトレーニングをしていたのです。これは2×2×2と同じ方法で解けるのではなかろうかと思っていたのですが、全く違いました…。長辺方向は180度しか回転させることが出来ないのに、実際に触ってみるまで気が付きませんでした。すぐに解けると思ったのに、未だに良く判らない状態が続いています。例によって解答付きなんですが、見ないようにして、もう少し楽しんでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.18

変身リング!

故あって、更新することを怠っていましたHIGEです。ずっとドラクエばっかりやっていた訳では決してないのです。まぁそれなりにはやってましたけど…。そんなにネタにするような事が無かっただけなんです。

Dsc_5815そんな訳で、気になっていたのでついつい買ってきてしまった「変身リング!」です。1680円。Amazonだと、発売日が2009年9月25日になっていますが、どういうことなのかは判りません。ヨドバシカメラで普通に売っていました。パッケージに「05」と書いてありますが、4種類しか置いていなかったような…。他のは多分買わないんだろうなと。

現象は、右手の指先にはめた指輪を左手で握り取ってしまうと、指輪が消えてしまいますが、いつの間にか右手の人差し指に戻ってしまいます。今度は左手で指輪を覆うと、銀色の指輪が、金色に変ってしまいます。こんな感じの現象なんですが、2個の指輪を使うのは難しくないかなぁと思ってしまいました。解説書の演技部分の写真は思いっきりネタバレしているし…。解説の写真みたいに、指が太くないので、指先での保持が難しい。

Dsc_5817とりあえず、こういった感じで、同じデザインで同じ大きさの指輪が安く入手出来るのがポイントです。安いだけあって、表面はツルツル滑るし、サイズも固定なんですが。サイズはかなり小さめで、中指にはめたら、取れなくなって焦りました。これぐらいの値段だったら、何かネタを作っても良いかなと思える感じです。思い付いた現象があって、どうにか実現出来ないかなと考えているのが一つあるので、上手いこと利用出来ないかと画策しているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.12

公式ガイドブック

ようやく上級職へのクエストも残るところ後一つになりました。HIGEです。面倒だから後回しにしておいた、賢者と魔法戦士のクエスト解いて、これからまた時間が掛かりそうな予感がしています。毎日すれちがい通信して、泉でアイテム拾って、Wi-Fi繋げて、ガナン帝国城の青い宝箱探してを繰り返しています。日課になっているかの如く。

Dsc_5814そんな訳で、「ドラゴンクエストIX 星空の守り人 公式ガイドブック上巻 世界編」と「ドラゴンクエストIX 星空の守り人 公式ガイドブック下巻 知識編」が発売になったので、お昼休みにサクッと購入してきました。しかしながら、お昼休みに購入したのは失敗だと思わせるくらいの厚さと重さでした。両方とも辞書みたいな厚さがあります…。

上巻は、攻略本的な内容です。細かいキャラ設定やらも色々と書いてあります。ダンジョンのマップもあるし、どこそこに宝箱があるだとか、役に立つ内容です。そういえばまだ、4人同時の「ひっさつわざ」を見た事が無かったのですが、この本にチラッと載っていました。オートでも見られることを祈ります。「とくぎ」も全然まだ見てないし…。一番役に立ちそうなのが、巻末の世界地図かもしれない。どこに何があるのか覚えていられないから、すぐに見てしまう。便利。

下巻は、完全にデータベースと化しています。モンスターやらアイテムやらクエストやらレシピやら称号やら宝の地図やらが、これでもかと言うくらいに掲載されています。全部に目を通すのが困難なくらいに情報が満載となっています。特に宝の地図の×印が、どの地方にあるのかと言うことが判る一覧が非常に便利。宝の地図だけだと、全く見当も付かない場合があったので、かなり助かります。

あ、役に立つのは上下巻とも地図関係だったりして…。私の場合は、現実の世界でも地図は読まないからねぇ。頭に入れておいて、後はその日の感覚で、目的地まで辿り着くのです。今まで辿り着けなかったことはない。遠回りにはなっているかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.09.10

気になったもの

レベルが99まで上がってしまうと転職させないといけないのはキツイです。HIGEだよ。順調にレベルを上げていて、90越え出すと、どうしよう?このまま上げ続けて良いのだろうか?と思ってしまうのです。でも、とりあえず上げてしまって、しばらく99のまま戦い続けることになるのですが。そろそろ面倒な賢者クエストにチャレンジしてみることにしよう。

そんな訳で、この前妙なマジック道具をみつけた。ネットで検索してみても何やら出てこないので、逆に気になってきた。確かアクセサリを使ったマジックが4種類ほどあって、そのうち2種類はリングキャッチャーだった。指輪とブレスレットだったかな。他には、妙に細い腕輪みたいなので行うリンキングリングと、指輪のカラーチェンジみたいなやつ。指輪が2個セットで、手順も知らないかもしれないから、これだけちょっぴり欲しいかなと思ったり。

みつけた時は「ふーん」と思う程度だったのですが、検索しても出てこないとなると気になります。しかしながら、買うに至るまでの衝動も起きてこないような感じだったので、今のところ保留としておきます。結構大量に仕入れてあったから、そのうち安くなるような気もしてきたりしているのです。安くなったら買っても良いかもしれない。今はもっと他にも欲しいものあるので、そのうちもしかしたら買うかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.08

ほぼ日手帳2010

Dsc_5812今年もようやく「ほぼ日手帳2010」を購入してきました。早いもので、毎年買い続けて、5冊目に突入です。そんなに手帳に書き込む人間じゃないのに、何故か毎年購入してしまいます。出る度に細かい改良が加えられているので、それを自分で確かめるのも楽しいのかもしれません。基本的に白紙のページが多いのについつい買ってしまいます。ロフトで売っているのは、月間カレンダーが月曜始まりなのが嬉しい。カレンダーの土日は繋がっていて欲しいのです。

実際に売り場で見たら、新しいカバーも欲しくなったのですが、まだまだヌメ革のカバーも使えるので、カバーは買わずに帰りました。とりあえずまだまだ開けないで、中身を読むのは来年の楽しみにしておきます。日々のページの下に書いてある部分をたまに読むと楽しいのです。たまに吹き出してしまうこともあったり、そうだよなぁと頷ける文もあったり、開く度に新たな発見があったりするのです。

で、今年は新しくなった路線図と下敷きも一緒に購入してきました。路線図は2年前のままなので、副都心線が走っていなかったりしています。去年買おうと思った時は無かったので、今年こそは買おうと思っていました。下敷きは既に持っていたりするのですが、月間予定表と日々のページに1枚ずつあった方が便利だなぁと思っていたところなのです。この2つはすぐにでも使えるので、早速使うことにします。他にも付箋やら、メモ帳やらも少し欲しかったのですが、以前購入したやつを使い切っていないので我慢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.07

ブロウンエッグ 試作の二

そろそろドラクエネタは終わりにしようと思っているHIGEです。とりあえず面倒なクエストやらがたんまり残っているのですが、今後は人知れずにこっそりやっていこうかと思っています。まだ眠っているだけで起きないモンスターとかいたし…。でも公式ガイドブックを見たら、また何かやりたくなるのかもしれませんが、今後は頭に何かを書くくらいですかね。

そんな訳で、以前にも記事にしていたブロウンエッグを再度作ってみました。これは忘れていた訳ではなくて、MSサイズの玉子が入手出来なかったので、後回しになっていました。がしかし、近所に売っていたのを発見して、これは!?と思い購入して、ようやく作成したのです。買ってから、いざ作成しようと思うまでなかなか重い腰は上がらなかったのですが、玉子の個数が減ってきて、賞味期限も近づいてきたので、そろそろ作らないとまずいよなと思ったのです。

作成方法は前回と同様に、中に空気を送り込んで、圧力で玉子の中身を外に追い出す方法です。例によって食欲が失せる方法なのですが、チャーハンにしてきちんと食べました。作ってみたのは良いけれど、前に作成したMサイズの玉子と比較してみても、大きさの違いが判らないので、サイズに拘る必要はなかったのかもしれません…。微妙に、本当に微妙に心持ち短径が短いかなと言う程度なので、これならどっちでも良いかなと。

それで作ったからには、エッグバッグでもやろうかなという気になっています。未だに自分にあった演出方法がみつかっていないので、あんまり練習する気にならないのかもしれません。基本的な動きは必要だと思うので、その辺から入って、触っているうちに何かを思い付くかもしれない。けど、何も思い付かないかもしれない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.04

まだだ、まだ終わらんよ

ようやくドラクエ解きました。HIGEです。夜中に解いたので、すぐに寝てしまいました。とは言っても、エンディングを見ただけなのかもしれない…。結局101時間かかりました。解くだけでドラクエ7くらいの時間が掛かっているってことか。半分くらいは通信時間なのかもしれません。イマイチ時間の計算方法が良く判っていなかったりします。

前日のレベル上げが効いたのか、面倒なダンジョンをくぐり抜けて、最後のボスに挑んだら、結構あっさりと勝ってしまいました。ここからまた大変なのかと思いましたが、そのまま終了してしまいました。意外過ぎる。マダンテ打ってこなかったしなぁ。ちょっと拍子抜けをした感じがありますが、レベルを上げてない状態ではこてんぱんでしたから、はぐれメタル様々です。そしてクリアしてからレンジャーに転職して、またレベルを上げている最中です。

しかしながら、解いてからも結構やることあるのに驚きです。まだまだ行けないところが随分とたくさんあるような気がします。更に適当に町をまわってみると、そこら中にクエスト頼む人がいたりして、新しいクエストが受けられない状態なので、かなり放置しています。戦闘時に条件を課して行うクエストが異常に面倒なのです。

戦闘は基本オートにしてやっているので、プレイを開始し始めた時は、いったいどうやってこんな条件をクリアするんだろうと、真剣に悩みました。運が良ければ出来るかもしれないけど、それにしても厳しいぞと思ったりもしていたのです。その後、自分でコマンドを選択出来ることに気が付いて、少しずつクリアしていきました。じっくりやると出来るのですが、面倒なことには変わりない。まだまだ上級職へのクエストが残っていたり。

と言うか、このゲームは日本の生産活動に悪影響を及ぼしているのでは無いかと、いらぬ危惧をしてしまうのです。まぁ実際に私などはかなり何も出来ない状態が続いているから、いやホントに。ここ最近ほとんどマジック関連はさておき、パズルも、大道芸も書くことないくらいでしたから。でもまぁひとまずクリアしたので、これからはじっくりと腰を据えて続けていきたいところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.09.02

そろそろもう解く

遂にドラクエで、ラストのボスまで辿り着きましたが、あっさり全滅させられてしまったのです…。HIGEなんです。今日こそは解いてやると思って、気合い入れて最終ダンジョンをサクサク進んでいたけど、まだまだなようです。いい加減に解いてしまいたい状態になっているので、近日中に解きます。公式の攻略本が出るまでには解きたいところです。

そんな訳で、怒れる花の地図Lv45を持っていたので、10Fまで潜って、ひたすらはぐれメタル狩りで、レベルを上げているのです。これがまた楽しい。レベルがガシガシ上がっていくので、やめられない。そろそろやめようかと思って、動くと視界に入るは、はぐれメタルのシンボル。じゃあこれ倒したらやめようと思っても、また視界に…。と言った感じで無限ループに陥りそうだったのですが、全滅してしまったので、ここが止め時だと思いました。

とりあえずレベルが50近くまでいったので、そろそろ大丈夫なのかもしれない。しかしながら、ここいらで職業を変更してみたい誘惑に駆られているのです。これから変更したら、また時間がかかるから、少し躊躇していたのですが、狩りが出来るならば、それほど時間もかからないのではなかろうかと思っていたりして。とりあえず全員上級職にしてから、解くのも良いのかなと思ったりしていると、また解くまでに時間がかかるんだろうなぁ。悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.01

ちょっと欲しいものがちらほらと

とうとう今年も終わりが見えてきたのですね。HIGEです。なんでそう思うかと言うと、「ほぼ日手帳2010」が発売するからですね。今年もとりあえず中身だけでも購入しておこうと思っています。ネットで買うと、余計な物も購入してしまいそうなので、今年もロフトで買ってくるかなぁ。少しだけ迷う。最近はあんまり使っていないような気がするけれども、またガシガシと使いたいところです。

そんな訳で、先週くらいにランドから新作のカタログが送られてきたのですけれど、今回の「ルーレット・ダイス」はちょっと惹かれるものがありました。カタログだけではイマイチ現象が掴めないので、近いうちに見に行こうかなと思ったりして。これはリバイバル・シリーズNo.1と書かれているので、以前売っていた道具なのでしょうか。ランドには、リバイバルして欲しい道具が結構あるような気がするので、これを機にどんどんシリーズ化して欲しいのです。

更にアリ・ボンゴの「予言の書(日本語版)」もなかなか良いかなと。これは作ろうと思えば作れる道具なのですが、1050円なら買っても良い値段だなと思ったり。これも実際に物を見てみないことには何とも言えないのかもしれない。後は沢浩師のロープのレクチャーノートも非常に気になるところです。おそらく箱根で現象を見ていたら、即買いしていたんではなかろうかと思う。まぁこれも中身を見てからかなぁ。見てから買える環境にあると、なかなか思い切って買わないような気がするけど、多分これが正しい買い物の仕方だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »