« タイニィリングも | トップページ | 課題満載 »

2009.08.05

手品と種あかし

とりあえずもう2、3本くらい動画を撮ってみたいと思って、いざ撮影するかと準備してたら、デジカメの充電が切れていたので、今は充電中…。HIGEです…。上手く撮影出来るかどうかは判らないし、上手く撮影出来たとしてもアップするかも微妙なのですが、忘れないうちに記録しておいた方が良いのではなかろうかと思ったのです。良い感じだったら、アップしてみます。

Dsc_5393そんな訳で、先日ブックオフをふらついていたら、稲垣正史著の「手品と種あかし」という本が目にとまりました。タイトルからして古そうな本だったので、ちょっぴり中身を見てみたら、収録されている手品の題名が面白かったのと、105円だったので買ってみました。昭和50年に刊行された本みたいです。日東書院刊。

楽しいトランプ手品から、「つっ立つマッチ棒」とか、「食べいいバナナ」とか、「浮き上がるテーブル」とか、「美女切断」等が収録されています。これらは手品の題名を聞いただけでワクワクしてきてしまいます。中身を見たら、少しガッカリしてしまいますが…。また、ロープの手品も収録されているのですが、かなり判りづらい気がしてしまいます。どこにどうやって通しているのかが判りません。実際にロープを持ってやれば判るのかもしれませんが。

しかしながら、中には意外とこれは面白そうだと思える作品も載っていたりするのです。そのうちのいくつかは実際にやってみたいと思ったりしています。まだ全部読んではいませんが、そういう手品が今のところ2つほどありました。一つはかなり即席風で、その場に良い具合のものがあれば出来そうです。もう一つは、工作が必要になってしまうのですが、条件さえ整えば面白そうなことが出来そうな気がします。

|

« タイニィリングも | トップページ | 課題満載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手品と種あかし:

« タイニィリングも | トップページ | 課題満載 »