« それはまさしく沢ボックスですね | トップページ | レクチャーノートが2冊 »

2009.05.22

追いつまった

気が付いたら、来週だ。HIGEです。何に気が付いたかと言うと、「逆転検事(通常版)」の発売日が目前じゃないですか。忘れないように買ってこないといけないな。久しぶりに逆転したい気持ちが高まってまいりました。まぁ裁判とは違うので、新たな気持ちで始めよう。

そんな訳で、自分を窮地に追い込むために、子供向けのマジックショーを引き受けてしまいました。引き受けたと言うか、自分からやってみたいと思っていたのを実現すると言うか。んー、子供向けに出来るのかどうか不安ですが、やってみないと判らないので、とりあえずやってみることにしてしまいました。これでもう引くには引けない状態が整ったので、もうやるしか。きっとお子様の方が厳しい目をもっているだろうし、変なの見せてがっかりさせたくないので、一生懸命練習しよう。

やると言ったからには、きちんとやってみたいのです。が、何をやってみたら良いのか、少し迷います。普段、子供に見せることは全く想定していませんので、大丈夫なのか心配になってきました。でも一人でやるわけではないので、何とかなるんじゃないかなぁと楽観的に考えている自分がいたりします。一人だったら無理なので、やろうとも思いませんけど。

そして、数少ないレパートリーの中から、マジックを選択するのはなかなか大変です。いくつか候補として考えているのもありますが、果たしてそれで本当に良いんだろうかと思ってしまいます。私は基本的に、見ていれば判るようなマジックを演じるのが好きなので、あんまり考えないでも良いものを選びたいです。こんな時は、まほうとまほうに頼りたい気持ち。眺めているだけでもヒントは得られそうな感じです。

|

« それはまさしく沢ボックスですね | トップページ | レクチャーノートが2冊 »

コメント

もし子どもさんが小学生1~6年生ですと
あまり、子ども的なマジックを意識されなくても意外と大丈夫とわかりました。大人よりもマジックに興味がある子が多く、よく知っているパターンが多いですので、テレビの影響で良くも悪くも目が肥えているのです。

あと、よく言っても手を出してきますので要注意です。一人が騒ぎますと皆騒いで収拾付かなくなるのでそこも気をつけると良いですよ!

偉そうで申し訳ございません。。。
私この前、初の子ども会で大失敗してしまいましたので、、、
でも、大失敗でも皆よかった楽しかったといってくれたのが救いでした。

投稿: ジェリーフィッシュさん | 2009.05.22 09:17

ジェリーフィッシュさんどうもです。
そういった経験談はとてもためになります。ありがとうございます。ターゲットが小学生低学年までくらいになりそうです。
まだ何を演じようか模索中だったりしますが、あんまり深く考えなくても良いのかなとも思ったりしています。でも、しばらく悩みます。

投稿: HIGE | 2009.05.22 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追いつまった:

« それはまさしく沢ボックスですね | トップページ | レクチャーノートが2冊 »