« 追いつまった | トップページ | ゴールデンスランバー »

2009.05.23

レクチャーノートが2冊

最近毎日アチーっすね。HIGEです。しかも地味に暑い。更に地味に蒸す。日陰で風が吹いているとなかなか心地良い感じがしますが、長時間歩いていると、さすがに汗をかいたりしてきます。このままだと例年通り、亜熱帯のような暑さになってしまうんでしょうね。夏日は30度に、真夏日は35度に、そろそろ変更するべきじゃないのかなぁ。こんなこと書いていたら嫌になってきた…。

そんな訳でもないのですが、最近入手したレクチャーノートが2冊ばかりあるのですが、両方とも面白いです。その2冊とは、「奇術探求第4号」と「Pop Magic」です。後者は、気が付いたら売り切れていたので、著者本人から直接購入しました。お世話になりました。かなり読んでみたかったので、購入出来て良かったです。

「奇術探求第4号」ですが、なんだかんだ言っても、1号から全部購入して揃えているのです。1号から3号までが、ずーっと赤と黒をテーマにしたカードマジックばかり載っているので、それほど読んでいないのです。適度に興味がある部分だけ読んだかな。そのうち、興味が出てきたら、じっくりと読んでみようかなと思って購入していますが、なかなか…。その反発なのかどうかは判りませんが、4号は「即席と即興」がテーマとなっています。まだ入手してから日が浅いので、パラパラとしか読んでいないのですが、なかなか面白そうなマジックが載っています。

「Pop Magic」の方は、5つのマジックが載っています。フレンチドロップに掲載されている現象の紹介文を読んで、気になるのが3点ほどあったので、完全に買えなくなってしまう前に購入です。ですが、簡単に読んでみて、どれも良いなぁと思ってしまいました。こちらに掲載されているほとんどのマジックに何某かの工作が必要になってきます。確かに演じるまでが少し大変かと思うのですが、それを補ってあまりあるものが得られそうな気がします。とりあえず時間が出来たら、色々と試してみたいかと思っています。

|

« 追いつまった | トップページ | ゴールデンスランバー »

コメント

(zazatto改めtakatoです)

おはようございます。
「Pop Magic」ですが、「Japan Cup 2007」にて、Dr.山崎の演技を見ました。
どれも凄かったのですが、特に「Harmonized Puzzle」は、クライマックスで会場がどよめきました。最初は、ありふれたピースのはめ込みものかとボンヤリ見ていたところ最後にありえない現象が!!!!!
学生時代は、根本氏のところで寝泊り(?)していたという山崎氏の真骨頂を見た思いでした。あそこまで考えられていたとは。とても真似の出来ない最高の演技を見させて頂き、感激した次第です。

投稿: takato | 2009.05.23 05:32

takatoさんどうもです。
そんな風に書かれると、実際に演技を見てから、読めば良かったと後悔したりしてしまいます。まぁそんな機会は無かった訳ですし、もう読んでしまったし…。
「Harmonized Puzzle」は準備がなかなか大変ですが、一度はどこかでやってみたいと思っています。

投稿: HIGE | 2009.05.23 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクチャーノートが2冊:

« 追いつまった | トップページ | ゴールデンスランバー »