« 意外と大変な事に気が付いた | トップページ | 刺激的な一日 »

2009.04.04

ブラックホール

かなり小さめのパズルリングを指にはめたら、抜けなくなってしまって、焦っていたHIGEです。入るかなぁと思って、色々と指に入れていたら、グーッと奥の方なら丁度良いじゃんと思っていたら、抜けなかった…。とりあえず苦労して抜いた訳ですが、もう止めておこうと強く思いました。指にはまったままじゃ、パズルリングの本来の意味をなさなくなってしまいますからね。

Dsc_2030そんな訳で、またまた探し物を続行していたのですが、やっぱり出てこないのですが、何だか懐かしい感じの物が出てきました。今回はフォールディングパズルの「ブラックホール」です。今でも、toritoで買えるのかな。何故か使い古した感じで出てきました。あんまり触ってないんだけどなぁ。多分おそらくもしかして、これは以前行った、「コスモの会」で適当に選んで購入した物ですかね。これは三角形の板が12枚繋がっていて、黄色い数字、青い数字、桃色の数字、真っ黒な面で構成されています。写真は2枚をいっぺんに、黄色面と青面を写しています。

Dsc_2031これをパタパタと折り畳んでいくと、いつの間にか桃色の数字のみが出てくるのです。青い数字は1から6まで、黄色い数字は7から12まで、桃色の数字は13から18までそれぞれ書いてあります。何とか桃色面を揃えることが出来たのですが、折り癖が酷くて、手で押さえないといけなかったり。桃色面の裏が黒面じゃないから、またややこしい。

Dsc_2032そして、適当に折っていたら、黒面を出す事に成功しました。買ってから長いのに、初めて出来ました。がしかし、再現性は全くありません。しかも折り癖が付いているので、折りやすい方向に折っていったから出来たのかもしれません。全く理解出来ないままに、出来てしまったので、戻すのも一苦労。変な風に折り畳まれて、動かなくなってしまったりすることもあるので、ちょっと焦った。

こういったパズルは平野さんのようにスイスイと出来ないのです。あれは名人芸の域ですから、真似出来ないのです。でもあれを一度見たら、ついつい買ってしまうのです。事実、平野さんのパフォーマンスの後には、毎回何人か買っているのを目撃しています。自分もそのうちの一人ですけど、買ったからといって、あのように出来るわけじゃないんだよなぁ…。

|

« 意外と大変な事に気が付いた | トップページ | 刺激的な一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラックホール:

« 意外と大変な事に気が付いた | トップページ | 刺激的な一日 »