« シャングリ・ラ | トップページ | ゆっくりとゆっくりと »

2009.04.21

卓袱台替えし

シャングリ・ラ」を読み終えた勢いで、「レキオス」を読み始めたHIGEです。面白いと思った小説は、同じ著者の作品を追いかけてしまう傾向があります。しばらく池上永一著の本を読み続けても良いかもなぁと思っていたりするのですが、他の作品を持っていないから探してこないとなぁ。

そんな訳で、ファイナルスウィッチまで、1週間を切った訳ですが、ふと自分のマジックについて考えてみると、もしかしたら全く不思議じゃないかもしれないと思ったのです。一応不思議に見えるようにやろうとは思っているのですが、とある箇所がやっぱりダメだと思って、根本から見直してみようと思ったのです。と言うかまだ一回も練習していないのですが、欠点が見えてしまった状態です…。

そこで、そのダメな部分に拘って、きちんと道具を作らないといけないかなと。この道具を作る事によって、他の道具を作らなくて良くなったのですが、負担は同じくらいかなぁ。今からめぼしい道具をみつけて、設計して、作って、足りない道具をどうにか入手して、何とか間に合わせたいところ。最終的な現象は変えないで、そこに至る手段を変えようと思っています。マジック自体は簡単(なはず)だし、時間も余っているくらいなので、何とかなるかなぁ。

妄想では、この道具なしでも出来るような感じだから、最悪最小の道具で最大限の効果を出せるようにしたいのです。一応バックアップがあるので、少しは心に余裕を持って作成出来るのではないかと考えています。とりあえず先に台詞を作ってしまおう。そうしよう。

|

« シャングリ・ラ | トップページ | ゆっくりとゆっくりと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卓袱台替えし:

« シャングリ・ラ | トップページ | ゆっくりとゆっくりと »