« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

着想

燃え尽きたぜ…真っ白に、真っ白な灰によ…HIGEです。と言うか、なかなか疲れが取れないままです。久々にやりきった感があるのですが、色々とやり残した事とか、積み残したことがあったんだなぁと反省もしていたりします。と言うか、もう一度やり直したい。アゲイン。

そんな訳で、二次会でも聞かれましたが、私のマジックの着想について書いてみます。今回の出発点は、そもそも「Dan-Train」が発売されたことがきっかけです。「Dan-Train」については、後日記事にします。それを見た瞬間に、着てみたい!と思ってしまったのです。丁度その頃は、ファイナルスウィッチ用の衣装を探していた次期とマッチしてしまったので、これしかないと思いました。

そこで、衣装にちなんだ電車のマジックをやりたいと思ったのです。電車のマジックと言うと、探してみるとそんなにない。あることはあるのですが、イリュージョンだったり、パケットマジックだったりするので、何かないかなぁとしばらく探していました。そんな中、ネットを検索していると、「即席マジック入門事典」に収録されているという「オリエント急行」というマジックが引っかかりました。

で、件の本の件のマジックを読んでみると、かなり良いマジックであることが判りました。そこで、そのマジックが収録されている動画を拝見してみたところ、そのマジックよりも、イリュージョンである「オリエント急行の消失」を小さめにしてみたらどうだろうかと言うのが、そもそもの始まりでした。ここからは、長い話であるのと、タネに触れないでは書けないので、とりあえず省略します。

とまぁこんな話をしていたら、「逆だよね」と言われてしまいました。でも他人と同じ発想・思考をしていたら、変わったことは出来ないから、個人的には嬉しい言葉です。常に他人の逆を行く人間でありたいのです。でもその結果、出来上がったのが「ミッドナイトエクスプレスの消失」だったのです。でもまぁ本番では色々と致命的なミスを2カ所ほど犯してしまったので、出来に関しては満足していません。終わった後に考えついた部分を付け加えて、もう一度やり直したい気分です。そうすればどうにかなったのではなかろうかと思っています。練り込み不足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.28

ファイナルスウィッチ その2

そんな訳で続きです。

予定されていたリハーサルも終了し、つけとどけが出揃うと共に、会場内に人がドンドン集まってきます。数えてはいませんが、全部で40人くらいでしょうか。軽妙なトークの司会の挨拶でファイナルスウィッチの開始です。自ら、この緊張しまくってしまう場で、マジックをやりたいと言った総勢11人のマジックの始まりです。早速クロースアップマジック部門の発表会です。

で、肝心のマジックですが、会場内を愛機D300を持ち歩きながら、あっちへフラフラ、こっちへフラフラと、色々なアングルから写真を撮ろうとしていたので、全然マジックを見る余裕がありませんでした。断片的には見ているのですが、誰がどんなことをやったのかは、写真から推測するしかありません。カップ&ボール、フォーク曲げ、カードマジック、コインマジック等々バラエティに富んだ色々なマジックをやっていました。5人のクロースアップマジック部門の発表者が終わると、若干の休憩です。

サロン・ステージマジック部門は、フラワープロダクション、ダンシングケーン、電車、リング、バランスマシーン、ミリオンカードと、これまた、電車以外のマジックは豪華です。私は、いつもながら不安でいっぱいでした。ステージの袖で出番を待つ時間が嫌なものですねぇ。私は、とある衣装と共に、とある音と共に、登場しました。自分で考えてやってみたかった部分は、ここだけ!ここだけなんです。そしてここだけが、自分で楽しい部分だったのです。詳しい内容は別記事とします。今回のマジックの着想と共に公開します。

Dsc_3227_01そして、発表会が終了して、シークレットゲストであるふじいあきら師の登場です。この写真はふじいさん本人の許可を戴いて掲載してあります。おそらくこの写真のために、止めが長かったような気がします。写真のために、長めに止まってくれるのは嬉しいです。ここでの内容は、それはもう面白くて凄いマジックの連続でした。レアなアイテムやら、超絶テクニックやら、やっぱり何かが違うなと。本当に面白かったです。やっぱりマジックはライブに限りますな。

その後、ふじいさんへのインタビューが始まりました。色々とためになるお話をたくさん伺うことが出来ました。ふじいさんのルーツや、姿勢、秘訣、裏話、告知等々。その後に、撮影会&サイン会も執り行われました。色々な事に気さくに応じてくれました。本当にどうもありがとうございました。で、ふじいさんには、控え室にいる間にも色々とお話を伺ってしまいました。特に、ブログにあがっているコインマジックについてとか、猫の話とか。

以上で、第4期マジックスウィッチも全て終了してしまいました。最後のパーティらしく、華やかで、とても楽しかったです。次期マジックスウィッチがあるかどうかは未定みてぃ。しばらく充電期間かな。

そんなこんなで、ふじいさんも二次会に来ていただきました。そこでは書けないような裏話や、未発表のオリジナルテクニック等々も披露していただきました。個人的にはコインマジックの数々を、本当に目の前でたくさん見られて幸せでした。しばらくの間、ふじいさんの前に張り付いていたりして…。不思議過ぎて、色々とびっくりしっ放しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.27

ファイナルスウィッチ その1

Dsc_29202009年4月26日(日)は、第4期マジックスウィッチの解散パーティであるファイナルスウィッチが開催されました。前日の雨が嘘のように晴天です。大きなバッグ1個と、カメラ用のバッグ1個で会場に向かいました。しかし、荷物多過ぎだよなぁ。マジックテーブルに衣装と仮装用衣装と靴とマジック用の道具とお菓子を入れたら、3泊4日の荷物に耐えられる鞄がパンパンになりました。お菓子が異常に嵩張るから仕方ないか。

この日は10時に会場に入って、設営やらリハーサルやらの準備のお手伝いをしてきました。いやまぁ大変だったけど、楽しかったので良し。とりあえず音源渡して、愛機D300のセッティングです。よくよく考えたら、暗い室内を撮ることが初めてだったので、ISO感度上げまくって、露出は適当にして後で調節にしておきました。後で露出を調整する方が大変かもしれない…。撮り終わった写真を見て、がっかりしてしまうカットもあったりして…。

そんなことはさておき、始まる直前に、ステージ用の衣装を作り上げて、マジック用の道具を作り上げていたり、かなりギリギリの段階まで準備していたのです。ステージ用の衣装の事については、色々と質問が多かったので、後日記事にする予定です。今回は、マジックの部分は本当にどうでもよくて、登場シーンだけでも良かったのですけどね。

Dsc_2968そんなこんなで、藤栄堂の長さ50cmのロールケーキがあったり、プチワッフルやら生キャラメルやらどら焼きやら柿の種やら妙なシャンペンやらガトーショコラやら一口饅頭やらと、色々とつけとどけがありました。また、会場にはたくさんの飲み物も、ところ狭しと並んでいました。どれもこれも美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

Dsc_2916_01そして、今回私が持って行ったのは、山芳製菓の通販限定のポテトチップスです。なんと味気ないパッケージでしょう。わさビーフMAXとチリビーフMAXと言う、二つの驚異的な辛さのポテトチップスを自分が食べてみたかったので、買ってしまいました。わさビーフMAXは、初めにツーンと来る。チリビーフMAXは、食べた後に辛さが残る感じですが、どちらも美味しくいただけるレベルでした。あんまりたくさん食べていないからかもしれませんが…。更に期間限定で、ショートケーキ味も買いましたが、これは一口目に「ん?」となってしまう塩味の生クリームの味がしてしまいました。これだけ不評だったな。

結構いっぱい書いたけど、まだ始まってないや…。続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

準備完了

とりあえず出来ることはやったHIGEです。出来ないことは出来ないし、出来ることしか出来ません。多分大丈夫だろうと思うけど、不安はいつまでも拭いきれません。悔いが残らないようにとは言うけれど、悔いは残るのです。だって明日の次の日の方が絶対に上手く出来るようになっているはずだから。でもまぁ現段階で考えられることは、全て考え尽くして、手を打ったはず。忘れ物がないようにだけは気を付けよう。雨もあがってると良い感じです。

そんな訳で、本日は短めの更新です。色々と書きたいことは山のようにあったりするのですが、まだまだ書けないことも多いので、今後少しずつ書いていこうかと思っています。誰にも見せていないので、果たして面白いのかどうかがさっぱり判らないのはいつものことながら、今回は自分でもさっぱり判らない感じです。まぁ本来は、登場シーンだけで良いんですけどね。マジックなんてやらなくても良いくらいです。

そうそう、ファイナルスウィッチの会場を間違えないようにしないとな。かやの木会館の方だから。いつものように水道橋に行ってしまいそうだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

卓袱台壊し

Dsc_2876キャストマーブル」の美しすぎる外れ方に感動すら覚えているHIGEです。とりあえずチョコチョコと弄っていたのですが、しばらくダミーの解にまっしぐらに進んでいるような気がして、視点を変えてみたら、そのエレガントな解答にうっとりしてしまいました。パズルの造形だけでなく、解答も美しいです。一回解くと、二度目が楽しめないような気もしてしまいますが、これは非常に良いパズルです。この調子で「キャストエクア」も解く。

そんな訳で、今日も今日とてファイナルスウィッチの準備をしていた訳であります。ほぼ一通り道具を完成させたところで、やっぱりこの道具を使用することは止めておこうと思った。仕組み的にはそこそこ良い感じに作動するのですが、ちょっと出来が悪いような気がします。いくら何でも使えない感じになってしまったのです。多分使った方が色々と気を使うことになりそうなので、今回は使わない。あんだけ頑張って作ったのに使わない。あんだけ時間かけたけど使わない。こういう選択も必要なんだな、きっと。でも、いつかどこかで同じマジックをすることになったら、これを発展させた道具を、あり合わせではなくて、きちんと作りたいと思っていたりします。

後は適当に音楽を編集して、衣装をきちんと全部着てから、何度か通しの練習をすれば、何とか間に合うかもしれません。あ、台詞作ってない…。大筋は決まっているのですが、ちゃんと原稿を起こしておこう。あ、時間も合わせてない…。手順的に、あまりにも短いから延ばす方向にしようかとも思っていたけど、適度に丁度良いくらいかもしれない。ある程度オーバーしても、くだらないことを言わなければ良いだけなので、ある意味気が楽です。後は、注意書きを作らないといけないのか。まだまだ色々やるやることことあるあるなぁなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.24

マーブル

ある程度まで道具も完成してきました。HIGEです。細かい作業と、シンナーの匂いで少し頭が痛くなってきたかもしれません。でもこればっかりは仕方ないので、完成目指してがんばるぞおー。とりあえず微調整が必要なことは判ったので、とりあえず良しとしておく。後はササッと作っておしまいだな。

Dsc_2868そんな訳で、先日必要な道具を買い揃えに行ったついでに、発売日からだいぶ経っているのですが「キャストマーブル」が売っていたので、購入してきました。発売日には売っていなかったので、なかなか買いに行く暇もなく…。テーマは「球」。難易度は4。オランダのOskar師の作品。どこかで画像を拝見した時から、なかなか良い感じの形状をしているなぁと思って、密かに期待していました。

Dsc_2874そして、実物を見てみると、期待以上の造形の素晴らしさです。金属的な輝きも、手触りもかなり良い感じです。同じ作者の「キャストエクア」も相当綺麗な感じでしたけど、個人的にはそれ以上の美しさを感じます。直方体と球の組み合わせが好きなだけかもしれません。また、カッティングされているラインの曲線も優美な感じがしてしまいます。

ですが、全く動きません…。初期位置から、ずるっとずれるだけで、何も変化がありません。難易度4だから、すぐに解けるかと思ったのですが、ちょっと弄ったくらいじゃ解けませんでした。エクアもそうでしたが、初期位置から動かすのにも悩む。そう言えばエクアも解いていない状態だった事を思い出したけど、本当はこんなことやっている場合じゃないんだよなぁ。しばらく放置して、落ち着いたらじっくりとOskar師の2作品に取り組む事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

ゆっくりとゆっくりと

何だか最近は週に一回くらいは、非常に眠くてたまらない日があって、そんな時はササッと寝てしまうHIGEです。本当は寝ている暇もないような事態に陥っているのかもしれませんが、それよりも体力と健康がなくては、マジックも出来なくなってしまうのです。暑かったり寒かったりするので、風邪引かないように気を付けないと。

そんな訳で、ひっくり返した卓袱台を元の状態に戻すのは結構大変なのです。マジック自体が簡単な分、ずるずると作成を引き延ばしたのがいけなかったのかもしれません…。そして、昨夜は寝てしまいましたが、ファイナルスウィッチの準備は着々と進んでいます。歩幅は小さく、ペースもゆっくりですが、一歩一歩着実に、そして計画的に進めている…つもりです。今日も100円ショップに、何故か買わないといけないと思っていた道具を買いに行って、直前で、必要ないよなぁと思って買わずに帰った。そして道具を作る段階で、やっぱり必要だったということもあったりします。やっぱり必要だと思った道具は買っておかないとダメだな。

後は、工作するだけです。こんなに工作するのは久しぶりな感じがする。しかも適当に作っていたりするので、失敗したかも?と思いながらも、何とかギリギリ大丈夫だったり。とりあえず全体像が見えてきたので、上手く動くように作るだけかなと。とりあえず完成してからも微調整がかなり必要な気がするので、まだまだ油断は出来ない。失敗しないように作らないと、取り返しがつかないので、慎重に考えながらやらないとね。

そういえば、つけとどけに持って行くお菓子が到着した。この前の土曜日に発注して、よくよくサイトを眺めていたら、2週間以内にお届けと書いてあったので、間に合わないかとも思ったのですが、あっさり月曜日には発送して、火曜日には届いていたみたい。仕事が早くて良いなぁ。また買いたくなってしまうではありませんか。美味しいか美味しくないかは不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

卓袱台替えし

シャングリ・ラ」を読み終えた勢いで、「レキオス」を読み始めたHIGEです。面白いと思った小説は、同じ著者の作品を追いかけてしまう傾向があります。しばらく池上永一著の本を読み続けても良いかもなぁと思っていたりするのですが、他の作品を持っていないから探してこないとなぁ。

そんな訳で、ファイナルスウィッチまで、1週間を切った訳ですが、ふと自分のマジックについて考えてみると、もしかしたら全く不思議じゃないかもしれないと思ったのです。一応不思議に見えるようにやろうとは思っているのですが、とある箇所がやっぱりダメだと思って、根本から見直してみようと思ったのです。と言うかまだ一回も練習していないのですが、欠点が見えてしまった状態です…。

そこで、そのダメな部分に拘って、きちんと道具を作らないといけないかなと。この道具を作る事によって、他の道具を作らなくて良くなったのですが、負担は同じくらいかなぁ。今からめぼしい道具をみつけて、設計して、作って、足りない道具をどうにか入手して、何とか間に合わせたいところ。最終的な現象は変えないで、そこに至る手段を変えようと思っています。マジック自体は簡単(なはず)だし、時間も余っているくらいなので、何とかなるかなぁ。

妄想では、この道具なしでも出来るような感じだから、最悪最小の道具で最大限の効果を出せるようにしたいのです。一応バックアップがあるので、少しは心に余裕を持って作成出来るのではないかと考えています。とりあえず先に台詞を作ってしまおう。そうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

シャングリ・ラ

日曜日は何だかずっと物を作っていたら終わってしまったHIGEです。マジックに関係ない大物を作ったり、マジックに関係のある、非常に神経を使うような物を作ったりしていました。目が疲れてきたかもしれない。まぁとりあえずは、間に合わないのが確定したようです。どこかを端折るしかないなこれは…。

そんな訳で、最近読んで、面白かった小説があります。池上永一著の「シャングリ・ラ」です。2,3日前の書き出しは、「シャングリ・ラ」にハマッっていたので、ついつい出来心で、訳の判らない書き出しにしてしまいました。全く予備知識もなく、何となく読み始めてしまったのですが、面白かった。徐々に、加速するように面白くなったので、後半は一気に読んでしまいました。久しぶりに読み終わってしまうのがもったいないなぁと思いました。

地球温暖化の影響で東京は熱帯の都市へと変貌した。都心の気温を5℃下げるために東京は世界最大の森林都市へと生まれ変わる。しかし地上は難民で溢れ、積層都市アトラスへと居住できる者はごく僅かだった。地上の反政府ゲリラは森林化を阻止するために立ち上がった。(「BOOK」データベースより引用)

こんな感じの内容ですが、近未来に構築された壮大な世界観、一癖も二癖もある魅力的な登場人物、起こり得ないとは断言出来ないようなリアルな世界情勢、徐々に解き明かされていく真実等々が実に生き生きと描写されています。中にはかなりオカルト的な要素も満載です。この辺はちょっと微妙に受入れられないような部分ですが、全体としては調和しているかなと。

序盤は若干説明的で、展開が遅いかもしれない。ここでスルッと世界を理解出来ると、一気に楽しくなるかと思います。そして、後半はどんどん謎解きが進んでいくし、あのキャラがこんなところで!?と言う展開もあったりして、飽きなかった。放置されている伏線やら、主要人物なのかなぁと思っていたキャラが全く出てこなかったりするところもありましたけど。

個人的に、登場人物の中ではモモコさんと、美邦が良いなと。永遠の28歳で、最強ニューハーフのモモコさんの台詞が、軽妙でかなり良い。しかしながら、「ニューハーフの銀」って何だろ…?更に、我が儘な娘だと思っていた美邦が徐々に成長して、物語の最後の方の美邦の台詞では、泣かされてしまいました。まさかこれを読んでいて泣くとは思っていなかったので、家で読んでいて良かったなと。

読んでいる途中で知ったのですが、2009年4月からアニメが始まっているらしい。原作が相当面白かったので、久しぶりに見てみようかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

ヨコハマ大道芸2009

Dsc_26752009年4月18日(土)から19日(日)にかけて、ヨコハマ大道芸が開催されているので、初日の18日に行ってきました。大きなのは今年初めて。遠くの方では開催されていたりしたのですが、さすがに行けないので、この日まで我慢の日々でした。まぁとにもかくにも愛機D300を携えて、久しぶりの撮影です。久しぶり過ぎて、あんまり上手く撮れなかったような…。

Dsc_2123_01関内に着いて早速シルヴプレのパフォーマンスが行われるDポイントまで移動して、着席。シルヴプレのパフォーマンス自体も、かなり久しぶりの観覧です。何だかいつ見ても変わらないパフォーマンスに懐かしさすら覚えるかもしれない。シルヴプレは変わらないのが良いんです。どこかしら昭和の雰囲気が漂うのが良い。パフォーマンスは、オープニングのキュウリから、ふれあい、本格ラーメンの店、ダブルス、エンディングでした。

Dsc_2376その後は、昼飯をいただいてから、お目当てである加納真実様のパフォーマンスです。さすがに30分前に行ったら誰も座っていなかったのですが、これくらいの規模だと、良いポジションに座れるのが嬉しい。準備体操は、ヨコハマ大道芸にちなんで追いかけてヨコハマでした。一回目のパフォーマンスは、恋人よ、たべるやつ、Mに捧ぐでした。たべるやつは明るいところで初めて見て、新鮮な気持ち。二回目のパフォーマンスは見られなかったのですが、最後の三回目を観覧。三回目の最後は、恋になっていました。どれもこれも久しぶりだったので、加納ワールドを堪能。

Dsc_2539馬車道の方へ移動して、デビッド・ラムゼイさんのパフォーマンスを観覧。相変わらず面白いので、やっぱり見入ってしまいます。やっていること自体は、それほど変わりはないはずなのですが、いつ見ても面白い。ボールのジャグリングやったり、マジックやったり、一輪車やったりと色々と濃厚に楽しめる空間でした。時間の都合上、最後までは見られませんでしたが…。

Dsc_2560そして、こちらも久しぶりのダメじゃん小出さんです。ここでは、非常に面白いトークを聞く事が出来ます。ジャグリングやらパフォーマンスは、ほんの少しですが、黒過ぎるトークが本当に面白い。見る度にジャグリングは減っていくような気がしています。でも物まねしながら、ディアボロやったり、物まねしながら、ぶらり途中下車の旅をやったり、テーブルクロスを引っ張ったりとか色々と楽しめます。

久しぶりの大道芸観覧だったのですが、会場が広くて、みなとみらいの方には行けなかったり、タイムスケジュールが被っていたりして、見たいパフォーマンスを全て見る事は出来ませんでしたが、天気もそこそこ良かったし、結構満足出来ました。久しぶりだったので、疲れたり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.18

そろそろ焦る

アトラスと一週間に迫って参りましたHIGEです。もう来週ですよ。ファイナルスウィッチ。なんだかんだ言っても来るものは来てしまうのね…。はてさてどうしよう。と言うかですよ、まだ何も準備らしきものは出来ていないのです。発表すると言ったからには、何とかしないといけない。もう少し事前に準備をしておけば良いのにと、毎度ながら思うのです。

そろそろ一回くらいは通しでマジックをしてみないことには、何も言えない状態です。現象と登場だけが決まって、台詞やら演出やら音楽やらは今から考える予定です。多分このままの状態でやったら、1分くらいで終了してしまいそうな勢いですけれども、とりあえず練習して、演出考えるしか無さそうです。無駄に喋って長くなるようなら、1分の方がインパクトあるかもしれないので、その辺は状況次第で、変えていこう。そうしよう。

道具もまだまだ作らないといけないし、足りない道具もあったりするし、時間も確実に足りない様子。買わなければいけない道具は発注して、間に合わせよう。時間が足りない分は睡眠時間を削るか、仕事の時間を削るかしてしまおう。台詞は何とかギリギリまで考えてみよう。出来ないことはやらないようにしよう。自分の中で新しいこともやらないようにしよう。

でも一番気合いを入れているのは、登場の仕方だけなのかもしれない。ここだけはほぼ完成していると言っても華厳の滝ではナイアガラの滝廉太郎。結局マジックしなくても良かったりと考えてしまう辺り、既に思考がおかしくなっているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17

マジックスネークっぽい

ドゥオモこんばんはHIGEです。今週は何だか一日曜日がずれている感覚がずっとしています。水曜日なのに、木曜日だと思っていたり、木曜日を金曜日だと思っていたりします。多分一日分余計に疲れているから、こんな錯覚に陥ってしまうのだろうと思っています。早く土曜日になぁれ。

Dsc_2050そんな訳で、家の棚にポツンと置いてあった木のおもちゃでも弄っていました。何となく「マジックスネーク」っぽい感じがしてしまいます。と言うか、そのまんまのような気がしないでもないのですが、実は微妙に違うのです。その辺は後述。三角形のパーツがゴムで繋がっています。これは確か静岡は百町森にて、購入した覚えがあります。300円くらいじゃなかったかなぁ。安かったので、ホイホイと購入してしまったのです。そして、長い間眠っていたのです。

Dsc_2053マジックスネークと言えば、ディスプレイされているボールの形を作るでしょ、と思いながら、記憶を辿りつつ、作っていったけど、半分ちょいくらいを作ったところで、パーツがなくなってしまいました。この写真の見えない部分は、パーツが足りていません…。しかしながら、懐かしいので、しばらく遊んでしまいました。どんなのが作れるのかを覚えていませんが、そう言えば!

Dsc_2057と思って作ったのが、コブラです。パーツが足りない以前に、何となく造形が違うような気がしているのは、木のせいでしょう。プラチックじゃないからだ。なんかこう、スーッと立っていたような気がしますが、こんなものじゃなかったかと。そう言えば、昔からマジックスネークって名前だったっけ?と思いながらも、普通のマジックスネークを持っていないことに気が付いた。キーホルダータイプは、未開封ながらも所有しているのですが、久しぶりに触りたくなってきたかもしれなに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.15

上がったり下がったり

雨の音がうるさいのでミュージックを聴くHIGEです。久しぶりに雨が降ったような気がするけど、こんなにたくさん降らなくてもいいじゃないってなくらい降ってますな。関東地方。もう少し手加減して欲しい気がするのですが、そんなこと言っても無駄なんでしょうね。あんまり降らないで。

そんな訳で、ファイナルスウィッチに使用するミュージックを探していました。音源はあっさりとみつかったのですが、曲名が判らなかったので、相当数の曲を聴いて、これでもない、あれでもないと難儀していました。とある映像から、とある曲を探すのは大変でした。でも聴いたことのない曲とか聴いて、これは良いと思えるようなのが何曲かみつかったので、良しとしましょう。

更にようやく重い腰を上げて、本格的に物づくりに励もうかと思っています。とりあえず印刷だけしてみたのですが、プリンタのヘッドが汚れていたり、インクが切れたりしたので、若干モチベーションが下がったりしたのです。もう難しいことは止めてしまって、とりあえずササッと作ってから、色々と考えようと思っています。そろそろ作るのに慣れないと、また一週間くらい製作期間が必要になってしまいそうです。それはさすがに時間が許さない。

並行して、演出も考えていたりしたのですが、どうやら道具が足りないらしい…。買うか買うまいか非常に迷ったのですが、やっぱり買っておけば良かったってことになってしまいました。今から色々と逆算して考えると、本番前日くらいしか買いに行ける暇がないようです…。うぬぬ、これは困った和尚さん状態ですよ。まぁとりあえず通販で購入しておかないとダメそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.14

フロッピーキューブを3倍楽しむ方法

何だか最近は1日おきに記事を書いているような気がする。HIGEです。特に意図もないのですが、疲れていたり、眠たかったりして、書く暇がなかったりするだけなのです。土日に寝るのが遅かったりしたので、今週は眠さマックス状態が続くのかと思うと、若干うんざりしてきます。まぁ眠いのはいつものことなので、気にしないのですけどね。

Dsc_2041そんな訳で、「幻冬舎カラー」のルービックキューブです。これはなかなか良いかもしれない。…と言う事は置いておいて、どうしてもやってみたかった事を実現してしまいました。「フロッピーキューブ」を2個ほど、金券にて追加購入して、3段重ねをしてみたかったのです。フロッピーキューブを入手した時点でやってみたいと思う人がたくさんいると思うのですが、実際のところどうなんでしょうねぇ。

Dsc_2049やっぱりフロッピーキューブの魅力と言えば、1Lのこの薄さです。携帯性が抜群に上がっているので、結構鞄に入れて持ち歩いています。さらに頑張れば、普通の「ルービックキューブ」が出来ない人でも、これなら何とか出来るので、好評です。一番不思議なのは、相変わらず構造ですけど。ぼんやりとは判るけど、ポップでもしない限り、怖くて分解できません。

Dsc_2045そして、回したところを重ねると、そこはかとなくネフのカンパニーレのような感じがしてきます。側面の黒い色がちょっと残念な感じもしてしまいますが、そこは気にしないようにします。このフロッピーキューブ3個状態はかなり楽しいかもしれない。2個だけ並べて、一見2×3×3風にしたり、ずらして置いたりするだけでも楽しい。3倍どころか、もっともっと楽しめるかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.12

Beyond Beyond 7

驚異の暑さだった土曜日HIGEです。一気に初夏の頃の陽気で、普通に厚着していったら、もう暑い。既に春は終わったのでしょうか。もう少し丁度良い気温が長く続いた方が、良いのになぁ。このままの状態でいくと、熱帯地方の仲間入りをしてしまうのだと危惧してしまいます。既に熱帯なのかなぁ。

そんな訳で、2009年4月11日(土)は、Beyond Beyondの第7回目の開催日でした。既にもう7回も行っているんだなぁと。今のところ、かなり固定したマジックを行っているので、あんまり新鮮味がないのですが、何となく同じ事を何度も反復していると、はっきりとここは上達したなぁとか、ここはまだまだだなと言うのが、かなり見えてきました。今までこういう事はあんまりなかっただけに、ちょっと意外な発見だったりしました。ようやく反復して同じ事をやることの意味が見えてきたかもしれません。

いつものように、スライディーニ・シルク、3ボールトリック、じゃんけんマスターのセットを行いました。今回は、新しい事をやる余裕がなかったのもありました。とりあえず出来る(と思っている)マジックのみ。今後、2回目を観覧するお客さんがいるかもしれないので、もう少しマジックを増やしたいと考えているのですが、レパートリー入りするまでに、時間がかかるなぁ。マジックを初めて見る方が多いから、下手なのは見せられないというのがあったりして、
どうしても時間がかかってしまうのです。

今回、間に合えばSTARCLEをやりたかったのですが、どうにも個人的に満足出来る水準に達しなかったので、ボツにしてしまいました。何となく課題は見えているので、出来るようになる日も近いのかなぁと思いながら、まだまだ練習してみたいところです。練習すると、紙ナプキンの消耗が激しいからあんまり練習したくないような気もしていたり。今のところ、もう2つくらい増やして、せめて2回目の観覧までには耐えられるようにしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

並行作業中

昨日は疲れ方に限界が来てしまって、23時前には眠りについたHIGEです。頭痛はするし、疲れているし、眠いわとなって、これはやばいと思って、ササッと寝てしまったわけです。寝ても寝ても眠いから、あんまり眠らないようにしているのですが、危機的状況には対処しないと拙いのです。まず健康があって、その先に趣味で遊べないと意味がないのです。

そんな訳で、色々と溜まっていることをやったりしたのです。そういえばスプーンも作りかけだったなと思い出して、実験してみたのですが、どうにもこうにも微妙な感じです。やはりもう少し紙を何とかしないといけないらしい。小手先で誤魔化せるのかなと思っていたけど、根本的に無理っぽいので、もう少し改良してみようかと思っています。何だか異常に手間がかかっているかもしれない。ちまちまやり過ぎです。

更に、工作していた道具も遂に完成と相成りました。とは言っても、試作品なので、まだまだ数を作って、出来を安定させないといけないのですが、一つ作るのに、数時間かかりそう…。どうにかもう少し早くスムースに出来るようにならないかなと考えているのですが、ある程度綺麗に作るには時間が必要です。後、驚異的な集中力も必要です。大変だ。

そんな中、「Secret Sessions」を見ながら、「STARTLE」の練習をしていたのですが、こちらは微妙に難しいと言うか、思った通りに出来なかったりするのです。結構あっさりと思い出しながらやっていたのですが、仕上がり具合に、どうにも不満が残る感じです。まぁどういった反応になるのか微妙な感じもしていたりするので、これも実験的な意味合いが強いかもしれません。これも反復練習が必要なのかもしれない。

あんまりこういう風に並行作業を行う事は苦手なんですが、ササッと寝てしまった分を取り戻さなければならないのです。並行作業が苦手と言っても、一つの事に集中してやることも不得手なんですけれども…。でも、どれもこれも今後のために、磨きをかけていきたいマジックだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.08

復習してみる

体力が限界に近いかもしれないHIGEです。これ以上働くとやばいかもしれないけれども、働かずにはいられない。週休五日制にしてくれないかと、切に願うばかりです。もし週休五日制になったとしたら、「あぁ、明日からまた休みだよ…」とか言ってしまうのでしょうか。もしかしたら仕事が楽しみになるのでしょうか。そんなことないか。

そんな訳で、久しぶりに、とあるマジックを復習してみようと思って、「Secret Sessions」のDVDの一部を観たのですが、マジックは良い。がしかし、映像が良くない。汚いとかそういう意味ではなく、解説用にしては、ライトが強過ぎて、何をやってるかがイマイチ判りません。そういえば、以前観た時も、何をどうやっているのか画面から読み取るのに苦労したなぁと。

一度覚えたマジックなのですが、全く演じる機会がなかったので、すっかり忘れてしまいました。これを機に、きちんと覚えて、しばらくやり続けて、覚えてしまって、いつでも出来るようにしたいものです。とりあえず1個だけでも覚えられれば良いかなと。さすがに全部は無理だし、いつ出来るようになるか判りません。ま、その他にも何か覚えたいようなマジックが収録されていれば良いけど。

そう言えば、この「Secret Sessions」のDVDはレビューしていなかった事に気が付いた。そして、何でレビューしていないのかなと思ったら、全部を観ていないからでした。とりあえず気になるマジックだけ観て、そのまま放置していたのでした。よくよくパッケージを見たら、面白そうなマジシャンがたくさん出ているような気がする。近いうちに全部観て、レビューでもしてみよう。久しぶりに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.07

準備が大事

週末遊び過ぎたせいか、月曜日から激しく疲れているHIGEです。こんな調子だと、今週やばいかもしれない。色々環境変わったりするし、身体が着いていけるのかが不安です。土曜日までノンストップなのが結構きついかもしれないので、少し早く眠るようにしよう。

そんな訳で、現在ファイナルスウィッチに向けての道具を鋭意作成中であります。使うかどうか判らないけど、出来たら使いたいなと。とりあえず早めに実験をして、使えるのかどうかの見極めを行ってから、考える事にしています。使えない場合は…どうしようかなぁ。代替案はあるけど、それを試している時間はあるのかどうか不明。出来なかったら出来ないで、その時は別のマジックに切り替えるしかないのです。

そんな中、いつの間にか衣装も準備しています。相変わらず、衣装が被ってしまったらどうしようという不安があるのです。結構旬な衣装を選んでしまったので、もしかしたら…無いとは言えないよなぁ。まぁその時はその時で、衣装が衣装だけにどうにかなるでしょう。

あぁ、そういえば、音楽の編集もしないといけないのだった。あんまり音楽の編集ってやったことないから、どれくらい時間がかかるのか想像もつきません。特に無理して、短く編集しなくても良いのかもしれない。難しいことはしないので、それなりに単純な作業だと思っていますが果たして。

と、ここまで書いてみたものの、どうにも否定的な言葉がたくさんあるなと…。単に不安なだけかもしれない。プラス疲れているのも弱気になっている原因かもしれない。多分出来る。きっと出来る。もしかしたら出来る。と自分を勇気づけて、今後の作業に取り組みたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.06

第7回ボードゲームスウィッチ

机の上に無数のパーツが散らかっているHIGEです。作りかけの実験用の道具が散乱しています。かなり細かいパーツがあったりするので、なくなっていないか不安ですが、多分大丈夫でしょう。近いうちに完成させて、本当にマジックに使用出来るかの検証を行わないといけませんが、出来なかった場合の事は一切考えていません。が、代替案はいくつかイメージ出来ているので大丈夫かなと。

2009年4月5日(日)は、秋葉原にて久しぶりにボードゲームスウィッチに参加してきました。かなり久しぶりです。と言うか年が明けてから初めてだったり。でもまぁ他の場所でボードゲーム自体はやっていたりするので、そんなに久しぶりの感覚もなかったりします。

今回やったのは、「アグリコラ」というゲームです。2008年のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)複合ゲーム特別賞等、数々の賞を獲得しているゲームらしい。説明書がかなり細かくて、最初は複雑そうな印象もありましたが、簡易化されたファミリールールだとそんなに難しくもなく、楽しめました。勝利条件をイマイチ理解していなかったので、負けてしまいましたが…。

続いて、「それはオレの魚だ!」をプレイ。随分前からやってみたいなぁと思っていましたが、ようやく出来ました。簡単に説明すると、六角形のタイルの上にペンギンを置いて、魚を獲得するゲームです。非常に単純で、プレイ時間も短いので、時間調整に丁度良いかも。デラックス版のペンギンのコマがかなり良い感じだなぁ。

その後、バイシクルのトランプを使って、「テキサスホールデム」というポーカーゲームを行いました。詳しい内容はリンク先のWikiPediaを読んで下さい。バイシクルのカードでマジック以外のことをするのは初めてだったりします。ポーカー自体は随分と久しぶりにやったような気がします。普通のポーカーよりもギャンブル性が高いのかもしれないけど、面白い。

最後は、10人参加で「お邪魔者」をやりました。10人でやるのは初。やっぱりお邪魔者の方が微妙に不利な感じですが、プレイする時はお邪魔者の方が楽しかったりするのです。10人でプレイすると、展開が早くて、かなり面白い。しかも一回カードを見間違えて、お邪魔者なのに、普通に金塊目指していたりするというミスを犯してしまいました…。カードは良く見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

刺激的な一日

必要な道具を作っていたら、いつの間にか日付が変わっていた。HIGEです。朝早く目が覚めたから、とりあえず作り始めてみるかと思って作り始めたは良いのですが、2時間くらいかけて、ようやく半分くらい進んだかなと思ってから、出かけました。その後、家に帰ってきてから、続きを放置してあるのが気持ち悪いので、一気に片付けてしまいましょうと思って、やっていたら終わらない…。まぁ初回だから時間がかかるのかもしれないけど、こんな調子じゃ嫌になりそうです。慣れるしかないか。

そんな中、出かけたのは珍しく渋谷。相変わらず人が多い。多過ぎると思いながらも、落ち着いた喫茶店で、よぐちさんと密会。ここにはいずれ書くと思いますが、とあるブツを購入。普通の方法では購入する事が出来ないので、書いても自慢になりそうなのです。既に自慢しています。で、そこでまたまた新しい面白い物を見せていただいたり、色々書けないような話をしたり、とても楽しい時間を過ごしました。

よぐちさんと別れた後、時間も少しあったので、久しぶりに巣鴨はウッドワーロックさんにお邪魔しました。ネフの新作「テクタス」の積木があった。白と黒のモノトーンでなかなか良い感じです。まだまだ新作が出るような事を言っていたので、そちらも楽しみです。その後、プレイルームで「LaQ」をしていました。遊んでいたらあっと言う間に2時間くらい経過していました。「LaQ」恐るべし…。

以前から、「LaQ」は知っていましたが、多分これは触って楽しい、作って楽しいというのが判っていたので、あえて避けてきたのですが、この日はついつい触ってしまいました。ダメだ。楽し過ぎる。パチパチと何となく作るのではなくて、こういったのを作りたいと思って、パーツの山から、必要な色のパーツをみつけ出し、それを組んでいくだけなのに、楽しい。これは当然のように欲しくなったのですが、我慢我慢です。欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.04

ブラックホール

かなり小さめのパズルリングを指にはめたら、抜けなくなってしまって、焦っていたHIGEです。入るかなぁと思って、色々と指に入れていたら、グーッと奥の方なら丁度良いじゃんと思っていたら、抜けなかった…。とりあえず苦労して抜いた訳ですが、もう止めておこうと強く思いました。指にはまったままじゃ、パズルリングの本来の意味をなさなくなってしまいますからね。

Dsc_2030そんな訳で、またまた探し物を続行していたのですが、やっぱり出てこないのですが、何だか懐かしい感じの物が出てきました。今回はフォールディングパズルの「ブラックホール」です。今でも、toritoで買えるのかな。何故か使い古した感じで出てきました。あんまり触ってないんだけどなぁ。多分おそらくもしかして、これは以前行った、「コスモの会」で適当に選んで購入した物ですかね。これは三角形の板が12枚繋がっていて、黄色い数字、青い数字、桃色の数字、真っ黒な面で構成されています。写真は2枚をいっぺんに、黄色面と青面を写しています。

Dsc_2031これをパタパタと折り畳んでいくと、いつの間にか桃色の数字のみが出てくるのです。青い数字は1から6まで、黄色い数字は7から12まで、桃色の数字は13から18までそれぞれ書いてあります。何とか桃色面を揃えることが出来たのですが、折り癖が酷くて、手で押さえないといけなかったり。桃色面の裏が黒面じゃないから、またややこしい。

Dsc_2032そして、適当に折っていたら、黒面を出す事に成功しました。買ってから長いのに、初めて出来ました。がしかし、再現性は全くありません。しかも折り癖が付いているので、折りやすい方向に折っていったから出来たのかもしれません。全く理解出来ないままに、出来てしまったので、戻すのも一苦労。変な風に折り畳まれて、動かなくなってしまったりすることもあるので、ちょっと焦った。

こういったパズルは平野さんのようにスイスイと出来ないのです。あれは名人芸の域ですから、真似出来ないのです。でもあれを一度見たら、ついつい買ってしまうのです。事実、平野さんのパフォーマンスの後には、毎回何人か買っているのを目撃しています。自分もそのうちの一人ですけど、買ったからといって、あのように出来るわけじゃないんだよなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.03

意外と大変な事に気が付いた

エイプリルフールネタが一段落して、ようやくいつもの調子で更新出来るHIGEです。今年も去年に引き続き、MISDIRECTIONさんのブログにも取り上げていただきました。どうもありがとうございます。既に来年のネタを思い付いたので、忘れないうちに書いておきたいかもしれません。まぁ大事に暖めておくとしますか。

そんな訳で、月末用のネタを準備しないといけない状態です。一つ懸念があるとすれば、イベントが被ってしまうかもしれないのですが、今のところはまだ連絡が来ていないので、そちらは忘れておく事にします。とりあえず現象だけは考えついたのですが、実際に出来るかどうかはまだ試していなかったりするのです。本当に思い付きで考えただけなので、今のままだと出来ない可能性が大。多分出来ないし、出来たとしてもダメそうなので、早めに実験してみないといけないな。

更に、今回はそのマジックにちなんだ衣装も購入しなくてはいけないのです。売っている場所は把握しているのですが、売り切れていないことを祈るだけです。まぁ多分大丈夫だとは思っているのですが、近いうちに電話して、取り置きをしてもらおうかと考えています。いつ行けるかも今のところ微妙です。何とかして時間を作って、買いに行かないと、考えているマジックの面白さが激減してしまう。出オチではない。

その他にも、演出として、音源を入手した方が良い事に気が付いた。こちらは存在するかどうかも不明なので、存在しなかったら、作るしかないかもしれない。昨今の事情を鑑みて、多分おそらくあるのではないかと推測しているのですが、無かったら何とかしないといけないのか…。これが一番大変そうだ。果たしてどうなるのかは、全く判らない、手探り状態もいいところですが、何とかまとめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.02

またまたやらせていただきましたァン!

何か関東地方は雷が凄い音を立てていますね。HIGEです。これでようやく春が訪れるのかなぁと、春雷を聞くと何となくそう思ってしまいます。風が強くなってきたような気がするなぁ。まだまだ夜は寒いけど、昼は暖かくて、微妙にコートを着ていくか迷う日々がもう少し続きそうです。まぁコートを着ていた方が便利だから着ていくけど。

と言うわけで、「3ボールトリックの全て」の記事に書いてある内容は全てでございます。タイトルにジョジョネタを持ってきたいがために、2年連続やってしまいましたァン!エイプリルフールにお付き合い下さり、またコメント下さった方々には感謝しています。リアルに信じてしまった人がいたら、本当にごめんなさい。今のところ、そんなDVDが出る予定はありません。でもまぁインディーズ的に出すのも、そんなに難しくないのではなかろうかと思ってきた。そんな中、いつもの倍近いアクセスがあって、どうしようと思ったり思わなかったり、どっちなんだい。

構想1分、実作業時間2時間程度のネタでした。今年はどうしようと思っていたのですが、ふと思い付いたのが3月30日辺りで、実際に作ったのが31日の夜でした。ただプリンタのインクが切れかかっていたので、やり直しが効かないので、一発で印刷を仕上げなければならないのが、若干プレッシャーでした。たまにしかプリンタを使わないので、何でこんな時に…と思ってしまいました。

また、DVDのジャケットを印刷するのも初めてだったので、カットしたら、ほんの少し小さくて、作り直そうかなぁと思ったりもしたけど、ある程度雑な方が、判りやすくて良いかもと思って、そのままにしておきました。単に、作り終わったら疲れていて、やり直す気力が無かった訳ではございません。また来年もやるかどうかは、ネタを思い付くかどうかにかかっています。今から考えておきます。…と言うのが、一番嘘っぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

3ボールトリックの全て

今週は長い…HIGEです。何というか、最近は色々と大変だったりして、なかなか寝る暇がありません。布団に入った瞬間に寝付ける人がうらやましい。最低でも30分くらいは眠れない状態が続いているのではないかと、経験から推測。たまに寒くて眠れなかったりするし、眠りも浅いような気がします。

Dsc_2003そんな訳で、ようやく完成したので、ようやく記事に出来るのが「マジック紳士-HIGE- 3ボールトリックの全て」のDVDです。近日中に発売される予定で、定価は2000円。どこのマジックショップで買えるのかは、近いうちに(もしかしたら明日にでも)告知させていただきます。買ってきたその日から、このマジックがすぐに開始出来るように、ボールとそれを入れる巾着袋も付属しています。収録時間は82分。ちょこっと見たけど、なかなかかっちょいい映像に仕上がってますよ。マジシャンはかっちょよくないですけど。

Dsc_1998収録した手順は、普段私が演じているパターンが1つ。更に、1つ目の手順をマニアックにしたパターンが一つ。ボーナストリックとして、クライマックスに全てのボールをでっかくするパターンが1つの、全部で3手順。基本、応用、おふざけといった感じでしょうか。最後のパターンだけ、付属のセットでは出来ないので、あくまでボーナストリックということで。角度にも弱いし、今までなかなか演じる場所も無かったし、こんな方法もあるよという紹介みたいになっています。

超極秘プロジェクトとして、水面下よりも深海にて、着々と準備をしていて、親しい人にも漏らすことなく作成していました。撮影をしたのは、2月の下旬辺りで、収録日数が2日かかっていますが、マジックのリテイクばっかりで、本当に申し訳なかったです…。緊張しましたよ。寒さで震え、緊張で震えてしまいました。パッケージデザインを頼んで、音楽をセレクトして、クレジットを調べたり等で1週間くらいかかりました。でプレスするのに、だいたい1ヶ月かかりました。と言うか、こんな物が世に出回ってしまって良いのかなぁと、完成してから思ったりして…。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »