« 練習してみよう | トップページ | ヨギ ガンジーの妖術 »

2009.03.26

リング&コイン

とりあえず英語の解説書を4ページくらい読んだら、異常に疲れが出てきたHIGEです。平易な英文だから、まだ何とか読めるといった感じです。現象の部分と準備の部分まで読んだ。この時点で、とある道具が足りないことに気が付いたので、以降は道具を調達してこないと出来ないので、中断。持っていたけど捨てちゃったなぁ…。こんな時に役に立つとは思ってもみなかった。

そんな訳で、GINで売っている丸穴カラテコインが欲しいなと思っていたのですが、妙に高く感じてしまうので、手が出せない訳で、それならいっそのこと自作しても良いかなと思ったりしていながら、数年経ってしまっているのです。作ろうと思えば作れるけど、なかなか行動に移せない自分がいるのです。グリグリとするだけなんですけど、どうにも抵抗があるのです。

それなら、カラテコインを使用しない手順を考えてみようと思って、リングとコインの手順を適当に作ってみて遊んでいたりします。元々の手順は、Garrett Thomas師の「Ring to Coin /Coin to Ring」なんですが、それをもう少し長めにして、リングの特性を生かした(と勝手に思っている)手順です。手順自体はちょっと前に考えていたのですが、一部実演不可能な箇所があったので、お蔵入りしていたのですが、そこを改善して、ようやく人に見せられる手順になりそうです。まだ無理ですけど。

しかしながら、難しいのが玉に瑕。調子が良い時はスルスル出来るのですが、調子の悪い時は全然ダメだったりして安定しない…。元々難しいことは出来ないので、簡単にしてあるはずなのですが、現象を実現するためには、どうしても外せないところなので、どうにかしたいところです。出来るようになったら、そのうち動画でもアップしてみたいところです。いつになることやら…。

|

« 練習してみよう | トップページ | ヨギ ガンジーの妖術 »

コメント

はじめまして。

その丸穴カラテコイン買いました。
しかし、Garrett Thomas氏のように指の根元まで貫通させて使用したいなら、購入後に、さらにヤスリで削る必要があります。

穴の形が歪になりますが、指の根元の方が貫通した感じが出しやすいです。
ニューヨークコインセミナーのDVDでも空手コインをやってるマジシャンがいましたが、あのように指の先端近くで貫通させているように見せるのは難しいです。
練習していて、心が折れました。

話がそれましたが、特に銀貨に自力で穴を開けるのは結構大変です。工作機器のボール盤とかで、大まかな大きさの穴があけれるならいいですが。自分で穴をあけるよりは、穴のあいたコインを買ってそこから微調整することをおススメいたします。
(あくまで、参考まで。)

投稿: 通りすがりの者です。 | 2009.03.27 00:07

通りすがりの者です。さんどうもはじめまして。
丸穴カラテコイン購入したのですね。やっぱり少し穴は小さめのようですね。削るだけでも、かなり大変な気がします…。

その昔、自分で好きな組み合わせで、コインを工作出来たら、どんなに楽しいだろうと夢見ていた時期もありました。本気で旋盤購入する直前までいった事も…。諸事情で断念しましたけど。多分自作はしないと思いますけど、してみたい気も少なからずあったりします。

投稿: HIGE | 2009.03.27 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リング&コイン:

« 練習してみよう | トップページ | ヨギ ガンジーの妖術 »