« パースフレーム | トップページ | なんとなくコインマジック »

2009.03.16

カードとウインナ

プルスルーシャッフルを一心不乱に練習していたHIGEです。いや、あれはプッシュスルーシャッフルなのか?「カードマジック事典」には、同じであると書いてありましたが、本当は違うものなのかが未だにナゾです。方向だけの違いなのかなぁと思っていたりしますが、実はやり方も違っていたりするのでしょうかね。よく判りません。

そんな訳で、今日も事典を適当に開いて、そのページのマジックをやろうと思っても、準備が必要だったり、他の色のカードが必要だったり、デックが2組必要だったりすると、他のページを開いてしまうのです。とりあえず準備無し、1組のデックで出来るページを開けるまで、やり直しが効くのです。これくらいゆるゆるじゃないと、続かないかなと。いや、きちんと準備しないでやろうとしている自分が無謀なんですけどね。

Dsc_1920そんな中、カードはやっぱり飽きが早いので、適度に適当に気分を変えられるマジックも練習したくなるのです。そこでウインナですよ。数少ない所有しているレクチャーノートの「マジックハウス第10号」と「Ja-Pun」を参考にして、練習していたりします。カードマジック以外を練習してみたくなるのです。やっぱりウインナ・ストーリーは秀逸ですね。色々と難しいので、とりあえず貫通部分だけ、練習しているのも楽しいです。

レクチャーノートはそこそこ購入しているのですが、たまに開いて練習しているようなノートは、この2冊が圧倒的に多いかもしれない。10号はとにかく、「コルクの貫通」について、何度も読んだりしています。他にも忘れた頃にM-Deck関連のノートも開いていたりするなぁ。一応M-Deckも持ち歩いていたりするのですが、いざやろうとすると忘れてしまって、思い出すために、また開いて、しばらく経って…とループが続いています。そろそろ記憶として定着して欲しいところです。

|

« パースフレーム | トップページ | なんとなくコインマジック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カードとウインナ:

« パースフレーム | トップページ | なんとなくコインマジック »