« そのうち書こう | トップページ | 遠ざかるけど、近付く »

2009.01.28

ガラスの仮面

Dsc_0648月曜日の夜に「ガラスの仮面 43巻」が発売されていることを知って、翌日の昼休みには買いに走っていたという。HIGEです。42巻が出てから、もう4年も経っていますが、やっぱり飽きずに読んでしまいました。でもまぁ前の内容を忘れているような、覚えているようなそんな感じです。43巻を読み終わってしまって、もう44巻が読みたいですよ。あんな場面で終わらせないで欲しい。もう、10年で3冊しか出ないのを待っていたので、何年でも待てますけどね。

学生時代に古本屋でバイトをしていたことがあって、「ガラスの仮面」を何となく読んでみたら、何となく続きが気になって、読んでいるうちにハマッてしまったので、そのまま読み続けている…と。巻数があるうちは良かったけど、最新刊まで読んでしまうと、続きが気になって仕方ないのです。そんな状態で既に10数年経ってしまっているのです。

と言うか、全く終わりそうな雰囲気が見えないです。紅天女編がどう考えても最後だとは思うのですが、まだまだかかりそうです。紅天女の全貌がまだ見えていないのも、まだまだ続く予感がしてしまうのでしょうか。でも、そう簡単に終わって欲しくはないのですが、年単位で待たされるのも困りものです。面白いと思う間は買い続けるだけです。

|

« そのうち書こう | トップページ | 遠ざかるけど、近付く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラスの仮面:

« そのうち書こう | トップページ | 遠ざかるけど、近付く »