« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

2008総決算

今年の総決算として、最終日に相応しい記事をいっちょ書いてみようかと思います。とまぁ去年の同じ日付の記事からコピペしてみました。で、更に今年の初日の記事から目標みたいなことも書いたので、それも貼り付けてみました。とまぁ、ここまでコピペなわけですが。それで年始の目標みたいなものを見てみると、あれ?こんなこと書いたのか…と思われることが書かれていたりする。とりあえずその総括から。

・眠っている道具を起こす
これに関しては、意外と出来たのではなかろうかと思っています。数年越しで実現出来たマジックがあったり、数年間出来なかったマジックを実演したり、忘れていた道具も適度に弄ってみたりしたような気がします。まだまだ無数に眠っている道具があるので、これらもそのうち起こしてあげないとな。

・出来る限り毎日更新
これは出来たことにしたい。「出来る限り」と書いてあるので、出来る限りは更新した。毎日はさすがに無理でしたけどね。最近は通信機器も発達してきたので、物理的に無理と言うことがなくなりましたが、なかなか難しい場合もあります。また、気分が乗らない、書きたくないくらい心が荒れていたり、単に書くことがなかったりした日々もありました。書かないと何となくもやもやするので、これはあえて目標にするまでもないかも。

・CJでルーティンを組む
む、こんなことも書いていたのね。最近は全くと言って良いほど練習なんかしていないから、ルーティンを組むどころではありません。手元にボールはあるから、ぼんやりとパームロールなんかはしていたりするけど、それ以上のことはやっていないから、上達する訳もなく…。まぁ今後もじっくり取り組みたいものではあります。

と言うわけで、総括も終わったところで、マジック関係の思い出等。2008年は、結構な数のイベントに参加していたような気がします。特に高いお金を払ってのDavid Roth師のワークショップには堪らないものがありました。まさか直接指導していただける日が来るとは夢にも思っていなかっただけに良い経験になりました。が、あんまり生きていないような気がします。更に箱根に行って、Gaetan Bloom師の抱腹絶倒のマジックショーも堪能。さらにその後、徹夜で延々とマジックしたり見たり。更にGiacomo Bertini師のレクチャーを見たり、Armando Lucero師のマジックも間近で見たり、色々とコインマジックが多かったかもしれない。

後、大きな変化として、D300を購入したことが個人的には大きいかもしれない。大道芸を見に行って、もっと良い写真を撮りたい欲求が増えたので、つい購入してしまいましたが、良い買物でした。密かにパンフレットだとか、大道芸人さんのブログやらに、自分の撮った写真が使われていたりすると嬉しい。今の時期は大道芸が少なくて、愛機の出番も減っていますが、使えるチャンスがあればかなり使うようにしています。普通に写真を撮るのが楽しくなってきたので、完璧に趣味が一つ増えてしまったようです。

と言った感じで、2008年も終了です。細かい部分までを書いていくと、それこそキリがないし、それなら今まで書いた記事を読めば充分じゃないかという気がするので、これ以上は書かないようにします。それでは、明日2009年にお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.30

3人動く!!!展の続き

3人動く!!!展の続きです。色々あって一気に書けなかったことを悔やみながらも、どうしても無理でした。こちらに展示されている作品の数々は、その場で購入することが可能です。ほとんどが一品物なので、単価は結構するので、細かい物しか買えませんでしたが。

Dsc_0402_1615ダンボールで作品を作る檜山永次さんの作品の数々を興味深く拝見。一体どうやって作っているのだろうと思ったので、色々と質問したりして。でも全部の質問に優しく応えていただきました。動物だけでなく、アクセサリーや花瓶、人が乗れる馬のおもちゃなど、本当に多彩です。作る物によって、見せるダンボールの表情が面白い。

Dsc_0408_1616こちらの時計も非常に素敵です。斜めから見ると、黒一色のように見えますが、正面に回ると、綺麗な模様が浮かび上がります。この正面からの抜けた感じの絵が非常に美しい。もちろんムーブメントはダンボールではありません。そして、見ているうちにダンボールの魅力に引き込まれてしまったので、自分でも作りたいなぁと思って、その場で手作りキットのダンボーを購入してしまいました。そのうちこれで作成してみたいと思っています。

Dsc_0399_1617次に木のカラクリおもちゃを作成する塩浦信太郎さんの作品です。カラクリにはファンが付いていて、風を動力に色々なところが動き出します。このファンは、非常に弱い風でも動き出します。思いっきり息を吹きかけると、物自体が倒れてしまうくらい、軽いです。また童話をモチーフにした作品も数多くありました。無骨に削られた小さい動物などは、見ているだけで何だか心が暖かくなってきてしまいます。木の持つ温もりですかね。

Dsc_0372_1618また、こちらの作品は、鉄棒をするロボットですが、何だかずーっと見てしまうくらい引き込まれました。どうにも不恰好な動きなのですが、こういったアナログ感覚の動きが面白いです。毎回毎回同じ動きをしているわけではないので、なんだかのんびりしてしまいます。猫のカラクリもあったのですが、そちらも長いこと眺めてしまったりしてしまいます。ゆったりとした時間が流れているようで、久しぶりに癒された感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.29

3人動く!!!展

会社の年内の仕事も終了したのですが、個人的に物凄く忙しくなっているHIGEです。どうしようもなくて、どうしようという感じに陥っています。と言うかこの作業は終わるのかなぁ。疑問です。全く先が見えない状況なので、少しだけ現実逃避したい気持ちがいっぱいです。

Dsc_0389_1610そんな中、2008年12月29日(月)に築地のつきじギャラリーTASSにて、「3人動く!!!展」が開催されているので、行ってきました。12月22日から始まって、年内は29日が最後で、残りは、年明け1月5日(月)から1月10日(土)までです。ほとんどが平日なので、なかなか行くのも難しいかと思いますが、行けば楽しめること請け合いです。結局色々とお話をしていたりしてたら、3時間以上も居てしまいました。帰るのが非常に名残惜しいところです。

Dsc_0386_16113人動く!!!展は、ダンボールで作品を作る檜山永次さん、木のおもちゃを作る塩浦信太郎さん、うごく絵本でお馴染みのよぐちたかおさんの3人の作品が一堂に会す展示会です。どの方の作品も非常に個性的で、見ているだけで楽しくなってしまう作品ばかりなのですが、実際に手に取って動かすともっと楽しくなります。

Dsc_0333_1612まずは、よぐちたかおさんの作品から。今までに出版された本はもちろんのこと、他にも何やら新しい作品、目にしたことがない作品などがたくさん展示されていました。特に印象に残ったのは、この写真のレーザーアートです。パッと見て、明るくて輪郭がくっきりしていて、動きもシャープに思えました。話を聞いたところ、今までのよりもメッシュが細かいとのこと。目を凝らして見ないと判らないくらいに細かい。実験的に展示しているとのことでした。年明けにも販売するそうです。

Dsc_0340_1613さらに、今まで何度も見ているはずでしたが、非常に新鮮に見えたのが、こちらの展示パネルです。普段は、4分割されていて、なかなか元の絵を見ることが出来ないのですが、こうやって並べてみると非常に新鮮でした。なるほど、元の絵がこうなって、メッシュで分解して、重ね合わせて動くようになるのかと、あらためて驚きました。この絵ではありませんが、こういった柄のハンカチが出るとの情報もいただきました。ハンカチはなかなか良いかもしれません。

続きはまた後で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.27

Heart in puzzle

異常な寒さに辟易しているHIGEです。信じられないくらいに寒い状態です。心も寒いし、財布も寒い。これ以上どうすれば良いのか判らないくらい寒い。暖房入れても部屋が暖まらないので、マウスを持つ指先が硬くなってしまっているかのように、動かしづらいです。キーボードを打っている間は、動かし続けているので、何とかなりますけど、マウスだけ操作していると、指先の感覚がなくなっていく。

Dsc_0313_1608先日、久しぶりにtoritoに行って来て購入してきた、最近良く購入しているなぁと思われる、あべみのる氏のスライドパズル「Heart in puzzle」です。2000円。何となく手頃な値段だし、結構色々と悩めるし、一度解いても、すぐに回答忘れてしまうので、スライドパズルは意外とコストパフォーマンスが良かったりするなぁと、最近感じているのです。かなりの種類が出ているのですが、そんな中でもビジュアルが良いスライドパズルを選択してきました。

Dsc_0315_1609こちらの写真の状態が初期位置で、パーツを滑らせ移動させ、ハートを囲ってしまうのが目的です。もちろん、スライドさせるパーツは回転させてはいけません。…が、稼動する範囲が広いからなのでしょうが、かなり回転してしまうような気がするのです。もちろん、回転させたら、パズルではなくなってしまうので、回転させないようにスライドさせているのですが、指で移動させているうちにクルッと回転してしまうのです。意外とこれがストレスだったりして。

でもそんなこんなで、パーツを回転させないようにスライドさせていくと、各パーツが絶妙な大きさで、後これだけ隙間があったら動くのに!と言う感じが結構ありますが、またそんな状態を探し出して、動かしていくのがかなり楽しいです。このパーツの形と、ケースの形が重要なのです。回転させないように気を付けなければいけませんが、なかなか楽しいパズルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.26

SLIM STICK

ようやく厳しかった仕事が一段落つきそうな予感がするHIGEです。先週から、今週にかけては結構ハードな毎日でした。あまりにも忙しくて、まるっきりマジックの練習なんてする暇もないくらいです。よくよく考えると後一週間くらいしか時間が取れなさそうな気がします。いや、気がするのではなくて、リアルに一週間くらいしかないので、そろそろ焦らないといけないのです。

Dsc_0299_1607そんな中、以前AssistOnで見かけてからずっと欲しかったセイコーの「SLIM STICK」を購入してきました。ついでに近くに売っていた専用のベルトクリップも購入。何となく歩数計は好きなのです。昔は「ポケットピカチュウ」というカラー液晶の、99999歩でカウンターが止まってしまうやつを買っていたり、「日本一周歩数計の旅」を購入したりしていました。「ポケットピカチュウ」は、イマイチ精度的に信頼がおけなかったり、すぐにカンストしたりするので、微妙だったり。「日本一周歩数計の旅」は、全然電池がもちません。約一週間ほどで、電池交換をしなければいけないので、面倒でした。

やはり、おもちゃの歩数計では、微妙に満足出来なかったりしていたいので、「SLIM SITCK」のシルバーを購入してきたのです。一週間ほど使用してみて、なかなか良いなと。一週間分のデータを保有して、それを後から見たりすることが出来ます。更にそれがグラフ表示(シルバーのみ)出来たりします。3色のバリエーションがあるのですが、色によって、微妙に機能が違ったりするので、購入する際に少し迷ったり。ピンクは脂肪燃焼量が表示、ゴールドは目標値に消費カロリーを設定できたりします。どうせ買うなら、全部出来て欲しい気がしましたが、色だけでなく、機能でも選択しないといけないのです。

ただ、本体が物凄く小さいので、液晶が小さかったり、ボタン3つでの操作が大変だったりしますけど、かなり満足しています。ポケットに入れても良いし、ベルトに挟んでも良いし、鞄の中に入れておくのも良い。これでバックライトが搭載されていれば、夜道で歩数がカウントされるのを見ながら歩けたりしたら良かったかもしれない。まぁ基本的に歩数がカウントされるのを見ながら歩いたりはしないのですが、10000歩まで、後どれくらいだろうと思って見るのは夜だったりするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.25

不通

何だか原因不明のトラブルによって、インターネッツに繋がらない状態が続いていて、若干哀しい思いをしていたHIGEです。何度か電源を引っこ抜いたりしていたら、自然復旧しました。今までもたまにあったけど、ほぼ一日くらい繋がらない状態は初めて。でもまぁ家にはほとんど居なかったから、良いのですけどね。そんなこんなで、これ以上起きているのは危険と判断して、更新は後日。本当は色々と書きたいこともあるのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.24

東京オペラシティクリスマス2008

Dsc_0273_16002008年12月23日(火)に新宿オペラシティで、東京オペラシティクリスマス2008が開催されたので行って来ました。実に久しぶりに加納真実様を拝見しに行って来ました。前回見たのが、さくっとパントマイム♪フェスティバル2008以来だから、約1ヶ月ぶりです。この間にも、色々とあったようですが、なかなか行く機会がなくて、愛機D300も若干放置気味でしたので、久しぶりの撮影も楽しみでした。

Dsc_0067_1603天気は快晴だったのですが、会場が日陰しかなかったので、微妙な明るさでした。結構頑張ってもシャッター速度が稼げないくらい、シャッターが重かった。ブラックアウトしている時間が長かったと言うか、ファインダーのみを覗いていると、かなり遅め。何とか感度を上げたらギリギリ撮れるくらいでした。もう少し陽が当たるような場所であったら良かったのに。そして、日陰だったので、寒さに耐え切れなくなるくらい寒かった。やはり真冬の大道芸観覧は結構辛い。

Dsc_0035_1602まずは腹ごしらえしてから、HIBI★Chazz-Kさん達の音楽を拝聴。若干、カメラテストも兼ねて、ここで色々と設定を弄ったりしていました。この日はクリスマスイベントだったので、クリスマスっぽい曲が多めに演奏されていました。途中からオペラ歌手の稲葉舞さんの力強くも優しい歌と一緒になって、演奏して、盛り上がりました。投げ銭で1000円のHIBI★Chazz-KオリジナルCDを3種類配布していました。

Dsc_0055_1604そして、凍える寒さの中、加納真実様の登場です。この日は、何か音響設備のトラブルが多く、音は聞こえるのに、歌声が聴こえ難い状態が続いていたり。そんなトラブルも楽しめるから良いのですけど。この日は一回目が、準備体操、恋人よ、演歌、恋。二回目が、準備体操、恋人よ、せんたく、Mに捧ぐでした。二回目はさすがに陽も沈んできていたので、まともな写真があんまり撮れなかったのが残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.22

第8回マジックスウィッチ

2008年12月21日(日)は、第8回マジックスウィッチでした。この日は陽射しが暖かくて、気温が高くて、絶好のマジック日和でした。マジック日和なんてものがあるのかはどうか知りませんが、そんな穏やかな気候でした。全く冬らしくない。しかもこの日は完全クリスマス仕様のクリスマスウィッチです。会場の様々なところにクリスマスらしい飾りつけがたくさんあり、いつもよりも華やかな感じです。

Rimg6309今回はクラッカーの破裂と共にクリスマスウィッチスタートです。今回もたくさんのつけとどけをいただきました。そして、豪華なクリスマスケーキまでも出て、実に良い感じです。このでかいクリスマスケーキが、甘さ控え目で、なかなか美味しい。そして、いつもよりも少し多めにつけとどけもあった感じがします。今回、私が持って行ったのは、困った時の近所のお菓子屋さんの外見がそれなりのやつを持って行きました。結局自分のは食べてないや。

そしてお馴染みのディーラーショーです。今回は多めの出店で、全部で5軒のお店が出ていました。それぞれに売っている物も個性的で、たとえ買わなくても、見ているだけでも楽しめました。ディーラーショーの後は、初めてなにがしコーナーです。今回は少し変則的な流れです。そしてチャレンジコーナーと続きます。チャレンジコーナーのお題は「出現」です。個人的にはメインのコーナーですが、若干テーマに沿ったマジックと異なるのと、まだまだ外が明るいので、後ほど披露することに。

休憩を挟んで、レクチャーコーナーです。今回は電卓を使った、ちょっと不思議な感じの数字のマジックです。更にカレンダーを利用したマジックもレクチャーしていただきました。なかなか面白くて、使えそうです。続いて自慢の逸品コーナーです。ここで出てきたワンダラーのコインボックスはちょっと欲しい。そしてこの後はお待ちかねの披露しちゃおう会のコーナーです。メンタルマジックあり、コインマジックあり、シリンダー&コインあり、ボンタン飴のプロダクションありと非常に盛りだくさんでした。

陽も傾いてきたので、ここで私はマジックをやりました。以前ピーリングに凝っていた時に作ったカードが、最近みつかったので、これは一度やってみたいと思っていたので、ここで披露。カードを懐中電灯で透かす必要があったので、暗くならないと見難いと思ったので、暗くなるまで引っ張りました。やっぱりカードマジックだと、微妙に見難いのかなぁと思ってしまいました。

そして最後はアンケート書いて、現状復帰して、ゴミを捨てて解散です。クリスマス前でしたが、とても良いクリスマスを過ごせたなと感じてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.21

生者と死者

眠れない日々が続く漢HIGEです。いや、熟睡はしているはずですけど、ただ単に睡眠する時間がなくて、困っているだけなんですけどね。まぁ12月だから忙しいのは仕方ないか。動ける期間が普通の月に較べて、一週間少ないと考えると、何故12月が忙しいのかが納得です。年が明けると、仕事はしばらくゆったりと出来そうですが。

Rot07308そんな中、ブックオフにフラリと寄ってみたら、泡坂妻夫先生の「生者と死者」が並んでいた。既に一冊持っているので、はじめは特に気にしていなかったのですが、どんな本だっけ?と思って、手に取って、表紙を見て思い出しました。この本は袋綴じされている本で、そのまま袋綴じを開かないで短編小説を読んでから、袋綴じを開いて、もう一度読むと、短編小説が消えてしまうと言う、実に泡坂先生らしい、遊び心に満ちた本というのを思い出した。

前に購入したのは、全て袋綴じが開いている物。古本屋で売っているので、当然と言えば当然です。その状態でとりあえず購入したのですが、未だに読んではいません。どのように読むのが良いのかを模索しているうちに、既に膨大な情報の記憶の片隅へと、その存在が追いやられてしまいました。そして、今回手に取った本は、良く見てみると、袋綴じがそのままの状態です。え?と思って、何度パラパラとページを捲ってみても、やはり完全に綴じられている状態です。即買いです。あり得ないプライス250円です。

と言うわけで、今読んでいる本が読み終わったら、嬉々として読んでみるつもりです。とりあえずは袋綴じを開かない状態で読んで、その次にもう一冊ある袋綴じが開いた本を読めば、袋綴じの状態で保存も出来る。これは良い。最近泡坂先生の「妖盗S79号」を読んで、最後に非常にスッキリするオチでとても楽しんだ状態だったので、何かの繋がりがあるように感じてしまうのですが、きっと気のせいでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.12.19

意外としんどくなってきているかもしれない

いやはや普通に忙しくてしんどくなってきているHIGEです。最近は毎日23時近くにしか帰宅出来ていない状態が続いているのです。本当はもう少し早く帰れるのですが、ついフラフラとしてしまうのです。それで帰ってきて疲れているから、自業自得と言ってしまえば、最早それまでですけどね。まぁ弊害としては、午後に強烈に起きていられなくなるくらいなので、大丈夫のようです。決して眠らない。起きていられないだけ。

そんな中で、マジックの練習に時間を割けなかったり、道具を作る時間がなかったりするのが、かなり残念でならないのです。もう作る道具も購入してきて、後は絵を描いて、何度か試しながら、微調整するだけなのですが、その絵を描く時間がありません。同じようにマジックの練習も、かなり疎かになっていたりします。疲れているからなのか、バケツを持つ手がプルプル震えたりします。実際重いけど。

まぁとりあえずは退化しない程度に、現状維持を心がけて、冬休みになったら、ガツッとまとめて練習をしてみようと思っていたりします。このために今年の冬休みは長いんだ。きっと。でも年末の過ぎ行く時間の速さと言ったら、それはまるで氷河の速さです。いや、それは私のマジックの上達のスピードか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.18

シースルーカード

探し物がみつからないので、出てきた道具を片っ端から記事にしてみようと思っています。出てきても理解するまでは記事にしにくかったりするわけなので、なかなか記事にするのも大変なわけです。非常に簡単な道具なら、何とかなりそうな感じです。と言うかそれよりも目的の道具をみつけないといけないのに、まだみつからない。まぁ最近は本腰を入れて探している暇がないのですけどね。

Rimg6299そして、今回出てきたのは、テンヨーの「シースルーカード」です。これは、相当前に購入した道具です。写真の透明な道具と、秘密があるカードが付属しています。いつ買ったのか、既に覚えていません。当時、何となくずっと気になっていて、買うかどうかを迷っていたのですが、廃盤になってしまってから、欲しくなったら嫌だなぁと思って、先行投資的に購入したのは覚えています。なので、それほどやってみたいと思っていたマジックではなかったりします。

現象は、観客にカードを一枚引いてもらいます。マジシャンはダイヤのマークが描かれた、透明な板のケースを取り出して、このカードですねと尋ねますが、違います。ケースを開き、もう一つのダイヤのマークを見せますが、これも違います。更に透明な板を取り出してきて、ケースの間に挟んでおまじないをかけると、ダイヤのマークが透明な板に飛び移って、観客のカードを当ててしまいます。

という現象なのですが、久しぶりに弄っていたら、すっかりセットしてあるのを忘れていて、自分がびっくりしてしまいました。これには驚きです。結構インパクトあるかも。ちょっと自分でも面白かったので、やってみようかなと思ったのですが、微妙に絵的におかしいと感じてしまうところが無きにしも非ず。本当に微妙で気が付くかどうかなのですが、多分演じている方だけのような気もします。実際に見た時は相当不思議に思ったので、大丈夫でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.17

間に合うか

今週は連日23時頃に帰宅しているHIGEです。そんなわけで家に帰ってきてから雑事をこなすと何にも出来ない状態なのですが、何とかかんとか地味にマジックの練習をしていたりします。時間は物凄く短いし、1回やったら終わりの状態なので、なかなか身に付かないので、どうしようと思っていたりするのです。ちょこっと練習して、この記事書いたら、もう寝ないといけないのです。

そして、2008年12月21日(日)は、マジックスウィッチなのです。12月だから、クリスマスウィッチなのです。クリスマスっぽいマジックをやってみようかとも思ったのですが、そんな時間的余裕がなさそうなので、普通に。そして、次回のチャレンジコーナーのお題は「出現」です。そうですか、「出現」ですか。一体何を出現させたら良いだろうと考えていますが、ちょっとやってみたいマジックと微妙に違うかもしれないと思っていたりします。

今度やってみようと思っているマジックは、相当無理矢理強引に言ってしまえば、「出現」と言えなくはないような気もしています。この辺はもう少し演出を考えれば何とかお題に沿ったマジックになるかもしれない。しかも何故かカードマジックです。まぁたまにはカードもやってみたくなるのです。一応カードマジックも出来るところを見せたい…とは思っていないですけどね。更に言うと、早めにやるよりも遅めにやる方が効果的なのではないかと思っていたりもします。

チャレンジコーナーはいつも心の準備が出来る前に始まるから、緊張している暇もなく、お菓子を口に頬張っていたら、突然始まるのです。いい加減進行を把握しておいた方が良いよね。後は、間に合えば、目黒のイベントの練習用に、少しばかり手順を披露出来たらと考えています。こんな状態だと、フルで行うのは難しいですけど、サイレントの部分だけでも何とか間に合わせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.16

ジャンボカードと戯れる日々

ここ2、3日で急に老け込んできたHIGEです。いやいや冷え込んできて風邪を引かないように気を付けているHIGEです。最近とある道具を作ろうと思って、一つ素材を購入したのは良いけれど、作っている時間がありません。更に、購入した後に、もう少し念入りに探せば、もっと良い素材がある可能性があったので、もう一回探しに行ってみようと思っているところです。まぁ今手元にある道具でも、何とか出来るのですが、もしかしたらもう少し楽に出来るのかもしれないと思うと、何だか試してみたくなるのです。

と言うわけで最近はジャンボカードを弄っています。普段カード自体を触る機会が相当少ないのに、普段カードマジック自体をしないのに、何故かジャンボカードです。今更ながらジャンボカードの扱いは難しいと感じています。しかもジャンボカード自体をまともに使ってみようと思ったのはほぼ初めてだったりします。今までは、ジャンボカード出して、その間からリングを登場させたり、ジャンボカードのケースから、ロープやらシルクやらを取り出したことくらいにしか使ったことがありません。そりゃ扱いにも慣れていないことは明確です。

とりあえずもうしばらくは、ジャンボカードに慣れることから始めて、その後に使いたい技法があるのかどうかを探してみて、使えそうだったら、使ってみようと思っています。特別に無理をするくらいなら、普通サイズのカードでも何とかなるかなと考えています。但し、見映えを考えると、やっぱりジャンボカードが良いかなぁと思っていたりもします。無理そうなら普通サイズ、出来そうならジャンボカードと言った感じで、本番当日まで様子を見ることにします。何よりも無理をして、失敗することが一番怖いですからね。出来る限り当日ギリギリまで悩んでみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.14

Out to Dinner

アップルパズルが解けません。HIGEです。まぁ解けなきゃ解けないでコストパフォーマンスが上がるので、良いのですが、どうにも同じところをクルクルと回しているだけに過ぎないのではないかと思えてくるのです。とりあえずもう少し遊べそうです。

Rimg6297そんな中で色々と探していたら出てきました。今回はDoc Eason師「Out to Dinner」です。「Out to Lunch」のスマートな解決方法としての道具らしい。この道具の名前を翻訳しても意味が判りませんが、そういう名前なのです。これはちょっと面白そうだなと思って購入した道具なのですが、理由があって、なかなか使えない感じがしてしまって、お蔵入りしていた道具です。理由は後述。これをみつけてから、少し使ってみようかなと思ったりしています。少しばかり工作が必要ですけど。

現象はクリップに挟まれたカードに薔薇のつぼみの絵が描いてあります。一番上のカードに観客にサインをしてもらいます。マジシャンはこのカードを一枚抜き出して、おまじないをかけると、薔薇の花が咲いているというものです。とりあえずは、解説書に記述してあった現象を書いてみました。他にも体温計やら、ジュースの絵やら、何かと色々応用が効きそうです。

で、使えないと思った理由ですが、名刺のサイズがアメリカンなのです。日本の名刺の規格では、大きくてはみ出てしまうのです。というか入れられないのです。切るのが面倒だなぁと思った瞬間にお蔵入りとなってしまいました。今思えば、切る手間なんてそれほど大変じゃないのですけどね。そのまま使える大きさなら、何か使っていたかもしれません。

Rimg6294しかしながら、何となく家の中にあった子供銀行券を挟んでみたところ、これがジャストフィットしました。まさに子供銀行券のために作られた道具ではなかろうかと思ってしまいました。でも、でもですよ、子供銀行券を挟んだところで、特に現象を思い付いたわけではないのが、しょんぼりしてしまうのです。サングラスが外れるとかは出来そうな感じかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.13

ひとりでできるもん…なのか不安

とりあえずとある道具を作ろうと思っているHIGEです。ちょっと前から気になっていたマジックがあって、どこに売っているのか、何という商品名なのかも判らなかったので、色々と検索していたのですが、実は家の中にある資料に載っていることが判明しました。目を通していないのが、よく判る瞬間でした。あんまり難しくないので、もしかしたら目黒でやってみても良いのかもしれないと思ってきた。

そういえば目黒のイベント「MIYABI遊園」まで、後20日しかない状態になってしまっていることに気が付いた。果たして自分にこなせるのか、徐々に不安になってきている状態です。とりあえずのマジックは決まって、後は練習するだけの状態になっていないのが少し不安に拍車をかけているのではないかと思います。

今のところ予定している道具が2つほど足りません。一つは家の中のどこかに眠っているだけなので、探し出せば良いだけなのですが、これまたみつけるのが大変だったりします。が、確実に家の中にあるので、何とかみつけられるでしょう。きっと。もう一つは、ふと思い付いて、作成してみようと思った道具があったのですが、素材を購入してみようかと物色していると、買った方が圧倒的に安いことに気が付いて、発注中です。そのうち記事にします。

作る手間と時間と代金を考えると、当然安い方を買いたくなります。自分で作れるようになっておいた方が、色々とカスタマイズも出来るので、便利なのではないかとも思うのですが、とりあえず発注してしまいました。まだ手元には届いていないので不安。当日までには間に合いそうですが、練習する時間を考えると微妙な時期だったりするのかもしれない。

そろそろ通しで、時間を気にしながら、音楽に合わせながら練習しないと間に合わないような気がしてきた。こういったものを練習する場合は、相当な気合が必要です。まぁ難しいマジックは一つもないので、何とかなりそうですが、本番では、よく練習の時に起きなかったミスが起きることがあるので、そこには気を付けたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.12

シルクセレナーデ

やっぱり12月は落ち着かないですね。HIGEです。関東地方では、気温も高くなったりして、なかなか調節が難しい感じがします。まぁ極寒よりは良いので、心地良い暖かさではあります。そのうち耐えられないような寒さになるのでしょう。個人的には、暑いよりはずっとましです。

と言うわけで、ようやく探しに探していた道具の一つがみつかりました。なっかなかみつからなかった。ここにあるはずだと思ったところは序盤に探していたのにも関わらず、そこにありました。何故一発でみつけられなかったのだろうと疑問に思ってしまいます。結構探したつもりだったのですが、見落としていたらしい。でも自分の記憶がある程度正しいことが証明出来たのかもしれません。確信は持てませんでしたが…。

Rimg6288その道具は、テンヨーから販売されているパベルの「シルクセレナーデ」です。後一日みつかるのが遅かったら、いい加減に買おうと思っていたくらいに探していたのです。まぁ消耗しそうな感じの道具であるので、練習用と本番用と2つあっても良いかなと思ったりするのですけどね。

現象は、真っ黒なレコードをジャケットに入れます。真ん中の穴から色の付いたシルクを通しておまじないをかけて、レコードを取り出すと、レコードの両面がシルクの色になっているというものです。この後に2回続けられます。黒いレコード3枚が赤・青・黄と3色のレコードに変わってしまいます。レコードと言うのが若干時代にそぐわないかなとも思いますが、現象は鮮やかです。しかもそれほど難しくないし、それなりに見映えもするんではなかろうかと思える優秀なマジックです。

これはちょっと前に実験的に購入して、きっともうどこでも演じないだろうと思っていたので、しまったところをぼんやりとしか覚えていなかったのですね。購入した動機は、今では珍しいレコードではなくて、CD等で同じような現象が出来ないかなと考えていたところ、これがどうなっているのかを知りたくて購入しました。もし出来ればCDでやってみたいなぁと思っていたのですが、どうも同じ原理だと工作が非常にやっかいになりそうなので、作成は断念したことがあったなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.10

考えよう

HIGEが何だか色々とまたまた悩んでいるようですよ。どうやったらマジックは面白くなるんだろうかと。とりあえず面白さの基準とかは、様々な環境や、見聞きしてきたものや、個人的な嗜好までも含まれると思うのですが、なかなかこれといった基準がありません。でも、そんなものがあれば、とっくに誰かがみつけていると思うのです。そんな基準があったとしたら、それに頼ってしまいそうです。

まぁ自分が演技する場合は、自分の基準で面白いだろうと思って演技するしかないわけです。その辺で微妙に人とずれているのか、いないのかが万人受けするかどうかの分かれ道なのでしょうか。私の場合、最終的には、10人に見てもらって1人にでも面白いと思ってもらえれば良いかなと思っています。1割は求め過ぎかもしれませんが、決して私のマジックは万人受けするものではないのだろうと自覚しています。極稀に、ターゲットとなる観客だけに向けての演技もありますので、他の人には判らないし、つまらない場合もあります。

とこんなことを考えながらいつもマジックをセレクトしているのですが、面白さの追求はなかなか難しいですね。例えば、自分はそんなに面白くないと思って演じたのが思いのほかうけたりするのです。その逆も多々あり。この辺のギャップを少しずつ埋めていく作業も面白いのかもしれない。個人差があり過ぎる部分だから、大抵は最大公約数を取っていくのでしょうね。でもこの辺は自分を信じていくしかないんだろうなぁと思いながら、何とかしていこうと思っています。まぁマジック自体が単純にうけてしまう場合が多いので、そこではない部分を色々と考えながらマジックしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.09

色々決まった

最近はパチカを毎日何かと振り回しているHIGEです。一向に上達する気配がないのが哀しいところですけど、振り回しているのも楽しいものです。しばらく振り回して飽きたら、クリスタルボールで遊んだりしているけど、忘れない程度にしかしていないから、こっちも全然変化しないような気がする。がむしゃらに練習すれば良いのでしょうけど、そうもいかないんだ。

と言うわけで、色々と今月と来月のマジックの選定をしていたのですが、ようやく決めました。とりあえず今月のマジックスウィッチでは、相変わらずチャレンジコーナーのお題「出現」をこなそうと思っているのですが、「出現」なのか?と問われると微妙だったりするので、披露しちゃおう会のコーナーでやろうかなと考えていたり。個人的にはチャレンジコーナーの1番手が、被ることもないので、気が楽なんですけどね。

そんな中、来月の目黒でやろうと思っているマジックも決めました。決めましたが、そのうち2つがみつかりません。先日からさんざん探しているのにみつからないので、どうしようかなと思ったり。一つは買っても良いけど、もう一つは、意外と高かった道具なので、みつけ出さないといけないな。

とりあえずマジックの数を多めに考えておいて、通しで時間を計ってみて、オーバーするようなら、減らしていく作戦です。更に、今まで陽の目を見なかった道具を多めに使ってみようかとも企んでいます。難しいのはやらない方向で。個々には練習しているけど、微妙に繋がりを考えた方が良いかも。今のところ関連性はゼロです。好きな道具を次々とやってしまうだけでも良いか。

後は音楽をどうにか決めてしまいたい。なかなかこれと言った音楽がないのが辛いところです。今まで特に探してみようとも思ったこともなかったので、これが一番難航しそうな予感がしています。でも決めないと練習も出来ないので、ササッと決めてしまいたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.08

ジョジョの奇妙な百人一首ドゥーエ

請求は忘れた頃にやって来る、でお馴染みのHIGEです。複数のクレジットカードを自由に使っていると請求がいつの間にか重なっていてピンチに陥ることもあったりするので大変です。つい先月味わったので、これからは計画的にしていこうと思っている次第です。まぁ最近はあんまり買わないようにしていたりするのですけどね。

Rimg6279と言うわけで、2008年の8月に予約していた「ジョジョの奇妙な百人一首ドゥーエ」が届きました。予約していたことをすっかり忘れていましたが、配送される前にメールで予告されたので、事なきを得た。とりあえず忙しかったので、中身が2個入っていることを確認して、家を出て、その中身を見たのは、夜遅くに家に帰ってきてからでした。と言うか、まだ札自体は詳しく見ていなかったりします。とりあえず開封しただけの状態です。

Rimg6280今回は、黒地の箱に金色で歴代の主人公キャラが描かれています。かなり高級感漂う外箱になっています。前回の白の箱と並べると、かなりの満足感です。数あるジョジョグッズの中でも、やっぱり一味違う感じがしてます。満足度が非常に高い。中には、読み札・取り札が各100枚、様々なルールと全台詞が書かれたしおりが1冊、鑑賞用CD・初回特典競技用CDがそれぞれ1枚ずつ入っています。初回特典が微妙に意味不明なんですが、これでまたiPhoneに入れて聞きまくれってことですね。

Rimg6286しかしながら、名台詞揃いの4~6部を100枚に絞り込んでいる時点で、かなり勿体ない気がします。ブチャラティだけで100枚とか特別に出て欲しいくらいです。第5部後半のブチャラティの台詞は全て収録しても良いくらいだと思っているのです。痺れます。でもまぁこうなっている以上、文句を言っても仕方ないので、正月に向けて百人一首をやるにはちょうど良い時期に到着しました。前回は正月も過ぎた頃でしたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.07

不用品などない

12月はやることが満載で、現実逃避気味のHIGEです。現実は色々あるやね。まぁでも忙しいのもそれなりに楽しいのです。そのうちの一つに不用品を思い切って処分してしまおうかとも考えているのですが、なかなか思い切れないですね。確実にいらないのは確実に処分しようと思っていますが、微妙なラインの物が判断が出来ない状態です。

基本的にマジックの道具でいらないのは皆無です。いくら使えないと思える道具でも、何かしら欲しいと思って購入したので、いつかどこかで使えるようになるはずなのです。そういった道具を今現在、家の中で探索しているわけなのです。出てきたら紹介しようと思っているのですが、全然出てこない。リアルに困っていたりします。

もう八割くらいは、購入しても良いのかと思っています。買ってしまおうと思って、帰り道に途中下車しようと思ったことが何度もあるのですが、買ったら出てくると思うとなかなか購入に踏み切れない。まぁ年末に向けて掃除をする時にでも出てくれば良いのかなとも思うと、また買えなくなってしまうのです。

と言うようなことがあるので、ここは一つ道具を整理してみようかとも思ったりしています。どういった系統に分類するかも迷ったり。でもまぁ現象の大きさで分けるのが一番判りやすいのかなと。整理整頓が一番の苦手な人間としては、探せば出てくる状態でも構わないと思ったりしているのですが、今回の件で、さすがに把握しきれなくなってきたように感じているので、重い腰を上げようかと思っています。変な道具が出てくれば、記事のネタにもなって、一石二鳥かなと思えるので、来年からやってみようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.06

にんじんとうさぎ

探し物をしているけど、未だにみつからずに困ってしまって、今にも泣き出しそうなHIGEです。もう買うかなぁと思っているけど、もう少し執念深く探してみるつもりです。そんなに小物でもないのに、どこにもない。どこかで見た覚えがあるのですけど、みつからない。買った当時は多分やらないだろうなぁと思った道具ほど、扱いがぞんざいになるのでしょう。

Rimg6278気を取り直して、久しぶりに出てきたマジックランドの「にんじんとうさぎ」のジャンボカード版です。これも密かに探していたので、みつからなかったら、買いに行ってしまおうかと考えていたところです。そういえばランドにもしばらく行ってないなぁ。以前は普通のトランプのサイズも売っていたようなのです。見たことはありませんけど。本当はそっちが欲しかったのですが、それはどうやらもう作っていないらしい。

現象は、にんじんとシルクハットが描かれたカードが4枚あります。シルクハットのカードから、突然うさぎが現れます。にんじんのカードの間にうさぎのカードを混ぜて、おまじないをかけるとうさぎが「どこかえ」行ってしまいます。よくカードを確認すると、うさぎが嬉しそうな顔をして現れます。更に…。というような感じのマジックです。ジャンボカードと言っても、そんなに大きくありませんが、絵がはっきりしているので、遠くからでも見えるかもしれない。

これはやっぱり良いマジックです。素敵です。手順も一箇所難しいところがあるくらいで、この大きさでも難なくいける気がします。実際、1回解説を読んだら、手順は思い出せたし。なんと言うか、流れるような感じで、手順が頭に入ってきます。あんまり無理がないからかな。今まで何故記事にしていなかったのだろうと考えてしまいましたが、家の中で見失っていただけですね。いや、既に記事にしているのかもしれないと思って検索をかけてみましたが、2回目だったら、自分を疑う…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.12.05

買ったら出てくるの法則

探し物があるので、ここ数日、ちょこちょこと色々探しているのです。積んである物が、奇妙なバランスを取っていたのですが、徐々に崩壊してきたりしているのですが、あんまり気にしないようにしています。HIGEです。そのうち色々片付けないといけないので、今のところは目を瞑ろうと思っていたりします。

それで相変わらず目的の物はみつからないけど、思わぬ物をみつけてしまいました。随分と前に作ってお蔵入りしていた道具が出てきました。密かに実演してみたいなぁと思っていたのですが、もう一度作るのは少々面倒だなぁと思っていたところ、出てきました。自作したカードなんですが、最早懐かしくもある感じです。実演したかどうかは不明ですが、どこかでやってみても良いかも。

さらにジャンボ500円玉3枚セットが久しぶり出てきました。500円玉と言うと少し弊害があるのですが、ここではそう書いておきます。こちらは既に手順をすっかりと忘れているので、はてさてどうしようかと思っているところです。解説が確かビデオだったような気がします。ビデオは既に見られないので、こんなんだったなぁと触っていたけど、思い出せない。何かこう思い出したいような、そうでもないような微妙な道具なんですけどね。

こんなところにあったのねと思うような意外な場所から出てきました。しかしながら、肝心の探し物がみつからないので、困っていたりするのです。絶対にどこかにあるはずなので、探し出したいと思っているのですが、なかなか出てこない。結局みつからなくて、新しいのを買ってしまってから、予想もしていないようなところから出てきそうな予感がしているので、みつけたいんですけどね。ギリギリまで探してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.04

アップルパズル

寒くなってきて、そろそろコートを着てみようかなぁと思っていたりするHIGEです。でもまだそこまで寒くないような気がしているので、まだまだ。別に我慢しているわけではなく、今から着て、本当に寒くなったら耐えられないかもしれないと思うと、なかなか着るタイミングは難しいのです。そこまで考えなくても良いのかもしれませんが。

Rimg6272さてさて今回は、あんまり得意ではない迷路系の「アップルパズル 緑」を購入していたことを思い出しました。こちらもすっかり忘れていたのです。あんまりこの系統は買わなかったりするのですが、何となく綺麗な感じだったので、ついつい購入してしまいました。見た目だけで購入。赤と緑があったので、ちょっとどちらの色にするか迷ったのですが、どちらかと言えば緑が好きなので、こちらを。

黄色いうねうねしているのが虫を表しています。この虫が林檎の穴の中をクルクルと回って、林檎からスルッと抜けます。抜けますが…まだ抜けない状態です。どこから抜けるのか、進むべき道も、判っているけどなかなか混乱する。クルクル回るから、意外と難しいかもしれない。また板上に微妙な凹凸があったり、虫の方にも切り込みがあったりするし、意外な方向に動いてしまったり、なかなか思うように動きません。

折角記事にするから、解いてから記事にしたいと思っていたのですが、さすがに一筋縄ではいかないようです。まぁパズルなので、すぐに解けても面白くないので、しばらく悩んでみます。もし解けても、初期の状態に戻せるかもどうか判らないかも。こういうのは、外して、戻して、ようやく解けたことになると思っているので、2倍楽しめるのかもしれないなぁと、漠然とした不安も感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.03

魔のロープ

道具を自作しようとしたら、買った方が安いことに気が付いたHIGEです。ちょうど良い大きさの道具をみつけたのですが、思っていた以上に値段が高いので、どうしようか悩んでいます。作るのは大変で面倒だけど、楽しいし、何より作った道具に愛着が沸くので、作るのも良いんですけど、今回はちょっと悩むのです。

で、家の中でとある道具を探しているのですが、みつからないのですが、代わりにテンヨーの「魔のロープ」をみつけたので、久しぶりに触ってみようかなと思っていたりします。これはかなり良いマジックなのですが、あんまり実演出来る機会がないような気もします。もしかしたら使えるかもしれないとか思ったりして。

Rimg6275現象は、赤、黄、青のロープがあって、それぞれのロープを結んで輪っかにします。これは観客に結んでもらっても良い。結んだら3つの輪っかになったロープが、あっと言う間に繋がります。更に輪っかの状態のまま外すことも出来ます。ロープにそれぞれ色が付いているので、観客にも演者にも色々と判りやすいつくりになっています。詳しくは書けませんけどね。

やっぱり良い現象だと思うのですが、何か一瞬芸のようにも思えるのは気のせいですかね。また解説の方法のまんまやっても良いのかと、少し疑問に思うところもあったりするので、なかなか実演するまでに至っていないというか、ちょっぴり微妙なところもあるのです。解説だと、そんなに大胆にやって良いの?と思えるくらい大胆に書いてあります。なるべく小さい動きとは書いてありますが、小さい動きが難しい。

確かに現象も判りやすくて、そんなに難しくなくて良いマジックだと思うのですけど、何か物足りないような、私にとっては、そんな感じのマジックです。何かが足りない感じがしてしまうのです。そんなことは考えないで、少し黙って練習してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.02

どうしたものか

先週末は穏やかに過ごすつもりだったけど、週末は怒涛のように過ぎ去りました。HIGEです。色々あったので、週末は更新出来なかったのです。ようやくひと段落ついた状態になりました。何だか更新のペースが乱れてしまいましたが、無理矢理にでも更新しながらペースを取り戻したい気持ちです。

次回のマジックスウィッチの開催日が正式に決まりましたね。2008年12月21日(日)です。次回は久しぶりのクリスマスウィッチでの開催となります。せっかくなので、仮装したいところですが、そんな物を探す時間も暇も金もなく、普通に参加してしまいそうです。まぁ会場は色々とデコレートされて、クリスマス色に染まるでしょう。

そうそう、チャレンジコーナーのお題は「出現」です。出現と言えばプロダクションです。またまた広過ぎるテーマのような気がします。色々と考えられそうです。単に出すだけなら、それこそ無数にあるような感じです。まぁその分、ここで演じるマジックにセンスを問われているような気がしてならない。普通のプロダクションではなく、異常なプロダクションをやってみたい感じです。何も思い付いていないけど。

そういえば、目黒のイベントの方は大丈夫だろうかと不安になってきました。そろそろ準備が終わっていないとまずいような状況になってきているような気がするけど、何とかしないといけない。と言うか早く作ってしまわないといけないのです。徐々に追い込まれてきた気がするけど、追い込まれてから本領発揮です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »