« 大道芸ワールドカップイン静岡2008 二日目と百町森 | トップページ | 大道芸ワールドカップイン静岡2008 最終日 »

2008.11.06

大道芸ワールドカップイン静岡2008 三日目

2008年11月2日(日)の大道芸ワールドカップイン静岡2008です。ついにここから後半戦に突入です。そこそこ疲れてきてはいるものの、無駄に高いテンションで乗り切るのです。友人達に朝早くから、チケットセンターに並んでもらい、プレミアムステージ午前の部、午後の部、プレミアムナイトショーの豪華三本立て。この日のステージはワールド部門の審査日なので、全部見られるという。でも会場に入るためにまた並ばなければいけないのです。

_dsc6562_1557まずは、初日にも拝見したロカシュコフトゥループから。ホリゾンタルバーのパフォーマンスです。4本の鉄棒に、4人同時にグイングイン回ってしまったり、ある時は重なりながら回ってしまったりする驚愕のパフォーマンス。何度見てもこれは凄いです。また、遠くからでも見えるくらい高い場所でパフォーマンスを行うので、かなり見やすい。ここで衝撃の事実が発覚して、更に驚く。

_dsc6665_1558そしてお次は、ドイツから参戦のレナ コーンです。彼女はコンタクトジャグリングとディアボロのパフォーマンス。やっぱりコンタクトジャグリングは地味だなと思うけど、好きですね。そしてディアボロですが、かなり高度な技を軽々とやっていました。女性ならではの繊細なディアボロでした。おそらくですが、ディアボロはノーミスでパフォーマンスを終了したのではないでしょうか。

_dsc6860_1559続いて、フランスからル テニスの登場です。ステージがいつの間にかテニスコートになっています。ちょっと遠かったから、気が付かなかったけど。なんとクラブでテニスを表現しようとしています。きちんとクラブでクラブを打ち、相手に渡してしまうのです。これはなかなか面白いなと。何故か打つ瞬間だけ、非常にゆっくりとした動きに見えたりします。最後は審判役の人も絡めてのパッシングでした。

_dsc6969_1560続いては、ラッキーハンズの登場です。コメディとミュージックのパフォーマンスです。中央に置いてあるピアノの演奏から始まり、スプーンを大量に出したり、ダンスを踊ったり、新聞を復活させなかったり、させたりのパフォーマンスでした。一言も喋らなかったように記憶していますが、面白さは充分に伝わるパフォーマンスでした。スプーンのようなものを使ったダンスが良かったです。

_dsc7307_1561そして、ここらで一端プレミアムステージの会場を抜け出して、カナちゃんを見に行きました。一応悔いが残らないパフォーマーまでを見ることが出来たので、一人で中学校まで行って来ました。この日はかなりの観客がいたのですが、結構前の方をゲット出来ました。カナちゃん自身がこの観客数にびっくりしていた模様。ここで元気をもらった。既にこの日で3回目なので、ある程度シャッターチャンスも把握出来て、写真はそこそこ満足出来るものに。

_dsc7386_1562一端はプレミアムステージの会場に戻ったのですが、桜子ちゃんのパフォーマンスが始まってしまうことに気が付いて、また抜け出して見に行くことにしました。メイン会場から近かったので、何とか間に合った。いつ見ても、小さな身体でパワー溢れるパフォーマンスです。後半スピーカーの調子が悪くなってしまって、桜子ちゃんの毒舌が聞き取りにくくなる場面もありましたが、無事に終了しました。この時にサインをいただく。

_dsc7746_1563ここから午後の部です。アンドレイ&ルスラン フォーメンコを拝見。先日に引き続き2回目の拝見になりますが、やっぱりあのヌンチャクみたいな道具のパフォーマンスは圧倒的に凄い。ビュンビュン高速で回しているのに、取っては投げ、取っては投げを繰り返しているのです。最終的には5本を回してしまうのだから、凄すぎる。

_dsc7954_1564続いて、スイスからのクラウディウス シュペヒトを拝見です。不思議な動きをするテーブルから、クラブやらシェイカーが飛んできて、それをキャッチして、次々とジャグリングをするパフォーマンスです。物凄い高速回転での3本のクラブや、あり得ないくらい低い位置での5本のクラブとか、7本のクラブを楽々と回してしまう姿は必見でした。クラブもやってみたくなったけど、やめておこう。2008年銀賞受賞。個人的には金賞。

_dsc8079_1565続きまして、またまたウクライナから参戦のデュオフラッシュです。デュオフラッシュは2人組のアクロバットのパフォーマンスです。前半は何か観客頼みのパフォーマンスでしたが、後半は2人での軽快なアクロバットを拝見することが出来ました。軽々とクルクルと空中を飛び回るのが凄い。ガイドブックに載っていた写真と髪型が違うのは、訳があるのでしょうか。

_dsc8248_1566そして、ここでも抜け出してしまいました。この日は、まだ加納真実様を拝見していないので、拝見するべく抜け出しました。その前にサリバンさんを拝見。ポジション取りが出来なくて、斜め後方から拝見しました。やはり正面から見ないと、若干ストレスが溜まるかもしれない。この時は火を着けたクラブが肩に当たって、その部分が黒くなっていたのですが、大丈夫だったのでしょうか。

_dsc8525_1567そして1日空いて、久しぶり感たっぷりの加納真実様を拝見です。拝見する前に少しお話出来たし、サインもいただいたし、写真も撮ってもらいました。夕方になり、更に逆光の悪条件での撮影になってしまったけど、RAWでも撮ってるから安心です。現像面倒だけれどね…。この日は準備体操から、恋人よ、せんたく、恋のパフォーマンスでした。何か見ると安心するというか、満足してしまうというか。

そして、休む間もなく、プレミアムナイトショーに並びます。この日のナイトショーはジャパンナイトと銘打って、日本のパフォーマーが集結してショーを繰り広げます。個人的には、加納真実様の滅多に見られない準備体操、アパッチさんのジャグリングがとても良かったです。ショーの最中に、ちょっと疲れて、眠ってしまったり。結局この日は17組のパフォーマーを見たのかな。そりゃ疲れるな…。

|

« 大道芸ワールドカップイン静岡2008 二日目と百町森 | トップページ | 大道芸ワールドカップイン静岡2008 最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸ワールドカップイン静岡2008 三日目:

« 大道芸ワールドカップイン静岡2008 二日目と百町森 | トップページ | 大道芸ワールドカップイン静岡2008 最終日 »