« 練習を暮れから始めて夜が明けるつまり明け暮れる | トップページ | 第7回マジックスウィッチ »

2008.11.24

Beyond Beyond 4

2008年11月23日(日)は、Beyond Beyondの第4回目の開催日でした。Beyond Beyondは、メンバー5人のうち、一人が司会兼ホストになって、マジックに馴染みのない観客を招待し、マジックを楽しんでもらおうというコンセプトでクロースアップマジックを演じています。なんだかんだでもう4回目となりました。何度やっても緊張してしまいますな。軽く緊張するくらいが良いかと思うけど。

実は今回、予定していた道具を忘れてしまいました。必要な道具を、当日の朝にスーパーに買いに行ったりしていて、頭がすっかりとそっちに奪われていたのかなぁ。いくらなんでもこれはないなぁと思いながらも、急遽別のマジックをすることになりました。一番始めにやる予定だったスライディーニ・シルクを忘れてしまいました。練習も入念にやって、道具も準備していたのに…。練習用の汚いシルクならあったけど、地味に黒ずんできているので、それは出せないかなと。ここで動揺しても仕方ないので、手持ちの道具を漁って、何とかかんとか別のマジックを行いました。とりあえず色々な道具を持って行って良かった。

今回のお客様は、かなりノリが良かったので、思っている以上に反応が良かったので、逆にビックリしてしまいました。かなりやりやすい環境でした。自分でやっていて、こういうところでも反応があるのかと確認出来ました。また、今回初めて試みたマジックもあったのですが、手順的にちょっと微妙な感じがするかもしれない。唐突過ぎる感があったので、手順をもう少し練り直してみる必要がありそうです。すっきりシンプルに、飽きないようにしたのですが、あっさりし過ぎたかな。

こういった反省点や、細かいけど気が付いた点を徐々に直していきたいところです。同じ手順をやることに、少し抵抗があったのですが、やり続けると色々と見えてくる点があったり。やっぱりマジックは、誰かに見せて初めてマジックなんだなと。それまでは単なる手順でしかないことも痛感。なんにせよ、忘れ物にはいつも以上に気を付けたいところです。この時だけに、色々持って行く物もあるので、そちらに気を取られないようにしなくては。

|

« 練習を暮れから始めて夜が明けるつまり明け暮れる | トップページ | 第7回マジックスウィッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Beyond Beyond 4:

« 練習を暮れから始めて夜が明けるつまり明け暮れる | トップページ | 第7回マジックスウィッチ »