« 続々と出てくる | トップページ | …に向けて »

2008.10.20

世田谷アートタウン 三茶de大道芸

Res051512008年10月18日と19日に、三軒茶屋において、「世田谷アートタウン 三茶de大道芸」が開催されたので、行ってきました。三茶de大道芸に初めて行ってきた。家からだいたい30分くらいの距離なのに、今まで行ったことはなかったけど、色々厳しかった。思いっきり会場が離れていたり、判りにくかったり、見たいパフォーマーが同じ時間にやっていたりしたのです。まぁ楽しんだから良いけど、未だにどこをどう歩いたのかは判らない。また、D300での試し撮り期間中で、色々と試行錯誤しながら撮ってきました。なかなか思うように撮れないのですが、そこがまた面白いところでもあったりする。

Res04235まずは、アンテック&ジョウニーという、トスジャグリングとディアボロの二人組みのパフォーマンスを見ました。交互にパフォーマンスするスタイルなのか判らないが、ジャグリングでは絡みがなかったのが少し残念でした。後半にはごっちゃになって、訳が判らない状態になっていましたけど。結局、どっちがアンテックで、ジョウニーかは判らないままでしたけど、楽しみました。カセットテープでの通訳が面白かった。

Res05369今一押しのKURIKONEKA♪と加納真実様の時間がバッティングしていたので、とりあえず雨降りそうな予感もあったし、一輪車が中止になったら嫌だなぁと思って、KURIKONEKA♪から。結局雨は降らなかったけど。KURIKONEKA♪は、金子隆也さんのヨーヨーと、栗原舞さんの一輪車のユニットです。KURIKONEKA♪自体のパフォーマンスは約2ヶ月ぶりに拝見。だんだん覚えてきたので、細部の違いも判るようになって…きていないかも。相変わらずの面白さとキュートさです。またヨーヨーをもらったけど、両面にサインをしてもらいました。

Res04952次の会場までの道を確認しながら、道に迷って、会場を確認して、休憩を取ってから、伊藤佑介さんの剣玉を拝見。1月に見逃して以来、ようやくフルで見ることが出来た。剣玉って言っても色々あって、面白かった。紐がなかったり、棒で繋がっていたり、3個の玉を同時に操る姿は感動的ですらある。途中音楽が止まってしまうというハプニングもあって、大変そうでしたけど、今度はスムースな流れで見てみたい。

Res05275続いて会場は移動しないで、席だけ先頭に陣取って、加納真実様を拝見。実に2週間ぶりです。この辺から、陽が沈んできて、写真を撮ることが困難になってきた。半分くらいはブレて使い物にならない写真を量産してしまいました。今回は、準備体操、恋人よ、せんたく、Mに捧ぐ。Mに捧ぐでは、鋏がみつからないトラブルもありましたけど、何とかかんとか切り抜けていました。

Res05335陽もとっくに沈んでから、サンキュー手塚さんを拝見。初めて見るパフォーマンスがあったので、個人的には良かった。まだまだサンキュー手塚さんのネタは全部見ていないような気がする。ロボットフェスタ、恐怖のオリンピック、はなみずき、大きな古時計をやっていましたが、タイトルは適当に書いています。今回訳あって最後まで見られなかったのがちょっと残念でした。

|

« 続々と出てくる | トップページ | …に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷アートタウン 三茶de大道芸:

« 続々と出てくる | トップページ | …に向けて »