« 第4回マジックスウィッチ | トップページ | マーブルチョコパズル »

2008.09.03

フリスクチェンジ

先月の中盤辺りからコツコツと作ってきた「フリスクチェンジ」です。個人的にはほぼ毎日食べているような物なので、ズバリ日用品なのですが、異論がありそうな感じだったので、マジックスウィッチのチャレンジコーナーでは演じないで、他のコーナーでやってみました。まぁ好き嫌いもあることだし、現象は若干しょんぼりしてしまう感じだし、間延びしてしまうから良いかなと。

Rimg4687現象は、演者はペッパーミント味のフリスクを取り出します。観客に一粒食べてもらい、味を確かめてもらいます。そしてペッパーミントのフリスクをおまじないと共に一撫ですると、ベリーミント味のフリスクに変わってしまいます。表面だけが変わってしまうのは理不尽極まりないので、味を観客に確かめてもらいますが、確かにベリーミント味のフリスクです。

まず現象があまりにも地味です。しかも食べた人しか判らない現象に仕上がっています。このはっきりしない感じがなんとも言えないです。しかも一粒目をサッサと食べてもらわないと、変わった後にもう一粒いただいてもらわないと成立しない現象です。しかし、こうやって書いてみると、酷いなこりゃ…。表面が変わるのは簡単に出来ると思ったので、味も変えたくなったのです。単なる思い付きと勢いで作ってしまっただけか。

工作に必要なのは、構造を考える力(たいしたことはありません)と、Pカッターと紙やすりと接着剤とフリスクのケースのみ。後はフリスク愛と根気ですかね。本当に作った理由は、何となく2種類の味を持ち歩きたいと思っただけだったり。特にマジックにするつもりもなかったのは内緒です。思っている以上に便利です。

|

« 第4回マジックスウィッチ | トップページ | マーブルチョコパズル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリスクチェンジ:

« 第4回マジックスウィッチ | トップページ | マーブルチョコパズル »