« Collector's Mini Pom-Pom Stick | トップページ | マルドゥック・スクランブル »

2008.08.19

The Billusion

久しぶりにボールを取り出して、3ボールを練習してみた。相変わらず停滞気味なんですが、これくらいしか自信を持って出来るマジックがないからなぁ。他にも練習したいマジックがあるのですが、新しいのを覚えるのは体力がいるので、なかなか覚える気がしないので、道具に頼ってしまったり。飽きないようにバランスを取りながら練習しています。とりあえず今まで購入した本を読み返したり、適当にDVDを観返したり。

Rimg3538そんなわけで、先日のコンベンションのディーラーブースで購入した「The Billusion」です。藤原邦恭師の1991年の商品です。3500円。同じ名前のマジックがありますが、それとは別物です。何となく目に付いたので、何気なくどんなのかを質問して見せてもらいました。現象を見た時は、それほど興味はなかったのですが、話を聞くと、相当昔に出した商品が、少数みつかったので持ってきたとのこと。後6個しかありませんと言われた瞬間に購入。

Rimg3541現象は、特殊なクリップでお札を挟みます。裏を見ると、確かに挟んであります。真ん中の窓になっている部分をゆっくりと横に引っ張ってやると、その部分が切れて窓から取れてしまいます。切れた部分をもう一度クリップで挟みます。今度はお札を引っ張ってもらうと、お札は元に戻っています。お札だけではなく、付属している長めのトランプでも同じ現象が出来ます。途中で真ん中の部分にサインをさせることも出来ます。マジック自体は簡単ですが、若干ハンドリングが複雑なのかも。あんまり練習しないでやったら失敗した…。

実はこういった現象はあまり好みではありません。好みではないのに何故買ったのかは、言わずもがな。残り数が少ないということもあったのですが、それにも増して道具がかなり緻密に出来ているのです。緻密と言っても、ギミック部分は単純ですが、かなり良く出来ている道具だと思います。まぁそこにも惚れて購入したのです。決して数が少ないからという理由だけではありません。更に言えば、こういった現象を起こす道具を持っていなかったのもあるかもしれない。

|

« Collector's Mini Pom-Pom Stick | トップページ | マルドゥック・スクランブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Billusion:

« Collector's Mini Pom-Pom Stick | トップページ | マルドゥック・スクランブル »