« もうそんな季節 | トップページ | アートタウンつくば2008 »

2008.08.24

ボードゲームスウィッチ

すっきりしない天気が続いていますが、かなり涼しくなってきているので、それなりに過ごしやすい気がしています。これが良いのか悪いのか。天気が良くても涼しいのが良いのですが、なかなかそう思う通りにはいきません。つくばへ行くべきか、行かぬべきかをまだ迷っていたりするので、是非晴れて。

そんな感じのほんのちょっと雨も振っているような振っていないような土曜日に、ボードゲームスウィッチが開催されたので、秋葉原へ行ってきました。開催されたとは言っても5人だけでしたけどね。単にボードゲームをやってきただけでしたが、普段なかなか出来ないので、非常に楽しかった。13時集合で、閉店の20時までずーっとボードゲームをやっていました。なかなか広げるのが大変なゲームを中心にやってみました。が、4つしか出来なかったのが残念です。各ゲームのルールを把握するのに時間がかかっていたので、あんまり出来なかった。

結局プレイしたのは、ズーロレットねこギャングヴィネータピーナッツです。各ゲームの説明は非常にまとめるのが難しいので、リンク先を読んでみて下さい。ねこギャング以外は結構時間がかかるかもしれない。ヴィネータ、ピーナッツは、ちょっと取っ付きが悪い感じでしたが、始めてしまうと意外と単純で、判りやすいけど非常に熱い。ドイツもこいつも面白いゲームです。

ズーロレットは、他人の邪魔をしながら、自分の動物園に動物を上手いこと配置していくゲーム。最大人数の5人でやったから、結構邪魔したり邪魔されたりと悩ましい展開になりました。ねこギャングは思ってた通り、あっさり目の軽いゲーム。最後の方はスルスルと終わってしまった。展開が相当早い。少し魚獲得の縛りをきつくした方が良いのかも。ヴィネータは大きい盤面とパズルのような島を沈めていくゲーム。投票システムが熱い。ピーナッツはダイスを使って「はした金(隠語でピーナッツのこと)」を集めるゲーム。損得勘定がおかしくなってしまうほど、熱いギャンブル性の高いゲームです。最後は負けるのが確定しているので、ギャンブルに出て破産…。

|

« もうそんな季節 | トップページ | アートタウンつくば2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボードゲームスウィッチ:

« もうそんな季節 | トップページ | アートタウンつくば2008 »