« 出来なかった | トップページ | サンデー×マガジン創刊50周年記念コインコレクション »

2008.08.28

ルミノドット

先週末辺りに売っているのを見かけて、しばらくスルーしていたのですが、作りたくなるような絵を思い付いた途端に、欲しくて欲しくてたまらなくなったので、仕事の帰りにヨドバシで早速購入してきた「ルミノドット」です。公式サイトはこちら。定価12400円。ヨドバシで11500円。Amazonだと10035円だったのか…。かなりでかくて重いので、そっちにすれば良かった…。

これは、今は懐かしいコンピュータ上でドット絵を描くように、カラーピンを盤面に1個1個刺していきます。完成したら、電源を繋げて光らせると、懐かしくもありお洒落なインテリアになりそうな物が完成するのです。盤面の穴の数3600に対して、カラーピンが1600本しか付属していないのです。まぁ黒も上手いこと生かした方が良い絵になりそうな気もしますが、黒のカラーピンもあるのはどうなんだろうと思いながら。

黒い盤面に、ドット絵と言えば、これはもうよぐちたかお師の絵を作ってみたくなるじゃありませんか。思い付いてから一日我慢してから、購入してきました。一日我慢したのは、昨日作りたいものがあったからなのですが、出来なかったので、先にこっちを買ってくれば良かったなぁ等と思いましたけどね。家に帰ってから早速どの絵を描いてみるかを考えてみて、今回は「サーカスがやってきた」の表紙のピエロに決定して、早速作ってみることに。

作り始めてから気が付いたけど、思っている以上に盤面が狭くて、思い通りの絵が描けませんでした。制約が厳しい方がちょっと燃える。がしかし、絶対的にカラーピンの数が足らなくなってきたのは、かなり困りました。普通に付属のテンプレートを使用している分には大丈夫な数が付いているのですけど、自由にやろうと思うと、結構厳しい数かもしれません。とりあえず全体のバランスを考えながら、ある程度デフォルメしながら、作成してみました。

Rimg4297完成したのがこれ。この写真だけを見ると、それなりに雰囲気が出ているように思いますが、本物と比べてはいけません。完成して、後ろから光らせてみようと思ったら、上下逆に作っていたことが判明して、どうしようと思いましたが、スタンドを縦にはめて光らせて、とりあえず問題なし。もう一度作るのは結構大変だなぁと思いながらも、出来た絵に満足してしまいました。色々バランスがおかしいけどね。

と言うかこれ、保管が思いの外大変です。ピンが落ちないようなカバーがあれば、保管しやすいのに。しばらくはこの状態のままにしておき、別売りのカラーピンが出たら、今回足りなかった赤と緑を買ってきて、手直ししてみたいと思っています。とりあえず写真に撮って、テンプレートでも作ってみようかな。

|

« 出来なかった | トップページ | サンデー×マガジン創刊50周年記念コインコレクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルミノドット:

» バンダイ ルミノドット ピンを刺し点灯すると感動 [新製品大好き「こんなものいかが?」]
子供の頃におもちゃやさんで似たような モノを見た記憶がありアマゾンで見たら 思わず作ってみたくなったバンダイの 「ルミノドット」のご... [続きを読む]

受信: 2008.08.28 09:16

« 出来なかった | トップページ | サンデー×マガジン創刊50周年記念コインコレクション »