« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.31

出来上がったけれど

雨が降り続ける。時に止んだりしながら。でもカラっと晴れて欲しい気がする。太陽が随分と出てないような気がする。2008年8月31日はマジックスウィッチなので、毎度のことながら荷物が多そうになるので、移動も大変になりそうな予感です。しかしながら、何であんなに荷物が多いのかいつも疑問に思っているのですが、中身を入れ替えないからだろうな。そのまま持ち歩くことばっかりになっているので、なかなか減らない。無駄な物も多いかもしれないけど、もしかしたら使うかもしれないと思うと減らせない。ほとんど使うことなく放置される道具ばっかりなんですが…。

というわけで、こちらも毎度のことながらギリギリに道具が完成です。少しだけ手を加えようと思ったら、意外と細かい部分が気になってきたり、精度が悪くなったりしたので微調整を加えながら、深夜にようやく完成。これは作るのが大変だった割りに、大したことがない道具です。効果のほども、きっと大したことがないはず…。とにかく自分が欲しかった道具なので、とりあえず作ってみた次第です。いっぱい作ろうとか思ったりもしたこともあったけど、それは忘れよう。たくさん作るのはかなり骨が折れる。後日公開予定。

と言うか、演出にあった方が良さそうな道具を買い忘れてきたので、当日に買えると良いなぁ。まぁ売っていなかったらしょうがないので、無くても演技に支障は出ないので、忘れてしまったとしても良いのかな。覚えていたら買うくらいの気構えで、深刻にならないようにしておこう。それよりも何よりも、道具を作ることに執心していたので、ほとんど練習していないような気がする。いや、実際にほとんどしてない…。難しくはないけど、微妙に気を使う部分があるので、失敗だけはしないようにしたいところです。少し練習をしてから寝るとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.30

工作中

洒落にならないくらい雷が轟いたり、雨が酷かったりする日が続きます。HIGEです。しかし、凄い雷だ。雷が鳴っているとテンションが上がってしまうのは幼少の頃から。だから、ハーフダラーはフランクリンが好きなんだな。そんなこともないか…。土曜日は雨が降らなかったら汐留にCDでも買いに行こうかと思ったりしたのですが、この分だと行くのは微妙なのかなと思っていたりしています。雨だったら行く気がダウンしてしまうからなぁ。朝か昼に起きてから決めようか。

そんなわけで、工作した道具でちょっとばかし練習したところ、まだまだ改良が必要なのかなぁと思ったりしています。今のままでもそれほど支障は無さそうなのですが、極稀に微妙に稼動しなくなる可能性があるので、もう少し手を加えてみようかなと思っています。そんなに難しいことでもなく、そんなに時間もかかることでもないので、ちょちょいともう少しだけレッツ工作。

工作で思い出したけど、もう一つチャレンジしている物があるのですが、チャレンジし始めて3日経ちましたが、全然出来なくて困っていたり…。さっさと作り上げてしまって、記事にしてみたいと思っていたのですが、非常に手こずっています。作り方はある程度把握しているのに、出来ないのが非常にパズル的であったりします。きっと近いうちに公開出来ると思っていますが、いつになることやら。未だ光は見えず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.29

サンデー×マガジン創刊50周年記念コインコレクション

強烈な雨が降っている時間に遭遇して、ずぶ濡れになりそうになったHIGEです。夕飯食べて、店を出た途端にどしゃ降りで、慌てて傘を差した。駅まで歩いていたらすぐに止んだので、その瞬間だけ強烈だったらしい…。まぁ今日の雨の降ったり止んだりだと仕方がないかなぁと思いながらも、もう少し時間がずれれば何事もなかったのになぁと思いながら電車に乗りました。

Rimg4304コンビニでふと見かけて気になったジョージアの缶コーヒーに付いていた「サンデー×マガジン創刊50周年記念コインコレクション」を試しに1個買ってみた。どうせ小さめなコインなんだろうなと思って開けてみたら、やっぱり小さい。がしかし、ゴムの枠が外れてそこそこの大きさのコインになった。だいたい直径が28mmくらいで、若干ハーフダラーよりも小さいが、この手のおまけにしては、かなり使えそうな予感。というわけで一色ずつ購入してみた。しかも珍しいことに、コインの色が青があるので、ちょっと嬉しい感じの色です。

Rimg4303サンデーより、うる星やつら、おそ松くん(ここまで金色)、名探偵コナン、まことちゃん、サイボーグ009(ここまで青色)、タッチ、ハヤテのごとく、起動警察パトレイバー(ここまで銀色)。マガジンからは、金田一少年の事件簿、はじめの一歩、タイガーマスク(ここまで金色)、天才バカボン、エア・ギア(ここまで青色)、あしたのジョー、ミスター味っ子(ここまで銀色)。マガジン派の私としては、何故かマガジンの方が少ないのは気になるところです。

全部で15種類ありますが、全部揃えるよりも、同じ種類を集めた方がマジックには使えそうです。個人的にはあしたのジョー、タッチ辺りをたくさん購入したいかな。両方銀色だな…。まぁとりあえず選んで集めに集めてから、何かを考えたいと思っています。キャラが描かれているので、上手いこと生かしたい感じもしますが、何か思い付けば良いくらいです。無理矢理考えないことにします。

Rimg4305最後に、ゴム枠ですが、若干無理をすればハーフダラーも入るので、これは意外と良いのではないかと思っています。もう少し丈夫な紐にくくりつけて、鞄にでもぶら下げておけば良いか。ペンダントトップに出来ない事もないけど、それは何となく恥ずかしいような気もします。とりあえずジョージアのコーヒーをガンガン購入して、たくさんのコインを集めようかなと思っている次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.28

ルミノドット

先週末辺りに売っているのを見かけて、しばらくスルーしていたのですが、作りたくなるような絵を思い付いた途端に、欲しくて欲しくてたまらなくなったので、仕事の帰りにヨドバシで早速購入してきた「ルミノドット」です。公式サイトはこちら。定価12400円。ヨドバシで11500円。Amazonだと10035円だったのか…。かなりでかくて重いので、そっちにすれば良かった…。

これは、今は懐かしいコンピュータ上でドット絵を描くように、カラーピンを盤面に1個1個刺していきます。完成したら、電源を繋げて光らせると、懐かしくもありお洒落なインテリアになりそうな物が完成するのです。盤面の穴の数3600に対して、カラーピンが1600本しか付属していないのです。まぁ黒も上手いこと生かした方が良い絵になりそうな気もしますが、黒のカラーピンもあるのはどうなんだろうと思いながら。

黒い盤面に、ドット絵と言えば、これはもうよぐちたかお師の絵を作ってみたくなるじゃありませんか。思い付いてから一日我慢してから、購入してきました。一日我慢したのは、昨日作りたいものがあったからなのですが、出来なかったので、先にこっちを買ってくれば良かったなぁ等と思いましたけどね。家に帰ってから早速どの絵を描いてみるかを考えてみて、今回は「サーカスがやってきた」の表紙のピエロに決定して、早速作ってみることに。

作り始めてから気が付いたけど、思っている以上に盤面が狭くて、思い通りの絵が描けませんでした。制約が厳しい方がちょっと燃える。がしかし、絶対的にカラーピンの数が足らなくなってきたのは、かなり困りました。普通に付属のテンプレートを使用している分には大丈夫な数が付いているのですけど、自由にやろうと思うと、結構厳しい数かもしれません。とりあえず全体のバランスを考えながら、ある程度デフォルメしながら、作成してみました。

Rimg4297完成したのがこれ。この写真だけを見ると、それなりに雰囲気が出ているように思いますが、本物と比べてはいけません。完成して、後ろから光らせてみようと思ったら、上下逆に作っていたことが判明して、どうしようと思いましたが、スタンドを縦にはめて光らせて、とりあえず問題なし。もう一度作るのは結構大変だなぁと思いながらも、出来た絵に満足してしまいました。色々バランスがおかしいけどね。

と言うかこれ、保管が思いの外大変です。ピンが落ちないようなカバーがあれば、保管しやすいのに。しばらくはこの状態のままにしておき、別売りのカラーピンが出たら、今回足りなかった赤と緑を買ってきて、手直ししてみたいと思っています。とりあえず写真に撮って、テンプレートでも作ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.08.27

出来なかった

関東地方は妙に雨ばっかり降っていて、もしかして秋雨?などと柄にもないことを思ってしまったりしているHIGEです。除湿しないと暑いけど、除湿し過ぎても寒くなる、微妙な日が続いているので、体温調節が難しい。暑いような涼しいような寒いようなでもやっぱり暑いような変な感じです。体調を崩さないようにしないといけないと思いながら、きちんと規則正しい生活をしています。

そんなこんなで思うようなことが思うように出来ない日々を過ごしています。休憩ということを忘れてしまっているかのように、色々やっています。とりあえず今日の記事にしてみようと思っていたことが出来なくて断念。とある物を作成していたのですが、3回失敗したので、諦めた。まぁ失敗してもやり直しが効くので、出来るまで諦めずにやってみることに。これはパズル系のことです。

というわけで疲れも溜まってきたので、早めに寝ることにします。明日再チャレンジです。もう少し理解を深めてから、きちんと整理しながら作らないとダメかもしれないなぁ。が、明日は明日で、とある物を購入して、とある絵を描きたいと思っていたりするのです。どちらか一方しか出来る時間がないので悩ましいところです。思いついた時期がたまたま一緒だったりするので、重なってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.26

鋭意製作中&鋭意構想中

なかなかハードな毎日を過ごしているHIGEです。どうにかして、週休5日制にして欲しいところです。それはさすがに無理だとしても、週に後1日くらいは休めると良いなぁと思いながら、結局その休みも遊んでしまって、更に1日をねだってしまうような気がしてきました。休みが増えても同じ事かもしれないけど、遊び回った次の日はゆっくりしていたいと思ってしまうのです。

そんなこんなで先週くらいから作成していた、とある道具が完成。…したのかな?とりあえず出来たと言える状態にはなったようです。出来ればマジックに使用してみたいと思っているのですが、果たしてマジックになっているのかも微妙に不明だったりします。とりあえず壊さないように練習をしてみたいと思っていたりします。結構作るのが大変だったので、壊れると悲しい。まぁまた作ればいい話ですけど、なるべく壊さないようにしないとな。

これは日用品と言えるのかどうかが不明なところなので、マジックスウィッチのチャレンジコーナーで実行するかは微妙なところ。日用品と言えなくもないし、日用品ではないとも言えない微妙なライン。マジックには全く関係ないし、日常的に常用している人もいるし、全く日常に関わりもない人もいるのが微妙な理由。違うと言われたら、別コーナーでやれば良いだけです。そうすると気が楽。何を作って、どのような現象なのかは、そのうち記事にしてみます。

作りたいと言えば、先日ヨドバシカメラをうろうろしていたら、かなり心惹かれる製品があったので、それも作ってみたい。上手いこと作って、良い物が出来たら、公開してみようかなぁと企んでいるので、今はまだそれが何であるかは秘密です。何となく察して下さい。と言うか、作り始めるのは良いし、買ってくるのも良いのですが、製作に物凄い時間と労力を要しそうな感じなので、気合が入らないと作り始められないかもしれない。

もう少し、色々と落ち着いてから、じっくりとコツコツと作ってみたい気持ち。じっくりとコツコツ何週間もかけて作成するのは非常に苦手なことですが、とある人にビックリしてもらいたいので、頑張って作ってみようと思っています。
買ってきても置き場にも困りそうだし、作成するスペースの確保も難しいかもしれないと思ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.25

アートタウンつくば2008

Rimg35672008年8月23日から24日にかけて、茨城県つくば市にて、「アートタウンつくば2008」が開催されていたので、24日だけ観覧してきました。今年は数日前から雨の予報で、行くかどうかを当日の朝に決めることになっていたので、何だか落ち着きませんでした。が、何とか大道芸の最中は雨が降らずに終了したので良かった。途中ポツポツと降ってきたりはしたのですが、傘を差すほどでもなく、結局傘は開かずに済みました。それにしても今年はかなり気温も低かったので、去年と比べると大違いの見やすさでした。去年は灼熱のようだったなぁと思うと、つくばらしくないかも。

Rimg3677今回加納真実様を3回全部見たのですが、恋人よ、せんたく、恋、演歌、Fに捧ぐを一気に見ることが出来ました。特にFに捧ぐは物凄い久しぶりだったので、個人的には嬉しかったり。今回は撮り溜めた写真を渡してきました。2回に1回くらいは何かを渡しているような気がするけど、それはきっと気のせいです。そういえば折れていない「加納の時間2」のチラシをいただきました。郵送されてきたのは折れていたので、綺麗なのが欲しいと思っていたところ。

Rimg3841更にKURIKONEKAも楽しみにしていたので、2回見てきました。一輪車のパフォーマンスの栗原舞さんと、ヨーヨーのパフォーマンスの金子隆也さんのユニットです。汐留では、時間の関係で、短かったのですが、今回はきちんとしたバージョンを見られたのかなぁ。相変わらず栗原舞さんのクルクルと変わる表情に目が釘付けです。前回はそればっかり見ていたので、今回はきちんとパフォーマンスも見てきました。前回見た時はなかった、縄跳びがあったりして、それも楽しめました。前回よりも進化しているような気がしてならない。ヨーヨーは2種類コンプリート。この分だと、もう少し集まりそうだな。

Rimg3897ハッピィ吉沢さんは、今回は歌舞伎バージョンでの登場です。音楽がそれっぽくなっていたりしていたし、衣装はパッと見てそれと判るようになっていました。もしかしたら和妻でもやるのでは?とか思ったりしたのですが、普通のマジックだったので、少し残念だったり。楽しいから良いのですが、服装だけなのかぁと思ってしまいました。投げ銭時にマジックを購入。

Rimg4075そして最近、結構何度も見ているような気がするプラノワです。実際に何度も見ているか。小春ちゃんのアコーディオンに合わせての目黒陽介君のジャグリングが非常に安定して面白いなと思っています。途中から観覧だったので、あんまり良い場所が取れなかったのが残念です。今回は水辺だったので、ボールがダイブしそうになるハプニングがあったり。

その他にも、ハンガーマンさん、ユキンコアキラさん等もパフォーマンスの一部を見たりしていましたが、タイムスケジュールの関係で、全部は見ていなかったり…。見たいパフォーマーが重複していたり、次の会場が遠かったりすると、全部見られないことがあるのです。そういえば中国雑伎芸術団も来ていたようですが、全然見ていなかったことを思い出したり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.24

ボードゲームスウィッチ

すっきりしない天気が続いていますが、かなり涼しくなってきているので、それなりに過ごしやすい気がしています。これが良いのか悪いのか。天気が良くても涼しいのが良いのですが、なかなかそう思う通りにはいきません。つくばへ行くべきか、行かぬべきかをまだ迷っていたりするので、是非晴れて。

そんな感じのほんのちょっと雨も振っているような振っていないような土曜日に、ボードゲームスウィッチが開催されたので、秋葉原へ行ってきました。開催されたとは言っても5人だけでしたけどね。単にボードゲームをやってきただけでしたが、普段なかなか出来ないので、非常に楽しかった。13時集合で、閉店の20時までずーっとボードゲームをやっていました。なかなか広げるのが大変なゲームを中心にやってみました。が、4つしか出来なかったのが残念です。各ゲームのルールを把握するのに時間がかかっていたので、あんまり出来なかった。

結局プレイしたのは、ズーロレットねこギャングヴィネータピーナッツです。各ゲームの説明は非常にまとめるのが難しいので、リンク先を読んでみて下さい。ねこギャング以外は結構時間がかかるかもしれない。ヴィネータ、ピーナッツは、ちょっと取っ付きが悪い感じでしたが、始めてしまうと意外と単純で、判りやすいけど非常に熱い。ドイツもこいつも面白いゲームです。

ズーロレットは、他人の邪魔をしながら、自分の動物園に動物を上手いこと配置していくゲーム。最大人数の5人でやったから、結構邪魔したり邪魔されたりと悩ましい展開になりました。ねこギャングは思ってた通り、あっさり目の軽いゲーム。最後の方はスルスルと終わってしまった。展開が相当早い。少し魚獲得の縛りをきつくした方が良いのかも。ヴィネータは大きい盤面とパズルのような島を沈めていくゲーム。投票システムが熱い。ピーナッツはダイスを使って「はした金(隠語でピーナッツのこと)」を集めるゲーム。損得勘定がおかしくなってしまうほど、熱いギャンブル性の高いゲームです。最後は負けるのが確定しているので、ギャンブルに出て破産…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.23

もうそんな季節

久しぶりに帰る時に、電車が止まっていて、帰るのが余計に遅くなってしまったHIGEです。この時間からだと、巣鴨に行ってもあんまり遊ぶ時間はないし、どうせ土曜日もやるから、今月はお休みでも良いかと思いながら、仕方なく帰るかと思っていたところ、電車が止まってた。振替輸送の券を求める列があまりにも長蛇。だったので、他の場所に寄って時間を潰していた。なんてこったい。

というわけで、かなり涼しくなってきたのですが、お天気が優れずに日曜日に行く予定のアートタウンつくばがかなり心配です。雨がどしゃ降りだったら行きたくても行けないかもしれないし、行ってもあんまり楽しめないかもしれないので、どうしようと迷っているところ。何となく、この夏最後の大道芸観覧となりそうなので、なるべく行きたいとは思いながらも、どうなるのかは判りません。

そんなわけで、夏も終わると来年です。今年も来年の「ほぼ日手帳」が発売されるのだなぁと思うと、なんと一年の早いことよ。使い始めてもうすぐ3年が経つのですけど、来年版はどうしようか迷っていたりします。最近はiPhoneとGoogleカレンダーで何とかなっているので、あんまり手帳には書いていない気がしている。特にiPhoneを購入してからは、白紙のページが続いていたりするので、迷い中。

手帳のカバーは毎年変えた方が良いという話もあるけど、せっかくヌメ革を買ったのでもう少し使ってみたい気持ち。結構良い感じの色に染まりつつあるので、もう少し使い込んでみたいような。なので、今年は買うとしても、中身だけかな。そうすると2年に1回しかカバーは買っていないことになるのか。今年は発売日にロフトに行って、サクッと購入してこようかなと考えています。使うのは4ヶ月も先ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.22

赤い鼠

夕方辺りから振り出した豪雨のせいか、急激に気温が下がってきていて良い感じ。あの豪雨の最中は仕事していたので、止んでから帰りました。というか、帰れる状態になったら止んでいたと言うべきか。豪雨が最近は多いですけど、全く傘をささずにすごしています。運が良いのか悪いのか判りませんが、最近ほとんど傘を広げた記憶がありません。まぁ被害がないのは良い事だ。

Rimg3552以前、「まさかの購入」と題して記事にした道具が、小川心平のミラクル・スポンジボール「赤い鼠」です。箱の中には、スポンジボールが4個と、手順を解説したDVDが1枚、更に赤い鼠が一匹入っています。赤い鼠の写真は無しで。気になる人も多いかもしれませんが、あれだけ秘密にしていると、これを晒すのはタブーのような気がしてくる。

定価6300円のところを東急ハンズで30%オフで購入しました。ボールだけにたまたまです。というか定価だと、ちょっと高いような気がしていたから、ずーっと気にはなっていても、なかなか手を出せなかったのです。スポンジボールで6000円は無いかなと思ってしまうのです。更にそれを拍車をかけるのが、赤い鼠って何?と思うところです。何かどの写真を見てもモザイクがかかっていたりするので、怖くて買えなかったのです。が、30%オフならギリギリ良いかなと。

現象については、付属のDVDで解説しているのがあるのですが、結構普通(?)の手順のような気がします。細かい部分で、ボールの数が違っていたりはあるのですが、現象としてはオーソドックスです。クライマックスに赤い鼠が出てくる部分以外はオーソドックスな手順だと思います。もうスポンジボールの手順は不思議に見えなくなってきているくらい目が濁ってきているのかも…。

買ったは良いが、最近はスポンジボールを全く触っていないなと。以前は変な手順を作ったりして遊んでいたこともあったのですが、最近はご無沙汰です。まぁ何とかかんとか触っていればそれなりに出来るのですが、今はあんまり興味がありません。他の人がやっているのを見るのは良いけど、自分ではやりたいとは思わなくなってしまったが、これを機に少しやってみようかと思ったり思わなかったり。赤い鼠を出したいだけだったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.21

どこにありますか

少しだけ風が涼しくなってきたような感じのする残暑の中、とあるギミックが欲しくなってきているので、随時調査中のHIGEです。今まで全く興味のないマジックだったから、どれが良いとか全く判りません。が適当に2、3個買ってみることにしてみます。来月以降買うかもしれないけど、上手い方法があれば、買わずに済ませることも出来そうな感じ。でもギミックの方が楽チンなんだよなぁと思いながら、また探す。

そして未だにマジックスウィッチのチャレンジコーナー用の日用品のマジックを探しています。ある程度目星はついているけど、微妙に日用品とは違うような気もしてきている。これだ!と思えば思うほど違うような気がする。というか日用品だと、どうしても道具が小さいので、クロースアップ系になってしまうような気がしてきた。となると、でかい日用品を探さないといけないのか。もう少し探してみて、みつからなかったら強引にやってみる。バックアップもいくつかは考え付いているので、後は練習だけかな。練習が一番後回しなのは、いつものこと。

そんなこんなで、銀貨と銅貨を磨いています。磨いていると言っても、実際にマジックの練習をしているわけではなく、銀貨と銅貨をピカピカにしてい…逆だ。銀貨と銅貨というマジックをひっそりと練習していたりします。技術的には大丈夫だと思うくらいにはなってきたと思うのですが、話術的に銅貨と。いや、どうかなと思っています。なかなか光が見えない迷宮を彷徨っているが如く、全くどうやって良いのかが判りません。まぁ演技をコピーするのは簡単ですけど、それだとやっぱり自分に似合わない感じがするから、見ている方にぎくしゃくとした違和感を与えそうで怖い。自分なりの手順をみつけないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.20

マルドゥック・スクランブル

久しぶりにスライディーニ・シルクの練習をしたら、リアルにほどけなくなってしまい、少々凹んでいるHIGEです。自分でもどうやって結んだのだろうかと思うくらいにほどけなくて、愕然としてしまいました。やっぱり練習していないとダメになるなぁと実感しながら、色々と手順を再構築中。基本的にはあんまり変えないけど、試してみたいことがあるので、近々会う人は練習台になって下さい。

というわけでもないのですが、ようやく「マルドゥック・スクランブル」を読み終わりました。全部で3巻あるので、結構読み終わるまでに時間がかかるかなぁと思っていたのですが、意外と早く読み終わりました。それもこれもこの作品がとても楽しいから。何となく久しぶりにSF小説が読みたかった時期と重なったので、むさぼるようにとまではいかないけれど、がっついて読みました。

SF小説全般に言えることですが、始めは世界観がよく判らないので、それを理解するまでが辛かったりします。これも最初はちょっと判り難い部分があったのですが、自然と入ってきたので、スルスルと読めました。完璧に世界が構築されています。以前、とあるSF小説を読んでいても、何がなんだかさっぱり判らないような小説もありましたけど、これは非常に理解しやすい。自分の周りにもそんなガジェットがあるのではなかろうかと、錯覚してしまうほどに。何かリアルに感じてしまう。

内容を簡単に説明すると、殺されかけた少女が、とあるガジェットを使用しながら、戦い、そして内面の成長を描いた作品です。あんまり書くとネタばれになってしまうので、書きませんが、アクションシーンあり、ギャンブルでの対決シーンあり、そして最後は壮絶なアクションシーン。一部エログロな描写もあり。アクションシーンはかなり緻密な描写で、情景が目に浮かぶような感じで、ドキドキしながら読み進めました。最後の対決がまた凄い。読み合い、潰し合いの連続で、どうなるんだろうと思いながら、一気に読んでしまいました。

更にギャンブルの対決シーンも心の鋭い読み合いやら、戦術を駆使しながら勝利するまでをドッキドキしながら読み進めました。特にギャンブルのシーンは秀逸です。SF小説でギャンブル?と思いながら読んでいましたが、あり得ないくらいに面白かった。ポーカーやらルーレットやらブラックジャックやらで勝負します。次々と出てくるディーラーの人物も個性的で、一癖も二癖もありそうな人ばかりで、徐々に高度になっていく駆け引きや緊張感溢れる描写が素晴らしい。ある程度ゲームの予備知識があると、更に楽しく読めるかもしれません。この次は、「マルドゥック・ヴェロシティ」を買ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.19

The Billusion

久しぶりにボールを取り出して、3ボールを練習してみた。相変わらず停滞気味なんですが、これくらいしか自信を持って出来るマジックがないからなぁ。他にも練習したいマジックがあるのですが、新しいのを覚えるのは体力がいるので、なかなか覚える気がしないので、道具に頼ってしまったり。飽きないようにバランスを取りながら練習しています。とりあえず今まで購入した本を読み返したり、適当にDVDを観返したり。

Rimg3538そんなわけで、先日のコンベンションのディーラーブースで購入した「The Billusion」です。藤原邦恭師の1991年の商品です。3500円。同じ名前のマジックがありますが、それとは別物です。何となく目に付いたので、何気なくどんなのかを質問して見せてもらいました。現象を見た時は、それほど興味はなかったのですが、話を聞くと、相当昔に出した商品が、少数みつかったので持ってきたとのこと。後6個しかありませんと言われた瞬間に購入。

Rimg3541現象は、特殊なクリップでお札を挟みます。裏を見ると、確かに挟んであります。真ん中の窓になっている部分をゆっくりと横に引っ張ってやると、その部分が切れて窓から取れてしまいます。切れた部分をもう一度クリップで挟みます。今度はお札を引っ張ってもらうと、お札は元に戻っています。お札だけではなく、付属している長めのトランプでも同じ現象が出来ます。途中で真ん中の部分にサインをさせることも出来ます。マジック自体は簡単ですが、若干ハンドリングが複雑なのかも。あんまり練習しないでやったら失敗した…。

実はこういった現象はあまり好みではありません。好みではないのに何故買ったのかは、言わずもがな。残り数が少ないということもあったのですが、それにも増して道具がかなり緻密に出来ているのです。緻密と言っても、ギミック部分は単純ですが、かなり良く出来ている道具だと思います。まぁそこにも惚れて購入したのです。決して数が少ないからという理由だけではありません。更に言えば、こういった現象を起こす道具を持っていなかったのもあるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.18

Collector's Mini Pom-Pom Stick

雨降りの日曜日は家にこもって、とある道具を作成していました。とりあえず試作品のパーツを揃える部分までは出来て、後は組み上げるだけになりました。足りない道具を購入して、試作品を作ってみることにしてみます。まぁあんまり大きい道具でもないし、凝った道具でもない。要するに大したことない道具なんですけど。一応マジックに使おうかなぁと思案している道具です。

Rimg3533で、先日訪れたミスターマジシャンで購入した一品の「Collector's Mini Pom-Pom Stick」です。Alan Wong師の道具で、5200円。持ち運びに便利な袋が着いてきます。今までこの手の道具は持っていなかったのですが、この大きさなら買っても良いかなと思わせてくれるような大きさです。しかしながら、値段はそこそこ張りますけどね。

現象は、赤と黄色が棒の端で繋がっていることを示し、逆の方では緑と青が繋がっていることを示します。赤を引っ張ると黄色が上がり、緑を引っ張ると青が上がります。今度は黄色を引っ張ると、赤が上がって、更に逆サイドの緑も上がっていきます。そういったことを繰り返して、最後には棒を2つに分けて、中が繋がっていないことを示して終了です。色はある程度適当に書いてます。

かなり出来が良い道具なので、持っているだけで少し満足してしまいます。持ち運び用の袋が着いているのも良い。これが無いと、丁度良いのを探すのに一苦労してしまうので、こういった物が着いているとありがたい。実際に手に取ってやってみると、一番始めのあらための部分に気を使うことになるのが非常に惜しい。ここが若干難しいかもしれない。後は適当にやっているだけでも、そこそこ不思議に見えるのではなかろうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.17

すごろくやに行ってきた

東京は高円寺にある「すごろくや」に行ってきました。電車を降りた場所によっては、高円寺駅のホームからお店の場所が判るので、非常に行きやすい。さすがに迷うこともなく、楽々お店に到着出来ました。まぁ到着するまでに相当凄い雨が降ってきたし、傘も持ち歩いていなかったので、少し不安でしたが、ほとんど雨にもあわずに辿り着くことが出来ました。

店内に入って、所狭しと並んでいるボードゲームの数に圧倒されましたが、とりあえず何故か物凄く欲しかった「ねこギャング(Katzen bande)」を手に取って、店内をうろうろしていました。他にも欲しいのがあったのですが、それは事前に品切れと知っていたので、他にも何か面白そうな物でもないかと、物色していました。と言うか、本当は色々と欲しいのがたくさんあり過ぎて、迷いに迷った。そんな中で気になる「お邪魔者(Saboteur)」を購入。

Rimg3529ねこギャング」は2~4人用。2000円。非常に単純なルールで、同じ背景の色が3枚になるか、同じ猫が3枚になると、魚一匹と交換出来ます。この3枚のカードを揃えるために、カードを捲ったり、場のカードと交換したり、他の人を邪魔したりと色々と考えさせられるゲームです。11匹の魚が全てなくなったら終了です。何となく同じタイミングで魚を獲得しそうな予感もあるので、差はつかないような気がしたり。でもまだやっていないので、なんとも言えないので、プレイを出来る日を楽しみに。

Rimg3530もう一方の「お邪魔者」は3~10人用。1500円。ゲームの解説DVD付き。道のカードを置いていき、金鉱まで辿り着くことを目的としたゲームです。道が縦横に繋がるように置いていきます。但し、プレイヤーの中にお邪魔者となるプレイヤーがいて、金鉱に辿り着くのを阻止します。そしてこのお邪魔者は誰だか判らないままにゲームは進行します。手札がなくなったら終了です。誰がお邪魔者なのか判らないままに進行していくので、結構スリリングな展開になるのではないかと予想。とりあえずお奨めにあったので、買ってみました。

すごろくやオリジナルの解説DVDがかなり良い感じになっています。とりあえずルールを読むのが面倒な場合は、判りやすく理解することが出来て、難しそうなゲームも早く理解出来そうです。付属しているゲームが少ないですけど、お奨めゲームには付属している模様。まぁ他にも欲しいゲームはまだまだあるので、また買いに行きたいところです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.08.16

GO!GO!SHIODOMEジャンボリー3回目

Rimg34572008年8月15日(金)に「GO!GO!SHIODOMEジャンボリー」の「日テレ日テレART DAIDOUGEI」に加納真実様がご出演なさっていたので、またまたまた見て来ました。ただこの日はタイムスケジュールが結構厳しかったので、1時間半くらいずーっと見続けることになったのでした。あっち向いたり、こっち向いたりで、忙しい。一箇所で連続してやってくれた方が楽なのに…と思いながら。

Rimg3395まずは15時から、ステージの真ん前でKURIKONEKAのパフォーマンスを拝見。KURIKONEKAとは、一輪車のパフォーマンスの栗原舞さんと、ヨーヨーのパフォーマンスの金子隆也さんのユニットです。でもヨーヨーと一輪車はかなり別々に見ることになるのが少し残念かもしれません。でもヨーヨーが当たらないように一輪車で上手いことやるのは、難しいのかな。賞味20分くらいのパフォーマンスでしたが、ヨーヨーも一輪車もそれぞれ見所があって、かなり楽しめました。普段はおそらく30分くらいのパフォーマンスだと思われるので、きちんとフルで見てみたい気持ち。来週も見に行こう。ヨーヨーもらった。

Rimg3498_5そして、今度はステージに背を向けて、真後ろに移動して、加納真実様のパフォーマンスを拝見。こちらも20分くらいのバージョンでした。準備体操から、恋人よ、Mに捧ぐ。やっぱり20分だと物足りない気がする。恋人よが終わったら、もう最後って感じになっているので、何となく慣れていない。更に今回はタイトなスケジュールだったので、ほとんどお話出来なかったのが悔やまれるところ。おそらく今夏最後の汐留になりそうです。その辺も楽しみにしているところがあるので、来週も見に行こう。

更に後ろに振り返って、立ち見でプリマベーラのパフォーマンスを拝見。先日クロースアップを見たので、今回はイリュージョンを楽しみにしてました。その前にマイケル登場で、場を暖める。普通にマジックをしていたのですが、思った以上に面白くて満足。でマイケルのマジックが終了した後に、お待ちかねのプリマベーラの登場です。かなり本格的なイリュージョンを行っていて、不思議に面白く見ることが出来ました。曲に合わせての振りと、あらためが融合している部分は素敵。と言うか、誰が誰だか見分けがつかなくなった。さすがに先日拝見した3人は判りましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.15

欲しい物ありすぎ

急遽美味い寿司を食べに行くことになったHIGEです。仕事をして、一段落して、そのまま帰るのは惜しいので、高円寺辺りに遊びに行ってしまおうかと思っていたのですが、呼び出されたので延期。近いうちに遊びに行きたいところ。ここで使っている「ところ」とは「場所」でありをりはべりいまそかりのラ行変格活用。む、全く意味不明な文章になってしまった。でも何だか懐かしい。遊びに行くと言っても、とある物を売っているお店ですけど。いつでも良いかなと。

で、東急ハンズに行く用事があったので、東急ハンズに行ってみたは良いものの、何故かいっぱい色々と欲しくなるような物がたくさん売っているですよ。普段はあんまり欲しくならないような物まで欲しくなってしまうのは、きっと暑さのせいだと思っていますが、物凄いいっぱいあった。主に玩具系または実用系。今まで入荷していなかった物やら、新製品やらがどっちゃりとありました。その中で押さえるべき物だけは押さえてきました。後日記事にする予定。あんまりマジックとは関係無い物ばかりかもしれません。

更に何だかネットで適当に検索をかけていたら、今まで知らなかったマジックショップを発見して、そこそこに欲しいのがあったので、こちらで購入するかどうしようか迷っている状態です。今すぐには買わないだろうけど、そのうち購入するかもしれません。最近は妙に道具やら、レクチャーノートやらを買い過ぎなのです。道具はちょこっと触って、レクチャーノートはパラパラと捲って終了している状況を打破したいと思っているのです。

が、何だか今年の夏は色々と忙しい状況が続いているので、じっくりとする時間もないのです。もう少し何とか色々と触りたいと思っているのですけど、本当に消化出来ない道具が溜まってきているのは、悪い兆候ですので、落ち着いたら色々とやってみたいです。作ってみたい道具もあったりするし、試してみたいマジックもあったりするのですが、どちらも時間がかかりそうな…。9月を過ぎたら落ち着くのかなぁとそんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.14

ミスターマジシャンに行ってきた

夏真っ盛りの大阪に行ってきました。外気温36度。うだるような暑さで、何度も涼を求めることになりました。そしてついにミスターマジシャンへと行ってきました。iPhone片手に、真夏の大阪をウロウロと歩いていたのですが、なかなか辿り着くことが出来ませんでした。2回くらいはビルの前を通り過ぎたような、そんな気がします。入っているビルを通り越してから、後ろを振り返ると、ようやくビルの名前が見えてくるので、それでようやく把握。吉野家のところのビルなのね。まぁHPの地図にはそう描いてあるけど、不慣れなところだったので、汗だくになりながら、彷徨った。

ようやくお店をみつけて、緊張しながらドアを開けたら、根本さん。生根本さんですよ。これはちょっと感動してしまいましたよ。今まではカタログのイラストでしか見ていなかったけど、すぐ判る。それくらい良く似ているイラストだなぁ。とりあえず最初は数々の品物を眺めようかなぁと思っていたけど、即寄ってきて、どんなのを探しているかを聞かれたので、間髪入れずカード以外と答えてしまいました。結構困っていた感じですが、ここは素直に言っておいた方が良いと思ったので、素直な気持ちで。

でも、色々とカード以外のマジックを紹介してくれました。これは良いマジックだけど、これは面白くないとか、カタログ通りの感じでした。結構色々と見せていただき、少し前から気になっていた道具と、実際に見て良かった道具を2つだけ購入。他にも欲しくなる道具もあったのですが、ここ数日ちょっと買い過ぎなので、かなり我慢しました。根本さんのセールストークは絶妙で、つい興味のなかった商品も欲しくなってしまいます。

マジックショップに行くと何かを買ってしまうのは判りきっているし、結構長い時間居るので買わないわけにもいかなくなるのも判っているのです。でもその中でも、ミスターマジシャンだけは実際にショップへ伺って、この目で見て、買ってみたかったのです。関西方面では、他にも行きたいマジックショップだとか、マジックバーだとか色々あるのですけど、これでようやく一つ消化出来た。次は京都辺りに行きたいなぁと考えていたりして。もちろん暑くなくなってから。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.08.12

雑多なこと

やっぱりやはりと言うべきか、月曜日は物凄く疲れていた模様。何だか疲れすぎて、頭痛もしてきたので、さっさと眠りたい気分です。大抵は仕事が終了して、家に帰ってきたら眠くなくなるのですが、こんなに眠いのは久しぶりなので、本当に早く寝ます。

とはいかないので、雑多なことを書いてみる。待望の第3回マジックスウィッチのレポートが上がっていましたね。お疲れ様です。そういえば次回のチャレンジコーナーのマジックが未だに決まらないので、どうしようかなと。まぁチャレンジコーナーに限定しなくても良いけど、制約の中でマジックをやるのが楽しいので、ギリギリまで探してみよう。

ジョジョの奇妙な冒険百人一首の第二弾「ジョジョの奇妙な冒険百人一首ドゥーエ」が予約開始されました。当然のように2個予約。2個買わないと始まらない。そして、大会への出場もエントリー済み。まぁ抽選なので、どうなるか判らないけど。出場するとなっても、微妙に困ったりするような気がする。まぁ当たらないから、そんな無駄な心配はしなくても良いか。

そして最近発売された「HEX BUG Crab RED」がちょっと欲しい。特にマジックに使う予定もないのですけれども、これだけは欲しいかなと思っていたり。まぁ普通はカード当てに使おうと思うのかもしれませんけど、ちょっと違う使い方を予定していたり。これじゃなくても良いから、使わないかもしれない。でも欲しいなと。

最近何だか気になる玩具が多く出ているような気がする。たまたまだとは思うけど、それにまんまと乗せられている自分がいるのですけれど、気にしないで買っていくのです。そうしないと日本の経済がダメになるです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.11

第4回マジックスウィッチ埼玉支部

2008年8月10日(日)は、久しぶりに川越の方まで足を延ばして、マジックスウィッチ埼玉支部へ行って来ました。以前行ったのは、第1回目の時だったらか、約3ヶ月ぶりです。なかなか遠いのと、他のイベントと重なっていたりして行けませんでしたが、久しぶりの参加です。というか元々は、連日マジック漬けの日々を送っていたので、日曜日はゆっくり過ごそうかと思っていたのですが、ふと思い付いて、ふらりと準備らしい準備もなく、行ってしまいました。

この日はジャパンマジックコンベンションと重なっていたので、参加者も少なかったのですが、楽しんできました。本当に何の準備もしていなかったので、特に前の方に出て演技もせず、つけとどけも用意出来ずに行くのはちょっぴり後ろめたいような気がしてしまいましたので、次回行ける時は、きちんと準備して行こうと思ったり、思わなかったり。いや、準備して行きます。ここのところ、自分のマジックを練習している暇がなかったのもあったかなと言い訳。

基本的にはマジックスウィッチとほぼ同様の流れで会は進んでいきます。人数が少なかったのもあって、私はわいわいと雑談しながら、つまらないことをやっていただけなような感じです。前日に見た、ナポレオンズの新幹線のチケットの予言を後ろの方でやっていたり、買ったばかりの道具を練習がてらにやってみたりとまぁ適当にやってしまいました。この辺は準備不足が影響しているような感じですかね。ディーラーブースでマジックを購入しました。こちらは書く方のマジックで、不思議なマジックが出来る物です。複雑だ。

とまぁこんな感じで金曜日から、日曜日までずーっとマジック関連のイベントに行っていたわけですが、意外と疲れました。けど楽しかったから良いか。仕事柄、特に夏休みもあるわけではないので、また仕事に戻らなくてはいけないのですが、身体が着いていくかどうかが心配です。無理だと思うんだな。結構厳しい1週間になりそうな予感がしていたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.10

世界のマジックショー

2008年8月9日(土)に九段下の九段会館にて、ジャパン・マジック・コンベンション2008の世界のマジックショーを観覧してきました。名前を見ても知らないマジシャンもいましたが、物凄く楽しめました。どんどん凄いマジックが繰り広げられたので、どんどん記憶が上塗りされていくので、あんまり覚えていなかったりするのですが、とりあえず簡単に書いてみます。とは言っても7組分あるので、それなりに大変なのですけど。

ナポレオンズの軽妙な司会で世界のマジックショーがスタートしました。トップバッターはLu Chen師(台湾)。物凄くスピーディに鳩やら、扇やら、シルクなどをどんどこどんどこ出していく様は圧巻の一言。思っていた以上に扇を使う演技が良いなと思ったり。とりあえずこのスピード感はたまらない。

続いて、Xavier Tapias師(スペイン)。幕が開くと、何だかそこには、妙に散らかったような公園が再現されています。紙袋を拾い上げて、ペットボトルを吸い寄せたりしながら、紙袋にどんどんくっつけていきます。徐々に紙袋が人型になったところで、これが動き出し、最後には自立して演者と一緒に歩き出します!とりあえず今回のショーでは、一番素敵なパフォーマンスでした。何となく感動的ですらある。

その後にSteve Marshall師(アメリカ)。新聞紙の復活やら、ビール瓶が増えたりするマジックやら、フローティングテーブル等。一番インパクトがあったのは、テーブル上に置いた花がくしゃみと共に完全消失したマジックでした。本当に一瞬で、あそこまで綺麗に消えたのは見たことがないくらいに、綺麗に消えた。これは凄かった。

前半最後は渚晴彦師(日本)。女性2名のファイヤーダンスから始まり、人間が寝て入れるくらいの透明な箱に、水をたっぷりと入れて、更に女性アシスタントをその中に入れて、鎖で箱を縛って鍵をかけてしまって、3秒数えると共に、師が水槽から出てくるというイリュージョン。何だか見ていて心配になるイリュージョンでしたが、凄い。

休憩を挟んで、George Wang師(マレーシア)。綴りは間違っているかもしれない。仮面の演技。首をくいっと振るだけで、様々に仮面が変わっていくのは、圧巻です。更にステージを降りて、観客の目の前でも、仮面を変化させていました。遠かったから、若干見えなかったりもしたけれど、思っていた以上に仮面の演技は良かったです。

そして、ナポレオンズ(日本)です。まずはパンドラの箱から。パンドラと言っても、単なる駄洒落だったりするのですが、面白い。その後に、新幹線のチケットを使っての行き先の予言。判りやすくて良いなぁ。最後に猛烈に好きなあったまグルグルで終了。そうそう、これが見たかったのですよ。あのマシンを買おうかと思っているくらい。司会の最中にも、国旗を予言するマジックもやっていました。

そして最後の最後は、Dimmare師(アメリカ)。伝説と呼ばれる鳩出しのマジック。これが強烈に凄くて、最後の最後にスタンディングオベーションです。鳩出し以外にも、ケーンとかをやっていたのですが、鳩出しの凄さの印象しか残っていません。師は一度見ておいた方が良いと言われていたのですが、その理由が判りました。これは見ておいた方が良い。そしてアンコールで、鳥かごを消すのかなと思ったら、小さくなったり。

以上ですが、中には記憶違いでやっていない演技も書いていたりするんじゃないかなぁと、ちょっぴり不安です。やっている演技で書いていないのは、まぁ誤魔化せるので良いとしても、逆は何となく嫌な感じです。特にメモッたりしながら見ているわけでもないし、メモを取るくらいなら、ステージをじっくりと見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.09

Giacomo Bertini師のレクチャー

2008年8月8日(金)に九段下の九段会館にて、ジャパン・マジック・コンベンション2008が開催されているので、日本奇術協会交歓会のみに参加してきました。8月10日まで開催されている大きなコンベンションです。まるで行く気はなかったのですが、Giacomo Bertini師のレクチャーが行われるとの情報を掴んで、これだけでも参加したいと思っていましたが、何かちらしを見ても、申し込み方法が判らずもやもやしていましたが、何とか参加出来ました。これだけで9000円なんですけどね。

とりあえずは立食パーティに参加。食べられるだけ食べました。そしてここで、ゼンジー北京師の面白過ぎるマジックを堪能…と行きたかったのですが、その後に始まるレクチャーが気になって気になって、少し早めにレクチャーの会場に行き、座席を確保してから、再びパーティ会場に戻って、途中からですが、ゼンジー北京師のマジックを堪能しました。テレビで見ているまんまで、物凄く面白い。

そして、レクチャーでは最前列をキープしてあるので、座って師の登場を待ちます。程なくして登場し、早速演技開始です。スペルバウンドから始まりました。くどいくらい手をあらためているので、物凄い不思議に見えるスペルバウンドは素敵。と思っていたけど、裏では超絶に難しい技法をさりげなくやっているのです。まるで優雅に水面をスイーっと泳ぐスワンのように、パフォーマンスは優雅に、しかし裏では物凄いことをやっているのです。出来ないまでも、何とか真似事をしながら、頑張って着いていきます。

その後、4枚のコインプロダクションからコインズアクロスも解説していましたが、とある技法でギブアップ。DVDで観て、これは良いと思って練習したこともあったのですが、挫折したことを思い出しました。がしかし、その後のコインアセンブリの手順も何とか理解して、レクチャーの終了です。賞味1時間だったのですが、物凄く短く感じてしまいました。これで終わってしまうのかと思っていたら、最後にシリンダー&コインをパフォーマンスのみで行ってくれたので、口をあんぐりさせながら見る。いやはや何とも凄すぎる。

全てをとても真似すらも出来ないような超絶技法のオンパレードでしたが、少しでも出来たら、かなり使える技法もあるので、少し練習してみたいところです。シフトパスだけでも出来たら良いけど、これがまた難しいのなんのって…。とりあえず少しずつ練習して、使えるようになりたいけど、何年かかるやら検討もつかないし、疑問だらけです。直接聞きに行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.08

まさかの購入

ようやく最近2×2×2のキューブの楽しさが判ってきたかもと錯覚しているHIGEです。非常に単純な分、色々深いなと。とは言っても、今はまだ手順を覚えている真っ最中なんですが、手放せなくなってきているかもしれない。近いうちに日本の配色にシールを貼り替えようと思っていますが、結構耐久性があるような気がしてきているので、なかなか貼り替えられない状態が続くかもしれない。

そんなこんなで、水曜日に東急ハンズをうろついていたら、30%オフのワゴンが両の眼に吸い込まれるように飛び込んできました。むむ、これは!?と思って、物色していたのですが、それほど気になる物はないかもしれないと思って、立ち去ろうとしたその刹那、マジック道具もその中に含まれていることを、視界の端で敏感に捕らえました。何があるかなと思って見ていると、3年前に気になっていた商品がありました。でこの時は30%オフだといくらになるのかを計算して、それでもそこそこの値段だなぁと思って立ち去りました。このまま放っておいたら、もしかしたら50%オフくらいにまで下がるのではないかと思いながら。

がしかし、翌木曜日に、我慢しきれずに買ってしまいました…。前日には、もう少し下がるまで待とうと思っていたのですが、同じような考えの人間がいたらどうしようと不安に駆られて、それより先に購入してしまうしかないと思って、仕事が終了してから、東急ハンズへ直行して、サクッと購入してしまいましたよ。近いうちに記事にする予定です。

まさか、気になっていた時期から既に3年も経ってから、これを入手することになるとは思いませんでした。記憶の隅に行っては、中心に戻ってきて、欲しいなぁと思ったり、また忘れたりを繰り返しているうちに、最近はかなりすっかりと忘れ去っていましたよ。再会してからは、どうしよう?買う?と自問自答を繰り返して、あっさり購入です。こういうのも縁なのでしょう。機会と言った方が正しいか。でも今は、実演しそうにもないのが目に見えているのが少し悲しいところかもしれませんが、とりあえず所有しておけば、いつか使いたくなる波がやってくると信じて、暖めておくことにしよう。そうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.07

今週買った本2

久しぶりにこの見出し。こういうのは毎週書いていれば、それなりに良い感じになるのかと思うのですが、如何せん1年ぶり。それなら、「今年」にすれば良いじゃないとも思ったりするのですが、そこまで本を買う感覚は空いていないかなと思うのです。マジック関係の本だったら、興味のある本なら、即購入しているし。それで、「世界のカードマジック」と「カードマジックカウント事典」はまだ購入していなかったり。そのうち買わないとな。でもカウント事典ってどうなのよ?とか思ったりしているのですが、もしかしたら有用で、求めているカウントがあるのかもしれません。

既に76号が出ているのも知っていますが、ようやく「ザ・マジック vol.75」を購入。探していたけど、なかなかみつかりませんでした。みつかったとしても、折れ曲がっていたりしたので、買わなかったり。これでAl Schneider師の続きが読めると思ったのですが、文章量が半端ないので、まだ途中までしか読んでいません。とりあえずほとんどが解説なので、ちょっと後回し状態になっています。

そして、森羅万象さんにヨギ・ガンジーの予言が収録されていると書いてあったので、それだけのために「綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(1)」を購入しました。1と書いてあるから、もしかしたら2も出るのか。とりあえずヨギ・ガンジーから読んでみたいです。これもまだ買っただけ。今は別の本を読んでいたりするから、同時に読むなどとアクロバティックなことは出来ないのです。

で今読んでいるのは、「マルドゥック・スクランブル」の1巻です。久しぶりにSFが読んでみたいと思っていて、友人から薦められたので、1巻を購入したら、面白かったので、2巻と3巻をまとめて購入です。まだ1巻の途中ですが、かなり世界が造り込まれているので、面白い。SF小説には、あり得ないリアリティを求めてしまう矛盾があるのですが、今のところこれは良い感じです。「マルドゥック・ヴェロシティ」も、これが読み終わったら買う予定ですが、いつになることやら。来月くらいには読みたいところ。SF小説自体読むのは数年ぶり。いやもっとかなぁ。

そして、何となく目に付いて、購入したのが、「スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!」です。さわりだけ読んでみたのですが、結構嫌な感じの人間なんだなと思いましたが、これくらいアクが強くないと、ダメなのかなとも思ってみたり。彼のプレゼンテーションは絶品なので、その一端が垣間見られれば良いかと思い購入。

結構いっぱい買っているけど、共通しているのは、どれも読み終えていないこと。何故か一時期にどーんと買ってしまいました。非常に珍しい。ちゃんと全部読むつもりですが、時間が経つと興味が失せてしまうかもしれないので、早めに読むことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.06

再発キューブ熱

次回のマジックスウィッチのチャレンジコーナーのお題の「日用品」って何だ?と思いながら、あまりに定義が広過ぎて、手を付けられない状態で茫然自失のHIGEです。人によって日用品が違うかと思うので、はてさてどうしよう。逆に言えば自分が普段使っている物は全て日用品ということになるはずなので、きっと何でも良いんだ。というわけでウォンドでも使ってみようかなぁと考えているわけですが、難しいので間に合いそうもない気がします…。

というわけではないのですけれども、最近はまたちょっとだけキューブ熱が出てきています。おそらくV-Cubeを購入してから、キューブに触る機会が増えてきたのではなかろうかと、自己分析。とりあえずは6×6×6と7×7×7は何とか自力で揃えられるようになったのです。6×6×6の方はパリティがあるし、急に回らなくなったりするし、すぐにポップしてしまうので、あんまり遊んではいないのですけど。

逆に7×7×7の方は暇があれば、適当に回していたりします。回り方もスムースだし、何となく丸くなっているのも持った感じが好き。ただ今覚えている解法だと、非常にエッジの処理が面倒なので、何とか手順を開発してみたいところです。今のままだと20分くらいかかってしまうのです。まぁ分割数が多くなると手順が増えてしまうので、遅いのは仕方ないのですけれど。

Rimg3366そして、最近は2×2×2のキューブもきちんと覚えようと思って、回していたりします。今まで何故か敬遠していたのですが、急遽やっています。でも何故か日本製のキューブがみつかりません。確かに持っているはずなのですが、シールが海外配置の小さ目のキューブしか見当たらないので、そちらで練習していますけど、やっぱり配置に違和感を感じてしまう。なので、近いうちに購入してこよう。きっと購入してからじゃないと、出てこない気がする。シールを貼り替えても良いけど、まだまだ使えるから剥がしたくないのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.08.05

monthly Magic Lesson Vol.11

何やら最近は夜になると豪雨になる率が高いような気がします。特に昼間、陽射しが強烈だと、雷雨が振るような気がしています。HIGEです。本日はかなり久しぶりに、monthly Magic Lessonです。ようやく11号目に突入です。既に観ている方は、そんなのもあったよねぇと思いながら読んでいただけると幸いです。実際に全部を練習しているわけではありませんが、気に入ったマジックがあると、結構集中的に練習していたりするのです。が、しばらくすると練習もしなくなったりして、思い出すために前の号を観ていたりするからなかなか進まないと言い訳。

第11号は、「スリップ・カットを極める」、「ハンピンチェン・ムーブを極める」とのことで、カードマジックが4つとコインマジックが2つ収録されています。Aの取り出しの「ファスト・フォアエース」から始まって、「エレベーター・エーセス」を2つ行ってから、最後に「カッティング・ジ・エーセス」です。そしてハンピンチェン・ムーブを使用したコインズアクロスと、「コイン・スルー・ザ・テーブル」が収録されています。

始めの3つのカードマジックはほぼスリップ・カットしか使っていないし、絶対にカットしているように見えるので、お手軽で良いなと。似たような手順をトランプの友でも拝見していましたが、mMLで行っているマジックの方がすっきり簡略化されている感じです。「カッティング・ジ・エーセス」は相当前に練習したこともあって、最後のワンハンドで行う部分が文章では判らなかったところがあって、映像で改めて観て、ちょっとすっきりしました。

更にコインマジックは、私も相当やり方に悩んでいた時期もあったハンピンチェン・ムーブを使用した手順です。まぁ今号の解説を観ても未だに悩んでいるわけですけど。特に手の位置に関して、これといった解決方法がないままにやってみたりもしています。で、今回は銅貨を1枚使って、2枚が移動してしまうコインズアクロスの手順と、「コイン・スルー・ザ・テーブル」の手順です。

特に「コイン・スルー・ザ・テーブル」はすっかりと騙されてしまう部分もあったりして面白かったです。があんまり演じる場所がないのも事実だったりします。いくつか手順を覚えていたはずだったのに、もう忘れているような気がしているので、これを機に覚えてみようかなと思っています。と思ったのは何度目なんだろうと思いながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.04

続・銀と銅

Rimg3360中山競馬場での花火を見て来ました。とは言っても、友人宅のベランダからの鑑賞だったので、非常に快適で、人ごみなどは皆無。こんな感じで見られるのならば、花火を見るのも良いかも。とりあえず人ごみが物凄いのが苦手。まぁ得意という人もいないとは思いますけど。現地で見ると、音の迫力等もありますけど、こういう風に見るのが一番楽で良い。

というわけで、次回のマジックスウィッチは2008年8月31日(日)です。学生の頃は8月31日は、夏休みの宿題チキンレースの締めの日だったので、非常に苦労していました。追い詰められないとやらないのは、学生の頃から既に形成されていた模様。宿題は終わらないのが常でしたけど。そしてチャレンジコーナーは「日用品」です。前回の「ペーパー」よりも範囲が広そうで、何をセレクトして良いのやら困りますが、とりあえず色々と探してみようと思います。8月30日まで探してみる。

そして最近は銀貨と銅貨の手順を見せては、感想を伺うということをしていたりします。その中でいただいた感想の中に「上手いけど、面白くない」というのがありました。あーダメなパターンだなぁと思いながらも、技術的には出来ているのかしらと思いながら、後は面白く出来るようにしてしまうだけなんだと前向きに捉える。実際は何箇所か不安なところもあったり、細かい失敗もしているから、もう少し練習が必要。

面白くないと言われたのは、おそらく現象を伝え切れていないのだろうなぁと。後は観客にはっきりと色々なことを認識してもらうための、必要最低限の台詞を考えなくてはいけないな。くどくど説明していると現象が損なわれるし、そんな状況説明で観客を飽きさせない技術もないので、もう少し台詞を練り直してみることにしてみよう。銀貨と銅貨という題材もどうかと思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.03

演芸&大道芸

Rimg31662008年8月1日(金)に戸部のBambooにて、へらちょんぺさんのショーを見ることが出来ることを知って、早速行ってきました。コインを漁ったのは、その直前で、戸部に向かう道すがら、花火を遠くに見ながら、これから物凄いものを見に行くことになったのは、この時点では想像も出来ず…。いや、想像はしていたかもしれないが、目の当たりにするとは露ほども思っていなかった。

お店は駅のすぐ側で、目立たなく、小ぢんまりとしていたが、料理がとても美味かった。アジアを感じさせる内装とメニュー。週末の金曜日だからか、それともへらちょんぺ効果かは判りませんが、かなり混んでいました。そして20時を過ぎて、程なくして、コスプレメイド芸人のメイミさんの漫談がスタートです。いきなり早着替えから開始したのでどうなることやらと思っていましたが、思っていた以上に楽しく見ることが出来ました。まぁ当日までどんな人か、どんな芸かも判りませんでしたけど。

そしてその後に、お目当てのへらちょんぺさんの登場で、個人的にテンションは高まった。いきなりの早脱ぎでしたが、生で見ると、想像していた以上にインパクトのある芸だなぁと。これは面白い。早脱ぎの秘密やら、シャツとズボンを同時に着る技、割り箸を使ったマジック、メイミさんとのマジック等々、あまりのくだらなさに笑ってしまいました。こういった判りやすい笑いって大事だなと。ショーの終了後、へらちょんぺさんが我々の席にやって来たので、色々と話をしてみました。普通に真面目な人で、かなり演芸に対して、真剣に取り組んでいる感じがまた良い。プロフェッショナルの凄みを感じた。

一旦は帰ろうかと思いましたが、22時の2回目のショーが始まる時間が近付いたので、そのまま観覧していましたが、早脱ぎがほんの少し失敗してしまった、へらちょんぺさんが全裸に…。やっぱりこういうことになるのかと思いながらも、そのまま隠すものも隠さずに、服を着たり着られなかったり等々。夢に出てこなかったから良いか。良しとしよう。そうしよう。

Rimg3200_2翌日の8月2日(土)は、今年2回目の「GO!GO!SHIODOMEジャンボリー」に加納真実様がご出演なさっていたので、夕方のパフォーマンスを観覧してきました。この日は蒸し暑くて蒸し暑くて、蒸し蒸しして暑かったので、パフォーマンスの後の加納真実様は汗びっしょりでした。毎回全力投球で素晴らしいなと。日テレの場合、色々制約があったりして、色々厳しい感じで、少々窮屈なパフォーマンスになっている感じも。今回は時間を短めに、準備体操から、恋人よ、恋のパフォーマンスでしたが、若干物足りないような気がしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.02

コインを漁ってきた-梅雨は明けたか?2008-

昨日書いた記事のせいじゃないけど、何となく久しぶりにコインを漁ってきました。特に目的もなく、仕事も早めに終わったし、待ち合わせの時間まで結構あるなぁと思いながら、ふと急に、思い出したようにコインを見に行ってみようと思って、約2年ぶりにおたからやまで行ってきました。2年以上前に行ったので、店自体があるかなぁと思っていたけど、まだ健在でした。しかしながら、コインは別の場所に移動していたので、隣のビルの2階へと。

売り場に着いたら、何かプラチックの箱に大量にコインが入っていて、なんとグラム売り。1グラム当たり20円です。いまやコインはこんな売り方をしているのですね。安いのか高いのか良く判らない感じもしますが、圧倒的に安いかな。しかしながら、異常とも思えるくらいにコインが入っている箱があるので、探すだけでも一苦労。そして、探していると、どんどん手が真っ黒になってしまうんです。ちゃんとお店で洗えますけどね。

Rimg3163というわけで、本当は買う気はあんまりなかったのに、お宝の山を発見したら、とりあえず見てみるでしょ。そして、閉店ギリギリまで粘ってみるでしょ。目的の穴あきコインはみつからなかったのですが、ワンダラーを4枚、比較的綺麗なイングリッシュペニーを2枚、クォーターを5枚、ハーフクラウンを1枚、オールドイングリッシュペニーを2種類3枚、そしてカナダのワンダラーを1枚購入です。全部で194グラム、3800円でした。少しおまけしてくれた。

ワンダラーは裏面がイーグルで普通のやつですが、持っていないので購入。クォーターも裏面がイーグルのはあんまり持っていないので購入。そして常用したいくらい真っ黒いオールドイングリッシュペニーは、もっとみつかれば、もう少し購入したいところでしたが、時間内にみつけることが出来なかった。そして同じく常用したいくらいに好きなハーフクラウンも1枚しか出てこなかった。また時間を作って、徹底的に探してみたいところです。

しかしながら、コインの相場が下がったのかどうか知りませんが、全体的に安くなっているようなそんな感じがしました。50銭銀貨は2000円くらいだし、一圓銀貨も3000円くらいになっていたので、こっちも購入しそうになりましたが、時間がなかったり、現金がなかったり。というか元々コインを買うつもりがなかったはずなのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.01

銀と銅

Rimg3161写真はイメージです。何となく8月8日から始まるオリンピックをイメージしてみたけど。銅貨が穴あき銭てのが何となく嫌味っぽいかもしれませんが、東アフリカの10セントです。お気に入りです。でも2枚しか所有していないので、もう少し数が欲しいかもしれないなぁと思っていたら、しばらくコインを漁っていないことに気が付いたので、様子を見にコイン屋さんまで行って来たい気分になってしまったHIGEです。

タイトル通り、最近は銀貨と銅貨の手順を妙に練習したりしています。それこそ数え始めたらキリがないくらいに無数の手順が存在しますが、その中でも比較的易しい手順のものを練習しています。でも実際に数えたらそんなにないのかもしれませんけどね。銀貨と銅貨の手順は長くなってしまうと、本当に混乱してしまうのが玉に瑕。以前、観客に握らせていて、こちらの説明不足でどっちがどっちだか判らなくなると、観客が手を開けてしまい、世にもおかしなことになってしまったことがあり、それ以来、この手順は怖かったり…。

で、最近判ったことがあります。どうも今まで、銀貨と銅貨の手順は自分が混乱してしまっていたのですが、頭の中で色々と先を見越して考えてしまいながら、喋っているので、混乱してしまうと。自分が判らなくなってしまったことは、うまく説明が出来ないのです。なので、これからは素直に考えてみると良いかもしれませんが、台詞は間違えないようにしなくてはいけなくなるのが、また難しい。この辺は慣れないと、色々考えてしまう。

特にDVDでパフォーマンスを観ていると、どうしても逆に考えて観てしまうので、どうにも手順が判りにくかったりしていました。どうしても手順を追ってしまうようになってしまったなぁと。これは手順を追ってしまうので、判りにくかっただけであって、特別判りにくいものでもなかったり。単に自分で捻くれて観ているから、難しく感じてしまっただけでした。もう既に普通に観ることは出来なくなってしまった自分が恨めや。夏っぽく終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »