« 第2回マジックスウィッチ | トップページ | 不器用ですから »

2008.06.17

Gregory Wilson師のレクチャー

2008年6月15日は、東陽町の江東区文化センターにて、Gregory Wilson師のレクチャーが開催されたので、参加してきました。マジックスウィッチを途中で抜けたのは全てこのため。せっかくなら重ならない方が、両方を思う存分楽しめて良かったけど、両方とも面白かったので良かった。期せずして、かなり濃厚なマジック漬けの一日となっていまいました。

とりあえず会場に着いて、受付を済ませて、座席を確認してから、買物です。何はなくともレクチャーノートは購入しておかないといけません。今回は2冊も出ていたので、両方ともササッと購入です。更に何故か小豆色のデックが売っていたので、2個ほど同時購入。別にデックはいつでも買えると思うのですが、見た瞬間に買ってしまった。で、後述するのですが、売り切れていたペンも購入。ですが、後日マジックハウスに取りに行く予定。

レクチャーが始まってから、いきなり度肝を抜かれてしまいました。だって空の手から、いきなりポーカーチップが出てきたら、驚くじゃないですか。そのポーカーチップの手順は、とりあえず前半のところは何とか出来そうです。しかしながら、後半の部分はかなり難しそうな感じ。と言うか師のミスディレクションはかなり強烈で、教えてもらっても出来そうもなかったり。ちょっとずつ実践して、経験を積んでいくしかなさそうな感じです。

他にも、スターバックスのカップを使った手順やら、マッチボックス、指輪、紙幣、コイン、砂糖、鍵等々、本当にそこいら辺にあるような物で、素敵な魔法を見ることが出来ました。基本的には簡単な方法ばっかりだったのですけど、いざ演じるとなると結構難しいのが多かったかなぁという感じでした。そして最後の最後に、カードマジックのショーを特別に行ってもらいました。カードも物凄く不思議で面白かった。全体を通してみても、一つの良質なショーを見ている感じで、レクチャーが無くても楽しめたんではなかろうかと思うくらいでした。

また現在売っている道具までレクチャーしていたので、ちょっと欲しいのが出てきたりしてしまいました。その中で、ペンを使用していたマジックにすっかり魅了されてしまったので、是非購入しようと思ったのですが、売り切れていて、入手出来ていません…。他の方のブログやらを読んでみて、欲しくなる気持ちに納得。あれは良い。早く欲しいけど、もうしばらく我慢です。

|

« 第2回マジックスウィッチ | トップページ | 不器用ですから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gregory Wilson師のレクチャー:

« 第2回マジックスウィッチ | トップページ | 不器用ですから »