« ゲームはゲームでも | トップページ | 第1回マジックスウィッチ »

2008.05.07

ヘブンアーティストin銀座

R0015627_62008年5月5日(月)にヘブンアーティストin銀座を見に行ってきました。この日はちょうど銀座柳まつりも同時に開催されていたので、パレードやらなにやらで、たくさんの人と交通規制で度肝を抜かれた。銀座柳まつりに便乗して、大道芸もやっていたというのが正しいのかもしれないが、個人的にはこっちの方がメインなので、まさかこんなに人が集まっているなんて思ってもみませんでした。天気は曇で、雨が降りそうな感じもしましたが、大道芸を見る分には、影響がなかったので良かった。関係ないけど、大道芸のポイントをきちんとHPで明示して欲しかったなぁと。どこでやるのかが全く判らなくて、かなりウロウロして、良い場所を確保出来なかったり…。

R0015660ポイントが判らなかったので、開始ギリギリにようやく着席出来ました。危なく見られないことになっていたかと思ったけど、なんとか始まる前に座れました。とりあえず何はなくとも加納真実様です。この日はたった2回しかパフォーマンスをしないので、両方ともばっちり見てきました。準備体操から、恋人よ、せんたく、恋と最近の王道パターン。若干音響関連にトラブルがあったり、時間が遅れまくっていたりしましたが、無事に終了。今回はカメラも忘れなかったし、お土産を渡す目的も果たせました。

R0015721続いて隣のポイントに移動して、Witty lookのパフォーマンスを拝見。アクロバットクラウンCHEEKY!とユニサイクリストしおじゃりさんのユニットです。一輪車での男女二人組みのパフォーマンスです。一輪車でのパフォーマンスですが、アクロバティックだったり、パントマイムがあったり、一輪車に乗りながら観客を飛び越えたり、異常に小さな一輪車があったり、非常に大きな一輪車があったりして、思っていた以上に面白く拝見しました。くだらないながらもお約束のパターンがあったりして面白かった。

R0015929そして最後はプラノワです。こちらは目黒陽介君と小春さんのユニット。どちらも単独では見たことがあったのですが、ユニットは初めて拝見しました。単独でパフォーマンスをやっているよりもずっと面白くなっていました。やっていることはそんなに変わらないけど、表情がずっと良くなっている気がしました。小春さんのアコーディオンをバックに、目黒君が安定したボールのジャグリングをやったり、三節棍のような物でジャグリングをしたり、バウンスジャグリングをやったり、お得意のディアボロをやったり。もう少し二人がいる意味が増してくると、もっと面白くなりそうな予感がします。

|

« ゲームはゲームでも | トップページ | 第1回マジックスウィッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘブンアーティストin銀座:

« ゲームはゲームでも | トップページ | 第1回マジックスウィッチ »