« 何と言っていいのやら、私には分かりません。 | トップページ | 第一回マジックスウィッチ埼玉支部 »

2008.04.20

ヨコハマ大道芸2008

4月19日と20日はヨコハマ大道芸2008が開催されています。みなとみらい、馬車道、伊勢佐木町、吉田町でいっぺんにやっているので、出演パフォーマーが半端なく豪華です。こんなのをたった2日でやってしまうのは勿体ないなぁ。せめて会場数が半分くらいになって、2週間くらい続けてやってくれたら、見る方としては、いっぱい見られるので嬉しいところです。来週は来週で野毛大道芸も開催されます。

前日には、雨が猛烈に降っていたので、果たして土曜日に雨は上がってくれるか心配でしたが、とりあえず雨は止んでいましたが、結構風が強かった。雨もパフォーマーにとっても観客にとっても大敵ですが、強風も強敵です。何度かそんな珍場面にも遭遇したことがあります。場合によっては台無しになってしまうこともあるので、大変です。

とここまで書いていたのですが、どうやらPCが完全に沈黙してしまった模様…。続きを携帯で書いていますが、かなり難儀しています。まぁ当日はショッキングなことに、デジカメを持って行くのを忘れてしまったので、ロクな写真が撮れなかったので、アップしたいような写真はないんですけどね。とりあえずここからは、簡単に書くことになります。ご承知おきを。

何はなくとも加納真実様から始まります。思えば、去年のヨコハマ大道芸から、異常なくらい大道芸を見に行くようになったんだなぁと。まだ一年です。閑話休題。約三ヶ月半ぶりに至芸を堪能して参りました。細かい部分がパワーアップしている、そんな感じのパフォーマンスでした。2回目は色々とハプニングがありました。タンバリンが打ち抜いたり、最後の作品の「恋」を中断して、急遽「Mに捧ぐ」に変更したり。こんなトラブルは初めてだったので、かなりびっくりしました。

続いて山本光洋さんのパフォーマンスを拝見。何度か拝見していますが、いつ見ても変わらぬ面白さです。大好きなチャーリー山本を間近で見ることが出来て大満足です。最前列に陣取ったので、かなり細かい部分まで見てしまいました。途中から初めて見る展開だったし、最後もばっちり決まって、満足度が高いパフォーマンスでした。キューピーちゃんもかなり好き。

お次は、ハチャメチャであり、自由すぎる感じもありますが、実はきっちりと計算しているんじゃなかろうかと思われる三雲いおりさんのパフォーマンスを、これまた間近で拝見。細かいギャグとか、適当な事を言いながらも、きっちりとジャグリングしているのが素晴らしい。同じパフォーマンスをしながらも、同じ展開は二度とないような感じで、毎回楽しめます。

そして、最後は桜子さんです。今日の締めは、スケジュールを見た瞬間に、桜子さんしかいないと。今日で2回目でしたが、やっぱり楽しい。桜子さん独特の言い回しなどが、個人的にツボなのです。この人の魅力は、そこに集約されていると言っても過言ではない。夕方辺りから冷え込んできましたが、元気な格好で、力強い演技で場を熱くしてました。もちろん「桜子フラーッシュ!」と叫びました。

何か今回は久しぶりの大道芸観覧であったからか、新しいパフォーマーを見ることがなかったなぁ。まぁ今後もたくさん大道芸を見る機会があるし、久しぶりだったので良いかな。

|

« 何と言っていいのやら、私には分かりません。 | トップページ | 第一回マジックスウィッチ埼玉支部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマ大道芸2008:

« 何と言っていいのやら、私には分かりません。 | トップページ | 第一回マジックスウィッチ埼玉支部 »