« Trespassing | トップページ | 第16回新・箱根クロースアップ祭2 »

2008.04.07

第16回新・箱根クロースアップ祭

2008年4月5日(土)から6日(日)にかけて、箱根湯本のホテルおくゆもとにて、マジックランド主催の、第16回新・箱根クロースアップ祭に参加してきました。箱根では桜も散っていましたが、ほんのりと暖かい春の陽気に包まれました。こういう陽気だと旅の気分も盛り上がるってなものです。マジック関係のイベントに行くと、帰りの荷物が何故か多くなってしまうから、雨が降るとげんなりです。

ディーラーショーが開始される15時ちょっと前に会場に到着し、受付を済ませ、荷物をホテルに置いて、早速会場入り。ディーラーショーから面白い。と言うか面白い商品が目白押しです。アレも欲しい、コレも欲しいと気になってしまいます。現金と相談しながら厳選して買い物です。箱根で先行発売の物を中心に購入。また、欲しい絶版品があったのですが、結構なお値段だったので、見送り。

その後、飛び入りひとネタコンテスト。ひとネタを披露して、それを見た人が優勝者を決めるというもの。マジックじゃないものもあったりして、色々と楽しかったです。ここで優勝すると、テーブルいっぱいに積まれたバイシクルを両手で抱えて、箱に入った分だけもらえます。ここでたんまりと取れてしまうと、帰りが大変そうだなといらぬ心配をしてみたり。優勝はACAANを演じた石田さんでした。

休憩を挟んで、その後はクロースアップ・ショーPart1。O HAE SEOKさん、ゆみさん、キャサリンさん、カズ・カタヤマ師。コインあり、シルクあり、和妻あり、カップ&ボールあり、ティッシュあり、お札あり、シンブルありと盛りだくさんでした。コインは、ちょっと離れると、銀貨と銅貨の区別がつかないので、現象が全く判らなかったのが勿体ないなぁと。こちらの部では、特にゆみさんのシンパセティックシルクと、カズ・カタヤマ師の手順は面白かったです。別の意味でキャサリンさんも面白く、個人的にはツボでした。

クロースアップ・ショーPart1も終わり、食事をしてから、クロースアップ・ショーPart2の始まりです。ここではYasuyuki師、David Ben師、Gaetan Bloom師の3人です。Yasuyuki師は色々と小ネタをガンガンやってから、最後は板をテーブルに垂直に立てて、その板をテーブルに見立てて、テーブルの上に横になって、その板のテーブルに真上から見ているという設定での演技がめちゃくちゃ楽しかった。マニア向けだけど。David Ben師は、クラシックマジックをかなり丁寧に、また美しくやる印象の方。こういうのは非常に安心して見ていられるので、こちらも非常に心地良く見ることが出来ました。

そして極めつけはなんと言ってもGaetan Bloom師です。緻密に構成された演出と言い、不思議で楽しい現象と言い、とてつもなく面白かった。マジックももちろん不思議なんですが、何だか上質のショーを見ているかのよう。今回は予備知識無しで行ったので、その分面白さも増幅されているのかもしれません。マイクのコードを使った、ロープと紐の演技だとか、サラダボックスの演技だとか、最後のミリオンカードまで、全てが最高に楽しく、そして涙するほど笑いました。ショーが終わったら、自然とスタンディングオベーションです。これだけでも行った甲斐があるというものです。

その最高のショーの余韻を引きずったまま、師のレクチャーへと突入。もうダメだ。何をやっても、全部面白く感じてしまう気がする魔法をかけられたかのように、レクチャーも楽しい。いや、実際に楽しいんですけどね。結構簡単な工作で出来る小ネタや、本格的に工作が必要なマジックまでを、時間を過ぎても解説してくれます。このサービス精神がステキ。レクチャーが終了したら、レクチャーノートを購入して、サインをしてもらい、写真を撮ってもらい、一日目のプログラムが終了です。

そう、プログラムは終了したのですけどね。続く

|

« Trespassing | トップページ | 第16回新・箱根クロースアップ祭2 »

コメント

HIGEさんこんばんは。
箱根では素敵な時間を過ごしたようですね。
うらやましいです。
ところで、箱根でランド発行のレクチャーノートはどのようなものが販売されてましたか。
差し支えない範囲で教えてください。
宜しくお願いいたします。

投稿: | 2008.04.07 22:33

とりあえず名前を入れて下さい。任意となっていますが、名前が入っていないと、質問にも答えない場合があります。
今回のレクチャーノートはGaetan Bloom師のものだけでした。読んだだけでは微妙な内容なのかもしれませんが。

投稿: HIGE | 2008.04.07 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16回新・箱根クロースアップ祭:

« Trespassing | トップページ | 第16回新・箱根クロースアップ祭2 »