« 購入した物など | トップページ | 驚愕のマネークリップ »

2008.03.24

第3期の終わりに(第6回マジックスウィッチ)

陽射しも穏やかになり、桜の花も芽吹く頃の2008年3月23日(日)は、第6回マジックスウィッチでした。1月と2月は中止になってしまいましたので、約3ヶ月ぶりに開催されました。今回もどうなることやらと思っていましたが、無事に開催されました。そして同時に第3期の終わりです。普通にそのまま終了してしまったのが、とても残念でしたが、まぁこういうのもありかなと。また、会場も小さい部屋に、30人くらい集まっていました。

久しぶりにお店も出ていたので、久しぶりにお買い物。ちょうど予備を探していたホーミングダイスがあったので、即お買い上げ。これはもしかしたら2セットあると、変なことが出来そうな予感もしているのです。大抵こういうのは2セット購入するのですが、2セット目を購入する前に売っていなくて、探していたのです。その他にも、テンヨーの絶版商品とかを購入しました。そこそこ良い物が購入出来たのかなと思っています。

今回は、結構普通のプログラムで進行していました。つけとどけ紹介から始まり、ディーラーショーや自慢の逸品コーナー。自慢の逸品コーナーでは、先日David Roth師にコインボックスのケースにサインをしてもらったので、それを自慢してきました。また、David Roth師はトランプにサインする時は、クラブのエースにしかサインをしてくれないのかと言った小話をしてきました。

その後、休憩を挟んで、何故か突然始まったビンゴ大会。何だかよく判らないまま進行に身を委ねていました。が結構な時間が経っても、誰もビンゴ者が現れずにビンゴカードに穴が開いていきます。自分のカードがビンゴになった途端、「おぉようやくビンゴだ」と思っていたら、ほぼ会場にいた全員が同時に「ビンゴ!!」と言って、立ち上がります。なんと、このビンゴ自体がそういうマジックだったようで、どよめく会場。いやー驚きました。ビンゴマシンを見る度に、こういった現象は妄想していたのですけれど、実現方法が思い浮かばずに、数年放置していた状態だったので、ちょっとこの方法に興味があります。

その後は披露しちゃおう会。と言うか、ビンゴもそうだったのかもしれませんが。そこで私は、暖めているESPのルーティンをやろうかどうか、直前まで迷っていました。まだまだ演出、手順を含め未完成なのですが、一回見てもらって、手直ししようかなぁと思っていたのですが、ちょうどESPカードを使用したマジックが直前に行われていたので、いつでも出来る「驚愕のマネークリップ」を持っていたから、そちらに路線変更。こちらは近いうちに台詞を含めてレビューする予定です。

そうこうしているうちに、第3期のマジックスウィッチも終了です。さてさてマジックスウィッチは、今後どうなるのか?そして第4期はあるのか?それは公式発表を待ちましょう。

|

« 購入した物など | トップページ | 驚愕のマネークリップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3期の終わりに(第6回マジックスウィッチ):

« 購入した物など | トップページ | 驚愕のマネークリップ »