« CLONE COIN | トップページ | レクチャーに向けて »

2008.03.16

ハーフ&ハーフ

そろそろPCの買い換えを考えた方が良さそうな感じになってきた。結構頻繁に電源が落ちてしまうので、もうどうしようもないのかなぁ。でも落ちない時は落ちないから、なかなか踏ん切りもつかない。ファンの音がちょっとうるさくなってきたので、もしかしたらファンを交換したら、落ちなくなるかもしれないので、とりあえずファンを買ってくるとするか。これで落ちなくなってくれれば助かるのだけど。

Rimg5608それはそうと、ようやく探していた「ハーフ&ハーフ」のコインがみつかりました。道具は見失うけどなくさないのです。極希になくしたりしますけど、ほとんどが見失っているだけです。解説書は確保していたけど、コインを見失っていました。逆にコインがある時は、解説書がみつからないという悪循環を数ヶ月経て、ようやく解説書とコインが一緒になりました。今後は一緒に保管しておくことにしよう。他にもまだまだ、解説書だけだったり、道具だけだったりというのがたくさんあるので、ちょっとずつ何とかしたいところです。

「ハーフ&ハーフ」は数年前にフレンチドロップで購入。4年くらい前かなぁ。値段はいくらだったのか忘れましたが、この手の物にしてはそんなに高くなかったと記憶しています。全ての記憶が曖昧です。今頃レビューしていても、既にフレンチドロップでは売っていないのですが、何せ今更みつかったものですから…。

現象は、チャイニーズコインとハーフダラーのトランスポジション現象が解説されています。かなり楽に、そして瞬間的に変化したように見せることが出来ます。また演技中に両手をあらためられるのも良い感じです。以前レビューした「DIGITAL DISSOLVE」に似た感じです。ギミック自体はほぼ一緒ですが、こちらはチャイニーズコインなのに両手があらためられるところがミソ。「DIGITAL DISSOLVE」の方が出来が素晴らしいですが、これと全く同じ事は出来ないのです。出来ない事もないけど、一工夫必要になります。銀貨を選ばないところを考えると「DIGITAL DISSOLVE」の方が使いやすいかも。

で久しぶりに解説書を読んで、軽く練習しながら、「DIGITAL DISSOLVE」と組み合わせてみたら、物凄くジャストフィット。気持ち悪いくらいにピッタリしてるなぁと思っていたけど、使うコインを考えたら当たり前か。特に何も思い付いていませんが、変なスペルバウンドが出来そうです。この組み合わせは他にも色々と使えるかもしれないので、少し遊んでみたいところ。

|

« CLONE COIN | トップページ | レクチャーに向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーフ&ハーフ:

« CLONE COIN | トップページ | レクチャーに向けて »