« もう買う | トップページ | 峠は越えたか、いやまだか »

2008.02.28

読ん読

ステキなくだらない言葉を思い付いたので、早速タイトルに浸かってみた。「積ん読(つんどく)」の発展したバージョンで「読ん読(よんどく)」です。「積ん読」だと買ってきただけで読まないのですが、「読ん読」だととりあえずは読むのです。内容が頭に入っていようがいまいが関係なく読むのです。だいたいのイメージで、あれはあの辺にあったとか、これはこの本に載っていたとかを何となく覚えるくらいで良い。そうすると、その後に思い付いたことがあった時に、どの本のどの辺を読んでみれば良いのかが判るので、こりゃ便利。

特にマジック関係の本だと、読んでいる時は興味がなくても、後日気になって、読み直そうと思った時には、まずどの本を読めばいいのかが判らなくなることが多々。つい最近も、どこかの本に載っていたのは覚えていても、どの本に載っていたのかが判らなくて、結構な数の本を見ていたのですが、結局判らなかったことがありました。そういう時のために、これからはイメージで覚えるようにしておきます。書いてある内容を覚えるのではなく、書いてある本とページを覚えるのです。あんまり役には立ちませんが、色々と情報を詰め込んでおかなくても良いので、楽です。

と言うわけで、これからは「読ん読」です。とりあえず松田道弘師の「松田道弘のシックなカードマジック」を読み終えたばかりです。隅から隅まで読んだわけではないのですけど。今の自分にはあまり興味のないような解説の部分は、結構すっ飛ばしたりしてしまいました。でも現象は一応読んで、ある程度頭に入れておきました。後日、読み返すことになった時のための「読ん読」ですから、忘れないようにするだけです。もし、忘れてしまったら、もう一度読む楽しみがあるということになるので、お得です。

今回の本は、何だか表記のゆれが多かったようなそんな気がしました。「インターレスト・バニッシュ」と「インターレースト・バニッシュ」は違う技法なのかと思ってしまったりすることがありました。マジックの方は、結構大変なものが多いかもしれません。難しい技法も、ここで「~を行います(~の部分には難しい技法を入れよう)」とさらりと書いてあったりします。個人的には第1章と第10章のマジックが良いかなぁと。最後のクロック・トリックは面白かったです。

そしてこの勢いで、「積ん読」から「読ん読」へと、溜まっている本をシフトさせていかないといけないなと思ったり。今まで読んだ本も、ある程度頭に入れるのも必要なのかもしれない。「松田道弘のオリジナル・カードマジック」も読んでないし、「世界のカードマジック」もまだ買ってないし、思っていた以上に読まないといけないかもしれないです。

|

« もう買う | トップページ | 峠は越えたか、いやまだか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読ん読:

» 読みのリンク集 [読みまとめさいと]
読みのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008.03.02 13:18

« もう買う | トップページ | 峠は越えたか、いやまだか »