« ジョジョの奇妙な冒険のタロットカード | トップページ | ピアノトリック »

2008.02.17

無理解と理解

Rimg54612月16日の正式な発売日にAmazonから「ルービックマジック」が届いた。これは未開封状態にしておこうかと思っていたけど、先日購入した物のがたつき具合が異常なこともあって、ちょっくら較べてみた。やっぱり1個目のがたつき具合が異常過ぎることが判明した。やっぱり個体差だったのか…。写真のように、妙に隙間があったり、ずれていたり…。自分が購入してるからがっくりもくるけど、他のがそんなことないなら、まぁ良いか。これからはパッケージの中を凝視して、吟味してから購入しよう。なんかこう、色々と形を作っていても、平面にして置いてみても、物凄くずれている。そして動かし難い。パタパタやっていると、本当に壊れそうなので、あんまり触りたくない反面、これなら壊れても良いかとも思えるジレンマ。未開封・保存用にもう一個必要になってしまいました。しかしながら、不思議な動きを全く理解出来ない…。

話はガラリと変わって、何故か半日くらいDai Vernon師のTriumphを練習してた。ここ最近はシステムやら、ESPカードばっかり触っていたから、急にテクニカルなものを練習したくなったのだと思う。ずいぶん前に練習していたことはあったけど、John Bannon師のPlay it Straightを覚えてからはそればっかり。またTriumphから派生したもっと楽なマジックやら、ギミックの使用などを覚えてからは、元のTriumphはやらなくなってしまっていた。原作のあのトライアンフ・シャッフルがどうにも難しいと思っていたので敬遠気味でした。ギチッとなってしまったりするのが多くて断念したような。

そして練習を地味に続けていたら、今更ながら、このマジックの完成度の高さに気が付いた。全ての動作が計算され尽くしているというか、とにかく無駄が無い。あらためて練習したら、原作の偉大さにようやく気が付いたといったところでしょうか。タイトルのTriumphとは、まさにこの事だなと思いました。まだまださりげなく行えるようにはなっていませんが、ちょっとは形になってきたのかもしれないけど、難しいのには変わりない。とりあえず飽きるまではやってみようかと。

|

« ジョジョの奇妙な冒険のタロットカード | トップページ | ピアノトリック »

コメント

本日ビックカメラで、スキューブとともに購入したRMは綺麗に折り畳めました。ついていた冊子の30種以外にも6種のフォルムの画像を
ストックしてました。試してみます。

投稿: SACCO | 2008.02.17 18:03

SACCOさんどうも。
ルービックマジックを入手出来ましたか。今のところ適当に動かしていると、色々な形にすることは出来ますが、意図的には出来ないので、少々困っています…。思い通りに作れたら楽しいだろうなぁと思いながら、私もちょこちょこ試しています。

投稿: HIGE | 2008.02.17 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無理解と理解:

« ジョジョの奇妙な冒険のタロットカード | トップページ | ピアノトリック »