« 幕張大道芸フェスティバル2008(その1) | トップページ | ライブ・ワークス2 »

2008.01.05

幕張大道芸フェスティバル2008(その2)

Rimg50482008年1月3日(木)に、イトーヨーカドー幕張店にて、幕張大道芸フェスティバル2008新春が開催されたので見に行った記事の続き。引き続いて、ダブルソースを観覧。パオパオ堂のしょうたろ~さんと、サンキュー手塚さんのユニットです。年に一回しか組まないとか言っていた。基本的には手塚さんのネタを踏襲して、二人でパフォーマンスを行っていた。…ような気がする。最後まで笑いながら、楽しく見ることが出来ました。

Rimg5071次は、桜子さん。合い言葉は「桜子フラッシュ☆」。小さな身体でとてもパワフルなジャグリングを行っていました。名前だけは何回か聞いたことはあったのですが、拝見するのは今回が初めて。一度見たいなと思っていました。バルーンモデリングから始まり、デビルスティック、スピニングプレート、クラブ、ユニサイクルに乗ってのクラブと様々な技を披露。そして、悪の怪人マクハリータから地球を守った美少女戦士桜子。普段ならこういう設定はスルーしながら見るのですが、桜子さんがやっていると、何となく引き込まれてしまう。きちんと「桜子フラッシュ☆」と叫びましたとも、えぇ。

Rimg5187この頃から、尻の痛さが限界になり、立って観覧することに。続いて、キシタカ(和)さん。かなりお正月らしく、和風なマジックや、傘を使用したり、駒やセンスや刀を使用していました。この方も名前だけは知っていましたが、初観覧。非常に安定したパフォーマンスで、何となく安心感があり、楽しく見ることが出来ました。「(和)」じゃないバージョンも見てみたいと思いました。

Rimg5235そして、最後の最後に、サンキュー手塚さんのパフォーマンスです。こちらでは、細かい、非常に細かいネタを多数披露していました。細かすぎて、少し目を離したら判らなくなるくらい。だがそれがいい。よくよく考えたら手塚さんのパフォーマンスを見るのも久しぶりだったりして、堪能させていただきました。面白い。

Rimg4712後は、会場内で、昼食を取っている最中にバーバラ村田さんを見かけたので、同じテーブルに来てもらい、正面に座ってもらったり、謎のキャラクターらびまるを見かけたりしました。らびまるはもしかして、凄いアクロバットをやったのかもしれない。もしかしたら、凄いジャグラーなのかもしれないとの期待もありましたが、会場内をフラフラしているだけでした…。ナランハも来ていましたが、マニアックな道具は持ってきていないとのことで、買い物は無し。とりあえず年頭からとても満足度の高いパフォーマンスの数々を見ることが出来て、とても楽しかったです。また来年もあるのなら行ってみることにしよう。

|

« 幕張大道芸フェスティバル2008(その1) | トップページ | ライブ・ワークス2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕張大道芸フェスティバル2008(その2):

« 幕張大道芸フェスティバル2008(その1) | トップページ | ライブ・ワークス2 »