« 折り | トップページ | 幕張大道芸フェスティバル2008(その2) »

2008.01.04

幕張大道芸フェスティバル2008(その1)

2rimg47392008年1月3日(木)に、イトーヨーカドー幕張店にて、幕張大道芸フェスティバル2008新春が開催されたので見に行った。結構家から距離はあるが、とある目的を果たすためと、初めて拝見する加納真実様のパフォーマンスを楽しみにして、ウキウキと出かけていきました。また、屋内で開催されるので、会場がどういった感じになるのかが予想もつかなかったけど、本当にエレベーターの前でパフォーマンスを行っていました。思っていたよりも人数が集まっていたので、びっくり。投げ銭は無し。

Rimg4681一番最初のなななさんは、正直どうなんだろう?と思いつつも面白かった。会場に到着するなり、物凄い笑顔で会釈されたので、思わずこっちも笑顔で会釈してしまった。誰か知り合いでもいるのかと思われるくらいの笑顔。これで見ることを決定してしまいました。パフォーマンスは、バルーンから、妙なかぶり物(元々全身が唐草模様でしたが…)が獅子舞に変化したり、
最後は、如意スティックの演技。子供の突っ込みが激しい中、淡々とこなしていく。予備知識無しで見たのが良かった。

この後、昼食休憩をしていて、コージ・コーヨー・mamiカノーに間に合うように会場に到着。既に伊藤祐介君のパフォーマンスが始まっていたのですが、後ろの方に加納真実様を発見して、走り寄っていってしまったので、最後の最後しか見ていなかったのですが、かなり凄いことをやっていたので、今度はきちんと全部見てみたい。ちょっともったいなかったと思いました。

Rimg4737コージ・コーヨー・mamiカノーは面白すぎ。登場時は全員青ジャージ。そして青ジャージのまま、3人でダッシュしまくったり、準備体操したり。前半は、個々のパフォーマンス。加納真実様は、「せんたく」のパフォーマンス。今回は、「せ」「ん」「た」「く」と1文字ずつ表示してから、パフォーマンスが始まりました。判りやすい。山本光洋さんは、個人的に大好きな「チャーリー山本」のパフォーマンス。光洋さんのアドリブが妙におかしい。ふくろこうじさんは、「段ボール」のパフォーマンス。これは初めて生で体験しましたが、徐々に面白さが判ってくると言う感じでした。

Rimg4903そして後半は、初めて見るコージ・コーヨー・mamiカノーの3人のパフォーマンスでとても面白かった。と言っても、mamiカノーさんは、座っている場所の向こう側にいたので、見えにくかったのですけれど。青ジャージじゃない姿は久しぶりに見た気がする。衣装も似合っていてキュートです。途中からふくろこうじさんが倒れて、観客がひっぱり出されて、次にmamiカノーさんが倒れ、更にもう一人観客がひっぱり出されて、最後には山本光洋さんが倒れ、残った二人の観客が新たに観客をひっぱり出してのパフォーマンスが妙に面白かった。どこで終わるのかと思いながらも、行く所まで行ってしまえと思った。

パフォーマンスの終了後、加納真実様に誕生日プレゼントを渡すべく、駈け寄って行く。プレゼントは買っておかないとなぁと漠然と思いながらも、年末年始を挟んですっかり買うのを忘れていたので、とりあえず家にある物を考えて、よぐちさんのアクティブレーザーアートの「ネズミ」をプレゼントしました。動く様子にびっくりしながらも気に入ってもらえたようでした。やっぱり初めて見る人にはインパクトあるよなぁと思いつつ。自分用にまた入手しておかないと。

Rimg4936on-saは、ハードパンチャーしんのすけさんchieさんの二人で行うデビルスティック。序盤はしんのすけさんのみで、クラブやカップでのジャグリング。途中から鏡を思わせる二人のシンクロするパフォーマンスが長くてちょっと中だるみした意外は楽しかった。鏡の中と外でシンクロするデビルスティックは結構凄い。その後、鏡の外(設定上ではそうなるのかと)で二人でのデビルスティックもステキ。そういえば大道芸であんまりデビルスティックを使った演技ってのは見たことがないかも。

と言うわけで盛りだくさん過ぎて、とてもじゃないけど書ききれないので、翌日に続けます。

|

« 折り | トップページ | 幕張大道芸フェスティバル2008(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕張大道芸フェスティバル2008(その1):

« 折り | トップページ | 幕張大道芸フェスティバル2008(その2) »