« This year's ambition | トップページ | 折り »

2008.01.02

カクテル・セレクション

Rimg4676年末に突然購入した「カクテル・セレクション」です。mMLで購入しました。定期購読会員価格1190円。ちょっと前から気になってはいたのですけれど、なかなか購入までには至らなかったのですが、実際に見せてもらってから、かなーり不思議だったので、早速翌日には注文してしまいました。2007年は、もう買わないつもりだったけど、こんなの見せられたら買うわ。デビッド・マン師考案の「What's on Tap」というパケットマジックの日本語版です。元のマジックは知りませんけれども、カクテルってのが良いですね。

現象は、1枚のカードに8種類のカクテルが書かれているカードが8枚あります。観客にカードを見せて、心の中で1つのカクテルを決めてもらいます。決めてもらったら、観客に1枚ずつカードを見せて、心に決めたカクテルがあるかないかを質問します。観客が「ある」と言った瞬間に、観客の決めたカクテルが判ってしまいます。ズバリと言い当ててしまいます。

これは巧妙に出来ているし、非常に簡単なので、良いですね。最近はどうも簡単に出来るマジックが楽でいいやとか思ってしまいます。気にならない部分がないわけではありませんが、観客としては気にならない部分だと思います。実際に見た時もそれは気にならなかったので、演じる側が思っているほど気にならないのでしょう。書きたいけど、なかなか書けない部分なので、買った人には判るでしょう。赤黒。

他の方の買った感想の記事とかも読んでいたのですが、私にはさっぱりの原理でした。何となくは感ずるところはあるのですが、詳しく解説を聞くまで理解出来ませんでしたし。単に頭が悪いだけです。見た人がこれにすぐに気が付くものなんでしょうかね。こういった原理はあんまり触れていないし、あんまり深く考えないようにしていたりするのです。あんまり原理を考えるよりも演出の方を考えたいとか思ってしまうのです。ま、気づかれても気にしない。

|

« This year's ambition | トップページ | 折り »

コメント

改めまして、明けましておめでとうございます。
カクテルセレクション手に入れたのは夏だったのですが、諸々の事情でさわり始めたのが12月29日だったりしますw
んで、翌日、あの集まりで演じたのですが、私もあの赤黒にものすごい抵抗を感じました。ただ、見ていただいた方は、さほど気にはしていなかったようなので(そういうフリをしてくれていたかもしれませんが・・)、おっしゃるように、演じる方が気にしすぎるのかもしれません。
もっとうまい演出方法(意味付け)があると良いですね~。

投稿: 高木 | 2008.01.02 10:22

明けましておめでとうございます。
たけぞうでございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さてさて、私も赤黒は最初気になったのですが
ちょっと薄暗いBarでやったみたところあまり気にならずにかえって綺麗にみえたりしました。
カクテルセレクションという名前通りBarで演じる設定で作られたのかも・・と思ってしまいました。

投稿: たけぞう | 2008.01.02 15:45

高木さんどうも。
ほぼ同時期に触り始めていたのですね。おそらくあれは、演じる方だけが気になる部分だと思います。特に言う必要も無いのかなと。表裏くらいに思ってもらえれば良いのかと。

たけぞうさんどうも。
確かに薄暗いところで行えば、全く気にならないですよね。場所もぴったりとマッチしているので、最適ではないかと思います。マジックは演じる場所も重要ですね。

お二方には昨年はお世話になりました。
また今年もよろしくお願いします。

投稿: HIGE | 2008.01.02 18:57

あけましておめでとうございます。今年も大いに楽しみにしています。
日曜手品師さんの方にも書きましたが、こちらにも書き込ませてくださいね。
カクテルセレクションならぬ、「カントリーセレクション(日本語版と英語版2種類)」「動物セレクション」「野菜セレクション」「いんちきレストランメニュー」「ことわざセレクション」「昆虫セレクション」を作りました。裏表ではなく、カードは色違いで、二つに分け(上手い言い訳をするため)「?」にも凝って、いろいろなパターンを作りました。
果物でも作ろうとしましたが、64書類はきつかったです。
今度お会いしたとき、見てください。

投稿: みきらん | 2008.01.04 23:34

みきらんさんどうも。
今年もよろしくお願いします。
この系統の道具は作ろうとすればいくらでも作れるのですけれど、64種類は大変ですね。実際は観客が選んだり探したりする手間を考えると、1枚のカードには5~6種類くらいが適当ではないかと考えています。
工夫も含めて、今度お会いした時に見せて下さい。

投稿: HIGE | 2008.01.05 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カクテル・セレクション:

« This year's ambition | トップページ | 折り »