« 第5回マジックスウィッチ | トップページ | そろそろ終いだ »

2007.12.25

雪物語(仮)

Rimg4646先日のマジックスウィッチの2次会で披露してきたマジックです。かつてないくらい壮大な構想のほんの一部分を切り出して、最後の部分だけを演じました。最後の部分を先に演じるのもどうかと思いますが、その辺は気にしない。とにもかくにもクリスマスっぽいイメージのみを考えて、あぁでもない、こうでもないと考え続けました。結局1週間前くらいに、段取りが決まって、そこから手順を作って、とりあえず完成したのは前日のミッドナイト。

大まかな流れはPaul Gertner師のTriple Die-lemmaの手順を参考にしました。クリスマスっぽいのが、なかなか思い付かなかったので、妥協してサンタ帽でTriple Die-lemmaをやれば良いかなと考えていたのですが、サイコロの色とサンタ帽の色が、両方とも赤で、色が被っているのが気になっていました。サイコロを雪玉っぽい素材で演じれば、それっぽく見えるのではないかなぁと思って、急遽白い球状の物体を色々と探すことに。結構白い色のボールってのがなくて、困りました。真っ白のビー玉でも良いけど、そうすると音にも気を使わなくてはならなくなるので、ビー玉は最終手段。また、発泡スチロールの球だと、軽すぎるし、スーパーボールだと、白は無いし…。

Rimg4650そこで思い付いたのが、紙粘土。紙粘土ならば、色もはじめから白いし、重さも何とかなるのではと思い、紙粘土を購入してきて作成しました。それが写真の雪玉です。紙粘土を探している最中に、アーチスタソフトという紙粘土にポピッと来たので、これを購入して買ってきたら、かなり良い感じのボールを作成することが出来ました。乾燥してもほんの少し弾力があり、また滑りすぎない感じも良い。着色も出来るようだし、大量に作れるし、これは良いかも。ただほんのちょっとだけ軽いか。好きな大きさのボールも作れるし。

本当は、雪の結晶を作って、そこから雪玉を3つ作り、今回の手順に繋がるのですが、序盤の手順は後から思い付いたので、出来ませんでした。雪の結晶を作る手筈は整えていたのですが、時間がなくて、練習することが出来なかったので、今後の課題だな。色々と考えるのは楽しいのですが、よくよく考えたら、毎月手順を考えているんだなぁ…。

|

« 第5回マジックスウィッチ | トップページ | そろそろ終いだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪物語(仮):

« 第5回マジックスウィッチ | トップページ | そろそろ終いだ »