« ワンココインルーティン | トップページ | Automatic Square to Jumbo Die »

2007.11.29

ワンダーパズル

Rimg4268先日toritoで購入してきた「ワンダーパズル01」と「ワンダーパズル02」です。小田原充宏師の作品です。写真はある種解答になってしまうけど、パッケージにも書いてあるから良いよね。しまう時にこのようにしまうと言うことで。とりあえず見かけた瞬間から気になっていました。いったいどういうことなんだろうと。ある意味理解不能な状態でした。

よくある敷き詰めパズルだったら、購入しなかったと思うのですが、これはひと味違います。余分な小さいピースが一つあるのですがポイントです。写真のように敷き詰められた状態に、この小さなピースが収まってしまうのです。これは未だに理解不能…。いや、縦横比が違うので、何となくは判るのですが、理解出来ません。何で入るの?と思っていても、ピッタリと収まってしまうから不思議です。とりあえずこの問題は解けました。解きましたと断言出来ないのがつらいところです。何となくやっていたら収まってしまいました。更にオプションパズルとして、図形作りの問題も20問以上収録されているので、長いこと楽しめそうです。

そういえばマジックでも、こういった面積が変わってしまうのがありましたね。大きいのは持ち運びも不便だし、何より値段が高いので、購入していませんけど。こういった物は、何となくは理解出来るのですが、きちんと説明するのが難しい。まぁ微妙な理解のままの方が、今後もこういったパズルを楽しめるので良いのかなと思っていたりして。全てを全て理解してしまうよりも、曖昧なままの方が良い領域もあるのではないかなぁ。と理解出来ない自分に言い訳。

|

« ワンココインルーティン | トップページ | Automatic Square to Jumbo Die »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンダーパズル:

« ワンココインルーティン | トップページ | Automatic Square to Jumbo Die »