« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.30

Automatic Square to Jumbo Die

これからの季節にピッタリくるようなマジックを探し続けています。HIGEです。テーマは簡単なんだけど、それをマジックに生かそうと思うと、なかなか難しい。カップ&ボールは去年やってしまったから、それ以外にしたいのですけど、何だか今年はカップ&ボールにちょうど良さそうなのがたくさんみつかります。去年は物凄く探した覚えがあったのに…。まだ思い付かないけどねぇ。

Rimg4289と言うわけで、先日購入した「Automatic Square to Jumbo Die」です。ダイスを使ったマジックと言うだけで購入してしまいました。しかもでかいときたもんだ。買わないわけにはいかないでしょう。$75でも高いとは思わないで買ってしまいます。いや、結構高いか。商品の写真を見た瞬間に、これは買わないとダメだと直感してしまったのです。ダイスのマジックは何故か色々と集めてしまっています。既にコレクターと化していますが、メンタルっぽいのは除外していたりします。買うとは言ってもそんなに商品も無いし、手順がメインだし、実はそんなに種類が無かったりするのですよねぇ。

現象は、よくあると思われる平面のサイコロの表を見せて、裏を見せてと続けていくと、サイコロの目がどんどん変わります。平面のサイコロをひっくり返す度に、1から6までの目が出てくるのです。その後いきなり、大きなサイコロが出てきます。この大きなサイコロの登場がちょっと面白いところです。機構は単純なのですが、この大きさが何とも良いですね。とは言っても、本当にこれだけなのです。

私は結構気に入っています。今回購入した道具の中では一番かもしれません。あくまでも現象は気に入っているのですが、どうにもこのサイコロが微妙に気に入らないというか、もう少し考えて作ってくれよと思ってしまいました。持っていない人には判らないかもしれませんが、最終形態が何であのような配置になってしまっているのかなぁと思ってしまいます。本当に少し気を遣えば何とかなる部分なので、ちょっと苦言を…。と言うか作り直したい気分です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.11.29

ワンダーパズル

Rimg4268先日toritoで購入してきた「ワンダーパズル01」と「ワンダーパズル02」です。小田原充宏師の作品です。写真はある種解答になってしまうけど、パッケージにも書いてあるから良いよね。しまう時にこのようにしまうと言うことで。とりあえず見かけた瞬間から気になっていました。いったいどういうことなんだろうと。ある意味理解不能な状態でした。

よくある敷き詰めパズルだったら、購入しなかったと思うのですが、これはひと味違います。余分な小さいピースが一つあるのですがポイントです。写真のように敷き詰められた状態に、この小さなピースが収まってしまうのです。これは未だに理解不能…。いや、縦横比が違うので、何となくは判るのですが、理解出来ません。何で入るの?と思っていても、ピッタリと収まってしまうから不思議です。とりあえずこの問題は解けました。解きましたと断言出来ないのがつらいところです。何となくやっていたら収まってしまいました。更にオプションパズルとして、図形作りの問題も20問以上収録されているので、長いこと楽しめそうです。

そういえばマジックでも、こういった面積が変わってしまうのがありましたね。大きいのは持ち運びも不便だし、何より値段が高いので、購入していませんけど。こういった物は、何となくは理解出来るのですが、きちんと説明するのが難しい。まぁ微妙な理解のままの方が、今後もこういったパズルを楽しめるので良いのかなと思っていたりして。全てを全て理解してしまうよりも、曖昧なままの方が良い領域もあるのではないかなぁ。と理解出来ない自分に言い訳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.28

ワンココインルーティン

昨日の記事のDVDのタイトルを思いっきり間違っていたHIGEです。記事自体は、土曜日に書き上げていたのですが、先に書くことが色々とあったので、昨日まで放置していたので、気が付くのが遅れました。何となく違和感があるなぁと思いながらも、自分の好きなタイトルに変えてしまっていたようです。まぁ大きく間違っていないのでこっそりと直しました。

3cm1で、前回のマジックスウィッチで披露した「ワンココインルーティン」の話。タイトルだけ読むと、駄洒落かよ!って思われがちなのですが、駄洒落じゃありません。お洒落です。ワンコのコインでやるからワンココインルーティンです。普通のワンコインルーティンを考えていて、何となくタイトルを思い付いて、実際に犬が描かれているコインを探し回ったのですが、手頃なサイズで手頃な値段のコインが無かったので作りました。小さいサイズだと、きちんと彫刻がしてあって売っているのは発見したのですが。絵は描いていただいて、シールに印刷して、真鍮板を貼り合わせただけですが、そこそこ良いんじゃないかと。サイズはハーフダラーとほぼ同じ。

前半は、普通にワンコインルーティンを行って、ジャンボコインでフィニッシュとはいかないで、その後に驚きの展開が!?と言う感じで手順を組みました。せっかく作ったので、大きくなってからも活用して、みんなに見て欲しかったのです。手順は適当に何とかなるくらいに考えただけなので、アラがたくさんありますけど、そこそこ楽しんでもらえたようです。自分でも気に入っている手順なので、もう少し何とかしてレパートリーにいれたいくらい。それには、きちんと練習しないとな。

というか、こうやってきちんとしたコインマジックを行ったのは初めてかもしれない。ちょこちょこっとしたのは、時々やっていたりしますが、未だに自信がありません。今回は実際に動画を撮ってみたりしたのですが、あまりにも酷かった。とてもじゃないけど、練習中の状態は見られたものではありませんでした。やっぱりまだまだ基礎から固めていかないとダメだなぁと実感しました。変なバニッシュをやる前に、普通のバニッシュを、普通に出来るようになろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.27

THREE BALL ROUTINE

とりあえず色々と購入した中で一番はじめに観たDVDがWorld's Greatest Magicシリーズの「THREE BALL ROUTINE」です。まさかこのシリーズで3ボールトリックが出るとは夢にも思っていなかったので、ちょっとびっくりしました。大好きなマジックですが、演じている人がそんなにいないような気がしているので、どういう人選になるのかなぁと思っていました。結局はJohy Thompson師とDavid Roth師以外は観たことなかったので、それなりに楽しめました。観たいと思った手順は結構買っているからなぁと思いながら。

現象については、ほぼ同じなので割愛します。フレンチドロップの解説がシンプルで判りやすいかと思います。基本的にはボールが手から手へと飛び移ったり、ツー・イン・ザ・ハンド・ワン・イン・ザ・ポケットだったり、最後に大きなボールが出てきたり、全部のボールが消えてしまったり。同じマジックを集めたのだからこうなってしまうのは仕方ない。また、座ってやる手順だったり、立ったまま出来る手順だったりと両方の手順が解説されています。そんなに変わりませんが、私の場合は座っていても、立っていてもどちらでも出来る手順を組んでいます。テーブルは必要になりますが…。

以下は特筆すべき現象部分だけを記述。

・Johnny Thompson - Balls & Net(from Commercial Classics of Magic Vol.1)…テーブルの代わりに薄いハンカチを使用して、両端を観客に持たせての演技です。(4/5)このスタイルで演じるのは、ある種憧れるスタイルです。観客とより近くなるために、色々と絡みやすくなるので良いのですが、何となく自分には合わないような気がしてるし、何より近くなることのデメリットの方が大きいわけで、まだまだです。

Three Ball Transposition – Fernando Keops(from Pure Magic Vol.3)…シャンパングラスと硬めのボールを使用しています。最後にはボールが大きくなってしまいます。(3/5)シャンパングラスを使用することで、小気味よい音がなかなか洒落たアクセントになっています。この人は外見から怪しさが爆発しているので、もう少しどうにかならないかなぁと、マジック以外のところがやたらと目についてしまいます。クライマックスのロード部分が非常に易しい方法なので、これは参考にします。

・The Three Ball Routine – Gary Ouellet(from The Very Best of Vol.2)…3ボールトリックとテーブル貫通が融合したような手順です。(4/5)映像とか手付きとかが若干古くさく感じますが、テーブルを貫通する現象と組み合わせたのは意外と良いかもしれません。何故か一番新鮮に見えました。ちょっと研究してみたいところ。

・Asteroids – Flip(from FLIP-PICAL Vol.6)…小さな銀のボールが3つに増え、それがちょっと大きくなり、更に大きなボールになってしまいます。(2/5)アルミホイルでボールを作っての演技です。うーん、これはこのシリーズに入れるべきなのだろうかと思ってしまいました。かなり印象が異なります。しかしながらFlip師はこのDVDシリーズへの出演率が高いなぁ。それだけ色々なジャンルをやっているからですかね。

・3 Ball Trick – Johnny Thompson(from Commercial Classics of Magic Vol.3)…王道な感じの3ボールトリックです。(4/5)何が王道なのかは判りませんが、非常にオーソドックスな手順に思いました。奇をてらわずにこういった感じで演じれば良いのは判っているのですが、私はどうしても変なことをやりたくなってしまうのです。

・The Balls In The Net – Dai Vernon(from Reverations Vol.3 & 4)…実際の演技はSteve Freeman師が演じているのをDai Vernon師が解説や補足をしています。(?/5)個人的にはHPCと3ボールトリックの組み合わせはないなと感じているので、やはりこれもどうかなぁと思ってしまいました。あの一瞬が妙に目に付くのです。観客にはどう見えているのかは、既に曇ってしまった目では何とも言えませんし、練習もしていないので、どう見えますか?とも聞けないし…。

・The Fabulous Three Ball Routine – David Roth(from Stars of Magic Vol.9)…以前書いた文章を読んで下さい。(4/5)とまぁ過去の文章にリンクを張ったのですが、なかなかに恥ずかしいことを書いているなぁと再認識。3ボールトリックについては、結構考えも変わりやすいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

第4回マジックスウィッチ

そこそこに暖かな陽に包まれた2007年11月25日(日)に第4回マジックスウィッチが開催されました。今回の参加者はだいたい20人強くらいだったのかな。場所は3月までは、かやの木会館で行われることになっています。だいたい月の最終日曜日だし、場所は確定しているので、予定も立てやすいかもしれない。

今回はちょっと、後ろの方でゲームやらをずっとやっていたので、あんまり書けないのです。初めの方はそれなりに見ていたのですが、中盤から後半にかけては全くと言って良いほど、何も見ていません。自分が演じるマジックまでは、そんな感じでした。そういった感じだったのです…。そういえば会場内でアンケートを取っていましたが、今後色々と意見が反映されてくれば良いかなと。

いつものようにつけとどけの紹介から。今回は、静岡で買った煎餅と、ゆかりでお馴染みの坂角総本舖さくさく日記です。小さいゆかりのような感じで、食べやすくて美味しかったです。その後に、ディーラーショーのコーナーです。今回は1人だけの寂しい感じになっていました。大量に物を持ってくる人がいなくなってしまったので、また来て欲しいところです。初めてのなにがしコーナーでは、ステージマジックやら、4つ玉やらを見ることが出来ました。続いてのレクチャーコーナーでは、広告の復活をレクチャー。ちょっとした工作で、手順さえ理解すれば、ほぼオートマチックで出来てしまうし、エンドクリーンの優れ物です。しかも会場にいた人に、実際に配って、実際に練習も出来るという段取りの良さは嬉しいですね。

でこの後に休憩に入ってから、ゲームをやり続けていたのです…。最後の披露しちゃおう会のコーナーまで、何が行われていたかは不明。時々歓声が上がっていたので、盛り上がっていたのでしょう。ゲームが一通り終了して、準備して、一つだけマジックをやって参りました。今回は「ワンココインルーティン」をやって来ました。誤字ではなく「ワンコ」のコインを使った手順です。現象的には気に入っているのですが、完成度が低かったので、反省点多々。この手順については、もう少し練習をし続けて、きちんと自分のレパートリーに加えたいところです。この後からはきちんとマジックを見て楽しみました。が既に終了直前でした。

次回は12月23日(日)です。クリスマス直前なので、何かそれっぽいマジックをこれから考えよう。さすがに去年と同じのは出来ない…こともないけど、違った感じのマジックをやってみたいところです。何かを思い付けば良いのですが、そこに至るまでがなかなか大変なのです。テーマと、それに見合ったマジックを結びつけるのが、なかなか難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.25

コスモの会

11月24日は、平野さんのお店「コスモ物産」の店じまいの在庫一掃セール(なのか?)である「コスモの会」に行って参りました。連日パズルを購入することになるとは思ってもみなかった。知ったのは昨日の夜で、何気なくJYUTAさんのページを見ていたら、そんなことが書いてあったので、行くと決めました。本当はマジックの練習しないといけないなぁと思いながらも、これで最後だと思うと行かなければ!となるのが普通です。極めて普通。極普通。11月25日も引き続き行われていますが、めぼしい物は無さそうです。もしかして、まだ出てきたりするのかなぁ。

13時頃に会場に到着したのですが、平野さんの元気な姿を拝見出来て何よりです。これからは店をやめて、イベントやパズルが販売されているところに立つとのことですので、情報を掴んだら会いに行きたいところです。とりあえず会場に入ってみると、それはもう雑然としていて、段ボール箱の中に詰め込まれた宝の山やら、テーブルの上に展示されている物、オークション用の一点物などが、所狭しと並んでいます。

開始と同時に行けば、それなりにもっと良い物があったのかなぁと思うと少し残念ですが、とりあえず会場では30点ほど、パズルやら、マジックの道具やら、訳の判らない物などを購入しました。値段は平野さんの感覚一つで決まります。手に持ちきれなくなったので、とりあえず精算しておこうと思って行くと、1000円で良いよと言われ、恐縮するくらいの破格値。こんなに安いなら、もっと買うぞ!と思って、色々探し続けていたら、結局30点ほどを4500円で購入してしまいました。安すぎる。

購入した物の中には、未だに現役で売られているパズルや、既に廃盤になっている商品、色褪せてしまった物など様々な物があります。既に持っているのに、パッケージが古いと言うだけで、キャストパズルを購入したり。そんなに興味も無かったからくり箱を購入したり、まぁ気になる物は片っ端から購入していました。他の方が買っている物に、物凄く欲しい物があったりして、悔しい思いをしたりと、まぁ色々と楽しかったです。パズルな財布と4ピースジグソーはちょっと欲しかったのに、パズルな財布は、ついついお奨めしてしまった…。

Rimg4242目玉となるオークションの商品がまた凄かった。平野さん曰く、「オークションでは、金額を吊り上げたいわけじゃない。みんなに見て欲しいから、なるべく会場に長く置いておきたい」とのこと。初日にオークションをやってしまったら、2日目しかこれない人は見れなくなってしまうので、そこは平野さんの配慮なのでしょう。とりあえず見るだけでも楽しいのですが、あれも欲しいし、これも欲しいと思う物ばかりです。20万円とかするパズルもあったので、さすがに手が出ませんが、1点だけこっそりと入札してきました。自分がお金を出すなら、これくらいと思う金額を書いてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.24

toritoへと

久しぶりにtoritoへ行ってきた。結構早い時間だったので、誰もいない貸し切り状態だったので、じっくりと店内を探索してきました。気になったのが、どんどん届く荷物です。もしかしたら、まだ公表されていない新作があるのかも?と思うと中身が気になってしまいます。さすがに聞けないから、気になりながらもパズルを物色していたわけですが。

Rimg4216今回一番驚いたのは、何気なく置いてあって、風景としてあまりにも馴染んでいたので、しばらく気が付きませんでしたが、写真の大きな不可能物体です。こんなに大きなのを見たのは初めてで、思わず写真に撮ってしまいました。しばらく眺めていました。ただでさえ大変な不可能物体なのに、これだけの大きさになったら、さぞ作るのが大変だろうなと思いました。東洋ガラスの高橋さんが作って、平野さんのところにあったのが、今はtoritoにあるとのこと。記憶を頼りに書いているので、もしかしたら間違っているかも…。

Rimg4230で今年も購入してきました。2008年版のキューブカレンダーです。ほとんどすっかり忘れかけていたので、微妙に入手出来ないかもしれないと思って、これを購入しに行きました。これは買い続けて3年になりました。毎年発売されるのかなぁと不安になりながら、出れば購入し続けるだけですけどね。

Rimg4234更に店頭で見かけて、あまりの美しさに購入してしまったのが、写真の右のTripleCs 444βです。3つの格子状の立方体ががっちりと組み合わさっていますが、これが上手いことすると取れるのです。初期状態はなかなかがっちりとはまって美しいので、まだ手を出していません。動かすのがちょっと怖いような。もう一つはRotary Cubeです。こちらは説明しづらいのですが、組み木になるのかなぁ。中に何かが入っていて、カタカタと音が鳴ります。内部構造を推理して、分解する物です。お店の人も説明しづらそうだったのが、外せて判りました。難易度は高くありませんが、美しいと思ったので買いました。

後はワンダーパズルを2種と、シルエットパズルを2種ほど購入して、帰ってきました。他にも欲しいのがあったのですが、グググッと我慢をしました。買いたいと思っていたパズルが、不可能に思えたので購入を見送ったのもありました。また、今は品切れ中のパズルも購入したいところです。来月入荷予定らしいので、再入荷案内でも見ながら、行く日を検討しようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.23

到着

久しぶりに海外から購入した道具が到着しました。道具と言っても、何故かDVDばっかりになってしまいました。道具だと思って購入したのが2点ほどDVDのみだけだったので、ほぼDVDになってしまった。まぁ気になっていたから、道具だろうがDVDだろうがどうでも良いのです。DVD7枚と道具が3点ほど。本当はDVDが後1枚、道具が後1点あるはずだったのですが、それはまた今度買うことにしよう。まだまだ円高になっているようだし、少しだけ安くなるメールも来ていたし、買う理由はある。

それよりも何よりも、民営化されてから初めて夜に道具を取りに行ったのですが、なかなか出てこなかった。自分の番になってから、少なく見積もっても、5分は待たされました。体感時間は10分以上に感じていたので、実時間としては半分くらいなのかなと。相変わらず24時間、好きな時に取りに行けるのは良いのですが、こんなに待たされるとは…。後ろにはどんどん列も伸びていくし、何だか私が悪いみたいな殺伐とした空気を感じました。

それはともかく、今回は厳選に厳選を重ねた物ばかりなので、期待も大きいのです。欲しくても、値段がネックになって、なかなか手が出せなかった物も購入出来たし、今すぐにでも観たい・弄くりたい衝動に駆られてしまうのですが、どうにも眠いので、何だか英語の解説を読むのが億劫でなりません。とりあえず寝て、3連休にじっくりといきたいところですが、休みが重なればそれなりに忙しくなるのでジレンマ。

まぁ購入した道具については、今後紹介していくつもりです。しかしながら、本当に良い物があった場合は、紹介したくなくなるかもしれません。紹介したからダメということもありませんが、しばらく黙っておきたいくらいの逸品も年に数度は購入しているのです。未だに黙っている道具もあります。逆に何度か記事にしているのも気に入っている道具だったりします。基本的に良いと思えば、大抵記事にしています。私が本当にダメだと感じた商品については、ちょろっと「ダメだ」と書いていたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

練習いらずの簡単マジック

ちょこっと時間があったので、本屋でも寄るかと思って、庄司タカヒト師の本「孫もびっくり!大人のための練習いらずの簡単マジック」でもあるかなぁと思って、探したらあっさりみつけてしまったので、中身も見ずに即購入してしまいました。書店の検索システムを使わないと判らないかなぁと思っていましたが、マジックのコーナーに売っていました。埋もれるようにして並んでいたから見逃すところでしたけど。

ざーっと目を通してみましたが、なかなか面白いマジックも載っているなと。即席で出来るマジック、サロンマジック、工作が必要なマジック、カードマジックとエキスパートマジックが収録されています。個人的には工作が必要なマジックの章が面白いと思いました。割りバニッシュとか矢八を使用したのとか。まぁ割りバニッシュは、工作することもなく製品を購入してしまったのですが。矢八は元々大好きな一品なので、じっくりと読んでみようかと思っています。あ、付録にページを切り取って出来るマジックが収録されているのが嬉しい。嬉しいけど、本を切るのはかなり抵抗があるので、作るか。

タイトルに「練習いらず」と書いてありますが、鵜呑みにしてはダメなことは、マジックをやっている人なら良く判っていると思いますが、ターゲットが非手品人らしいので、結構難しいのも載っているような気がします。スライハンドのみで行うのは、練習がいるでしょう。さすがに即席マジックは簡単に出来そうな感じです。この本にも載っているツー・イン・ザ・ハンド・ワン・イン・ザ・ポケットはかなり難しいと思います。未だに出来ている感じはしないまま実演していたりするし…。

マジックに多く接していくと、簡単なマジックなんか無いことを実感します。簡単な原理・手順等はたくさんありますが、実際にはマジックは演じるものだから、そこには観客にプレゼンテーションする難しさが常につきまとうので、結局簡単にはいかない。とあんまり関係ない話に脱線しつつあるので、この辺で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.11.21

期待値が高いもの

先週注文した期待の道具達がなかなか届かなくてやきもきしているHIGEです。先週注文したよなぁと思いながら、メールを見ていたら、注文したのは、15日だったから、まだまだ届かなくても普通かとひとり納得してしまったのです。気分的には14日の深夜に注文したので、そろそろ一週間経つのに!と思っていました。まぁじっくりと楽しみを待つか。連休中に少し弄くろうと思っていたので、連休前には届いてほしいが果たして届くのか?

ゆうきとも師のブログで、これから読むのが楽しみな記事がありました。これから休み休みでも良いので、長く続けて書いてくれると嬉しいなぁと勝手に思ったり。とここでお願いをしておく。あんまり見かけたことがない部分の話なので、個人的にも少し拘っていたりする部分でもあるので、非常に興味があります。

そうそうAmazonからメールが届いていて、「おとなのおりがみ 2」が発売されるとのことです。色々とお札での折り紙本が出ていますが、結局この方の作品が一番良いかなと思い始めています。とか何とか言いながら、出たら出ただけ購入してしているのですけれども…。一つでも折りたいと思うのがあれば買いと思ってしまいます。別に集めているわけでもないのに、ついつい購入してしまうのです。

あ、そういえば庄司タカヒト師の「孫もびっくり!大人のための練習いらずの簡単マジック」も出ているんだっけ。こちらも購入しないとなぁ。単純に読みたい。作者買いみたいなものかもしれません。でもなかなか探している時間がないので、どうにか3連休中に入手したいものです。買ったら買ったで、読む時間がないかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

無印良品のルービックキューブ2007

Rimg4204今年も発売されていたので、思わず買ってしまった無印良品のルービックキューブです。2100円。今年はとてもシンプルな包装になっていました。まぁ売っていたら購入してしまう悲しい性をどうにかしたいところですが、こればっかりはどうにもなりません。みつけ次第購入してしまうのをいい加減やめようとも思っているのですが、やめられません。まぁそんなに高い物でもないから買ってしまうのかもしれません。結局去年と同じでしょ?と思っても買ってしまいます。

Rimg4209で購入したのですが、並べて比較してみると、全然違います。全然というのは言い過ぎかもしれませんが、見た目ではっきりと判るのに、売り場で見た時は、全く判りませんでした…。記憶なんて当てにならないなぁと実感した次第。なんていうか去年よりも淡い感じになっていると言うか、薄くなっていると言うか。去年のを今見ると、随分と黒く見えます。しまった。こんなに違うのなら、保存用にもう一個購入してこなければならないじゃないですか。2個買ったけど、お礼として1個プレゼントしてしまったからなぁ。

更に近いうちにルービックマジックもメガハウスから再販されるとの情報があったので、記述しておきます。これはもしかして、あの昔の色で発売されるのでしょうか。そうだったら嬉しいなぁ。デザインは変えないで欲しい。しかしながら、もう20年も前のことなんですね。ちょっと前に無理して海外から、ガツンと購入しようとしていましたが、ちょっと我慢して良かった。まぁ家の中には保存用で後2枚ほど未開封の物があるんですけど、あの色が欲しいのです。早いうちに捕獲しておくことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.19

久しぶりに

Rimg4193今日は思いっきり久しぶりにコンタクトジャグリングの練習をしていた。写真はこの前静岡にて購入した100mmのアクリルボール。バタフライの練習はちょこちょこやっていたのですが、バタフライが全然上達しないので、遂に飽きてきていたところへ、色々な動画(知り合い含む)を見ていて、刺激されて、他の技にでもちょっくら手を出してみるかってことで、色々とチャレンジしてみた。お、これなら出来そうじゃんと思える技があったりしたので、そういった簡単な技から練習です。

とりあえず1ボールで出来そうな技から。バックトゥバックとか、ウォーキングハーフパイプとか、ウォーキングアイソレーションとかは意外と出来る気がしました。あくまで気がするだけで、客観的に見ると、きっとガッタガタなんだろうなぁと思いながら。自分でも判るくらいに滑らかさは不足しています。まぁ最初はこんなものだろうと勝手に解釈して、徐々に滑らかさを出していければなぁと。基本的な技だけでも組み合わせ次第で、面白くなりそうなので、ちょっと楽しい。

今は100mmのステージボールとアクリルボールを使用しているのですが、これの中間くらいの重さのボールも欲しいかなと思ってみたり。重差がありすぎて、ボールを変えた時に、感覚がおかしくなってしまうので、もう一つくらいあっても良いかなと思いながら、色々と物色したりしてしまいます。76mmのアクリルボールとかリジッドボールとかが欲しくなってきたのは、実にダメ人間らしい。

しかしながら、100mmのアクリルボールは重すぎます。ナランハのサイトで確認してみると、約654グラムもあるじゃありませんか。重いはずだよ、アクリルボール…。でもこの重さがあるとやりやすい技とかもあったりするので、侮れない。まぁ最終的にはこれを軽々と扱いたいとは思っているのですが、へたくそな時はこれを使ってる場合じゃないのです。一回足の上に落として、骨のところに当たって、声をあげてしまいました…。砕けるかと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.18

永遠に未完成

今年最後かもと思うと、地味に大分に行きたくなってきていて、もしかして行っても良いんじゃないの?とか思い始めているHIGEです。結構好みの人も出るし、スケジュール見ても全員回れそうだし、スペシャルショーも気になるなぁ。でもさすがに行けないかな。これからの季節は寒そうだし。どこか近くでやらないかしら。それも屋内で。

昨日に引き続き、地道にコインバニッシュ等を練習していたりしました。さすがにずっとやっていると飽きますが、コインマジックの醍醐味です。たった1枚のコインを消すことが非常に難しく、そして面白い。ま、未だに出来ていないのですが、いつか出来る日が来るのだろうか。そんな日は来ないと思いながらも、少しでも近づけたら良いなと思って練習中。

まぁ色々と本でも読みながら、どんなのがあったっけ?と思いながら復習のような感じでやっていました。本だけだとつらい気もしますけど、そこはイメージで補完。そんなこんなで今まで使っていなかった方法があったので、練習していたら、ちょっと変わった感じのコインバニッシュになりそうな予感。出来るようになったら、物凄い錯覚を生みそうな感じです。

まぁこれは練習したからといって、出来るのかどうかも不明。鏡で見ている分には、極希に自分でも「おっ」と思うこともあるので、精度が上がれば良さそうですが、自分でもどうやっているのかが正確にトレース出来ていません…。反復していけば、何とかなるんだろうか。それよりも何よりも、変な技法練習するよりも、基本的なものを練習していかないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.17

伝えることは難しい

何だか急激に気温が下がってきて、ようやく冬らしくなって参りました。ちょっと寒いくらいが好きなんですよね。そろそろ夏用のスーツだと寒くなってきましたよ。室内だと暖房が効いていて暑いので、まだ夏仕様。そんなことをしているから、若干熱が出ているようないないような…。風邪をひいたかもしれません。ここ数日の身体の痛さとか、眠気とかは、もしかしたら風邪だったのかもしれないと思い始めてきているHIGEです。

で先日から準備を始めているコインマジックですが、ようやく手順も固まり、後は練習を繰り返すだけになりました。道具もきちんと作成して、準備万端です。…と言いたいところですが、まだ迷っている部分があったりします。コインマジックを演じる時にいつも迷うのですが、台詞はどうしようかと。基本的に見ていれば判る(であろう)ことしか出来ないし、何を喋っていいのかがあんまり思い付かないのです。

特にコインバニッシュなんかやる時は、つい黙ってしまうのです。あんまり良い傾向ではないと思っていますが、喋ることも思い付かないしなぁ…。現象を説明してもくどくなってしまうだけだし。見ていれば判る部分については、無駄に説明しないようにしているのですが、そういう部分が連続する時は、ずっと喋らなくても良いのかなぁとか考えたりして。でもさすがにそれもどうかと思って、何か良いのがないかなぁと考えているのです。

基本的に手順を考える時は、冗長でも良いから、初めから終わりまでを考える。その次に、無駄な部分・説明を排除して、最後に台詞を考えるというような流れで、手順を作っています。というわけで台詞は最後の最後に作ります。なので一番最後まで悩むところでもあるのです。台詞の作り込みがやっぱり一番大変か。ここの出来次第で、伝えたいことが、伝えられるかどうかが決まってしまいます。

あ、それよりも前に、オチ(面白いと思える部分)が一番初めに思いつきます。この部分だけを表現したいがために、手順を作っています。それに付随して出来ることを考えていってから手順を作り始めるのか。本当はマジックの部分はいらないのかもしれない。オチだけを表現したいと考えている自分がいます。

あぁ、何だろうこのまとまりのない文章は…。こんなのじゃ伝わらないかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.11.16

久しぶりに注文した

結局あんまり我慢が出来なかったので、久しぶりにwarehouseに注文してしまいました。本当に久しぶりです。もうちょっと状況を見極めていようかなぁと思っていたけど、いい加減我慢が出来なくなりました。またSales Itemはいつなくなってもおかしくないので、ちょっとドキドキしながら待つのも身体に悪いかなぁと。もう少し円高になってくれると嬉しいけど、そこまで待てないし、そうなるかも判らないし。

実に4ヶ月くらいぶり?まぁその間にも、ちょこちょこと色々な物を購入しているわけだから、道具を買うのが久しぶりってこともないのです。最近は購入した物で、大ヒットと言うような物が無かったような気もします。まこういった道具は、購入した物の中で1割程度でも使えるのがあれば、御の字です。いや、使いこなせる道具が1割くらいしかないだけです。それでも買ってしまうのです。良く言えば好奇心旺盛、悪く言えば学習能力が無い。本当に買わなくても良いのにとすら思えてしまうけど、欲しくなるのです。

が、今回は欲しい道具が2つほど品切れだったのです。正確にはもう1つ品切れだったのですが、それはSales Itemだったので仕方ない。これはもう入手出来ないかもしれないけど。まぁどうしても欲しかったわけでもないから、いずれ買えれば良いかと思っています。でも気になるので、日本で売っている店で購入してしまおうかなぁとも考えています。さすがにそれだけ購入するわけにもいかないので、他にも何かを買わなければ…って思うのがいけないのかもしれない。ま、買いたい物も溜まっているし、他にも色々あるでしょう。一度買い出すと、堰を切ったように色々なショップに手を出してしまう気がします…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

大人の科学マガジンVol.17 テルミン

13日の夜から14日の昼過ぎまで、ココログのメンテナンスだったので、更新が出来ませんでした。すっかり忘れていました…。なんだか今月は日にちと曜日の感覚がなんとなくおかしいような気がします。疲れているのかなぁ。色々とやることもあるので、微妙に大変だったり。もちろん仕事以外で大変なのですが。

Rimg4170それはそうと、ちょっと前から気になっていた「テルミン」が付属しているのでついつい購入してしまった「大人の科学マガジンVol.17 テルミン (Gakken Mook)」です。この写真の不思議な箱は、アンテナがあり、そのアンテナに手を近づけたり、遠ざけたりすると音が高くなったり、低くなったりして不思議な音を奏でるのです。そしてテルミンは世界最古の電子楽器と言われています。テルミン博士が作ったからテルミン。判りやすい。

このシリーズは微妙に前から気になっていたのですが、購入までには至らず。あんまり興味がないのを購入しても仕方ないかなと思っていました。こんな風に気になって気になって仕方ないのが出れば、ちゃんと買うのです。今もあるのか判りませんが、学研から出ていた「科学」のような感じなのですかね。私は学習よりも科学派でした。なんだか懐かしい。

Rimg4169とりあえず組み立て式なので、早速開封して組み立てることに。ドライバー1本あれば簡単に組み立てられます。アンテナの取り付けが若干やっかいでしたが、あっさりと組み上げることが出来ました。後、必要な物は単三電池4本があればすぐにテルミンを演奏出来るのです。出来るのですが、本を読みながら、チューニングをしたのですが、なかなか上手くいかない…。実際にどういった音が鳴るのか判らないのも実はつらいのかもしれない。判らないなりにやっていたら、チューニングするところが軽く壊れた感じになってしまったかもしれません。動くから良いけど。とりあえず地味に触っていこうかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.13

RIBBON EDITION

Rimg4163先日東急ハンズで見かけたので、つい購入してしまったバイシクルのピンクリボンエディションです。735円。何故かカード売り場には売っていなくて、ピンクピンクしているところにあったので、見逃してしまうところでした。ピンクリボンって何?と思ってちょっと調べてみました。ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。斜字は引用。と言うわけで、女性の方は早期発見出来るようにしておいて下さい。としか言いようがないのですけどね。買ったら一部がどこかに寄付されたりするのかもしれませんが、よく判りません。とりあえずフェイスの色が白地だったので、これは意外と使えるかもしれないと思って購入してしまいました。さすがにフェイスもピンクだったら買わないけど。

Rimg4166で開けてみたら、結構えぐい色使いで、絵札はちょっと怖いかもしれない。そして全てのカードにシンボルマークであるピンクリボンが描かれています。数字のカードにも描いてあるのは余計だなぁとか思ってしまったりして。これを使ってのマジックは特に思い付かないので、特に使用することもないかもしれません。もうちょっとパステル調のピンクだったら好きな感じなんですけどね。それは既に持っているか。ま、とりあえずこれはいつかバイシクルのみで作るレインボーデックへの布石と考えれば良いのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.12

色々仕入れてきた

しばらくぶりに新宿ハンズやら、高島屋のテンヨーのコーナーに行ったりしました。約1ヶ月ぶりか?ハンズは店舗により売っている物に偏りがあるので、色々な店舗を回らないといけないのです。めんどくさいと言ったらめんどくさいのですが、店舗により重点を入れているのが違うから、面白かったりします。一気に買い揃えられたらそれはそれで便利なので嬉しいのですけど。

で帰り道に雨がザーザーと降ってきて、嫌だなぁと思っていたら、山手線が止まっていました…。何やら線路に人が立ち入った模様で、その人が保護されるまで電車が動かなかったので、30分ほど待たされました。途中で帽子を発見したとか無線が漏れてきたりして、逃げるなよとか思っていました。とりあえず雨には遭わずにすみましたけど。

本日は、マジックの道具に必要な素材を購入しに行ってきました。特に工作する必要もないかと思うのですが、思い付いてしまったからとりあえず作ってみる。使えるかどうかは作ってみないと判らないので、作ってみるつもりです。無理に出来なくても良いかなと思っているところ。こういう場合は失敗しても良いから気が楽です。

他にもパズルだとかデックだとかジャグリングの道具だとか本だとかマジックの道具だとかを購入してしまったので、結構な出費になってしまいました。こんなはずじゃなかったのに。まぁそれぞれを単品として購入する予定になっていたから良いのかなぁ。そのうち色々と紹介する予定です。まだ買ってきて、他のことを色々とやっていてどれもこれも触っていない状態なのです。本当は色々と弄くりたいのですけど。

とりあえず魔法のカレンダーだけを購入してしまいました。持っているけど、開けられないので、現行品なら開けられるかと思って購入しました。元のは福袋に入っていたのかな。応募していなかったような。そろそろ今年のプラスワンキャンペーンが終わってしまうから、そろそろ応募しておかないと忘れそう。また、天海賞の本を一冊だけ予約。受付の紙に「HIGEさん」と書かれているのですが、大丈夫みたいです。いつ入荷するのか判りませんが、また近いうちに行ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.11

丸くないのも良いかも

未だに静岡の疲れが取れていないのか、睡眠時間が短いから疲れているだけなのかが、微妙に判断出来ないHIGEです。おそらく疲れたまま疲れるようなことをやっているからいけないのでしょう。判っていますが、ついつい色々なことをやってしまうので、ますます時間がなくなってしまうのです。

それはそうと、天気も優れなかったので、久しぶりに溜まっていたDVDを観たり。観たのはコインマジックが中心です。ま、出来そうも無いような技巧的なものだったので、溜息しか出てきません。今はちょっと暖めているコインの手順があるので、少しでも参考になれば良いかなと思って観たのですが、逆効果だったかもしれません。あんまり変なことをやろうとすると、おかしくなりそうなので、影響は受けないようにしておきたいところです。

Rimg4147とか言いながらも、ついつい50ペンスを2枚も買っていたりもします。曲線的な7角形とでも言えば良いのでしょうか、ちょっと変わった形状をしています。安かったので購入してしまいました。若干の方向性があるものの、意外と使いやすいかもしれないなぁと思い始めています。ほぼハーフダラーと同じ大きさで、厚みが若干あるくらいです。ギザギザがありませんが、エッジが立っているので問題無いかも。もう少し購入してこようかなぁとか思っていたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.10

円高になってきた

随分長いこと待っていた円高の波が来ましたよ。もう少し進んでくれると待ってた甲斐がありますが、きちんと見極めないとまた下がるかもしれないので、適当なところで購入してみよう。この前PCをインストールし直したので、カートが空っぽになっていたので、拙い記憶で欲しいと思っていた物をせっせとカートに追加していたら、あっと言う間に$600オーバーしてしまったので、おそらく使わないような物は、後回しにして、何とか$350くらいに抑えました。新製品も出てきているし、悩む。まぁこれ以上増えないように、注文するまではあまりマジックショップは巡回しないようにする。ま、近々注文する予定です。

買おうと思っている商品の中で、個人的に注目しているのはL&LのWorlds Greatest MagicシリーズのThree Ball Routineです。 まさかこのシリーズでこんなのが出るとは思っていなかったので、ちょっとびっくりです。約半分ほど既に持っていたりするのですが、まとまっているので良しとする。まとまっているのが重要。そういえば以前このシリーズを全部購入しようと思っていましたが、さすがにそれは無理かなぁと最近気が付きました。本当に興味が無い巻には、お金が出せないなぁと。それにしてはそこそこ購入しているとは思います。記事にしていないのもちらほらと。

最近はそんなに買わないようにしているつもりなのですが、どうも周りからはそう見えていないらしい。今までに購入した物を放置しておくには惜しいと思われる物については、密かに練習しようと思っていたりするのです。決して練習しているわけではないのがダメポイント。なかなか練習する時間が取れません。とりあえず、こういった物があるなぁという認識だけでもあれば、いつかピンと来る可能性があるのではと信じています。極稀だけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.11.09

パステルルービックキューブ

風呂の中にクリスタルボールを持ち込み、アイソレーションの練習をしていて、軽くのぼせたHIGEです。ちょっと夢中になりすぎてしまいました…。周りに集中を乱す物が無いから、練習には最適なんじゃなかろうかと思っていますが、両腕の疲れはほとんど取れませんな。一長一短。

Rimg4135話は変わって、ようやく入手することが出来たパステルルービックキューブです。結構前から発売されていることは知っていたのですが、どこに売っているんだろうと不思議に思っていました。何やら百貨店に売っているとの情報は得たのですが、なかなか行く機会が無かったので、今まで見たことがなかったのですが、横浜の高島屋に寄ったらたまたまあったので、ついついついでに購入です。紙パッケージがコンパクトで良い感じです。2310円。

Rimg4140とりあえず1個しか購入しなかったので、開けるまいと思ったのですが、撮影のために開封。もう1個購入してくれば良いかと思ったので、開封してしまいました。とは言っても、まだビニールは破っていないのです。これはきちんともう1個購入出来たら、ちゃんと開けて回してみるつもりです。パステルカラーだけあって、なんだかほんわかした色使いですね。若干、色の判別が難しいかも。薄い青の対面が薄いオレンジ、黄色の対面が緑、ピンクの対面が濃い青となっています。ちょっとだけ配色が違うのかもしれません。

Rimg4141上の写真の反対側はこんな感じになっています。何だか本当にはっきりしない色なのですが、結構こういった感じの色あいは好きかも。純正のキューブだとつい購入してしまいます。最近は全然回していないから、また覚え直しになってきていたり…。そういえば、静岡での待ち合わせ時に、プロフェッサーを持っていることにして待ち合わせしたのですが、他にも持っている人がいたら判らないよなぁといらぬ心配等もしていたのです。さすがにいなかったのですが、パフォーマンスを待っている間にリベンジを回している人は見かけたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.08

きらめいた!3

ようやく通常更新に。

またまた変なこと、いや素敵なことを思い付いてしまいましたぁん。これは形にしなければいけないと思って、色々と必要な道具を調査してみたのですが、どうにも良い具合の道具がみつからないので、それなら作ってしまえと思い立ち、どうすれば良いのだろうと、頭の中で構想中です。やっぱりマジック以外のものに長い間接していると良い刺激になりますな。マジックする人は、マジックだけじゃなく、他の良いものに接しなさいという言葉を良く聞きますが、これは本当です。夢中になるのも良いけど、たまには外部の刺激も受けないとダメですね。

とは言っても、構想だけは以前から考えていたのですが、どうにもこうにも相変わらずの出オチ的な感じだったので、形にならないなぁと思っていたのですが、真剣に考えていたら、天から何かが降りてきた。まぁ独りよがりな感じも受けなくは無いのですが、徐々に形にしていこうかなと思っています。またしてもどうしようもない感じになりそうで、今から仕上がりが楽しみです。

今回はコインマジックなので、久しぶりにコインショップをはしごしました。竜五十銭が安かったので、ついつい2枚ほど購入してしまいました。1500円と2000円だったら安いと感じてしまうのは、大分金銭感覚がおかしくなっているのかもしれない…。でも安いうちに先行投資です。実際には、必要なコインを購入することは叶わなかったのですが、店の人に求めるコインがあったら教えてと言っておいたので、またしばらくしたら行ってみようかと思っています。妙に値段が高かったら断念せざるを得ないので、こちらは当てにしないで、無ければ作ってしまえと言うモットーで、必要な道具を作ってしまおうと思っています。

まぁさすがにコインを作るわけにはいかないので、その辺は色々と適当に作ってしまおうと思っています。本当は、ハーフダラーかワンダラーサイズで理想のコインがあれば良いのですが、時間とコストを考えるとどうしても作ってしまうかと考えてしまいます。後は必要になりそうな道具を色々と買い揃えて、試行錯誤するだけになってきました。ここからが長くて大変なんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.07

お土産

静岡でもついつい余計なものまで購入してしまったHIGEです。いや、余計なものなど無い。全部必要なものなのです。もしくは、今後必要になるであろうものなのです。というか既に持っているのに、静岡まで持って行かなかったために何だか欲しくなってしまったばかりのものです。毎年こんな感じで買っていくとしたらやばいので、来年こそはいくつかの道具を持って行こうと思っている次第。

静岡にあるナランハのショップは色々な意味で危険。とりあえず並んでいる商品を見てから、「あれ無いの?」と聞くと、結構色々な商品が出てきます。こうなってくると、ついつい色々聞いてしまうのです。そしてもう一つ、あのディアボロは結構危険だと思うんですが、実際にはどうなんだろう?子供達はかなり天高く飛ばしているので、ショップに近づくまでは危険。皿回しする人もいっぱいいるので、ちょっと怖かったです。

Rimg4125とりあえず何はなくともパチカ。何故また買うかは既に理由を述べたので割愛。去年購入したものは、黒と白だったのですが、よくよく考えるとあんまり良い組み合わせの色じゃないよなぁと思っていたので、新しいのが欲しくなっていたから購入してしまいました。様々な色があるから迷いましたが、結局写真の色に落ち着くことになりました。うん、これは良い感じの色の組み合わせだわな。

Rimg4123そして、神ことヴィクトル・キーの演技を見たら、いてもたってもいられない状態になってしまって、ついついロシアンボールを3つほど購入してしまいました。今冷静に思えば、道具を揃えても仕方ないのに買ってしまったのは、その時の心理状態がちょっとおかしかったのでしょう。まぁ普通に買うよりも200円ほど安かったのもきっかけになったのかもしれません。ロシアンボールは、普通のボールと違い、中に砂のようなものが半分弱入っているので、投げているうちに重心がずれますが、なかなかにキャッチしやすいかもしれません。もう少し買えば良かったかも。

Rimg4130更に、100mmのアクリルボールも何故か購入してしまいました。こんなにでかいアクリルボールを購入していったい何をやりたいのか判りませんが、おかしな心理状態だったのでしょう。4700円と聞いて、「こりゃ安い!」と思って、購入していしまいました。実際に安いとは思いますが、使えないんじゃないかなぁと今になって思ってきました。こんなの重くて使えないかもしれませんが、いつかどこかで使えたら良いのかなぁと思っています。まだビニールも剥いていない…。

Rimg4128最後は、jpmagicさんから本当にお土産としていただいた「Fujiyama Deck」です。色々とブログ上では交流しているので、せっかくだから会いましょうということになり、3日目の11月3日にお会いしてきました。想像していた通り(?)の方で、色々と大道芸について語ったり、マジックについてはほんのちょっと語ったりしました。その時に、貴重なデックをいただきました。本当にどうもありがとうございます。小一時間ほどしか会えませんでしたが、また機会があれば是非お話したいです。一個しかないから開封出来ないのです。

最後に神ことヴィクトル・キーの動画と、コメディな演技が魅力的なユーリの動画をアップしておきました。興味のある方は、ここをクリックして、ご覧になって下さい。もう少し動画で撮れば良かったなぁと。来年はビデオカメラも購入してから行くとするか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.06

大道芸ワールドカップ2007

大道芸ワールドカップ2007in静岡が終了してしまいました。本当に夢のような4日間で、楽しすぎました。来年も絶対に行くと心に決めました。来年も絶対に全部の日に参加するぞと誓いました。やっぱり平日の方が、人が少なくて、見る方にとっては都合が良いのです。土日は結構な人がいるので、1時間前くらいから場所取りしていないと、見るのは厳しいのです。以下は個人的に大満足したパフォーマーです。非常に偏った見方をしていたので、同じ人を何度も見ています。

Rimg3377何はなくとも加納真美様です。今回は毎日1回ずつ見ることにしました。さすがに全部のパフォーマンスには行けません。今回は、新作(?)の割烹着を着たパフォーマンスを見ることが出来ました。基本的に準備体操が1~2パターンで、恋人よ~割烹着~恋と続くパフォーマンスでした。そういえば初日には、プレミアムナイトショーで、Mに捧ぐもやっていました。最終日に急遽サイン帳を購入して、名前を入れたサインもいただきました。

Rimg3021そして、こちらも何故か毎日見てしまったダイアナ&ユーリです。初日は雨が降ってきて、ユニサイクルのパフォーマンスが無かったので、ユーリの演技だけだったので、しょんぼりとしてしまいましたが、ダイアナを見てから評価が一変しました。ダイアナが無茶苦茶キュートで、一気にダイアナファンになりました。その後も続けてみていたのですが、徐々にユーリのパフォーマンスが面白く感じてきて、ずっと見てしまいました。一緒に写真撮ってもらったり、サインを貰ったりして大満足です。

Rimg3888こちらは抜群に格好良かったストリートビートです。ニーノとロマノ・カーララのコンビです。ニーノのボイスパーカッションからパフォーマンスが始まるのですが、このボイスパーカッションが凄い!今まで聞いたことのあるものとはまるで違う音が奏でられます。本当にCDでも鳴らしているのではないかと思ったほどです。これだけでも聞く価値あり。そして途中からロマノ・カーララが登場して、ニーノのボイスパーカッションとロマノのスタイリッシュなジャグリングが渾然一体となって、素敵な空間を作り出しています。最終日にはストリートビートと一緒に写真を撮ったり、サインを貰ったり。

Rimg3072個人的に誰にでもお奨め出来ると思えるのが山本光洋さんです。誰にでも判る面白さなので、本当に楽しい。心の底から笑ってしまいました。特に、写真のあやつり人形の「チャーリー山本」のパフォーマンスは、写真を見ているだけでも自然と笑いが込み上げて来るほどに強烈な面白さでした。面白すぎ。一度どこかでパフォーマンスを拝見したいと思っていたので、念願が叶いました。追いかけてみたい芸人さんの一人になりました。

Rimg2943続いて、パヴェル&マルティナです。モンテからリング、縄抜け、拘束衣抜けからの衣装チェンジ、そして最後はオリガミボックスでの演技でした。唯一のマジックショーと言っても過言ではないかも。今年は若干マジックが少なかったような。しかしながら、マジックよりもマルティナが輝いていた感じです。アシスタントとしては、若干の天然が入っていましたが、マルティナなら許す。

Rimg2909本当に涙を流して笑えたのが三雲いおりさんです。個人的に大好きな芸人さんです。しかしながら、途中からで遠かったのでまともな写真がありませんでした。未だに最初から最後まで通しで見たことがないのがおかしい。色々な都合があって、見られませんでしたが、近くでパフォーマンスをやっていたら見に行こうと思っています。実際に涙したのは、3日目のプレミアムナイトショーの時です。ここでの三雲さんは、好き放題にはじけていて、それはもう面白すぎです。

Rimg2962こちらも物凄いパフォーマンスで感動したトリオ・チャーサールです。3人組ですが、前半は大サールと中サールによるジャグリングがメインです。後半のスプリングボードアクロバットは圧巻の一言。ドキドキしながらも、ワクワクして見てしまいました。ポンポンと空中を飛び回る様は、本当に凄い。プレミアムナイトショーでは、スプリングボードで大サールの上に中サールが立ち、その上に小サールがスプリングボードから飛び乗ったのが成功した時には、リアルに感動してしまいました。

Rimg3562今年の金賞のニーニョ・コストリニです。この人は本当に面白いのです。見た目に騙されてはいけません。写真と解説だけだと、そんなに興味を惹かれなかったので、去年はスルーしていましたが、激しく後悔していましたが、遂に今年は見ることが出来ました。始まりから終わりまで笑いが絶えません。本当に面白かった。実は火を使ったジャグリングと、バウンスジャグリングとかもやっていたのですが、そういったことも覚えていないほど楽しめます。金賞取ったから、来年も来るかと思いますので、また来年も見に行こうと思っています。

Rimg3615こちらはシルヴプレ。コント風に進んでいくパフォーマンスが楽しかった。妙にシュールで、つい笑ってしまいます。実は通しで見るのは初めてだったので、充分に堪能してしまいました。今まであまり見る機会が無かったので、かなり新鮮な気持ちで楽しめました。ダブルスは鉄板ですね。面白い。近くでやっていたら、見に行こう。

Rimg4096そして個人的一番の目玉のヴィクトル・キーです。しかしながら、初日から延期やら中止やらが多くて、途中でもう良いかなとも思っていたことも事実。最終日も、突然プレミアムステージに出演していたようで、たった一回しかパフォーマンスをしていませんでした。がしかし、この人は本当に凄い!超格好良い!まさに神業の如きのボールのパフォーマンスを見られて、幸せな時間を過ごせました。無理してでも見に行って、本当に良かった。

とまぁ他にも見たパフォーマーもたくさんいるのですが、あんまり書いていてもキリが無いので、これくらいにしておきます。来年は毎日綺麗に更新出来るようにノートPCを購入して、写真はPCに保存して、とかを考えています。来年は10月31日から11月4日までの開催らしいので、今からでも調整しておくが吉。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.11.04

ワールドカップ終了

Rimg3338無事に静岡から帰ってきて、快適に更新しているHIGEです。家に帰ってくると、嫌でも現実に引き戻されるのが辛いです。果たして明日から仕事に復帰出来るのかが非常に不安です。楽しみが終わると同時に、疲れがドーンと襲ってきましたよ。あぁ、こんなに疲れていたのかと再度実感することになりました。

それはそうと夢のような4日間が無事に終了しました。今のうちに3日目は、加納真美様から始まり、ダイアナ&ユーリ、ニーニョ・コストリニ、シルブプレ、カナ、最後にヴィクトル・キー&オレッグ・イゾシモフを拝見しました。最終日は復習の意味も込めて、ストリート・ビート、ダイアナ&ユーリ、加納真美様、ヴィクトル・キー&オレッグ・イゾシモフで〆。かなり偏った見方をしてしまったようなのですが、もう二度と見られないと思うと、もう一回見ておこうと変な気持ちになってしまって、あまり冒険しない方向で観覧してしまいました。

ここ何日間かは、読んでいる人にとっては、まるで興味の無い話が続いてしまうかもしれませんが、もう少し続けてしまいます。これだけで1週間は書けそうですが、さすがにそれは厳しいかもしれないので、適当に続けてから収まります。観覧したのはのべ25組、撮った写真の枚数は、1346枚になりました。かかったお金は計算したくないので、数えていません。何か最終日は気が緩んで、妙な物を購入したり、お土産いっぱい買ったりして、現金が底を尽きました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.03

ワールドカップ2日目

2日目は何とか天気も持ちこたえてくれたようで、雨は降らなかったです。とりあえず雨が降らないだけで、随分と快適な感じで観覧出来ました。とりあえず見た人だけを列挙。意外と重複していたり。

トリオチャーサールのジャグリングとスプリングボードアクロバット。続いて昨日見られなかった、ダイアナ&ユーリのユニサイクルを見ることが出来ました。これは色々な意味で凄い!堪能させていただきました。その次はTim Tamのアクロバットコメディを真横から見ました。何故真横かは今後書きます。

更に山本光洋さんを再度観覧。至芸は何度見ても良いですな。パベル&マルティナとストリートビートも再度観覧。何故か三連続で見ましたがどれも楽しいから良いのです。

ノアのポールアクロバットショーをジョセフコラールを待っている間にちらっと見ました。ジョセフコラールは高い技術のパントマイムが強烈でした。そして最後に加納真実様を拝見して〆ました。今さらながらサインもらったして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.02

ワールドカップ初日

ワールドカップ初日は大変楽しゅうございました。懸案となっていたチケット問題は、売場で名前を言ったら、あっさりと貰えました。他にもたくさんいたような感じ。

着いてすぐに加納真実様を拝見。始まる前に雨が少しパラついたので、いきなりレインポンチョを着ることになりました。ステージ上でやると結構遠く感じてしまいました。初めて見る割烹着の演技は面白かった!

そのままダイアナ&ユーリのユニサイクルが見たかったが、雨のためユニサイクルは無し。ちょっとしょんぼりな演技だったのが残念。きちんと見たいので、再度見ようと思う。

その後、ストリートビート、山本光洋さん、らんま先生、三雲いおりさん、パベル&マルティナを見ました。詳しくは帰宅してから書こうと思います。思ったよりも携帯で書くのはしんどい。

初日の〆はプレミアムナイトショー!これが最初から最後まで凄く面白かった!ちょっと司会が長く感じてしまったけどね。とりあえず初日はこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.01

はねないボール

心は既に静岡なHIGEです。先週辺りから、何故か色々な障害に阻まれてしまうので、まだ色々と何も決めていない部分があるので、色々と不安な面もありますが、行ってしまえば楽しいから良いのです。4日間でどれだけのパフォーマーを見ることが出来るのかなぁ。

R0012164さて久しぶりにマジックの道具を購入したので、書いてみようかと思います。さすがに全然書いていないのもどうかと思いました。テンヨーの新製品である「はねないボール」です。2100円です。値段だけ聞くと若干高いかなぁと思っていたのですが、実物はそれなりに大きさもあるので、4つあれば妥当な値段かなぁと思って購入してみました。基本的にボールのマジックは大好きだから放っておいても購入するのは時間の問題だったのかもしれませんが…。

現象は、3色のボールを示し、どのボールも良く弾むことを確認してもらいます。その後観客に一つのボールを選んでもらい、マジシャンがそのボールにおまじないをかけると、そのボールが弾まなくなってしまうのです。とまぁ商品名がそのまんまな感じですね。マジックが趣味の方ならば、一度はどこかで見たことある現象かと思います。よくあるのは、黒いボールで、弾ませてキャッチさせたりしますよね。色が付いているだけでも、ちょっと明るくなるようなそんな印象です。

購入した理由に、下村知行師の手順を読んでみたかったのもありました。3色になったことで、どういった手順になったのかなぁと興味がありました。結構あっさりとした手順が載っていただけなのが、少し残念でした。まぁこれくらいシンプルなのが良いのかなぁとも思います。この色構成なら、Sol Stone師のChaperoneも可能なのが個人的に良いと思ってみたり。ちょっと大きめですが、これなら出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »