« touchに触ってばっかりだ | トップページ | 素敵な人たちに会えた »

2007.10.06

RAINBOW IN YOUR HAND

Rimg1653とある記事を見かけて、一瞬で惚れ込んでしまった本です。ユトレヒトから発売している川村真司師の「RAINBOW IN YOUR HAND」です。しかしながら、本と言っても、読むところは無く、また延々と同じページが続くきます。表も裏も、表紙にあるカラースケールのようなものが真っ黒なページに印刷してあるだけなのです。一体この本は何をする物なのだろうと思います。本屋には置いてないのかもしれませんが、店頭でこの本が置いてあっても、全く用途が判らないし、狙いも判らないでしょう。そんな不思議な本(?)です。一般の本屋では扱いはないでしょう。私はYEBISU ART LABOというショップで購入しました。

これだけだと、惚れる要素がまるで無いのですが、この本は凄いのです。本のタイトルに書いてあることが実際に体験出来てしまうのです。この本の綴じてある方を持って、ページをパララーっと捲っていくと、あら不思議。残像が虹になってしまうのです。まさしく自分の手の中で7色の虹をかけることが出来るのです。素敵。ちょっとどころか、かなり感動しました。YouTubeに動画がありますので、説明されるよりも判りやすいので、こちらからどうぞ。何度も何度もパララーっとやってしまう、妙な中毒性もあるのです。

この仕組みを知った時は、何で思い付かなかったんだろう?と思わせるくらい単純ですが、なかなか思い付かない発想でした。パラパラ漫画みたいに、二次元的表現は良くありますが、まさかこのように三次元的な表現をしてくるとは思いませんでした。ここでちょっとしたミニ知識。虹の色が7色だと感じているのは日本人だからでしょうねぇ。国や文化の違いで6色だったり、5色だったり、まさかの2色だったりするようです。さすがに2色には見えないですが、この本はきちんと7色の虹があなたの手の中にかかります。

|

« touchに触ってばっかりだ | トップページ | 素敵な人たちに会えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RAINBOW IN YOUR HAND:

« touchに触ってばっかりだ | トップページ | 素敵な人たちに会えた »