« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

どうしよう大道芸

さてさて、最近はコインバニッシュの練習ばかりしているHIGEです。やればやるほど面白いのですが、面白いのは演者だけになりそうな気がしています。本当に基本的なものしか練習していないのですけどね。奥が深いったらないね。永遠に完成しないと思われる気がするようなことを感じたりもする今日この頃です。コイン1枚を消すのは非常に大変なことですよねぇ。もう何年もやっているのに出来ている気がしない。

11月1日から静岡へ大道芸ワールドカップへ行こうと思っているのですが、プレミアムナイトショーのチケットが10月30日現在届いていないので、31日には届いているかどうか非常に不安なのです。とりあえず、購入したショップにはメールを出してみましたが、対応してくれるかどうかは微妙な感じです。本当に届かなかったらどうしたら良いのか…。

そして31日は準備に勤しむ予定です。まだまだ全然準備なんか出来ていないのです。3泊4日なので、結構な荷物の量になるかと思いますが、夜だけで終わるのだろうか…。あ、新幹線の切符もまだ買ってないや。とりあえず昼休みに買出しを出来るだけして、夜は早く帰ってくることにしようと思っていますが、そんなことが可能なのかどうかも不安になってきました。ま、買ってどうにかなる物は忘れても良いかという感じで適当にやろうとは思っています。後は天気さえ良ければと思っていますが、11月1日は雨の予報なのがちょっと残念なところです。晴れろ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.30

ハロウィン用

R0012162正確にはいつがハロウィンなのかを未だに把握していないし、何を祝うのかも何だか判りませんが、東急ハンズなどに行くと、ハロウィングッズがてんこ盛りなので、しばらく見ていると、なかなかマジックに使えそうな物もあるので、せっかくなので何か無いかなぁと思って、適当に買っては、これは使えないとか、これは使えるとか、色々と考えて、結局Cups & Ballsの手順になってしまう辺り、クリスマスの時期とやっていることは変わらないことに気が付いたHIGEです。

たまたまマチがあるカップが売っていたので、これは使えると思って購入したのは良いのですが、明らかにでかい。非常に使いづらいです。標準的な紙コップくらいの大きさであればちょうど良いかも。紙コップが余裕で丸々入ってしまうくらいに大きいので、なかなか苦労しました。とりあえずこういうのがあったら、使ってみたくなったので、これでいこうと思った次第。

で次はクライマックス用に何をどうするかと考えて、普通にでかい物を出してもあまりにも普通なので、とりあえずハロウィンっぽいお菓子を出してみることにしました。まぁロードが難しくなってしまうのですが、これだけ出したいと思っただけで、特に深い考えがあるわけでもなかったりします。それよりも何よりも一番の問題になったのは、ボールを使うかどうかです。

普通にボールを使っても良いかなぁと思っていた時期もありましたが、やっぱりハロウィンを象徴するものは、かぼちゃだろうと思って、色々なサイズのかぼちゃグッズを購入する羽目になってしまいました。写真で一番小さいのは、スーパーボールに手書きした物。その次に小さいのがキャンドル。その次がふにゃふにゃのストラップ。紐は取ってしまいました。一番大きいのがキャンドル風の光り方をするライト。

この中ではふにゃふにゃのストラップが道具として一番優れていたのですが、何しろ大きい…。カップに入れても音が小さいのがポイント。これを使っての変な技法と現象を思い付いたので、使いたかったのですが、大きいので断念。結局3ボールトリック用に購入したオレンジのボールに手書きで顔を書いて使用するのが一番具合が良かった。使い慣れている大きさだったし。2~3cmほどの大きさのかぼちゃグッズは結局みつけることは出来ませんでした。探すにしても、一年後…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.29

第3回マジックスウィッチ

台風一過で晴れ渡る空の下、2007年10月28日(日)に第3回マジックスウィッチが開催されました。今回の参加者はだいたい30人前後くらいだったのかな。場所は年内いっぱいは、かやの木会館で行われることになっています。今回は前回来られなかった人が多かったので、随分とお久しぶりの方もいたりして、ちょっぴり懐かしかったり。前々回からだと、約3ヶ月弱くらい間が空いていたのかなぁ。

今回のつけとどけは、ちょっぴりと季節感を出して、ハロウィン系のお菓子を持って行きましたが、こんなことしているのは自分だけだったり。たまたま時期的にちょうど良かったのと、たくさん売っているのを見かけたので、ほとんど悩まずに決めてしまいました。イベントがある時期は考えるのが楽で良い感じです。

14時半過ぎ辺りにようやくマジックスウィッチがスタートです。たまたま出店している人がいなかったので、今回はディーラーショーは無し。そういえば3つほど告知もありましたね。その代わりにとは言っては失礼ですが、結婚式用のマジックを披露した方がいらっしゃいました。かなり大掛かりな道具ですが、持ち運びはコンパクトそうになっている、カスタムメイドの道具らしい。あのような道具を作るのは本当に頭が下がります。いや、本当に素晴らしい。

この後は初めてのなにがし。いつものように失敗しても大丈夫な不思議な空間です。ここではステージマジックを演じられた方がいて、かなり華やかだったり。その後は宿題コーナーです。今回は3人の方が宿題達成していました。カードにバルーンにカップ&ボールにとジャンルがバラバラだったので、見ている方は飽きが来なかったり。次回は何か宿題でも課してみようかなぁと思ったり。

最後の前は、披露しちゃおう会のコーナー。ちょっと考えていたマジックがあったのですが、どう頑張ってもあの環境じゃ無理なので、自重。自分で必要な道具がある時は、自分で持って行くことにしようと思った次第。もしくは、環境に左右されないような手順にするしかないか。でもお蔵入りさせるには、ちょっと勿体無い感じもしたので、2次会でやってみました。今月中にやっておかないと、がっかりしてしまいそうな感じ。詳細は明日の記事で。

最後は、急遽レクチャーコーナーです。準備もいらないボディマジックを4つほどレクチャーしていました。準備もいらないので、やっぱりこういうマジックは重宝しますね。本当に不思議に見えるかどうかは別にしても、結構好きだったりします。で、この後は片付けをして、終了です。また来月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.28

ここ2,3日

ようやく金曜日にHDDを購入してきて、そのままインストール作業を続行していたので、PCが使えなかったので、たまには休みも良いかと思って、放置していたHIGEです。とりあえずデータは救い出せたので、良しとしておきます。今まで撮った写真が消えてしまうのが一番ダメージがでかいかなぁと思っていただけに、十分だったのですが、徐々にまた色々とソフトをインストールするのがめんどくさいなぁとも思い始めてきます。地道に環境は作っていくことにしよう。

今更ですが、デフォルトではDVDが見られないことに気が付きました。ちょっと観たいDVDがあったのですが、インストールもめんどくさいなぁと思って、観ていなかったりします。まぁ別にテレビで観れば良いだけなのですが、何だかそれもしていないくらい疲れているのかもしれない。本当に今週はPCにかかりっきりになる状態が多かったので、早く落ち着いて、他のこともじっくりとやりたいところです。

そういや関東地方は台風が近づいていたとかで、物凄い雨が降っていました。お陰で上野で加納真美様のパフォーマンスを見ることが出来ませんでした。28日の日曜日はマジックスウィッチだから、行けないので、結局静岡までおあづけ状態になってしまいました。ま、3日間追いかけるつもりなので、楽しみにしておこう。4日はステージしか出ないようなので、それまでに堪能しておこうと思っています。

そうそう、静岡と言えば、jpmagicさんのところが詳しいので、毎度ながら参考にさせていただいています。今年は美味い物もたくさん食べるぞと意気込んでいます。本当はゆっくりと観光しながら楽しみたいところですが、行くとそんな暇が全然無いのが悲しいところ。一週間くらい時間をかけて行けると、もっと楽しめそうな感じがしますが、難しいかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.26

色々と何とかせねば

心は既に静岡のHIGEです。きっちり一週間前になって、そろそろ準備を始めようと思って、色々と必要になりそうな物を購入したりしようと思っていますが、既に主だった物は購入済みだったりするので、そんなに無さそうです。安心していると、直前で色々と思い出して、あれが足りない、これが足りないということになりそうです。ま今年はそういったことも無いでしょう。きっと無い。

先日からずっとAl Schneider師のCups & Ballsを懲りずに練習中です。大分形になってきたようですが、まだまだな感じです。さすがに全く新しい手順であったり、微妙に技法を修正しながらやっているので、すぐには形にならないようです。個人的には、この手順だけでも良いのかもと思ったりしますが、さすがにやっぱり気になるところはあるわけで。演じる方が気になるだけで、もしかしたら見ている方は気にならないのかもと思ったりします。DVD観ていても、あんまり気にならないから良いのか。

と思いながらも、他の手順も追ってみたりしています。Cups & Ballsは、演者の数だけ手順があると思うほど、色々と違うので、どれを覚えるのが良いのかを試しながら、自分に合った手順を模索してしまいますね。マニアックな手順なら既にいくつかは覚えましたが、やっぱり自分用の手順が欲しいと思ってしまうのです。特に唯一無二の手順が欲しいわけではないのですが、考え出すとキリが無い。

あー、そろそろPCが本格的にダメになってきたかも…。記事を書いている最中に、遅延書き込みエラーが頻発するようになってしまいました。とりあえずHDDだけでも購入して、今のPCを使えるようにしておかないとぁな。もうちょっと書きたいと思ったけど、文字入力までままならなくなってきました。大して文字も書いていないのに、変換にも時間がかかり過ぎるようになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.25

まだまだ続く

2004年10月25日から書き始めたこのブログも丸々3年の月日が経ってしまいました。飽きっぽい自分がよく続いているなぁとびっくりするくらいです。基本的に一つのことに入れ込むことがあんまり無いのに、こんなに続いているのは驚異的です。まぁ色々なことを適当に力を抜いて書いているので、続くのかなぁ。と言うか、逆にブログとか書き始めると止め時が全く判らないので、まだズルズルと続けていくことにしましょう。既に生活の一部となっているので、止められないかも…。1年続いた時は100質やって、去年は見事に忘れてスルーしてた…。今年はまぁこういったことを書くだけマシかと。

R0012132というわけで…とはどういうわけか判りませんが、静岡大道芸ワールドカップのガイドブックが届きました。もう既に来週には静岡に行っているわけです。で、ガイドブックを読みながら、色々と想像しながら楽しんでいます。傍から見るとちょっと怖いかもしれませんが、それは仕方ない。まぁ今からタイムスケジュールを見ながら、どう動くかを軽く脳内でシュミレートしてみようかと思っています。会場が広いから、移動時間も考えないといけないし、効率良く見ないと。

が、同時に頼んだプレミアムナイトショーのチケットが同封されていませんでした…。てっきり同じ封筒に入っているとばかり思っていただけに、軽く失望していたりします。ちょっと遅れているようですねぇ。ちょっくら調べてみたら、こんなところに書いてありました。ほっと一安心。ですが、週明けだと家にいないので、早めに届いて欲しいところです。後は持っていく物をそろそろ準備しながら、当日に備えることにしよう。色々な機器の電源やらをきちんと確保するために、まだ購入する物があるのです。SDカードも今あるやつだけだと足りないので、後1枚くらい買って来るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.24

BONE

R0012111そういえば、今月の頭にWoodWarlockさんへ訪問した時に購入していたのですが、しばらく放置していたのを思い出して、おもむろに積み上げてみました。Sina社のYasuo Aizawa師デザインの「BONE」です。骨型の積木が4色・8個入りで、6510円です。4月以降に値上がりしてしまったので、この値段。どうせ買うなら、もう少し早く買っておけば良かったかなぁと思いながらも、楽しく積み上げてしまいました。色もかなり綺麗な感じです。

R0012121なかなか面白い形状をしているので、適当に組んでいてもそれなりに楽しめます。がしかし、2つを組み合わせると安定することに気が付くと、俄然面白くなってきます。2個を斜めに立てて、その上に積み上げることも可能になります。思っていた以上に、色々な形状に積み上げることが出来るので、ただ単に高く積み上げたりするのも楽しい。

R0012123とりあえず何も考えずに、パッケージに描いてあるパターンに積むことだけしかしませんでしたが、これはなかなか面白いです。同系統の積木と比較しても安いし、もう一組あると、更に色々と楽しめそうです。まだ購入していませんが、何となくVivoと組み合わせるのも面白いかもしれないと思ったり。Honneycombとも相性が良さそうです。同じデザイナーだから、その辺は色々と考えて作っていそうな感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.23

手順がなかなか覚えられない

以前紹介したアリボンゴのスルー・ザ・ミラーに付いてきたサイコロをよくよく見てみたら、一天地六ではありませんでした。リンク先の写真を見れば一目瞭然です。気が付かなかった…。1の裏は6なのですが、2の裏は3で、4の裏が5でした。なんでこのようになっているのかは謎。まぁこれはこれで何かに使えそうな予感がしますが、あのマジックには数字の配置は全然関係ないから良いのでしょう。一つだけだと何も出来ないので、もう少し数が欲しかったりするかも。

そろそろワールドカップのガイドブックが届く頃かなぁと勝手に予想して、期待して、郵便受けを開けたら、何やら見慣れない大きな封筒が入っていました。これは来たんじゃないかと、小躍りしそうになりましたが、暗かったし良く見えないので、とりあえず家の中へ。で見てみると任天堂からの封筒で、Wiiリモコンジャケットでした。そういえばそんなものを頼んでいたなぁと、頼りない記憶が蘇ってきました。シュウォッチはまだか?早くガイドブックを読みたいよ。

とりあえず今日もCups & Ballsを練習しました。まだ手順が覚えられないので、いい加減覚えなよと自分にがっかりしているところです。一番ファンタスティックな部分が覚えられないからねぇ…。今まで見てきた手順とは若干違うので覚えにくいのかもしれない。と言い訳はすぐに出て来るのです。それよりも何よりもカップが歪んでいることに気が付きました。結構気に入っていたカップだけに残念ですが、まぁとりあえず新しいカップを購入することは無いかと思います。欲しいのは高いし、カップは結構キリがないとも思っています。

更に、「ゆうきとものクロースアップ・マジック」に掲載されている手順も覚えてみたいかなと、欲張りなことを考えていたり。こちらは紙コップと紙で出来るので、道具を選ばない手順なので、こちらは重宝しそうな感じです。本当は道具は何でも良いのです。と思っていても、良いのが欲しくなってしまいます。良いのを買うと、長く使おうとか、大事に使おうとか思って大切に出来るのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.22

自然にやるのは難しい

先日も書いたように、Al Schneider師のCups & Ballsの手順を練習しています。DVDを何度も観ていますが、惚れ惚れするほどですねぇ。結構手順が複雑でなかなか覚えられないので、何度も観てしまうのです…。ただ、細かい技法の解説が多くて長くて、手順の解説だけ観たい時は、ちょこっとイライラっとしてしまいます。技法の解説自体はとても丁寧で、すごく良いのですが、手順解説とチャプターは分けて欲しかったところです。

しかし、あのフェイクパスは恐ろしいほどに素晴らしいと思ってしまいます。個人的には苦手な技法なので、憎らしいほどです。あんなに綺麗に出来ないよと思いながらも解説通りにやっているのですが、上手くならんなぁ…。何かが根本的に間違っているのかもしれない。こういった技法は、自分で満足する出来になることはないのかもしれません。未だにこの部分は悩んでいるところです。それっぽく見せることは出来ても、説得力が足りないと言うか…。

で更に、カップを置く練習をしているのですが、これがなかなかどうして難しい。本当にただ単に置くだけなのですが、Al Schneider流だとそこに拘りがあって、それをこなそうとすると、途端に難しくなってしまうのです。拘りと言うか、自然に見えるようにするためだけなんですけどね。この辺はマジックを見慣れているほど、判らなくなる部分かもしれません。皆がやっているから、それが自然に見えてきてしまうこともありそうです。演者側がやりやすいようになってはいけない部分かと。

まぁ今は手順を覚えるのに必死です。長い手順は覚えるのが苦手なので、時間がかかります。自分が気に入った手順なので、頑張っていますが、全面的に気に入っているわけでもないのです。途中でカップを一つにして、演技を行うのですが、そこがちょっとなぁと思います。その部分を省略しようかと思っていますが、それをしてしまうとどうにも都合が悪くなってしまうので、そこは何とか解決したいところです。あの演技の流れだと、やっぱり無理かもしれない。途中を変化させると印象も変わってしまいそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.10.21

タロットカード・マジック事典

松田道弘師の本、「タロットカード・マジック事典」です。普段使っているトランプをタロットカードに置き換えて、マジックをしてしまおうという試みがなされています。何となくタロットカードはそのうち使用してみたいと思っていたこともあるので、購入しました。というか気に入ったタロットカードがあるかなぁと、先にタロットカードを購入してから、本を買っています。あんまりタロットカードって売ってないのに気が付きました…。

タロットカード自体を持っていない人の方が圧倒的に多いのではないかなぁと推測されます。かくいう私も持っていなかったので、探してしまいました。その辺の話は、以前書いたので割愛しますが、気になる方は、こちら。タロットカードは、カードによってデザインが全然違うので、スタンダードなデザインの物がどれだか判りません。また、大アルカナのセットだけでも結構な値段がしてしまうので、どれを購入して良いのかが迷うところ。気に入った絵を使用すれば良いのかもしれませんが、この本に収録されているマジックで使用する際の都合上、似たようなのが良いのですが。

解説されているマジックのほぼ大半がメンタルマジックになってしまうのはいたしかたないか。個人的にメンタルマジックはほとんど演じることがありません。従って、そういったマジックも本も目にする機会が激減しています。一応和書は所有しています。一度読んだっきりなので既に内容も忘れているので、かなり新鮮に読むことが出来ました。タロットカードを使用しているので、シャッフルさえ違和感を覚えそうなので、メンタルマジックが多いのかなと。個人的には25枚カード・トリックと神秘の数字は結構お気に入りです。前者は5人のカードを当てるので、そんなに演じる機会もなさそうです。

以前も書いたと思いますが、タロットカードの場合、カードを覚えておくのが意外と困難です。絵が複雑なのもあるし、見慣れていないこともあるからでしょう。解説しているマジックの中に、ペン○ル○ットを使っているマジックが数個載っているのですが、違うカードにしなくてはいけないので、これは無理だなと思ってみたり。また、タロットカードの特性を生かしたマジックも少な目だったのが、読み物として面白かったので、残念なところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.20

本当にダメになってしまった

先日から、PCの調子が悪くなったと散々書いていますが、遂に立ち上がらなくなりました。起動画面でバックアップ取っておけよ的なメッセージが出て、OSが立ち上がらなくなりました。さて、どうしたものかと考えて、データを残して、再インストールしたけど、やっぱりハードディスクがダメみたい…。やっぱり新しいディスクを購入してこないとな。しかしながら、出費が重なるので結構嫌な感じです。しかし、これ以上ディスクが悪くなる前に、データをサルベージしておかないと、厳しい状況になってしまいます。今日はまだ、反応が遅いながらも、何とか使用出来ている状態です。

本日は、「ゆうきとものクロースアップ・マジック」がそろそろ出てるんじゃないかなと思って、書店に行ったら、平積みされているので、サクッと購入してきました。未見ですが、パフォーマンスのDVDも付いてきているので、そちらも楽しみです。ワイズワークスシリーズや、温泉レクチャーといったDVDに解説してあるマジックが結構あるかもしれません。今のゆうきとも師の作品集なので、新ネタを期待するものでもないでしょう。個人的には、DVDよりも本になってまとまってくれていた方が嬉しいので、問題なしです。コラムなども書いてあるので、それを読んだりするのも楽しい。

DVDの場合、まずDVDを探して、みつけて、PCで再生しないといけないので、結構手間だったりします。しかも今はPCが危ない状態だし。本だと、探してしまえば何とかなります。この辺はアナログメディアの強み。更に、映像の場合だと、動きや台詞なども参考になるし、覚えるのも早いのですが、その分忘れるのも早かったりする気がします。基本的にはパフォーマンスも楽しめるのがDVDの良いところでしょう。そんなに理解していなくても、映像だと動きを追えば何とかなったりします。本当は理解してないとダメなのでしょうが。

いくつか拾い読みをしたのですが、知っているはずのマジックも、どうやるんだっけ?と思ってしまう部分もあったり。DVDも持っているなら、本を補完する形で相互に良いところを取り込めるのではないかと思います。本はこれから読んでみることにします。カードマジック及びコインマジックが多くなっていますが、ロープマジックとカップ&ボールも解説されています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.10.19

買わねばならぬ…かもしれない

PCのメンテもようやく終わりましたが、ちょいと挙動が不安です。本格的に新しいのを買わないといけないかもしれません…。さすがに5年間も使っているので、ガタが来ているのかもしれません。中身は適当に交換していたりして、本当に古いわけでもないのですが、新しいのも欲しいかなと。iMacくらいしか欲しいと思えるのは無いので、買うとしたらそれかなぁと。だけどもう少し先になりそうなので、騙し騙し使わないといけないかも。

そう言えば、葉樹林日記の方からリンクが張られていました。失敗作なので、ちょっと恥ずかしいです。しかし、あの写真のテープの芯の繋がり方は綺麗ですね。葉樹林日記も貴重な情報が載っているので、見逃せません。とりあえず未だにLinking Tapeの上手い作り方が思い付かず、頭で考えているところです。若干良さそうなアイデアも浮かびながらも、まだ試していなかったり。

そろそろwarehouseのカートに入っている道具を何とかしないとなと思っていたら、上手い具合に円高になってきていて、見極めないといけないような状態に入ってきました。欲しいのが売り切れだったりして、入荷まで待つか、次回に回すかを迷っていたりします。どうしようかと思いながら、他にも良いのが無いかなぁと探していたら、カートに入っている道具がsalesの方に回っていて、$14くらいは安く買えそうです。あのまま買うところでした。危ない危ない。送料の半分くらいにはなりそうな。

とは言っても、既に$400近くまでいっているので、どれを買うかも悩まないといけません。これとこれとこれはもう今すぐにでも欲しいと思う道具はあるので、外せないと思っていたら、また欲しいのが増えてしまったり。もう探さなければ良いのにと思うのですが、日を置けば増えるし、探せば増えるし、いつまで経っても買えないかもしれない…。買ってしまえば良いじゃないと思いながらもためらいもあったりするのです。基本的に吟味して、厳選して買っているのです。あんまりそうは思われていないかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.18

メンテ中

何だか昨晩からPCの調子が悪いので、デフラグかけたり、ディスクチェックしたりしてます。ハードディスクにアクセスしたっきり、反応がなかったりするので、そろそろヤバいかもしれません。結構負担かけてるから、壊れる前に新しいハードディスクを買って来て入れ替えるかなぁ。でも来週にはアップルの新しいOSが発売されるから、そっちを買うのも手かもと考えていたり。

という訳で、今日は携帯から更新しています。静岡行ったら、こんな感じで更新しようかと思っていましたが、iPod touchでも更新出来たことに、ここまで書いて気が付きました。どちらにしても、入力が厳しいので、長文は無理だなぁ…。

そんなこんなで今日はこれだけになります。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.17

見返す

今週は2日しか働いていないのに、既に眠さは週末級のHIGEです。これを書いている時点でもう眠いのですが、もう少しやることがあるので、まだまだ眠れないのです。寝ても良いけど、いつもちょっと勿体ないと思ってしまうので、ギリギリまでは起きていることが多いのです。耐えられなくなると、自然に寝ているので、画面がスクリーンセーバーになっていることもしばしば。会社でもこんな調子だから、ちょっとやばい。

それはそうと、思うところがあって、久しぶりにAl Schneider師のDVDを見返しています。とは言っても、全部を観る時間があるわけでもなく、Vol.3のCups & Ballsを観ています。本当に久しぶりだったので、最後は普通に驚いてしまいました。面白い。Cups & Ballsは色々な手順があるので、どれを覚えようかいつも迷います。ま、自分が面白いと思った手順は適当に覚えているのですが、あらためてきちんと覚えてみようと思って、どれが良いかなと思ったら、良いのがAl Schneiderと思ったわけです。

手順的には目新しいところはないのですが、独自の考え方と、独自のテクニックを使用しているので、面白い手順になっています。そして基本の部分の解説が非常に詳しいので、ここだけ観ても他の手順にも応用出来そうです。カップの置き方等にも拘りがあるというか、どうやったら自然に見えるかを計算している動きを解説しています。真剣にやってみて、鏡に写った動きを見てみると、自分でも騙されてしまう感じでした。所有しているボールが少し大きいので、若干難しい。ボールだけ購入したいところ。

ただこの手順は、全部を全部きちんとやろうと思うと、やりやすいようにする道具を揃えないと難しいのかもしれませんが、クライマックス用のあの道具は無くても何とかなるでしょう。なかなか師の独特の間があるので、あのままの流れで行うことは不可能かと。まぁ時間をかけて覚えていけたら良いなと思う手順ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.16

Trick and Treat!

大道芸ワールドカップin静岡の初日の加納真実様が出演するプレミアムナイトショーの分のチケットも予約出来て、浮かれ気分でロッケンローなHIGEです。10月16日までは、先行予約受付中です。受付期間が短い…。ついでにガイドブックも購入したので、早く届かないかなぁと心待ちにしています。これを見て、頭の中でシミュレーションしながら、11月1日が来るのを楽しみに待つことにします。

さて、先日のヘブンアーティストin丸の内が終了したところで、まっすぐに帰ろうとしたのですが、ちょっとそれだと寂しいかなと思ってビックカメラの玩具コーナーをフラフラッとしていたら、先日みつけて、買ってはいけないと思ったテンヨーのハロウィン用にアレンジされたマジックの道具をみつけてしまったので、ちょっとばかり安くなっていたので、買おうか迷ってしまったので、ついつい全部購入。迷ったら買えです。どうせ今月までしか売っていないでしょう。完全新作ではないので、現象は割愛させていただきます。全部未開封。

Rimg1926まずは「マジカルボール」です。ミッキーのスポンジは既にありますが、微妙に色と形がハロウィンカボチャのようになっています。スポンジ物は最近は全然やっていないなぁと思いながら。スポンジ物は2個買えとの格言があるのをすっかり忘れていたので、もう1個購入してこないといけないかもしれません。まぁどこかで見かけたら、買ってみようかとも思いますが、積極的に買うこともしないことにします。

Rimg1928続いて「ゴーストハンカチーフ」です。こちらは、テイメントシリーズの「ゴーストハウス」のハンカチと家がハロウィン調になった感じです。もしかしたらノーマルのゴーストハウスと同じデザインで色違いかもしれません。物は家の中にあるはずですが、ピンポイントで探し出すことはおそらく不可能なので、探しませんけど、家のデザインを変えてくるとは思えませんので、きっと同じでしょう。2つ並べると楽しくなるかもしれません。このマジックは好きなのですが、演じたことが無いかも…。

Rimg1934最後は「魔法のほうき」です。これはWORLD GREATEST MAGICシリーズの「宙に浮くほうき」ですね。カードの絵柄が、魔法使いに扮したミッキーになっていますが、実際にマジックを見せる時は裏を見せるという、何とも歯がゆい道具になっています。さすがに絵の面で演じることは出来ないのでしょう。ハロウィンシリーズの中でも、これは買わなくても良いかと思いましたが、シリーズでこれだけ買わないのも気持ち悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.15

ヘブンアーティストin丸の内

Rimg18792007年10月14日に丸の内にて、ヘブンアーティストin丸の内に加納真実様を見に行きました。実に1週間ぶりです。後3週間は観に行き続ける予定なので、毎週こういった記事を書くかもしれません。今回は曇天で、気温も低めに感じれました。太陽が出ていないとそろそろ寒くなってきてしまったのでしょうか。実は今回は15時からのパフォーマンスを観ることしか出来ませんでした。朝の5時まで延々とiPod touchを色々と弄くっていたお陰で起きられませんでした。こんなに夢中になったガジェットも最近ないなぁ。

Rimg1882というわけで、15時ちょっと前に会場に到着したら、真正面だったけど、最前列は叶いませんでした。既に準備中。まぁポイントをみつけて、座って始まるのを待ちます。がしかし、ここでデジカメの電池を確認してみると、もう少しで空っぽになってしまう状態。とりあえずもってくれと思いながら、写真を撮っていましたが、やはり電池が無くなってしまいました。いつも撮りすぎているくらいだから、今回はパフォーマンスをじっくり見ることにしました。準備体操から、恋人よ~演歌~恋へと続きます。恋は新しくなってから3回目ですが、色々と細かい部分までじっくりと楽しみました。

Rimg1893この後、単4電池を購入しにビックカメラへと移動…したのはいいのですが、人が多い。何かこうガイアンツ(プロ野球ファミリースタジアムより引用)とかいうチームが優勝したからセールをやっていたようです。電池を買うにも一苦労でした。無事に購入した後に、途中から拝見。去年の静岡で見て以来なので、約1年ぶりです。今までも見る機会がありながらも、なかなか見ることが出来ませんでした。最後の時計のパフォーマンスが面白かったです。

Rimg1902最後に、かなーり離れた会場でJugling Labyさんを拝見。これまた歩いていく間に始まっていたようで、遠くからディアボロが飛んでいるのが見えました。初めて拝見しましたが、正当派なジャグラーでした。あんまり見ていないけどディアボロと、クラブとボールのパフォーマンスをしていました。また、支え無しのはしごの上にバランスで立ってのクラブは凄い。ボールも3個から始まって、4個、5個と増えていき最後は7個にまで増えました。久しぶりに普通のジャグリングを楽しめたような気がします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.10.14

久しぶリング

つい我慢出来なくなって、iPod touchをHackしてしまいました。だって、随分と簡単に出来るようになっているんだもん。ポチポチっと押していたら、出来てしまうお手軽さ。まぁ設定とか全部消さないといけないので、また色々やり直しだったり、えらい時間のかかる同期作業があったりと、めんどくさいことがあるし、保証も受けられなくなるかもしれないし、壊れてしまうかもしれないので、本当はしない方が良いのです。更に次のファームウェアのアップで使えなくなりそうなので、どんな感じか試してみたくなっただけです。ちょっとこういったことも地味に調べながらやるのは好きなので、我慢が出来なくなりました。

関係ない話はこの辺にしておいて。昨日書いた記事を何とか実現させるために、またまた東急ハンズをフラフラとしていました。なかなか理想とする素材が無いので、どうしようかと思いながら、とりあえず使えそうな物を一部だけ購入してきました。ちょっと思っていたよりも大きいかもしれません。ちょっと微妙。がしかし、他に無いから仕方なし。最後の最後は本物を使ってみようかと思っています。さすがにそんなに都合の良い物があるわけではないと思いますが、探すだけ探すしかないか。

と言うわけで、購入してきた物には目もくれず、何だか久しぶりにジェミニリングなんて物を弄くり始めてしまいました。これは、あそこにあるだろうと思ったところにあったので、すぐに練習を開始…といきたいところでしたが、解説書がどこにあるのかが判らなくて、少しだけ探してしまいました。やっぱり道具と解説書は一緒にしておかないといけないですね。とは言っても、既に道具だけが手元にあって、解説書はどこへやらと言う道具もたくさんあります。特に変わったパケットなんて、本当にどうやったらいいのか判りません。

閑話休題。久しぶりにジェミニリングを触っていて思ったのが、これはやっぱり面白い道具です。欲を言うと、もう少し小さくて、指にはめられるくらいの大きさだと持ち運びもしやすいし、普通の指輪と紐の手順も出来そうで嬉しいかも。もしかしたら、そんな道具もあるのかもしれませんが。ジェミニリングは、スライハンドとギミックが適度な感じでミックスされているので、やっている方も楽しいし、レギュラーでは出来ない現象なども楽しい。まだ手順を思い出した程度にしか触っていませんが、何となく思い出してきた。手順はさっさと覚えて、自分用に再構成したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.13

きらめいた!2

今年の1月にも同じタイトルで記事を書いたのですが、何についてきらめいたのかがすっかり忘れていて、かなり意味不明な記事になっていて、愕然としてしまったHIGEです。あれは何について書いたのだろうか。あの時期に思い付いたことは…む、思い出せない。まぁ良いか。おそらく書いたからには実現したのでしょう。と楽観的に考えておくことにした方が精神衛生上良いかと思う。

で、東急ハンズを無目的にふらついていたら、ひらめきがキラリときらめきましたよ。思い付いたのは、クライマックスだけなのが玉に瑕。途中は、普通の手順で行うとして、さてクライマックスはどうやってやろうかと思うほどに、実現方法が全く思い付いていません。これにはびっくりですが、しばらく考えていると、第2のきらめきが降りてくると信じて考え続けよう。かなり旬が短いので、今月中に思い付かないと、1年間はお蔵入りしてしまいそうな予感。まぁヒントになりそうなことは考え付いているのですが、実際にやってみると出来ないかもしれない。とにかく材料を購入してこないことには、試すことも出来ません。

もう一つはコインボックスの手順。こちらは以前から取り組んでいるものですが、どうもなかなかすっきりした手順にならないので、もういいかなとも思ってきていたのですが、ああすれば実はいけるんじゃないの?ということを思い付いたので、家に帰ってきて、早速試してみましたが、逆にこってりし過ぎた感じになってしまいました。そもそもコインボックスを2つ使って、何かをやろうと思っている時点で、ゴテゴテしていることに気が付かないの愚。元々は、コインボックスを4つ使って、何か出来ないかと思っていたのですが、さすがに4つはないだろうということで、半分に減らしたのですが、それでも多いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.12

Linking Tape

Rimg1578結構前に作った不可能物体です。ビニールテープが繋がっています。一応、書いておきますが、写真のトリックではありません。こういう物は、作った時点で、それは厳密には不可能物体では無くなるのかもしれませんが、それは見た人が決めることなんですよねぇ。作ることが出来るから、本当は全部「可能物体」なのです。しかしながら、考えても考えても不思議に見えるのが「不可能物体」ですね。まだまだこの世の中には不可能物体にしか見えないオブジェクトがたくさんあるので、色々と考えて、作ってみたいです。

が、しかしこれは完全な失敗作なのです。考えると、これしかないだろうと思って、一生懸命作ったのですが、何か綺麗に作ることが出来ませんでした。時間が経つにつれて、テープの形を保てなくなってしまいました。一体どうやって綺麗に作っているんだろうと、作ってみてから不思議に思いました。思った通りに作っても、出来ない、そんな不可能物体になってしまいました。ちょっと作り方を知りたいと思いましたが、まだまだ考える余地があるのかなぁと。

なかなか最近は面白そうな不可能物体を思い付かない。いや、作ってみたい物はあるのですが、作るのが異常に大変だったりします。実は、考えている方法が大変で、あっさりと作れる物もあるかもしれませんが、やはりここは自分で考えて作成してみたいところ。逆に、さっぱり作り方が判らなかったりする物を見る度に、頭を悩ませたりすることもあります。さっぱり判らないと、作ることが出来ませんので、不思議だなぁと眺めているだけだったり。時間と材料があったら、シールドデックを瓶に入れたいのですが、瓶の入手が困難だったり。酒呑めないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.11

monthly Magic Lesson Vol.8

驚異のペースで観ているmonthly Magic Lessonです。驚異をあまりにも遅いととるか、前回のレビューからのペースと思うかはあなた次第です。しかしながら、観たのは1週間ほど前だったのですが、書きたいこともあったし、ゆっくりとレビューを書ける環境になかったりで、今頃書いています。どんなに遅くなっても、全部観て、全部書くつもりです。この前のように、この記事をきっかけに前のDVDを観てみると新たな発見があるかもしれません。

今回の大きなテーマは「パームを修得する」です。発売された当時は、8号目でパームとは恐るべしと思っていました。個人的にも出来ない技法だったので、どんなに本を読んでも、諦めていたのです。でもまぁ、技法を練習するにしてもしないにしても観てみるしかないのです。どうせやらないんだろうなぁと、それほど興味も無く見始めたのですが、思っていた以上に面白かったです。ちょっとDVD見ながら、カードを取り出して、練習してみたり。

収録されているカードマジックは、「ポケットの中のカード」、「ホーミング・カード」、「カード・アクロス」が収録されています。特に「ポケットの中のカード」から「ホーミング・カード」への繋がりと流れは秀逸です。両方とも単品でも十分なマジックですが、これだと同時にやりたくなってしまいますね。とは言っても、なかなか演じられるようにはならないかもしれません。「ポケットの中のカード」は、ゆうきとも師がDVDの中でも言っていますが、パームの練習用には最適です。「カード・アクロス」はやってみたいマジックなのですが、なかなか出来ないマジックです。ちょっとずつ練習していこうと思った次第。

そして収録されているコインマジックは、「チャイニーズ・クラシック」と書かれています。が、自分が認識しているマジックとは違うような。これは「Chinese Money Mystery」ですよね?それはそれとして、これはこれで、良いマジックです。ちょっと慣れない動きなので、難しい。今までにも同じマジックを観たことはあったのですが、何となく微妙だなぁと敬遠していたのですが、実際にこの動きをやってみると非常に難しい。でも何だか難しいので、逆にやってみたくなりました。コインだと何故か燃えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.10

シンクロ

む、何やら昨日の記事はちょうど同じことをjpmagicさんが書いていたので、何となく面白かった。詳しい内容はあちらを見た方がきっと良いレビューをしれくれると思うので、私も楽しみにしています。今回の商品は、小出しにして、1週間書こうかとも思ったけど、ほとんどファーストインプレッションなので、まとめて書いてしまいました。フォーチュンドーナツ以外は実演していないので、さすがにもう少し弄ってみてからじゃないと、1日分の記事にはならない感じだったので、一気に書いてしまいました。ホワイトインパクトは覚えられません。というか、解説が長かったので、あんまり読んでいないのです。あれで簡単になったのだろうか?謎。

ここしばらく色々と仕事以外で忙しかったので、マジックの方もちょこちょことやっていたりします。先日はAldo Colombini師の「Rubber Illusion」をようやく作って、嬉々として演じていたりしました。手順は相当簡単なのですが、素材を集めるのが大変だったり。必要なカードを買ったはずなのに、探し出すのが大変だったりしました。変な現象なので、演じる方も面白かったり。既に人にあげてしまったので、自分用にもう1個作らないと。半分はまだ残っているし。これは知っている人しか判らないかも。

更にiPod touchも色々と動画を変換したり、設定を弄くったり、便利そうなページをブックマークしたり色々とやっています。どうやら遂にハックに成功したとの記事もみつけたのですが、しばらくはノーマル状態で楽しむつもりですが、我慢出来るかどうか…。まぁこのままの状態でも、まだまだ楽しいので、良いかな。色々頑張ってインストールしてみても、結局ロックされそうな予感がするので、もう少し色々な情報を集めて、万全になってからだな。うん。でも、こうやって色々と設定したりするのがとても楽しい。可能性を感じさせるガジェットであることは事実。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.09

テンヨー新製品2008年版

テンヨーの新製品の2008年版です。今年は2種類のWORLD GREATEST MAGICと、3種類のマジックテイメントが発売されます。もう既に色々なところでレビューされているのを見て、うらやましく思ったりしていましたが、ちょっと遅めに入手出来ました。テンヨーフェスティバルに行って来た人に購入を頼み、無事に受け取ったのですが、しばらく忙しくして、触れなかったりしていたので、ようやく記事に出来るようになりました。

Rimg1682まずはWGMシリーズの「超スプーン曲げ」です。現象は商品名が表しているので、割愛します。お馴染みのスプーン曲げなのですが、テンヨーがこういった道具を出すのにはちょっと驚きがありました。がしかし、テンヨーらしい工夫がしてありました。ギミックは取り外し可能なので、手渡しが出来ますが、このマジックはギミックが無くても良いのかなぁと。個人的にはこの手のマジックはやったことないので、微妙だったりします。

Rimg1680続いてWGMシリーズの「ホワイトインパクト」です。現象は真っ白なカードを見せて、観客に好きなカードの名前を言ってもらいます。3枚の真っ白なカードにメッセージが現れて、残りのカードを広げると、観客の言ったカードの名前が現れます。これは、マシュー・ビシュ師考案の「スプレッド・ウェーブ」が元になっていますが、表示が日本語になっていて、さらに驚くほどの安さになっています。元の商品に較べて、簡単になっているとの事ですが、持っていないので判りません。これでも、かなり色々と覚えることがあって大変なのですが、それ以上の効果はあると思います。説明書もかなり長めです。

Rimg1689さて続いては、マジックテイメントシリーズ3種。まずは「フォーチュンドーナツ」です。現象は、マジシャンは予言と書かれたカードを置いておきます。ドーナツカードに、カードが書いてあるので、1つを観客に選んでもらいます。そのカードだけを鋏で切り取ってから、予言を読み上げると…。簡単に言うと、観客の選んだカードのバックの色だけが違う現象です。これは結構良く出来ていると思います。若干慣れるまで難しい部分があります。これにはドーナツカードが20枚と、鋏と予言の紙が付いてきます。ドーナツカードは消耗品なのですが、20枚1000円で別売される模様。新製品の中ではこれが良いかも。

Rimg1687次は「魔法のスコープ」です。マジシャンは4枚のフレームを取り出します。観客にこっそりと1枚のフレームに選んだものを入れてもらいます。他の物も、同じようにフレームに入れて、スタンドに立てておきます。これをマジシャンが魔法のスコープで覗くと、観客がこっそりと入れた物を当ててしまいます。実にテンヨーらしい製品です。このギミックの原理は面白いと思いますが、なかなか出しづらい物かもしれません。パーツ数が多いので、キャリングケースが付属しています。

Rimg1686最後は「バルーンイリュージョン」です。現象は風船を筒に入れて、付属の剣で筒の上から風船毎貫きますが、風船は割れません。更にもう一本の剣を刺しますが、それでも風船は割れません。風船越しに筒の中で剣が十字に交わっているのも確認させることが出来ます。最後に剣を抜き、風船も出しますが、風船には傷一つありません。実際にやってみると結構大変かもしれません。風船は使わないのですが、視覚的にはかなりのインパクトがあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.08

ヘブンアーティストin新宿

2007年10月7日に新宿にて、ヘブンアーティストin新宿に加納真実様を見に行きました。結局9月は見ていないので、実に1ヶ月以上ぶりです。そろそろ季節も秋っぽくなってきたので、これからが大道芸観覧には最適な季節。パフォーマーも観客も過ごしやすい季節の到来です。新宿は大通りが歩行者天国になっていて、そこでほぼ同時に色々なパフォーマンスが行われるのですが、結構スケジュールが詰まっている感じがして、色々見たい人には不向きかもしれません。新宿という場所柄、普段から人が多いし。

Rimg1732_2まず始めは、何は無くとも加納真実様を拝見します。どこでもそうですが、初っ端は人もある程度少なくて、一番前の場所を確保するのには最適です。久しぶりのパフォーマンスは、準備体操に新たな要素が加わっていることを楽しむという、マニアックな楽しみ方をしてしまいます…。恐ろしく熟知している自分に唖然としつつも、安定感のあるパフォーマンスを堪能しました。今回は「恋人よ~演歌~恋」へと続きます。最後の「恋」のパフォーマンスは、中盤から変更していたので、非常に楽しかった。面白さが進化していました。最後の最後の投げ銭の時間もパターンが変わっていたり。

Rimg1782続いて、駅前に戻り、JIDAIさんのパフォーマンスを拝見。初めて見るパフォーマーでした。いつかどこかでウォーキングアクトをしていた時にすれ違った覚えがありましたが、きちんとパフォーマンスを見るのは初めて。ファンタジックな世界を、パントマイムで再現していました。どちらかと言うと、じっくりと腰を落ち着けて見る感じで、笑いは少ないですが、しっかりと演じている世界を感じることは出来ました。最後には箒で空を飛んでしまいます。

Rimg1803その後、もう一度加納真実様を拝見。今回は他にも見たいパフォーマンスもあったのですが、久しぶりだったので、やっぱり加納真実様を選択。この時のパフォーマンスでは、全く新しい準備体操が見られたのが、かなり嬉しかった。面白い動きでの準備体操は奇妙ですが、キャラクターにぴったりとマッチしていました。この後は「恋人よ~演歌~恋」へと続きます。「恋」のパフォーマンスは、初めて見る部分の写真のタイミングが判らなかったので、あらためて大量に撮ってみたり。写真を眺めてみると、ちょっとまだ掴めていない感じです。

Rimg1847最後は、マジックを行うと言うので、紙麻呂さんのパフォーマンスを拝見。出だしが悪かったので、良い位置をキープ出来なかったのは少し残念でした。始めの方に行った、クロースアップの手順は全く見えなかったり。「最後の2つのマジック」リンキングリングを行っていました。序盤はスローなテンポで幻想的に行っていたのですが、後半はスピードアップしたテンポで、何となく違和感を感じてしまいました。この辺はちょっとマニアな視点。最後にはフローティングローズで締め。

とまぁ、4回しか見ることが出来ないようなプログラムだったので、とりあえず堪能出来たから良いか。始めの加納真実様を撮影中に、デジカメのメモリが無くなってしまい、軽く焦ったりしました。PCにコピーしたデータはこまめに消しておかないといけないなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.07

素敵な人たちに会えた

金曜日の夜に久しぶりにハーフムーンに行って来ました。2回目。前回行った時から、約1年半ぶりです。近くにあるけど、敷居が高い。そんなお店です。まぁ店の中に入ってしまえば、居心地の良い空間が提供されるので、いつまでも居たいとそんな感じにさせてくれるお店です。ここは数あるマジックバーの中でも異色の存在です。テーブルに来て、マジックをやってくれるとか、カウンターでマジックを見せてくれるだとかではなく、カウンターの中がステージのショーなのです。説明しても伝わらないと思いますが、超不思議で感動出来る、そんな異空間。見慣れてる人でも楽しめること請け合いです。見たことがあるマジックでも本当に不思議。

で、店を出たのが3時過ぎってのは如何なものかと思いますが、「楽しい空間には長く居たいの法則」が発動してしまったので、仕方のない不可抗力。私たちのグループだけになってから、本当にためになる話をしてもらったので、肝に銘じておこうと思った次第。どう考えても答えは出ない部分なので、実践あるのみ。なかなか難しいが、これをベースに行っているのと、まるで考えていないのでは大違い。詳細は秘密。今回も徹夜はもうしない。と書くだけ書いておく。どうせまたすぐにやってしまうんだろうけどね…。

そして土曜日は、何と絵本作家であり、動く絵本の第一人者である、よぐちたかお師と初対面。お互いに一度は会って話をしていたいと、メールなどで語っていたことが現実のものになりました。ここに書けないような素敵な物をたくさん見せていただいたり、貴重な一品をプレゼントしてもらったり、原点を語ってもらったりと、2時間程度でしたが、非常に貴重な体験をさせていただきました。実際にお会いして、ますますファンになりました。今後のご活躍も期待しています。そして、もう一度お礼を申し上げます。ありがとうございました。

Rimg1676当然と言えば当然なのですが、きちんと最新作にサインを入れていただきました。こういうのは初対面時に行っておかないと、後々頼みにくくなったりするのですよね。ま、あんまり気にしないで頼んでしまえば良いのかもしれませんが、何となく。この奇跡のような出会い乾杯ってな感じです。ちょっと緊張していたので、あんまり話せなかったのは反省点。初対面の人と上手く話すのは苦手なので、次回以降。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.06

RAINBOW IN YOUR HAND

Rimg1653とある記事を見かけて、一瞬で惚れ込んでしまった本です。ユトレヒトから発売している川村真司師の「RAINBOW IN YOUR HAND」です。しかしながら、本と言っても、読むところは無く、また延々と同じページが続くきます。表も裏も、表紙にあるカラースケールのようなものが真っ黒なページに印刷してあるだけなのです。一体この本は何をする物なのだろうと思います。本屋には置いてないのかもしれませんが、店頭でこの本が置いてあっても、全く用途が判らないし、狙いも判らないでしょう。そんな不思議な本(?)です。一般の本屋では扱いはないでしょう。私はYEBISU ART LABOというショップで購入しました。

これだけだと、惚れる要素がまるで無いのですが、この本は凄いのです。本のタイトルに書いてあることが実際に体験出来てしまうのです。この本の綴じてある方を持って、ページをパララーっと捲っていくと、あら不思議。残像が虹になってしまうのです。まさしく自分の手の中で7色の虹をかけることが出来るのです。素敵。ちょっとどころか、かなり感動しました。YouTubeに動画がありますので、説明されるよりも判りやすいので、こちらからどうぞ。何度も何度もパララーっとやってしまう、妙な中毒性もあるのです。

この仕組みを知った時は、何で思い付かなかったんだろう?と思わせるくらい単純ですが、なかなか思い付かない発想でした。パラパラ漫画みたいに、二次元的表現は良くありますが、まさかこのように三次元的な表現をしてくるとは思いませんでした。ここでちょっとしたミニ知識。虹の色が7色だと感じているのは日本人だからでしょうねぇ。国や文化の違いで6色だったり、5色だったり、まさかの2色だったりするようです。さすがに2色には見えないですが、この本はきちんと7色の虹があなたの手の中にかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.05

touchに触ってばっかりだ

先日購入したApple iPod touchの表面の指紋が気になってしまって仕方ないので、アンチグレアフィルムセットを購入してきて、とりあえず指紋は気にならないようになりました。画面の感度が下がってしまって、操作性がどうかなと思っていたのですが、思っていた以上に使いやすい。画面の写り込みがなくなるし、指紋も付きにくくなってるし、良い感じです。が、ミヤビックスのOverLay Plus for iPod touch(低反射保護シート)の方が良いかも。どこかで見かけたら買ってしまいそうです。素敵なケースも欲しい。

そして、Wi-Fiの設定がようやく終わって一安心しています。繋がるまで長かった…。インターネット接続の共有で何をしてもダメな状況で、どうしよう?と思っていたら、ブリッジ接続にしたら、ようやくsafariを使用することが出来た。外で公衆無線LANはもっと簡単に繋がるのだろうか。今度試してみよう。画面を指で拡大縮小したり、フリックしてスクロールしたりが気持ち良い。ブラウザ自体は物凄く使いやすいけど、縦にした時のGoogleの見づらさは何とかならないもんだろうか…。

とまぁ数行で書いてしまいましたが、本当はえらい苦労しました。お陰で睡眠時間が削られまくりました。また、カバーフローなんて新機能が付いているから、アートワークの設定も徹底して行いました。せっかくある機能は使い倒したいです。とちょこっとだけ書こうと思っていたら、いつの間にかこんなに書いていました。いつものように始めに軽く書こうと思っていただけなのに、結構色々とやっている。ここ数日は何やらマジックとは全く関係ないので、今日こそはと思っていたのに…。

とりあえず「タロットカード・マジック事典」と「一瞬で相手をリードするマジック心理術」の本は両方とも読み終わりました。どちらの本も興味深く読むことが出来ました。面白かったので、あっと言う間に読んでしまいました。感想は後日記事にします。どちらもメンタルマジックの色が濃い本でしたが、原理などをあんまり知らないので、面白く読めたのかもしれません。数個くらいはやってみたいものが書いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.04

ほぼ日手帳2008

Rimg1646さぁ、今年も遂に「ほぼ日手帳2008」が届きました。つい1ヶ月前に、もうこんな季節かぁと思っていたら、届いてしまって、もうすぐ使い始めるとなると、本当に1年が経ってしまうのが早く感じてしまいます。新しい手帳を買うと早く使いたくてうずうずしてしまいますが、まだ今年の手帳も十分に使用出来るので、まだまだ使わないといけないのです。いや、表現が違うか。まだまだ気に入っているので、使えなくなるのが惜しくなるほど。以前の手帳は、とりあえず捨てられないので、取ってありますが、見返すこともないんですけどね。

Rimg1647今年のカバーは最高級の値段であったヌメ革を購入。ロフトで一般発売された時に、店頭に実際に見に行って触って、これは間違いじゃないと確信していましたが、実際に手にとってみると、非常に良い感触です。柔らかくて、手に馴染む感じがします。今はまだこのような薄い茶色ですが、使っていくうちに良い飴色になると書いてありますので、育てていく楽しみもあります。オイルでの手入れも不要なので、扱いやすい。今のうちから、少しずつ触ったりして、実際に使う頃には良い色にしたいところです。

Rimg1643今年は、試用版として、11月の1ヶ月限定の手帳というかメモ帳が無料で注文出来るので、限界の10冊まで注文してみました。適当に配って、ほぼ日手帳の使いやすさを実感してもらいます。が、こんな少しじゃなかなか良さも判らないのではないかと思います。やっぱりあの厚さで、狙ったページがパタンと広がったりするのとかは判らないのではと思ってしまいます。まぁ1日の予定やら、メモを書いていく分には1ヶ月で良さも実感出来るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.03

iPod touch

Rimg1625発表されてから約1ヶ月弱。欲しくて触りたかった「iPod touch 16GB/A」が遂に到着しました。Amazoのポイントもでかいなぁ。色々と問題も山積しているようですが、人柱でも構わないのです。とにかく欲しかったから。ハード的な不具合さえなければOKです。ソフト的な不具合はじっくりと待つとする。10月1日には、物凄い近くの配送所にあったので、2日には届く!と思って会社からダッシュで帰って、無事に受け取ることが出来ました。

Rimg1628今回も刻印サービスを頼みましたが、なかなか良い言葉が思い付きませんねぇ。Steve Jobs師が新製品のプレゼンテーションで使う言葉にしてみましたが、個人的にはイマイチ。発表があってから、家に帰って、急いで注文して、あんまり思い付かなかったのです。次回までには納得のいく言葉を考えておこう。まぁたまにピンと思い付いたりするからなぁ。次に買うのはiPhoneですな。でも刻印サービスを頼むとちょっと遅くなるので、何でもかんでも刻印するのは考えものかもしれません。

Rimg1641第一印象はとりあえず薄い。この大きさでこの薄さは驚異的です。コイン3.5枚程度の薄さです。重さは、見た目に比較したらずっしりとしているかもしれませんが、許容範囲。そして、注目のインターフェイスのマルチタッチですが、思っていた以上に反応が良く、操作しやすいかもしれません。ちょっと慣れが必要かもしれません。ボタンじゃなく、スライドさせる部分には軽く戸惑いました。なかなか指で弾いたり、触ったりするのは楽しいです。今のうちから慣れておいて、iPhoneに即対応出来るようにしておかないとね。

まぁしばらく設定したり、カスタマイズしたりと弄くってから、早く安定運用期にしないと。Wi-Fiの設定も良く判らないので、まだ試せていません。家のどこかに無線LANカードがあるはずなのですが、みつかりません。つい先日見かけたはずなのに…。まぁどこかホットスポットでもみつけて、色々試してみたい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

買えないけど興味はある

うぅ、右手の人差し指の先を切ってしまった…。意外とキーボード打ったりするのも辛かったり。たまにズキンとくる瞬間があったりして、今も緊張しながら、指を気遣いながらこの記事を書いていたりします。何かを作っていて、刃物で切ったと言えば、まぁそれなりに格好も付くのですが、パッケージを開けようとして、プラチックの部分に指をギューッと当てて、セロテープを剥がそうとして、切ったのが何とも間抜け。傷は深くないのですぐに治るのでしょうが、ちょっとばかり不便っちゃー不便。早く治るように、自分の治癒能力に期待。

というわけで、練習も一時中断です。なんて骨体(おぼっちゃまくんより引用)。まぁ昨日のマジックスウィッチの疲れが全く抜けていないわけなので、早く眠りたい気持ちでいっぱいです。特に本を読んだり、DVDを観ていたり等と受動的なことをやっていると、あっさり眠れてしまうほどに、久しぶりに眠い。というわけでたまには早く寝てみるのも良いかもしれません。

そういえば、ちょっと面白い物が発売されましたね。泰星コインから、ちょうど良い大きさの「ウルトラセブン40周年記念コイン2007」が発売になっています。記念硬貨で、このサイズはなかなか良い感じです。そしてお値段の方もとても良い感じにエクスペンシヴです。安くて1枚1万円かぁ…。更に1枚1万円で、サンリオから、「ハローキティ純金トランプ」も発売になりますねぇ。ブリッジサイズじゃなければなぁとも思わず、最早ここまで来ると、他人事です。こんなカードをいつ使うんだろうか。こんなカードでトーン&レストアなんかしたら、気持ち良いだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.01

第2回マジックスウィッチ

2007年9月30日(日)、雨の降りしきる中、第2回マジックスウィッチが開催されました。開催の告知が6日前だったし、雨も降っていたので、結構人数が少ない中で開催されました。まぁ告知がギリギリだったので、これは仕方ないでしょう。もう少し告知が早いと嬉しい。まぁ年内は既に開催日が決まっているので、予定も立てやすくなっています。基本的に毎月最終日曜日になるようです。

つけとどけはとりあえず、適当に購入して少し遅れて会場入り。案の定まだ始まっていなかったので、予定通り。そして14時過ぎから、始まりました。通常通りのプログラム進行で会は進んでいきます。ディーラーショーから始まり、レクチャーコーナー。今回のレクチャーはブックテストでしたが、ちょっと勿体ないかなぁと思ったり。チャレンジコーナーは無しで、宿題コーナーもあんまり出来ている人がいなかったのは、急に開催が決まったからか。そして初めてのなにがしコーナーへと。なかなか面白いものを見ることが出来ました。ここで長めの休憩。休憩中はコインマジックをレクチャーしてもらったり。最後に披露しちゃおう会です。ジャグリングを披露している方もいらっしゃいました。そして、4時には全てのプログラムを終了しましたが、その後も延々と披露している人がいたりして。そういやアンケートは無くなって、お片付けをして、第2回も終了です。

今回は、全く用意が出来ていないので、演技は無し。まぁ最近買ったマジックや、作った道具、練習中のマジックを見ていただいたりはしましたが、前ではやらなかった。思い付いてから、作成して、練習してとなると、やはり2週間以上は欲しいかなと。特に作る物がある時は、試行錯誤をしながら作り上げていくので、結構ギリギリになったりしてしまうのです。これは自分が悪いのですが…。

何だか第3期は、始まるまでが長くて少し間延びしている感じがしました。また休憩時間も1時間あるので、ダラダラと楽しむような感じです。個人的にはプログラムがあって、適度に休憩があって、キビキビと進む方が良いかなと。ちょっと途中で手持ちぶさたになる時間があって、どうしようと思う時間があったりしたのはちょっと。ガッチガチのプログラムもそれはそれで辛いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »