« 本を大量購入中 | トップページ | 財布とキューブ »

2007.09.29

散りも積もれば…何も出来ない

何かこう、並行しながら本を読んでいると、興味が色々と分散してしまって、いったい自分は何をやっているんだろうと疑問がわいてくるのですが、まぁ至って普通の思考に陥るのです。タロットカードの本を読みながら、軽くカードの意味を覚えていたり、先日購入した「タロットカード・マジック事典」を読んでマジックしたり、ゆうきとも師の本「一瞬で相手をリードするマジック心理術」を読んでメンタルマジックについて考えてみたり、更には、発売されたばっかりの「RICOH GX100 Perfect Guide」を読んでGX100でも、こんなに良い写真も撮れるんだなぁと感心したり、ちょっと考え付いたマジックがあって、道具を買いに走ってみたり、パズルやったり、コンタクトジャグリングの練習したりしていると、一体自分は何をやりたいのかどうかが判らなくなってしまいます。極めて広くて、極めて浅くて、何も極められない状態になっています。でもまぁ色々やるのも楽しいのですが、何にどれだけ時間を配分したらいいのかがさっぱり判らなくなります。

でもまぁ本の並行読みは、ちょっと止めようかと思いました。あれを読んで、これを読んだりしていると、集中出来ないというか、思考が分散されるというか、なかなか頭に入ってこないような気がします。いや、確実に入ってきていないだろう。とりあえずマジック関係の本から読み進めようかと。両方とも何故かメンタルマジックが核となっているので、これは同時に読んでもあんまり問題無さそうです。しかしながら、タロットカードを使ったマジックは、カードを覚えられないんじゃないだろうかという不安がかなりあります。実際に自分が適当に練習していたら、そういう状態に陥ったからなんですが、本当のところはどうなんだろうと疑問があります。トランプのカードも覚えるのは負担になるので、それがタロットカードになったら、無理っぽい気もします。天野善孝師の絵だと、つい見とれてしまうのです。更に独特のタッチだと、出来ないマジックもあることに気が付いてしまったのです。まぁここは工夫次第で何とかなるような気がします。

|

« 本を大量購入中 | トップページ | 財布とキューブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散りも積もれば…何も出来ない:

« 本を大量購入中 | トップページ | 財布とキューブ »