« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

嫌なことがあると買いたくなる気持ち

会社から帰る時に電車が止まっていたので、少し待っていたけど、ホームは蒸し暑くて、徐々に汗がダラダラと出てきたので、諦めて迂回して帰ろうと思って、ホームを出たけど、物凄く身体がホットになっていたので、ついつい喫茶店に入って、アイスコーヒーを飲んで、どうやって帰ろうかなぁと思っていながら、携帯で電車がどうなったか情報を見てみたら、ホームを立ち去った直後に電車が動き出したみたいで、なんだかついてないやと思いながら、一休みしながら、各駅停車でダラダラと帰ってきたHIGEです。長っ。

Rimg1465何となく、家にあるキャストパズルのループを組み合わせたら面白いんじゃなかろうかと思い、組み合わせてみたけど、あんまり面白いこともなかった。もう少し数があって、螺旋状に組み上げるともう少し良いかもしれませんが、そんなに購入してられないかなぁと。大量にあればそれだけで絵は面白くなるので、それは反則かもしれません。あぁ、それはそれでちょっとやってみたいかも。カルテットは未だに戻せないけれども…。

そろそろ例の病気を患いそうな感じです。例の病気とは、「マジック道具を大量に買いたい病」です。何故か買わない期間がある程度続くと発病してしまうのです。この辺は同じ症状の人もたくさんいると思いますので、同意して欲しいところ。買っていない期間と言っても、たかだか2~3ヶ月程度なんですけど、そろそろ。しかしながら、今は円が安定していない状態なので、見極める瞬間が難しい。まぁ数百円の差なんですが、その浮いた金を他のグッズに回したい気持ちなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.30

スーパースピンバンク

Rimg1444マジックランドに置いてあることでお馴染みのスーパースピンバンク博品館で売っていたので、即購入。924円。テンヨー製。マジックランドでは、コーヒーを飲むのに50円かかるのですが、お金を投入するのが楽しくて、たくさん入れたくなってしまうのが、危険なんですが。これは常々欲しいと思っていたのですが、どこに売っているやら、情報がさっぱりだったので、今まで放置していたのですが、昨今の貯金箱ブーム(?)の恩恵で、意外なところでみつけることが出来ました。テンヨー製だったのも意外と言えば、意外ですが、ミクロバンクやら、アートバンクを出していたことから納得も出来ます。

Rimg1449お金を投入すると、真ん中のステージでお金がクルクルと回ります。何かこれが妙に楽しくて、お金が落ちるところまで見てしまうのです。1円玉から、500円玉まで対応しているので、小銭はクルクルと入れたくなってしまいます。100円玉だと200枚程度入るとのこと。しかしながら、これだと結構貯まりそうな予感です。簡単に取り出せるので、同じお金を入れられるので、貯まらないかもしれません。箱にはまったく新しいタイプの貯金箱と書いてありますが、もう何年も前からありますよね。

気になる方はどういう動きをするのか、動画を見て下さい。大したものではありません。何故か最近は色々な形態の貯金箱がどんどん出ていますが、何だかブームなんですかね。電子的な物から、アナログチックな物まで様々出ているようですが、何だかどれも私の琴線に触れることはなかったのですが、これはど真ん中ストライクでした。一番単純な機構のような気もしますが、こういったアナログな感じが素敵です。これは楽しいのでお奨めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.29

仙豆

とりあえず昨夜ブログの記事をアップした後に、もう一度SPADE & HEARTにチャレンジしてみようと思い、チョコチョコっとやってみたら、あっさり解けてしまいました。解ける時はこんなものかもしれません。なるほど、こうやれば出来るのねと独りでニヤリ。しかしながら、このパズルは良いですな。実に面白い。スペード、ハート、クラブ、ダイヤのシルエットパズルも全部購入してしまおうかしらと考えたりして。苦手も克服してかないと、面白いパズルを見逃しているかもしれない。

Rimg1288閑話休題。ゲーセンに登場した時から、狙っていた「仙豆」をようやくゲット出来ました。HIGE御用達のお店、ヴィレッジヴァンガードにて売っています。一粒食べれば、体力や怪我が回復し、一粒食べれば10日は何も食べなくても良いという素敵アイテム。これが出てきてから、ドラゴンボールはバランスが崩れてきたと思うのです。でも美味そうに食べてるのを見て、少し憧れる。…夢も希望もなくなりますが、この中には枝豆が入っています。正確には仙豆風枝豆です。実際、仙豆があったとしたら、本当に良いよなぁと思います。誰か作ってくれないかと。

Rimg1293とりあえずこの壺が素敵なので、ずっと狙っていたのですが、重くて結局取れませんでした…。この壺目当てに買ってしまいました。なかなか良い大きさで、普通に便利に使えそうな予感がします。漬け物とか入れておくのにちょうど良い大きさではなかろうか。らっきょうとか梅干しとか入れておくと良いかも。何でもかんでもマジックに使えるのではないかと考えてしまうのは、ダメマニアですな…。まぁボールとかサイコロとかを入れておくのにはちょうど良いのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.28

接客の魔法

庄司タカヒト師の「接客の魔法 プロマジシャンが明かすコミュニケーションの技術」をようやく読み終えた。スラスラと読めるので、もっと早く読めたけど、いつでも良いかと思いながら読んでいたら、結構時間がかかってしまった。非常に楽しく読むことが出来ました。そして、文章は本当に読みやすくて、更に内容も読みやすく軽く書いてあるけれども、実は非常に大事なことが書いてある部分が多々ありました。

自分はテーブルホッパーでもなければ、プロマジシャンでもないので、すぐに役立つ事が書いてあるかと言うと、なかなか微妙な感じですが、とりあえずマジックをやる人は、この辺のメンタリティは一読しておいた方が良いと思いました。また、全くマジックをしない人でも読んでも役に立つのではないかなぁと思います。マジシャンに特化した本ではありません。

色々と参考になる部分が多かったので、今後これらのことが身に付くと良いのですが、実際に体験していない分、なかなか身に付かないのかなとも思います。実体験が一番身に付くと思います。内容によっては、どんな仕事でも役に立つことがたくさん書かれています。と言うかマジシャンでなくとも、そういうことは基本中の基本なんだなぁと実感。

値段以上に内容が濃いです。筆者の実体験に基づく内容なので、これはお金を出しても買えない部分です。まぁ本として経験談は購入することが出来てしまうのですが、こういった本はなかなかありませんので、かなり貴重ではないかと。そして、実に様々なシチュエーションについて、問題と解決策が既に書いてあるので、参考になります。ここに書いてあることが必ずしも正解ではないことは、承知していますが、何かの一助にはなるかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.27

アートタウンつくば2007

Rimg11202007年8月25日と26日に開催されたアートタウンつくば2007に行って来ました。規模的に2日行くほどでもなかったので、26日のみ行って来ました。いきなり待ち合わせ時間を1時間遅く間違えるミラクルを発動してしまったので、地味に気分は落ち込み気味でしたが、存分に楽しめました。お昼に行われたパフォーマンスにて、太陽光に体力をじわじわと削られたので、かなりの疲れが蓄積されてしまいましたが…。ここに書いた以外にも、何名か遠目で見たのもあるのですが、真剣に見ていないので割愛しています。

Rimg1146とりあえずは、何はなくとも加納真実様を拝見。何と、全3回のパフォーマンスを拝見してしまいました。しかも全部最前列で見てきました。また、会場も結構広く取られていたので、暑さ以外はやりやすかったのかなぁと。そして、いつもながらに素敵なパフォーマンスの数々で魅了。今回は、スポーツのパントマイムが取り入れられている準備体操を見ることが出来ました。これは初めて見たのかもしれません。見たことあるような、見たことないような…。卓球やら、テニスやら、ゴルフやら、バレーボールやら、剣道やら。他にはいつもの恋人よから演歌への流れで、1回目から順に、Mに捧ぐ、Fに捧ぐ、Mに捧ぐとなっていました。

Rimg1191更にバーバラ村田さんを拝見。今まで何故か見ていなかったので、今回は是非とも見ておきたかったのです。初っ端はマジックをやっていました。そして、パフォーマンスは、人形のパートナーとの楽しいやりとりです。ダンスっぽいことをやったり、妙な掛け合いがあったりと楽しいもの。途中何度か人形であるかのことを忘れてしまうこともありました。何か不思議なパントマイムでした。

Rimg1274最後に中国雑伎団を変な位置で見てきました。写真は、テント越しの絵なので、あんまり伝わらないかもしれませんが、椅子を8個ほど積み上げた上で倒立をしています。暗かったので、露出補正最高にして、ようやくこの明るさで撮れました。とりあえず、中国雑伎団は鉄板で面白い。鍛え上げられた芸はそれだけで観客を魅了します。しかしながら、パフォーマーが目隠ししてブルウィップで薔薇を落とされるのは経験したくないですね。あれだけは信頼していても、怖すぎです…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.26

またまたキューブ

Rimg1104また懲りずにキューブのシールを作って、切って、面取りして、貼ってみた。絵のクオリティが格段にアップしたので、これならどこに出しても恥ずかしくない…いや、やっぱり恥ずかしいかもしれません。今回は絵を作っていただいたので、クオリティアップしています。どうもありがとうございました。なかなか自分では、こういった絵を編集する能力が足りないので、非常にありがたいです。また依頼するかもしれません。しかも今回は、勢いあまって2個も作ってしまいました。なかなかシートの単価が高いので、気軽に作ることも出来ませんが、作る時には勢いも必要です。

Rimg1102これだけ拡大しても、結構綺麗な感じになりました。しかしながら、もう少しキューブに適した写真が欲しいかも。今後は写真を撮るにしても、目的が変わってきてしまいそうな予感です。加納真実様と言えば「怨」の字もキューブに入れたいところです。と言うわけでもありませんが、アートタウンつくば2007では、たくさん写真を撮ってこようかと思っています。しかしながら、これを見せるのはやめておこうと思っています。さすがにねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.25

3ボールトリック再考2

Rimg10903ボールトリックについて、また久しぶりに考えてみた。以前似たような記事を書いたのは、だいたい1年前ですね。この時期は何となく考えてしまうのかなぁ。とりあえずモルキュールでは、継続的に行っているマジックなので、かなり手に馴染んできた。…感じがする。大きなミスはほとんどなくなって来た感じで、小さいミスだったら、頭で考えるよりも先にリカバリー出来ている場合もある。こういう時は自分でもびっくりしながらも、平静を装って、何事もなかったように進めています。まぁ基本的に使用出来る技法が少ないので、こっちが出来なかったら、あっちをするしかないと言うような、ほぼ2~3択なので、手が動いてしまうだけなのですが。

しかし、今の手順でもよろしいような気がしないでもない。あんまり変なことをすると、結局現象が判りにくくなりそうだし、妙な技法を使用して、マニアックな方向になりそうだし、大きいのを出すことにすると、流れが悪くなるかもしれないし、モゾモゾ感が今より一層出るような気もする。でも何となく変えてみたくなるのは、少々この手順に飽きてきたからかもしれません。基本的には、2イン・ザ・ハンド・1イン・ザ・ポケットの手順を繰り返しているだけのような気がします。それはそれで優れた手順だと思いますが、観客に混乱を引き起こすこともあるかもしれません。たまに着いて来れない観客もいるような気がする。気がするだけで実際に聞いたことはないので、気のせいかもしれませんが。

でもまぁ、今まで自分が色々と試して、生き残ってきた手順なので大切にしたい気持ちもあるのです。今の手順は簡単だから好きだし、割と判りやすいのではないかと自負しています。難しいこともやろうと思えば、いくらでも出来ますが、表面上同じ現象なら、簡単な方を選択して、余裕を持ちたいところです。結論として、結局今の手順をもっと高めていく方が良いのかと思いました。堂々巡り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.24

作りたいキューブと機械の身体

家に帰ってきたら日付が変わっていました。しかしながら、仕事で遅くなった訳じゃないから、全然疲れていません。むしろリフレッシュ出来たかもしれません。久しぶりに会えた人と、楽しいマジックの仲間達との一時は、自分に活力を与えてくれるそんなことを感じさせてくれる夜となりました。とは言っても、眠いものは眠いのです。しかし後1日頑張れば、待ちに待ったお休みです。日曜日は加納真実様に会いに行くために全力を尽くします。先週は夏休みを取っていたので、今週はフルに働かなくてはならない、厳しい1週間でした。

でもまぁ、キューブ作ったりしてると睡眠時間も激減してしまうのです。昨日頑張って作ったことにより、今後の課題と可能性が見えてきました。絵柄キューブは時間さえかければ、そこそこ面白いのが作れることが判りました。そして、もう少し考えて、ちょっと不思議なキューブでも作成してみようかと思ったりしました。何となくしか思い付いていないので、今後の試行錯誤がかなり必要になるのですが、何とか作ってみたい気持ちです。こればっかりは、頭の中だけでは考えられる頭脳を持ち合わせていないので、現物で触りながらでしか出来ません。3次元空間を正確に描き出せる頭脳が欲しい。

とりあえず、更新しておかないと気持ち悪くて、夜しか眠れなくなるので、ざっと書いてみましたが、随分と適当な文章になってしまいました。本当は更新しなくても良いかと思って、寝てしまおうと思いましたが、何かを書かないと落ち着かない身体になってしまいました…。疲れない機械の身体が欲しくなります。アンドロメダまで行けば何とかなるとかならないとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.23

加納の時間!!キューブ

Rimg1081好きさがあまり余ってつい作ってしまいました。HIGE特製加納真実様のキューブです。ここまで来ると、アホ過ぎる感じもしますが、まぁあれですよ、夏休みの宿題ってやつですよ。さらにここ最近の暑さのせいでおかしくなってしまったのですよ。きっかけは、キューブジェネレーターというサイトが紹介されていて、試しに加納真実様の画像でやってみたら、物凄い素敵だったので、それなら実物を作ってしまえと思ったのです。こちらのサイトだと、全面同じなので、若干寂しいので、今まで撮った写真からセレクトして作りました。

Rimg1082うちにあるプリンタが顔料を使用しているので、シートを探すのに手間取りました。あんまり紙も選べない状況はちょっと残念です。とりあえず耐水性の保護シート付きのシールが売っていたので、試しに作ってみたら、思いの外仕上がりは良かったです。ただ実物を見ると、ジャギーが目立っているので、まだまだ満足はしていません。もっともっと良い物が作れるはずなので、もう少し作ってみようかと思っています。これからはキューブ用に、写真はスクウェアフォーマットで撮ると、楽に作れることに気が付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.22

SPADE & HEART

Rimg1079先日toritoへ行って来た際に購入したシルエットパズルの「SPADE & HEART」です。525円。植松峰幸師の作品です。ひつじPuzzleや、市松の不安なども作っている方ですね。そういえば、市松の不安は、購入したけど、未開封。何だか直感的に出来そうにないかもと思ってしまって、腰が引けてます。市松の不安は、見た目の美しさだけで購入してしまいました。そろそろ開けてみようかな。

これで、前回購入したのは全部だな。これだけ紹介が遅れたのは、当然解いていないということが原因です。それは後述。このパズルは、写真の4ピースを全て使用して、スペードのマークを作ることが第1の目的です。さらに、4ピース全てを使用して、ハートのマークを作ることが第2の目的です。4つのピースを全て使用するというところがミソ。スペードとハートというところに反応して、購入してみました。

確かにスペードは簡単に出来ました。素直に組み合わせていけば、普通に組み上がります。これはこれで素敵なカットラインを生かしているなぁと思いました。しかしながら、もう一つの形のハートについては、完成形すら想像出来ません。本当にさっぱりです。出来るのかこれは?と疑いたくなるのですが、きっと出来る。何度も書いているような気がしますが、こういったシルエットパズルは苦手です。Tパズルも閃くまで、1年くらいかかったし…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.08.21

ナイスなダイス

Rimg1068そういえば、先日マジックランドに赴いた際に購入した、ちょっと大きめのナイスなダイスのことをすっかり忘れていました。お店に入って、カウンターに並んでるのを見て、開口一番「それは売ってますか?」と聞いてしまうほどに私を魅了してしまうくらい、ちょうど良い大きさ。小さい順に、400円、600円、800円と大変お買い得価格だったので、ついつい2セット購入。と言うか、物凄く欲しそうな顔をしていたのでしょう。それを察したママさんが奥の方から2セット分になるように、大きさを揃えてくれたので買わないわけにはいかない。本当はもう一回り大きなサイコロも売っていたのですが、緑しかなかったし、その大きさになると2500円に跳ね上がってしまうのです。持ち合わせも少なかったし、ユニバーサルコインボックスも欲しかったので、そこは自重。

と言うか本当に普通のサイコロです。これで何かマジックが出来るかと言うと、出来るかもしれないし、出来ないかもしれない。どんな道具でも、やろうと思えば出来ますからねぇ。とりあえずサイコロを使用したマジックが好きなので、ついつい買ってしまいました。特にこれで何かをやると言った目的も無いのですが、この一番小さな3cm角の大きさのサイコロはあんまり売ってないので、ある時に購入しておかないとダメだと言う強迫観念から、購入したと言っても過言ではありません。これくらいのサイズだと、何かと都合が良いのです。

それに、そんなに精度もよろしくなくてよ。微妙にオレンジ色のサイコロの方が数ミリほど大きいのが、若干気になります。本当は良く使用することがある、赤か青のサイコロがあると嬉しいのですが、見かけたら購入するしかないかもしれません。さてさて、どこに売っているのやら。これくらいのちょっと大きめのサイコロは、売っている時が買い時なんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.20

いくつまで使えるのかを考える

ちょっと先走って動画をアップしてしまったことがちょっと恥ずかしくもあり、再生回数を見るのが楽しみでもあり、なかなか微妙な心境になっているHIGEです。さすがにもう少し完成度を上げてからアップすれば良かったかと反省しています。自分で動画を見ていると、色々気になる部分が多々あるように思えてきます。いや、実際に気になる部分は結構あるのですけどね。今度からは妥協しないで、満足出来るような動画をアップしようと思っています。完成度を上げるのはなかなか大変です。撮影場所も考えないといけない。

連日コインボックスの話で申し訳ないです。が、コインボックスの練習が止まらない状態になってきています。これはやばい。こんなことばっかりやっていると、非手品人に見せるような手順がなくなってしまいます。とりあえずコインボックスを2個使用した手順を考えてみたけど、結構めんどくさいし、いちいちボックスをあらためて見ないと、コインの状態が判らないので、ちょっと長く感じるかも。まぁ出来る限りやってみようかと思っています。こういったお馬鹿なプロットを考えるのは好きなので、ついつい考えてしまうけど…。

しかしながら、今はコインボックスを何個まで使用出来るかを考え中です。1個ではもう満足出来ない身体になってしまったのかもしれません。今のところ持っているコインボックスの数にも限界があるので、同じ形状のボックスを買わないといけないかもしれないけど、明らかにダメな方向だよなぁと思うと、若干のためらいも出てくるのです。こんな感じに、明らかに馬鹿な手順を考えることに心血を注いでいます。ただ単にこんなことは普通考えてもやらないだろうと言われたいだけかもしれません。ネタはネタで実現することが面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.19

One of the Universe

動画を再生すると、音が鳴りますので、注意してください。

地味に自分のマジックの手順を撮影し続けています。適当にやっているよりも、かなり客観的に見ることが出来るので、良い練習になる反面、フレーム内のみに気を付ければ良いので、かなり窮屈な感じにもなるし、台詞も無いので、なかなか現象が伝わるかどうかが判らない状態です。実際はあんまり自分のマジックなぞ見る機会も無いので、たまには良いかと。あんまり動画ばかり撮ってると、動画専用の手順になってしまいそうな予感もあります。

さて、今回はユニバーサルコインボックスを使用した手順です。買った時には、解説書も無い状態で、一体これは何をするんだろうと思いながらも、適当に弄くっていたら、それなりにあっさりとした手順が出来ました。構想30分。今まで覚えたコインボックスの知識を総動員して、適当に作ってしまいました。もっと面白い手順が存在するとは思うのですが、今の私には限界かも。まだまだ弄くろうかなぁと思っています。

今回のはとりあえずの実験です。今後もこういったことを続けていくかは不明です。何かあればやってみたいと思いますが、なかなかやらないかもしれません。と言うか記事になったのを見ると、結構恥ずかしいかもしれない…。そのうち消してしまうかもしれません。難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.18

雨に降られたり読んだり撮ったり

相当な暑さでバテ気味な感じになっています。ここまで暑いと辛いやね。もういい加減にして欲しいくらい暑いです。そういえば会社から帰ろうとしたら、猛烈に激しい雨が降っていて、仕方ないので職場に戻り、雨がやむのを1時間ほど待たされました…。むむむ、ついてない。早く帰っていれば雨にも遭わずにすんだのに。まぁ早く帰ると暑いから良いかなぁと思っていたら、相当な湿気で不快な感じで帰ってきました。

そういえば庄司タカヒト師の「接客の魔法 プロマジシャンが明かすコミュニケーションの技術」を購入しました。まだほんの少ししか読んでいませんが、なかなか面白そうです。マジックの本ではないのですが、マジック周辺に関する話なので、読んでおいた方が良いだろうと思いました。実際の体験から来る生々しい話は読んでいて面白いです。

さらに動画も撮り続けています。なかなか上手いこと撮影出来ないので、若干ストレスが溜まりますが、上手く撮れると楽しい。まだまだこれだ!と言うのが撮れないのですが、ある程度妥協しないといつまで経っても終わりそうにないので、適当なところでやめてしまっています。さすがに妥協せずに動画を撮れると良いのですが、時間も技術もありません。今の状態だと、妥協の産物でしかないかも。まぁ練習目的なので、それでも良いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.17

動画撮ってみたり

先日からちょっと急激に動画を撮り始めてみたり。しかしながら、動画に撮るのは難しい。当然手順を決めてから、撮り始めるのですが、動作が結構決まっていなかったりするので、その時その時でまちまちだったりします。さっきは右にコインを置いたのに、次やる時は左だったりと、普段何も考えていないことがまるっと判ります。基本的にどうでも良い部分については、物をどこに置くか何て考えたこともなかった。見せたい部分には、効果的なディスプレイも考えますけど、普段からこういうことを考えないとダメだ。

こうしてあらためて動画で自分のマジックを見てみると、結構凹みますねぇ。でも、ある程度理想に近づけるために何度も何度も撮り直すことをやるのは、かなり良い練習になるかもしれません。こんな風に目標が見える形で練習したことなかったので、ちょっと新鮮かも。楽しいけど、時間がかかる。

本当に何度も撮り直してます。1日でデジカメの電池が消耗してしまうほどに。そのうちの何回かは、全然撮影出来ていなくて、必死にマジックを行っているのですが、自動的に電源が切れて気が付いたり…。必死にやったらダメか…。また、ミスが出来ない状態なので、緊張してしまうので、逆にミスを誘発したりと、結構難儀しています。さらに演技はカメラの中に入っていなければいけないので、たまにフレームアウトしてみたり。

とりあえず今はコインボックスを使ったものを撮影中です。オキトボックスとスロットボックスとユニバーサルコインボックスを使用した手順を撮影中です。まだまだ公開出来るレベルでないのですが、やはり撮ったら撮ったで、誰かに見せたい気もありますが、何だか恥ずかしい気もします。公開している人はどんな気持ちなんだろうか?私の場合は、適当にダメ出しをもらったら嬉しいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.16

ユニバーサルコインボックス

Rimg1028思いっきり久しぶりにマジックランドに行って来ました。1年以上はご無沙汰だったような感じですが、マジックランドは何も変わらずに買い物をしてきました。まぁ行く度にごちゃごちゃ度が増しているような気がしますが、実際そうなのでしょう。今回のお目当ては、タイトルにも書いたユニバーサルコインボックスです。前回行った時に見かけていたのですが、買っても使い途が全く無いなぁと思っていたので購入しませんでした。でも、何故か欲しくなったので、購入しに行ったわけです。もしかしたら物好きな人が購入してしまっているのではないかとも思いましたが、まだ売っていました。やはり買う人もいないアイテムなのかなぁ。

このコインボックスはかなり特殊で、コインはたった1枚しか入れることが出来ません。これをどうやって使うのかは謎です。今まで読んだことのある数少ない文献では、これを使用した手順を見たことがありません。紹介すらされていないかも。なので、自分で弄くって遊びながら何とかならないかなぁと思っています。とりあえず、大したことはありませんが、今までのコインボックスの知識を総動員して、これなら若干不思議に見えるのではないかなぁという手順が出来上がりました。本当にとりあえずの手順です。ユニバーサルコインボックスの特徴は全然生きていないかもしれません。この辺は徐々に修正をかけていこうかなと思っています。

というわけでコインボックスしか触っていない日々を送っています。やっぱりどんなに地味でも、とことんマニアックでも楽しいのです。いかんなぁとは思いながらもやめられません。オキトボックスもスロットボックスも現在我が家では大活躍中です。飽きるまでしばらくは続きそうです。しかしながら、魅力的な手順も少ないので、一通り漁ったら終わってしまいそうですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.15

日テレ ART DAIDOGEI

Rimg09562007年8月14日の暑い夏の一日に汐留に行き「日テレ ART DAIDOGEI」にて、加納真実様だけを拝見してきた。まだまだこのイベントに出るようなので、もう一度くらいは行きたいところです。実に久しぶりです。6月以来なので、実に2ヶ月以上ぶりです。今回も本当に楽しむことが出来ました。そこはかとなく欧州のテイストが感じられるパフォーマンスでした。そこがかなりツボだったりしました。

Rimg0901この日は2回パフォーマンスが行われるのですが、結局2回とも拝見致しました。久しぶりだったので、とても楽しかったので、そのまま観てしまえという感じです。1回目も2回目も、最前列の観客は同じ顔ぶれだったのがちょっと面白い。夏休みということで、親子連れが多かったのですが、大道芸目当ての人は少なかったのか、かなり快適に見ることが出来ました。

Rimg0900今回は加納真実様のみ閲覧してきました。まぁ一日2組なので、こんなものかな。とりあえず第1回目の公演の時には、加納真実様に陽が当たりまくっていて、終わった後は汗だくで、なかなか大変そうでした。観客の方は日陰で快適に観ることが出来たのですが。第1回目はひとり遊びから恋人よ、演歌と続き、最後はMに捧ぐ。第2回目が、追いかけてヨコハマから恋人よ、演歌と続き、最後はFに捧ぐ。む、日テレなのにドラえもんを持ってくるとは、さすがです。まぁ後半には日テレのキャラも出るから良いのでしょうか。

来週の天保山はさすがに無理っぽいので、8月25日と26日のアートタウンつくばには、両日とも行くかもしれません。全部行っちゃえば良いのかもしれませんが、どうしようか考え中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.14

HIGE的ビフォーアフター

Rimg0870さすがにかなりみすぼらしくなってきたので、遂に意を決して、プロフェッサーのシールの貼り替え作業に着手することになりました。緑と黄色は、色が削れてしまって、白にしか見えないほどになってしまいました。回していても判断が付かない状態で、揃っているか不安になってしまいます。揃ったと思っていても、実は揃っていなかったりすることもあるので、これは近いうちに何とかしないといけないなぁと思いながらも、大変なので延ばし延ばしにしていましたが…。

Rimg0880必要なのは、根気と集中力と時間だけです。いや冗談じゃなく、本当に時間がかかりました。後は道具です。とりあえず適度な大きさの四角形のクラフトパンチをみつけたので、やる気が出て来ました。さらに角を落とすために、なみっこという鋏。後はシールを剥がした後に残っている糊を取るためにセロテープを使用。当然ながら、自分の気に入った色のカッティングシートも準備してください。透けないような濃い色がお奨めです。1面に25枚で6面あるので、シールを作るだけでも125枚必要。さらに、500の角を落とさないとダメなので泣きそうでした。切っても切っても、終わらないんじゃなかろうかと思えるほど、気が遠くなりました。地味すぎる作業です。

Rimg0882しかしながら出来上がりを見ると、相当満足しています。やりきった感が非常にあります。結局、合計半日くらいかかりましたか。若干パンチで切り抜いたシールの大きさが小さめなので、黒い部分が多くなってしまっていますが、これでしばらくはシールを気にしないでソルビング出来るので充分です。回しやすさはまるで変わっていないのに、幾分回しやすくなっている気もしてくるから不思議です。そして今まで以上に愛着も湧いてきました。これでようやく自分のものになった気がします。なかなかもう一度やれと言われても、もうやりたくありませんことよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.13

二次元三本組木

よく物をなくします。いや、基本的には本当に物をなくすことはほとんどなく、正確には物を見失います。あれは確かあそこにあったはずだよなぁと見当を付けてから、必死に探しますが、大抵そういう時はみつかりません。しかし、もう一つ物を見失った時に、それを探していると、前に探していた物が出てきます…。なので、全部が全部安心してどこにあるかを把握している時がありません。結局2つ以上の物を見失った時に、前の物がみつかるという、奇妙なワンアヘッドシステムで日々の生活を送るHIGEの法則です。いや、普通に困るんですけどね。

Rimg0867さて、先日toritoへ行った時にようやく購入することが出来た二次元三本組木です。420円。仕掛屋定吉師の作品です。これは3枚の半透明のシートを上手く重ねると、綺麗な三本組木が現れるという物です。最初はこんなの簡単だろうと思っていましたが、半透明ということで、色が変化してしまうのです。さすがに一筋縄ではいきません。思っていた以上に美しく、論理的なパズルです。さすがです。これはかなり気に入りました。しかもこの値段なので、もう少し購入しておけば良かったなぁと。また入荷したら、購入しに行くことにしよう。この値段だと、誰かにプレゼントしても良いくらいです。こんなのもらったら、私は喜びます。

Rimg0865この世の中に解けないパズルは無い。解けない物はパズルではないから。しかし、私には解けないパズルもあるが信条のHIGEですので、試行錯誤しながら解きました。こういうパズルは、闇雲に重ねていればいつかは正解に辿り着きますが、それはそれであまり美しくない解答方法ですので、色の配置を考えながら解きました。正解時の最後の1枚を置いた時のダイナミックな色の変化は本当に美しいです。配色を頑張って考えれば解けるので、さすがにその写真は載せることは出来ません。購入して楽しんで下さい。何だか適当に配置していても、色の変化が楽しめるので、それだけでも面白いです。これは、単純ながらもパズルの本質が楽しめるのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.12

コインボックスに夢中

Rimg0847何となく先日から無性にやりたくなって、始めたコインボックスです。やっぱりせっかく購入したマジックの道具は使わなければダメですね。いや、良い道具を買っておくと、しばらく使わなくても、そのうち触りたくなるので、良い物を購入しておいた方が自分的には吉。良い物だと勿体なくてそのまま放置出来なくなるのです。チープな道具だと、この道具はダメだなぁとなり、そのまま使わなくても良いかなという、負のスパイラルが待っています。何で今までやらなかったのかは、単に練習するのが面倒だったから…ではないはず。

とりあえずWGMシリーズでコインボックスが出るまで待っていたのもあるのですが、なかなか出ないし…。やっている人も少ないから、ほとんどが同じ人になってしまうから出ないのかなぁと邪推してみたり。で、家の中に眠っているDVDを探して、David Roth師の「Ultimate Coin Magic Collection」のVol.2を観てみました。この中では、Out With FiveとOkito Triple Change等は面白かったです。銀貨と銅貨を使うのも面白い。私の中では、コインボックスは銀貨4枚が定番だったので、少し新鮮に映りました。知らないわけではなかったけど。

しかしながら、コインボックスは本当に地味だなぁと…。でも好き。基本的に出たり入ったりするだけなので、どこでどう盛り上げて良いのかがなかなか判りません。やっぱり現象はどう見てもマニアックだなぁと感じるところもあるのですが、たまにはこういったものも練習したくなります。オキトボックスよりは、個人的にはスロットボックスを積極的に使用していきたいところ。あんまり手順が無いのが残念なところです。適当に色々と組み合わせながら考えるのも楽しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.11

Die Cupo

Rimg0833El DucoのDie Cupoです。何て読んだら良いのか未だに不明ですが、とりあえず「ダイキュポ」と呼んでいます。いやまぁ何でも良いかと思いますが、知っている方がいたら教えて欲しい心。これは、現象もあまり把握しないままに購入したのです。とりあえずダイスだし、カップだし、買ってみても良いかなと思って購入です。今思えば42$だったので、結構な賭けだったような気がします。この時はダイスのマジックを集めようと思っていただけで、購入してみたのです。

現象は言わずもがな、チョップカップで出来る手順は一通り出来ます。カップの中に何も入っていないことを示し、サイコロをポケットに入れます。おまじないをかけるとポケットのサイコロがカップの下から現れます。今度はサイコロにカップをかぶせておまじないをかけると、サイコロはポケットから現れます。と言うような感じの事が出来ます。がしかし、チョップカップとは原理が全く異なります。これはこれでちょっと面白いかなぁと思っています。まぁ見ている人に取っては、原理なんかどうでも良いのですが。

逆にこのギミックの特徴で、難しくなっている部分があるのも否めない。この辺は仕方ないところかなぁ。チョップカップには無い独特の難しさがあります。でもこちらの方が自在に調節出来るので、個人的にはこちらの方が好きかもしれません。ただ、付属の大きなサイコロがソフトな素材なのと、配色が全く違うのが結構げんなりするポイントかもしれません。同じ色で同じ素材のサイコロが欲しかったかなぁ。ちょっと大きめのサイコロってあんまり売っていないし、これにピッタリ入るのが売っていない気もします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.10

真夏の風邪に

風邪をひきました。風邪特有の眠さとだるさを感じています。熱は無いかと思います。家の中に温度計はあるのですが、体温計なんてハイカラな物が無いので、判りません。熱はほとんど経験値から推測しています。もう10年くらい熱なんて計ってないかも…。そして、透明な汁が鼻の中からとめどなく溢れてきます。あーもう鬱陶しい!こんな時はぐっすりと寝て早く治すに限ります。たくさん食って、いっぱい寝ると治ります。1日で治す!

本当は道具のレビューでも書こうかなぁと思っていたのですが、写真撮ったり、一通り手順を通してみたりしないといけないので、意外と時間がかかるのです。そしてまた、良い道具の場合は、何となくもったいない気持ちも少なからずあったりします。基本的に自分も他の方のレビューを参考にしているので、少しは還元しておかないとね。とは言いながらも、それなりに素敵な道具は秘密にしていたりもするのです。しばらく経つと、思い出したように記事にしてみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.09

回して、作る

最近はプロフェッサーしか回していないことに気が付いたら、日付が変わっていました…。とりあえず今はタイムが縮まっていくのが楽しいので、ついつい回しすぎて、気が付くと数時間ってことが良くあります。こんなことではイッカーンとガイバラ先生風に思いながらも、延々と続けてしまいます。いや、プロフェッサーはかなりの中毒性があります。揃えては崩し、崩しては揃え…。シールの薄い部分がどんどこ取れてきています。全部白くなって、フーラーキューブになる日も近いかと。

それはさておき、ちょっと夏休みの宿題の工作風に作ってみたい物があります。まだまだ構想段階なので、手を付けてはいませんが、リアル夏休みに作ってしまおうかと考えています。まぁ大した物でもないので、記事にするつもりもありませんが、上手く出来たら記事にしてみたいところ。あ、全くマジックとは縁遠い物です。作ったら作ったで我ながら馬鹿だなぁと思うくらいくだらない物です。

そういえば、レザーで作りたい物が一つありました。書いていて思い出した。こちらはマジックで使用したいと思っている物。素材はレザーでなくとも良いのですが、何となくレザーで作りたいかなぁと思っています。今まで一度もそんなことをやったことがないので、道具から揃えなくてはいけないのが面倒なのですが…。と言うわけで、しばらくは東急ハンズに通い詰めないといけなくなるかもしれません。通い詰めると言っても、普段通りに周に2,3回行くだけなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.08

新作待ち

待望のよぐちたかお師の新作が9月15日に発売予定です。「ぼくのとくいわざ」です。今回もやっぱりマジックフィルムが付いてくるので、どんな動きになるのか想像しながら、楽しみに待ちたい気持ちです。とりあえず2冊は買います。Amazon辺りで、早く予約が出来るようになると嬉しい。絵本の発売日をこんなに楽しみに待つのは、生まれて初めてです。あんまり発売日を待って買うような種類の本でもないし。でも、どんなマジックの本の新刊よりも心躍ります。

とりあえずこの刷り上がった表紙を見ているだけでも、どんな風になるのだろうとワクワクさせてくれます。説明文のカメレオンの色が変わると言う部分に、妙に興味が惹かれます。今度の新作は動きだけじゃないのかなぁとか、他の動物はどんな感じなんだろうとか、色々妄想しています。とにかく楽しみで仕方ありません。きっとまた新たな試みで読む人に衝撃を与える本になるでしょう。読むと言うより、見たいと言った方が正確ですかね。

ここのページの「サーカスがやってきた」の表紙はちょっと凄い。驚くほど活き活きと動いています。この新作もそのうち動くようになるのでしょうが、自分で動かしてから見たいのと、早く見てみたい気持ちで葛藤してしまいます。このページの表紙は、加工したのでしょうが、実際もこれくらいは動いています。があらためて、一定のスピードで見ると凄いなと。さらに、ここの出版社の他の本も見ていると、意外と読んでみたい本があることに気が付きました。何か買ってみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.07

教授と銭箱

Rimg0827先日のマジックスウィッチの2次会で、プロフェッサーのやり方を教わったので、もうずっと回し続けています。完成させては崩し、崩しては完成させるという工程が無限ループのように続いてしまいます。それくらい楽しい。でもまだまだ判断が遅い部分があるので、ようやく安定して10分弱程度までになりました。難しい分面白いのです。もう少し早くなると気軽に回せるようになるのですが、もう少し先になるかなぁ。でも回せば回すほど、シールがどんどん剥がれてくるのが怖いですけど、張り直して、早く楽になりたい気持ちもあったりします。貼り替えてしまったらなかなか剥がれないから、それも良いかなぁと思っています。

Rimg0830まぁそれはそれとして置いておいて、2次会で久しぶりにコインボックスでも弄っていたら、きちんとした手順を出来るようになろうかなぁと。David Roth師のスロットボックスの手順と、Al Sheneider師のOne Halt Goneくらいしか覚えていないから、普通の手順もきちんとやっておこうかと。普通の手順って何だ?と言うのもあるのですが、普通にMAパスを使用した手順です。いや、両方とも無理矢理にでも使いたいだけなのです。

基本的に、コインボックスなんて、如何にも怪しい道具なので、使う機会もほとんど無いけど、この辺は完璧に趣味の領域。自分が楽しければ良し。本当に自分が楽しいだけなので、どう見えているかはあまり考えないことにします。人前でもやらないかもしれません。たまにはこういったのを練習するのも楽しい。何かのきっかけに興味がコロコロ変わってしまうのは、そろそろやめた方が良いかもしれませんが、実に自然なことなので、仕方なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.06

第1回マジックスウィッチ

2007年8月5日(日)は、第3期の第1回マジックスウィッチの開催日でした。今期からは主催者も替わり、気分も一新してのスタートとなりました。主催者が替わったとしても、内容は今までとそんなに変わりはありませんでした。基本フォーマットは踏襲しているという感じです。私は相変わらず好き勝手やってきました。今回のつけとどけとして円山菓寮のお菓子を購入して持って行きました。ここのお菓子は基本的に美味いので、私は好きです。

今回は始めに自由時間が長くあったので、基本的にぶらぶらしながら、飲み食いを行っていました。毎度ながらつけとどけ購入者には感謝です。色々な都合から、急遽ディーラーショーから開始。今回は1点だけ、安かったので1セントのジャンボコインだけを購入しました。ディーラーショーの後は、レクチャーコーナー。ビルチェンジと輪ゴムのマジック。個人的には、久しぶりに輪ゴムのマジックをしたような気がします。ちょっと輪ゴムを見直してみようと思った次第です。以前は結構やっていたけど、最近は全然やってないなぁと。順番はあんまり覚えていませんが、お馴染みの自慢の逸品コーナー、初めてのなにがしコーナーが続きます。今期もまばゆい光は有効です。

さて、今回はチャレンジコーナーのみに焦点を絞り、準備を進めていましたが、道具を準備している時に、問題発覚です。どうしようかと思いながらも、仕方なくそのままやることになりました。今回行ったのは、「ビルインうまい棒」です。うまい棒シリーズ第2弾です。うまい棒を使用すると、途端にマジックっぽさが無くなるのは何故だろうと思いながらも、強引に進めます。とりあえずタイトルを見れば、現象の想像はつくと思います。思い付いたのは良かったのですが、練習でうまい棒をたくさん食べる羽目になるので、お奨めしません。うまい棒は結構好きだったのですが、しばらくは食べたくないぞ。つらい。第3弾以降も考えてはいるのですが、しばらくうまい棒は封印します。無理。

チャレンジコーナーでは、かつて無いほどたくさんの方がマジックを行っていました。で、結局このまま時間が来てしまい終了してしまいました。最後にアンケートを書いて、会場を片付けて終了です。その後はいつもの様に2次会に行って来ました。馴染みのお店なので、店員さんにもマジックを見せていたり。そこでカードマジックの破壊力を思い知りました。でもそんなにやりたくないけど、やっぱカードなのか?と思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.05

第3期が始まるよ

マジックスウィッチの第3期が始まります。スケジュールも二転三転しているようですが、元々ゆるい会なので、大丈夫でしょう。細かいスケジュールも発表されているので、一読しておくと良いかもしれません。フリー演技のコーナーも出来ているようです。

10日くらい前に、チャレンジコーナーの告知があったのですが、たまたま今回思い付いたのが、ばっちり合っていたので、それを披露してみようかと思っています。道具はギリギリに揃いました…。いつもよりも時間がかかってしまいました。まぁ構想から実現まで1週間なので仕方ありません。道具が揃うかどうか不安でしたが、どうにかこうにか揃えられました。いやいや、本当に色々大変だったのですよ。まぁこの辺のお話は後日。

今回は、練習自体はほとんどいらなかったので、とりあえず間に合いました。こんなに楽で良いのかしらという感じです。本当はこれくらい楽だと、色々他のことも出来るから良いんですけどね。マジックは簡単でも、どんなに難しくても、観客に与える印象はそんなに変わらないと思います。難しいことをやっていると難しいことをやっているんだなぁと伝わるけど、それが面白いかどうかは別物だし。まぁ最近は結構楽ばっかりしているので、スライハンド系も練習したいところです。スライハンド系は、上達が目に見えて判るので、練習は面白いのです。なかなか実戦投入出来ないのがアレですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.04

パズルをしながらマジックも

Rimg0813ようやくキャストカルテットが外れました!組み上げる事も出来ました。後は、元の状態に戻すだけです。がしかし、これは戻す方が難しくないですか?形状から考えて、あそこからしか外れないので、頑張れば外すことも組むことも出来ますが、元の状態ってどうだったっけという状態です。まだ外箱は捨てていないので、それを見ながら元に戻すだけなんですが…。キャストパズルは、外して、元の状態に戻して初めて解けたということですから、まだ半分です。あんまり感想とかを長々と書くと、ヒントを与えてしまいそうなので、楽しみにしている人に悪いので、この辺にしておきます。何度でも楽しめる超名作キャストチェーンに近いかもしれません。

さてと、マジックですが、昨日は結構書いていたけど、消えてしまうという不慮の事故がありました。かなりがっくりと来て、書き直す気にもならなかったほどのダメージを負いました。でその日はとある道具を作成しました。作成と言っても、大したことはしていません。小学生の夏休みの工作レベルの簡単な物です。もっと大がかりな物を想定して、作るのは大変だなぁと思っていたのですが、家の中にある物が目について、これは使えるんじゃないの?と思ってササッと作ってしまいました。微妙に気に入らないところもありますが、概ね満足しています。意外と応用も利くかもしれないと自画自賛。今のところ強度に問題があって、持ち運びがちょっと不便かもしれません。とりあえずα版として、この構造を保ちつつ、色々と改良を加えていこう。

たまにこうやって、使えそうな道具が作れるから、楽しい。本当に色々な用途に使えそうな道具は稀。ほとんどはスペシャルな道具になってしまうので、使う機会も少ない。しかしながら、今回のは、作るのも簡単だし、使うのも簡単なので、気に入っています。ほとんどゴミを再利用しているだけなので、とある物がゴミになるまで作るkとおが出来ませんので、量産することが出来ません。それだけが懸案事項。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.03

不慮の事故

あーあ、操作をミスってほとんど完成していた記事が消えてしまいましたよ…。しばらくこういうことが無かったので、対策をすっかり忘れていました。マジックの道具を作って、とある物を大量に集めていることを書いていました。行間を読んで、内容を膨らませて下さい。もうがっくりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.02

極上の逸品

Rimg0809ひょんなことから、Todd Lassen師のサン&ムーンのコインセットを購入することになり、嬉々として遊んでおります。シルバーのケネディのサン&ムーンは持っていたのですが、今回入手したのは、愛用のフランクリンのコインです。マイナーな物を使用していると、こういう時に困りますねぇ。しかしながら、フランクリンの自由の鐘(リバティベル)のデザインが大好きなので、今後も出来る限りフランクリンを使っていく所存です。以下の記述には、サン&ムーンのセットの内容が判らないと、読んでいても意味不明かもしれません。

それはさておき、この出来上がりは素晴らしい!美しい仕上がりに、見ているだけでも満足してしまいます。しかしながら、あまりにも美しいので、自分の持っているくすんだコインとは、明らかな違いがあります。ただ単に持っているコインが汚いだけなんですが、ちょっと差があるかもしれません。ほぼ同じコンディションのレギュラーのコインが付属してきますが。いやいや、コインそのものの美しさではなく、このギミックの精巧さが素晴らしいのです。こりゃ、みんながこぞって欲しがるわけだわ。他にも欲しくなります。DFコインだとか、CBSのセットだとか、見ているとどんどん欲しくなります。でも、まだ買わない。そのうちガツっと購入してしまおう。

と、こんなに極上の逸品を入手したら、このコインを使用して早速練習したいところ何ですが、なんかもったいないような気がしてしまいます。しかしながら、マジックをするために購入したので、そこは割り切ってやらないといけないのです。あくまでも目的はマジックです。コレクションではありません。実用品を購入したのです。と自己暗示。でも、このコインを使用したマジックをあんまり知らないかも。個人的には、Al Schneider師のマジックはお気に入りです。このマジックをする時だけ、ケネディを使用していたので、これからはいつでもフランクリンです。とりあえずDVDを見返して、唸っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.08.01

スピードキュービングキット

Rimg0797何度も何度もここに書いてきたスピードキュービングキットです。ちょっと気になっていただけなんですが、なかなか売っていなかったので、急激に待ち遠しくなってしまいました。商品が売っている状態だと、白面のみセンターピースがはずれていたので、これだけだと横の面は調節出来ないよなぁと思っていました。付属品として、プラスとマイナスのドライバーが1本ずつ。さらに、LBL法6面攻略書と取り扱い説明書、専用ワックスと台座が付属してきます。換えのシールが1セットくらい付属していたら良いのに。これを買う人には、6面攻略書なんていらないのではないかなぁと。

Rimg0794センターの強さはどれくらいにしたら良いのかなぁと、適当にソルビングしていたら、何かピースが飛んでいく感触がありましたが、ポップはしていません。何だろうと思ってそのままソルビングを続けていたら、青面のセンターピースが無いのに気が付き、そこでようやく他の面のセンターピースが取れることに気が付きました…。説明書はきちんと読もうと思った瞬間です。でもこれは、回していたらセンターピースが取れるってことだよね?

Rimg0792とりあえずバラバラに崩して、適当にセンターをゆるめていましたが、軸だけになると固さが判らないことに気が付きました。相変わらず後先考えずに、アホなことをやっています。で急遽元に戻して、あらためてセンターを調節しましたが、どの程度にしたら良いのかが、まだ良く判りません。付属の潤滑油を使わないで自分の好みの固さにしてみました。センター調節だけで結構良く回るかもしれません。まぁ適当に回しながら、最適な強さを探していくことにしてみよう。

Rimg0793で、付属のドライバーが短くて、回しにくいのと、白のシールがずれているのがちょっと嫌な感じです。シールの強度はまだ判りませんが、今までのとそんなに変わりが無さそうなので、どうせ貼り替えることになるでしょうから、シールのずれもあんまり気にしなくても良いのかな。ドライバーも別のを使えば良いだけだし。付属の専用ワックスは、ちょっと使ってみるのをためらっています。普通にシリコンスプレーで良いかと。見た感じ、海外で購入したキューブに付属していた、注射器型の潤滑油と同じなのかなぁ。

LBL法6面攻略書は軽くしか目を通していませんが、スライスムーブが出てくるので、個人的には見なくても良いかなと思っています。簡易LBLが載っているのですが、今となっては見てもイマイチ判らなかったりします。ま、必要ないと言えば必要ない。それよりも、今更ながら、認定書でももらってみようかとも思っています。500円払う価値があるかどうか謎なので、何もしないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »