« コインボックスに夢中 | トップページ | HIGE的ビフォーアフター »

2007.08.13

二次元三本組木

よく物をなくします。いや、基本的には本当に物をなくすことはほとんどなく、正確には物を見失います。あれは確かあそこにあったはずだよなぁと見当を付けてから、必死に探しますが、大抵そういう時はみつかりません。しかし、もう一つ物を見失った時に、それを探していると、前に探していた物が出てきます…。なので、全部が全部安心してどこにあるかを把握している時がありません。結局2つ以上の物を見失った時に、前の物がみつかるという、奇妙なワンアヘッドシステムで日々の生活を送るHIGEの法則です。いや、普通に困るんですけどね。

Rimg0867さて、先日toritoへ行った時にようやく購入することが出来た二次元三本組木です。420円。仕掛屋定吉師の作品です。これは3枚の半透明のシートを上手く重ねると、綺麗な三本組木が現れるという物です。最初はこんなの簡単だろうと思っていましたが、半透明ということで、色が変化してしまうのです。さすがに一筋縄ではいきません。思っていた以上に美しく、論理的なパズルです。さすがです。これはかなり気に入りました。しかもこの値段なので、もう少し購入しておけば良かったなぁと。また入荷したら、購入しに行くことにしよう。この値段だと、誰かにプレゼントしても良いくらいです。こんなのもらったら、私は喜びます。

Rimg0865この世の中に解けないパズルは無い。解けない物はパズルではないから。しかし、私には解けないパズルもあるが信条のHIGEですので、試行錯誤しながら解きました。こういうパズルは、闇雲に重ねていればいつかは正解に辿り着きますが、それはそれであまり美しくない解答方法ですので、色の配置を考えながら解きました。正解時の最後の1枚を置いた時のダイナミックな色の変化は本当に美しいです。配色を頑張って考えれば解けるので、さすがにその写真は載せることは出来ません。購入して楽しんで下さい。何だか適当に配置していても、色の変化が楽しめるので、それだけでも面白いです。これは、単純ながらもパズルの本質が楽しめるのではないでしょうか。

|

« コインボックスに夢中 | トップページ | HIGE的ビフォーアフター »

コメント

あけましておめでとうございます。
仕掛屋定吉、でございます。
1年半も前の記事にコメントして、はたして読んでいただけるかどうか。ちょっと不安です。

ご紹介&おほめのお言葉ありがとうございます。
「インクジェット用OHPシート」で印刷し、手作業で切って作っておりましたが、昨今ではOHPシートって滅多に売ってないんですね。あっても非常に高価だったり。

いくつかバリエーションを製作して、専門の業者さんに発注しようかなぁ。でも売れないだろうなぁ。
実験的なものには、こういうディレンマがいつもつきまとうのです。
たぶんマジックの世界でも同様なのではないでしょうか。

投稿: さだきち | 2009.01.09 00:12

さだきちさんどうもです。
どの記事にコメントしてもらっても、全部目を通しますので大丈夫です。
最近はOHP自体を見ないですね。PCとプロジェクターでのプレゼンが多くなりました。
バリエーションが出たら、間違いなく買います。これは1個しか買わなくて失敗したなぁと思っていたりするパズルなのです。と言うか実験的なものだったのですか?かなり完成度の高いパズルと思いました。

投稿: HIGE | 2009.01.09 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二次元三本組木:

« コインボックスに夢中 | トップページ | HIGE的ビフォーアフター »