« Coins Across | トップページ | 久しぶりにマジックハウス »

2007.07.22

TRILOGY OF MAGIC

R0010709Johnny Ace Palmer師のDVD「TRILOGY OF MAGIC」です。フラリッシュのDVDではありません。売っているカードマジックでもありません。ましてや金髪のプロレスラーでもありません。2枚組で4時間ほど収録されています。何故か2枚組なのに、3部に分かれています。ここらへんがトリロジーとでも言うのでしょうか。観ていたところあんまり3部に分かれている意味もないような気がしました。とりあえず、収録時間が長いので、観るのが大変でした。それほど目新しいマジックが収録されているわけでもないので、途中眠くなってしまいました。また、興味のないマジックについては、解説をスルーしてみたりしてました。結構2倍速にして観ていた箇所もあり。何はともあれ、解説に入るまでが長いです。解説するのかなぁと思って観ていると、他の話に飛んだりします。こういう時は英語が判らないのが辛く、眠くなります。

とりあえず、全部のマジックについて書くことは出来ません。結構観ていて辛いものがありました。ただ、幾つかは面白いものがあったので、ちょこっとだけ書いてみようかと思います。一番面白かったのが、7-UPというマジックです。このDVDの最後を飾るマジックです。1から7まで、両手を見せながらカウントすると、最後はセブンアップのミニチュアボトルが現れます。駄洒落です。最後の最後に駄洒落です。しかし、これが一番面白かったのも事実。最後の最後にコレを持ってくるのは卑怯な感じもしますが、こういうの好き。ミニチュアボトルを探してみたい気持ち。

解説はありませんでしたが、初っ端に収録されているDevelop an Award Winning Actのシンブルの演技も面白かった。ちょっとやってみたいと思いましたが、思い止まりました。またここで演じているカップ&ボールのクライマックスもちょっと驚いた。Coin Under Watchも面白いと思いました。現象は観客の手の平の上でコインを出したり消したりして、マジシャンの腕時計の下から出したりしています。最後に観客の腕時計の下から、消えたコインが出てくるというのですが、本当に出来るのかなぁと疑問。いくら何でも気が付くと思うのですが、実際のところどうなのか試してみたい気持ち。

|

« Coins Across | トップページ | 久しぶりにマジックハウス »

コメント

いつも楽しく拝読させて頂いております。

"TRILOGY"の名は、作品集が元々ビデオで3巻組のためこの名前であったと思います。

カップアンドボールの演技をネットで見て面白かったため、実は買おうかどうか少々悩んでおりましたが、しばらくは見送りになりそうです(笑)。

投稿: きょうじゅ | 2007.07.23 13:56

きょうじゅさんどうも。
なるほど、ビデオの時は3本組だったのですね。納得しました。
解説されていないカップ&ボールの演技は面白かったです。追えないこともないですが、クライマックスはどうやって保持しているのかが謎です。

投稿: HIGE | 2007.07.23 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TRILOGY OF MAGIC:

« Coins Across | トップページ | 久しぶりにマジックハウス »