« THE 雑記 | トップページ | つい現実逃避 »

2007.07.11

ビリビリ痺れた

ちょっとやばい。本当にやばい物をみつけてしまいました。リアルにビリビリ痺れました。もう全てが欲しいくらいの勢いで、各ページをなめるように見続けてしまいました。時計職人の末吉晴男師の時計が物凄く衝撃的に素晴らしい!ちょっと、ここから飛んで見てみてよ。リンク先は音が出るから注意。そして作品展示をクリックして眺めて欲しい。

でも物欲が強いとか、腕時計に興味あるとか、そんな人は見ない方がきっと良い。…こともないか。私は、なんで今まで知らなかったのだろうと思ってしまうほどに欲しくなりました。とは言ってもほとんど購入することが出来ないのが何とも言えない。全部欲しい。全部欲しい。全部欲しい。

と言うわけで近いうちにここは行ってくることにします。とりあえず展示されているのだけでも見たいのです。こんな所に行ったら、ずーっと眺めているんだろうなぁ。指咥えて、涎垂らして。もうちょっと早く知っていれば「花火」だけでも購入したのになぁ。まぁとりあえず現物を見てみたいのは本気。自分の活動範囲外なので、軽く迷うとは思いますが、何とか辿り着こうではありませんか。

方向音痴は自覚しているのですが、今まで目的地に辿り着けなかった事はただの一度もありません。思いっきり迷います。が、確実に辿り着く。基本的に活動範囲外に行く時は、何かが欲しくて仕方なく行くので、その欲しいというエナジーがきっと私を導いてくれるのでしょう。どうにか辿り着いても、目的の物が売ってない時もありますが、それでも良い。またきっとそこには行くと思うし。2回目は迷っても、1回目よりも短い時間で済みます。大抵2回目までは迷います…。

|

« THE 雑記 | トップページ | つい現実逃避 »

コメント

始めまして。
僕も2年ほど前に末吉時計に出会って、ノックアウトされた口です。

そこでちょっとした情報ですが、末吉さんは三茶de大道芸やワンダーフェスティバルにも出展していることがあるようです。(三茶は毎年、ワンフェスは一回しか行ったことがないので毎回かは分かりませんが。)
あと「D.D.D.」というマイナーな雑誌の2001vol.0008で4ページの特集が組まれたことがあります。
また日立建設の社内誌「Tierra」のvol.71(2003年)にも4ページの特集がありました。
(Tierraは末吉時計のファンであることを日立建設に伝えたところ、バックナンバーを譲っていただくことができました。数年前の事なので、まだあるかどうかは不明ですが。)

投稿: サブ | 2007.07.13 00:19

サブさんどうもはじめまして。
末吉時計は見た瞬間に、心の中で唸りました。それくらい衝撃を受けました。こんな世界があるなんて!と知らなかったことが悔しいくらいでした。
色々と情報どうもありがとうございます。三茶de大道芸はきっと行きます。探してみます。雑誌のバックナンバーは入手出来るかどうか不明ですが、ちょっと探してみようと思います。

投稿: HIGE | 2007.07.13 01:41

私も末吉時計を集めています。最近は「夢見る星座」や「花火」などを購入しました。
デザインもさることながら、仕掛けがある時計を作られる稀有な時計作家なので入手困難であることは間違いないです。
店員さんの話では通常6本、少ない物は3本程度しか製作しないとのことです。入手方法としては公式hpを毎日一回はチェックすること。いつでも3万円くらい用意しておくこと。
販売店舗は2店舗ありますが、代々木上原の方が在庫あることが多いようです。
また本当は教えたくないのですが、HIGEさんの熱意がブログから伝わったのでお教えしますが、末吉氏のhpは毎週火曜の夜か水曜の昼頃に更新されることが多いです ご健闘を祈ります。

投稿: みき | 2007.07.27 02:37

みきさんどうもはじめまして。
色々な情報をどうもありがとうございます。代々木上原にもあるのですね。知りませんでした。
私はまだ末吉時計は所有していないのですが、近いうちに購入することになるでしょう。入手が困難であるほど、燃えてきます。今は写真を見ながら、手に入れた時のことを妄想しながら楽しんでいます…。

投稿: HIGE | 2007.07.27 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビリビリ痺れた:

« THE 雑記 | トップページ | つい現実逃避 »