« 選定中 | トップページ | トリトン・パフォーマーズ・フェスティバル2007 »

2007.06.03

道具を買うこと

私がマジックの道具を買う時の基準についてです。面白そうな現象が起こせる紹介文があれば、候補にします。また、動画があればそれを参考にします。その次が一番重要なのですが、面白そうな現象が出来る物でも、自分が演じるかどうかを考えます。余りにも自分に似合わないと思われる物はここで脱落。さらにもう一つ、練習していて楽しいかも考えます。基本的にこういう感じで、自分の好みを最優先して、購入を決定しています。この場合は、余り値段は問いません。まぁあまりにも高いのはおいそれとは購入出来ませんが、半年くらい経っても欲しい場合は、後ろにギーッとゼンマイを巻いて、勢いを付けて購入します。

また、こういう現象が出来たら良いなと思い、道具を購入することがあります。この場合は現象面から、道具を決定します。但し、この場合は、本当に出来るかが手元に来るまで判らないので、何度も同じジャンルの道具を延々と買い続ける場合になることもあります。理想とまではいかなくても、それに近づける道具を探し続けます。かなり妥協しないと、どこまでも続くことになります。この状態になると、結構辛い。気長に探せば良いのかもしれませんが、せっぱ詰まってる時が多いかも。気になるのはまとめて一気に購入してしまいます。その中で当たりはずれを探すと言った感じです。

後は何となく好きなジャンルの道具は買い続けてしまう傾向があります。ダイスだとか、パドル系だとかは、同じ現象でも色々買ってしまう。これはただ単にコレクターと言うわけでもなくて、好きなジャンルの最高の道具を探すことも目的です。最高の道具と言っても、別に値段が高くなくても良いのです。自分も観客も楽しめる道具であれば良いのです。作りは問いませんが、必然的に良い物がレパートリーとして残っていきます。これだと現象が似たような感じで、道具が違うだけなので、幅は全然広がりません。レパートリーの少なさは、この辺に原因がありそうです。

|

« 選定中 | トップページ | トリトン・パフォーマーズ・フェスティバル2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道具を買うこと:

« 選定中 | トップページ | トリトン・パフォーマーズ・フェスティバル2007 »