« 勢いが大事 | トップページ | Caplio GX100 »

2007.05.08

STEEL AND SILVERを観た

随分と前から、教授の戯言を読んでから、ずーっと気になって気になって、シュガーマウンテンの木になっていました。このフレーズは判る人だけ判ってくれたら良いや。教授さんの現象の説明は判りやすくて参考になります。うちとは大違いですな。それでようやく入手出来たPaul Gertner師のSTEEL AND SILVERをちょこっとだけ観たのです。さすがにレビューを書けるほど観てないので、とりあえずの感想から。とは言っても、気になる部分しか観ていないので、ほんのさわりだけです。

久しぶりにカードマジックばっかりではないDVDを観た気がします。こういうのは良いね。カードばっかりだと、観ていて飽きてしまうんですよね。超個人的嗜好です。師は何だか穏やかな口調で、マジックを始めますが、結構裏では大変なことをやったり、大胆なことやったりしています。というか何もそこまでやらんでもと言った感じのところが何カ所か見受けられました。

とりあえず一番気になっていたのは、Triple Die-lemmaでしたが、観た瞬間に、アレはどこに売っているんだろう?ともう買う気満々状態になっていました。あんなの観たことないから、一番始めのサイコロをもっと小さくするとか、しょぼいことを考えていましたが、師のサイトがパッケージの裏に書いてあったので、早速探してみると、ありました。購入決定です。現象等は、後日レビューします。多分。

後は鋼鉄球を使用したカップ&ボールもかなり気に入りました。堅いボールを使用することによって、難易度がかなり上がってしまいますが、上手いことカバーしています。なるほど、こんな方法があったのかと感心することしきり。非常に上手い使用方法ですね。鉄球を購入してきて、すぐにでも練習したいと思いましたが、練習する暇が無さそうです。が、これはちょっと習得したいマジックです。

|

« 勢いが大事 | トップページ | Caplio GX100 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STEEL AND SILVERを観た:

« 勢いが大事 | トップページ | Caplio GX100 »