« STEEL AND SILVER Vol.2 | トップページ | 忘れた頃にやってくる »

2007.05.18

STEEL AND SILVER Vol.3

Rot02064Paul Gertner師のDVD「STEEL AND SILVER Vol.3」です。今までの巻に較べると、若干小粒なマジックが多い感じがします。まぁ全部が全部大物でも、観ている方も疲れる気がしてしまうので、これはこれでバランスが良いのかもしれません。どの巻にも共通して言えることは、スライハンドが伴わないと、なかなか難しいので、練習のしがいはたっぷりとあります。下に書いた現象の他にもMCA Vanish and Changes、KIX Vanish, halves/quartersなど、小さいコインマジックの解説もあります。

・Unshuffled…マジシャンは印の付いたカードを使うと言って、デックからカードを取り出します。カードの横に何やら印が付いています。観客に1枚、カードを選んでもらいます。カードをデックに戻し、1回混ぜると、カードの側面に「UNSHUFFLED」の文字が4行現れます。さらにもう一度カードを混ぜると、今度は文字が2行になります。さらにもう一度カードを混ぜると、今度はカードの側面いっぱいに「UNSHUFFLED」の文字が現れます。観客のカードをデックの一番上から取り出すと言って、カードを捲りますが、観客のカードではありません。そしてもう一度カードの側面を見ると、観客のカードの名前が書かれています。(3/5)マジックをやっている人間が見ると、全く不思議でも何でもありませんが、現象は面白いです。一組くらいは作っても良いかなぁと思いましたが、あのシャッフルは苦手なことに気が付きました。

・Four King Surprise…観客にカードを1枚選んでもらいます。デックに返してもらい、観客に探してもらう様に頼みます。デックを弾いていき、観客にストップと言ってもらい、そのカードを見てみますが、観客のカードではありません。このカードはテーブルに置いておきます。更に後2回挑戦してもらいますが、観客のカードではありません。今度はマジシャンがやってみますが、これも失敗してしまいます。テーブルに置いた4枚のカードの上に、観客に指を置いてもらい、指を離していきます。最後に残ったのを捲ると、観客のカードです。更に残りのカードも同じランクのカードになっています。(3/5)これは最後の最後のところが非常に面白く感じました。なるほどと一人納得してしまいました。この部分だけでも覚えておくと使えそうな感じです。

・Three and Three(Coins)…右手に3枚の銀貨、左手に3枚の銅貨を握ります。おまじないをかけると右手の銀貨が1枚ずつ左手の銅貨の方へ集まっていきます。(2/5)微妙に銅貨を握っている理由がわかりませんでした。これなら銀貨だけでコインズアクロスを行った方が良い様な気もしますが、解説を観て、使わざるを得ない理由がありました。ここで使用している技法は、詳しく解説されています。

・Four Part Transposition…銀貨と銅貨を使用します。銀貨をマジシャン側に置き、銅貨を観客側に置きますが、一瞬にして銀貨と銅貨の場所が入れ替わります。これを数回繰り返し、最後には銀貨も銅貨も消してしまいます。(3/5)現象は単純ですが、なかなかに難しい感じです。バリエーションとして、最後に消えるのではなく、2枚ともチャイニーズコインになる現象も解説しています。こっちの方が難しいけど。

・Those Are the Aces...Not…4枚のAをテーブルに置き、観客に手で押さえてもらいます。表を見せながら、観客に1枚を選んでもらいます。そのカードを観客の手の下に差し込みます。おまじないをかけ、観客の手の下から、観客のカードを消してしまいます。観客のカードは、デックの中から表向きに出てきます。今度は、はっきりと観客のカードをAの間に挟み、観客に手で押さえてもらいます。おまじないをかけますが、観客のカードは消えません。デックを確認すると、今度はAが4枚表向きに出てきます。挟んでいるカードがAではありません。(3/5)これは1回だけでも効果的だと思います。2回目の現象は、ちょっとマニアックかなぁと。

・Snapping the Halves…チャイニーズコインを1枚取り出し、コインををパチッとやると、銀貨が分裂して現れます。もう一度パチッとやると、また銀貨が出て来て、さらにもう1枚をパチッとやって取り出します。その後、チャイニーズコインを左手に握ると、1枚ずつ銀貨が左手に飛び移っていくコインズアクロス現象を行います。余分なコインを使用していましたと言って、さらにパチッパチッパチッと銀貨を3枚、チャイニーズコインを取り出してきます。(3/5)これは面白い現象です。がしかし難しすぎる。

・$100 Card to Wallet…観客から1$札を借り、紙幣を破ってしまいます。その破片をテーブルの脇に置いておきます。1$札を折り畳んで開くと100$札に変わります。この100$札は胸のポケットに見える様に入れておきます。続いて、ペンとデックを取り出します。トランプを箱から出すと、箱が半分くらいになってしまいます。観客にカードを見せながら、1枚選んでもらい、カードにサインをしてもらいます。カードをデックに戻します。トランプを上から落とし、観客にストップと言ってもらいます。この時のカードをテーブルに置いておきます。デックを見ると、観客のサインしたカードは、デックの中にはありません。が、このカードではありません。ここでマジシャンは財布を取り出します。財布のチャックを開けると、中に封筒が入っています。糊付けされた封筒を開けると、サインされたカードが出て来ます。さらに破れた1$札も出てきます。(2/5)多分読んでもなかなか伝わらないかもしれません。書くのを断念しようかと思いました…。実際に観てみると結構すっきりしているのですが、文章に起こすのが難しい。色々と現象が詰まっているので、準備が大変かなと。

|

« STEEL AND SILVER Vol.2 | トップページ | 忘れた頃にやってくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STEEL AND SILVER Vol.3:

« STEEL AND SILVER Vol.2 | トップページ | 忘れた頃にやってくる »