« 疲れているので、簡単に | トップページ | 第9回マジックスウィッチ »

2007.05.12

ひたち国際大道芸

2007年5月12日にひたち国際大道芸にご出演される加納真実様に会いに行って来ました。だいたい1ヶ月で、5回くらい観てるので、軽くストーカー状態ですが、それくらい魅力のあるパフォーマンスをしているので、仕方ない。どこかに出演しているとなれば、スケジュールを調整して、体調も整えて、万全で臨みたいところです。が、先日書いた身体の痛みは、疲れからきているものではなく、どうやら体調不良による風邪が原因だと判りました。金曜日は熱を出して、大道芸を観に行くためには、風邪を治さないといけないと思い、会社を休んでしまいましたよ。全力で風邪を治して、無事に観に行くことが出来ました。

さて、ひたち国際大道芸ですが、とりあえずこのHPは色々と修正して欲しいところだらけで、見ていてイライラしました。まぁタイムスケジュールが記載されていないのは、たった100円の公式ガイドブックを購入してもらうためだとしても、アクセスが前日まで表示されなかったり、マップが妙に見にくい表示だったり、リンクが滅茶苦茶なのは、正直勘弁してもらいたいです。携帯電話で見るページも、情報らしい情報が無くて、一体この画面を見てどうしろと…。久しぶりに酷いなぁと感じてしまいました。とまぁ不満はこれくらいにしておきましょう。

Res01038さて、まずは何は無くとも、加納真実様の第1回目に間に合うように、午前中に移動を完了させました。1回目のパフォーマンスの時は、やはり人が少なくて、観る方にとっては、かなり都合が良いのです。一番前で観ることも出来るし。いつものように準備の状態から、加納真実様に釘付け状態でした。今日は何をやるんだろう?という期待感で、徐々に気持ちも盛り上がってきます。まぁ今まで散々書いている通り、同じパフォーマンスだけど、毎回楽しく観られるのは、凄いことです。ひとり遊びから恋人よ、演歌と続き、最後はひとり咲きでした。

Res01042次に見たのは、ピーター・ポストさん。何だろうこの人は?って感じのパフォーマンスでした。やれば出来ると思われるジャグリング系の技も、失敗しては、キレて道具を放ってしまうのが持ち味なのでしょうか。ディアボロを適当に放り投げて、観客に当たりそうになったのは、かなり危険です。小気味良いデビルスティックは見ていても楽しかったのですが、何度も不安な心理に陥りました。

Res01050ここでちょいとばかし、休憩を取って、中国雑伎団を見ることに。開始10分前に行ったけど、結構な混雑でした。やっぱりこういったパフォーマンスは、凄さがはっきりとして、判りやすくて良いですね。台の上での片手倒立バランス、目隠しをしてのブルウィップ、4本のフラフープ、椅子を7個積み上げてのバランス芸など、様々な技を見ることが出来ました。

そして、最後はまたもや加納真実様のパフォーマンスを堪能して、帰宅してきました。最後の回は、本当に360度囲まれている状態で行っていました。本当に凄い人数が集まっています。パフォーマンスの内容は、オープニングとラストが違っていました。オープニングは、カスタネットから入るやつでした。ラストはMに捧ぐ。

|

« 疲れているので、簡単に | トップページ | 第9回マジックスウィッチ »

コメント

はじめまして。
来年は是非、夜までいることをおすすめします。
加納さんの「夜会」スペシャルバージョンは一見の価値ありです!

投稿: ひたち行きました | 2007.05.16 23:11

ひたち行きましたさんどうも。
やっぱり夜会には、加納さんも出たのですね。夜会のスケジュールが出てなかったし、次の日も予定があったので、すぐに帰ってしまいました。残念です。

投稿: HIGE | 2007.05.16 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひたち国際大道芸:

« 疲れているので、簡単に | トップページ | 第9回マジックスウィッチ »